監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

毛穴に詰まった汚れやターンオーバー周期の乱れから生じる陥没毛穴。早急な対処を行わなければ、さらに症状が進行し、悪目立ちすることになりかねません。

この記事では、陥没毛穴の原因と改善ケア、カバーメイクのやり方を紹介します。毛穴トラブルを解消するためのヒントとして、有効に活用下さい。

陥没毛穴とは?治らない?

陥没毛穴とは、毛穴周辺の皮膚が陥没し、凹みの見られる状態です。複数の凹みがくっつき、帯状毛穴に悪化することもあります。帯状毛穴ができてしまうと、簡単には治りません。治らない肌の凹みがひどく気になり、毛穴パックや過剰な洗顔、頻繁なピーリングを行うことで、悪化するケースも多くあります。

軽度の凹みの程度であれば、スキンケアの見直しや基礎化粧品によるお手入れでも対応できます。この後に紹介する改善ケアを継続し、肌の状態を整えることで、毛穴レス肌を作ることが可能です。すでに重症化した凹みは、エステサロンや美容皮膚科に相談しましょう。プロの手を借り、専門的なお手入れを行うことで、改善できるケースがあります。

陥没毛穴になる原因3個

そもそもなぜ、毛穴の周りが陥没し、ボコボコになってしまうのでしょうか。ここでは、陥没毛穴のよくある原因3個を紹介します。

1. ハリ・弾力不足

1つ目の原因は、ハリや弾力不足です。コラーゲンやエラスチンが減少し、弾力を失った肌は、重力に対抗することができず、下方向に垂れ下がります。垂れ下がった肌に合わせて毛穴も開き、凹みが生じてしまうのです。

コラーゲンやエラスチンの減少は、加齢や肌の乾燥、紫外線ダメージの蓄積など、様々な要因から生じます。毛穴トラブルだけではなく、しわやたるみにつながる要素であることから、早急な対策を行いましょう。

2. 皮脂の分泌過剰

次に、皮脂の分泌過剰です。摩擦刺激や保湿不足から肌の乾燥が進行すると、過剰な皮脂が分泌されます。過剰な皮脂が毛穴に詰まり、いつまでも滞留すると、巨大な角栓ができてしまいます。角栓のサイズに合わせて毛穴も広がり、形状記憶された状態が陥没毛穴ということです。

3. 大人ニキビ

赤ニキビが治った後にクレーター状の凹みが残り、目立ってしまうこともあります。肌の深い部分まで傷を負うと、すぐに修復することができず、痕が残ってしまうためです。

凹みが残るだけではなく、過剰なメラニン色素が生成され、色素沈着を起こしてしまうケースもあります。この状態がメラニン毛穴と呼ばれるもの。ターンオーバーを促進する・美白ケアを行うといった対策をとり、メラニン色素の排出を促すことで、トラブルの改善が見込まれます。

陥没毛穴の改善ケア方法7個

さて、ここからが本題です。スキンケアの見直しや基礎化粧品によるお手入れ、生活習慣の見直しによる陥没毛穴の改善対策を紹介します。

1. 正しい洗顔で毛穴の詰まりを解消する

空気中のほこりや汗、古くなった皮脂の詰まった毛穴は、不衛生な状態です。正しい洗顔を実践し、毛穴の詰まりを解消しましょう。正しい洗顔のポイントは、以下4点です。

【1】ぬるま湯で予洗いする
洗顔フォームを乗せる前に予洗いを行い、大きな汚れを取り除きます。長時間の洗顔は、陥没毛穴の目立つ肌に負担をかけ、トラブルを悪化させる恐れがあるためです。もちろん、毛穴に詰まった汚れまで予洗いで取り除くことができるわけではないため、洗顔フォームによる洗顔は欠かせません。あくまでも、洗顔の下準備として、予洗いを行って下さい。

【2】洗顔料を十分に泡立てる
手を逆さにしても落ちないくらいしっかりとした濃密泡を作ります。泡立てが苦手な人は、専用ネットや泡立て器を活用しましょう。

【3】洗顔ブラシは使用しない
加齢や乾燥で弱った肌は、わずかな刺激に対しても、敏感に反応します。洗顔ブラシなど特別な器具は使用せず、手のひらで泡を転がすように、優しく洗顔して下さい。

【4】十分にすすぎを行う
洗顔料が残ってしまうと、毛穴の詰まりを招くため、十分にすすぎます。フェイスラインや小鼻など、すすぎ残しを起こしやすい部位を意識しながら、洗顔料を流します。

陥没毛穴の目立つ女性には、肌表面はテカりが気になるにも関わらず、内部はひどく乾燥する「インナードライ」に悩む人が多くいます。テカりを解消するためにゴシゴシ洗う、一日に何度も洗顔するといった洗い方はインナードライを悪化させる恐れがあるため、ケア方法を見直しましょう。

原則的には、朝・夜2回の洗顔を正しく行うことが、肌に負担をかけにくく、毛穴の詰まりを予防する洗い方のセオリーです。この洗顔で汚れをしっかり落とした上から基礎化粧品によるケアを行い、積極的な乾燥・エイジングケア対策を施します。

2. 十分な保湿ケアで潤いを与える

潤い不足でしぼんでしまった肌を持ち上げるため、十分な保湿を行います。十分な保湿といっても、特別なことを行うわけではありません。保湿化粧水で水分を補い、乳液もしくはクリームにより、適度な油分を与えます。

一定の年齢になってから毛穴の開きやたるみが気になり、凹凸をコンプレックスに感じる女性は、バリア機能の低下から皮脂分泌過剰を起こしている可能性が高いと言えます。よって、乳液やクリームといった油分を与える基礎化粧品を省略してしまうことは、誤ったアプローチ。正しい洗顔で過剰な皮脂を落とした上から適度な水分・油分を補い、健やかな肌を育てていきます。

3. 毛穴ケア用の美容液でターンオーバーを促進する

ニキビ跡タイプの陥没毛穴は、ターンオーバーを促進し、滑らかな状態に戻してあげるお手入れが必要です。この時に使用できるアイテムが毛穴ケア用の美容液。レチノール、ビタミンC誘導体などが配合された、毛穴ケア専用の美容液です。

レチノールビタミンAの別名です。ヒアルロン酸やコラーゲンの増殖をサポートするとともに、ターンオーバーを促す成分であることから、シワ・たるみ・毛穴トラブル対策など、幅広い用途に活用されます。
ビタミンC誘導体肌に作用しやすいようにアレンジされたビタミンCです。ターンオーバーを促進し、メラニンの排出を促すことから、黒ずみ・ニキビ跡の解消を助ける働きが期待されます。

ターンオーバーの促進は、毛穴の詰まりが気になる人にも必要なお手入れです。毛穴内部に余計なものが詰まっていると、肌の健康状態が衰えるため、排出を促してあげる必要があります。

なお、毛穴ケア美容液を使うといっても、保湿ケアの省略はできません。普段のお手入れに対するプラスアルファアイテムとして取り入れるイメージです。保湿化粧水・毛穴ケア美容液・乳液もしくは保湿クリームと、肌の状態に合う組み合わせを検討しましょう。

保湿をお休みし、ターンオーバーの促進を行うことだけに注力すると、乾燥トラブルを悪化させるリスクがあります。毛穴ケアと保湿が同時にできる基礎化粧品も存在するため、トラブルに応じた商品選びを行うことが大切です。

4. ナイトクリームで集中的な保湿を行う

いつも通りの保湿だけでは対処できない乾燥は、高保湿タイプのナイトクリームを使用し、集中的にケアしましょう。ナイトクリームとは、睡眠時間を利用し、じっくりと美容成分を届けるタイプのケア商品です。夜専用の商品であるため、インナードライの女性でもメイクの崩れを気にすることなく、お手入れに使用できます。

陥没毛穴対策にナイトクリームを使用するメリットは、睡眠中の毛穴の開きの予防を行い、翌朝のコンディションが整う点です。起床後のベタつきやざらつきを予防し、ゴシゴシ洗顔を行わなくともコンディションが整う肌をサポートします。

ナイトクリームを使用する陥没毛穴改善ケアは、純粋なる脂性肌で詰まり毛穴が気になる人には不向きです。高保湿タイプのナイトクリームは油分の多い商品が主流であるため、ニキビの悪化を招いてしまうリスクがあります。このように陥没毛穴に対するアプローチは、肌質ごとに異なるもの。自分の肌の状態を正しく把握することが毛穴レス肌を目指すための近道です。

5. 蒸しタオルクレンジングで角栓ケアする

角栓が気になる時のおすすめケアは、蒸しタオルを使ったクレンジングです。蒸気の力で毛穴を開かせ、クレンジングを行うことで、すっきり汚れを落とします。蒸しタオルにはいろいろな流儀があるため、下記はあくまで一例です。肌の調子を確かめながら、コンディションの整う方法を検討しましょう。

◎蒸しタオルクレンジングの手順

【1】蒸しタオルを作る
水に浸したフェイスタオルをよく絞り、30秒から1分程度、電子レンジで加熱します。使用する電子レンジによって加熱時間が異なるため、熱すぎない温度に調整しましょう。

【2】クリームクレンジングを顔に塗る
クリームクレンジングを適量使い、顔全体に塗って下さい。

【3】蒸しタオルでパックする
クリームクレンジングの上から蒸しタオルを乗せて、3分程度パックしましょう。乗せていたタオルでクレンジングを優しく拭き取り、ぬるま湯ですすぎます。

蒸しタオルクレンジングを行う頻度は、週に2回が限度です。過剰なケアは、乾燥トラブルを悪化させ、陥没毛穴を助長するリスクがあります。蒸しタオルクレンジング後は毛穴が開いた状態となるため、引き締めケアを行いましょう。化粧水ミストや鎮静コスメを使用し、毛穴をきゅっと閉じてあげると、滑らかな状態に整いますよ。

6. エステサロンのケアを受ける

しつこい毛穴トラブルは、プロの施術を受けることで、改善できるケースがあります。エステサロンで行う毛穴ケアの代表的な種類は、次の表の通りです。

毛穴吸引プロ仕様の毛穴吸引機を使用し、汚れをすっきり取り除きます。自宅用の吸引機よりパワフルなマシンを使用するため、セルフケアでは取りきれない汚れまで、アプローチすることが可能。1回施術を受けるだけでも、見た目の変化が期待されます。
ケミカルピーリングピーリングジェルを使用し、肌表面に滞留する角質層を取り除くメニューです。ピーリングを行った後に保湿や鎮静ケアを行い、開いた毛穴を引き締めて、凹凸の解消を目指します。
超音波洗浄毎秒100万回以上の超音波振動を肌に当てて、セルフケアでは落としきれないしつこい汚れを取り除きます。
光フェイシャルIPLなど特殊な光を肌の上に照射し、ターンオーバーを促進するとともに繊維芽細胞(コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を産生する細胞です)の活性化を図り、毛穴トラブル解消を目指します。

これらの他、専用機器による肌の状態チェックやエステティシャンのマッサージ、フェイスパックなど、多くのメニューを組み合わせ、理想の状態を目指すことが一般的です。1回限りのトライアルであれば安価な値段で挑戦できるエステサロンも多いため、気になるメニューの体験施術を受けてみてはいかがでしょうか。

7. 美容皮膚科に相談する

医師の診察を受け、正しい原因解明のもとで、陥没毛穴の改善を進めるためには、美容皮膚科に相談しましょう。美容皮膚科では、次のような治療を組み合わせ、総合的な対策を行います。

・レーザー治療
・ケミカルピーリング
・イオン導入
・ビタミン剤の内服
・抗生物質の内服(主に炎症ニキビが見られる場合)

美容皮膚科は、健康保険適用外の治療メニューを採用し、根本的な肌質改善や毛穴トラブルの解消を支援します。個々の目指すゴールに応じて検討するアプローチが異なるため、治療を始める前によく話し合い、予算や通院回数、行う治療の詳細を確認しましょう。

陥没毛穴を隠すメイク方法5個

陥没毛穴の改善ケアを行い、きれいに治すためには、一定期間が必要です。応急処置として活用できるメイクテクニックを覚えて、憂鬱な期間を乗り切りましょう。

1. 頬の毛穴をポアカバー下地で埋める

陥没が非常に深い毛穴には、ポアカバー下地を使用します。鼻や頬など、とくに毛穴が気になる部位に対し、ピンポイントで重ねて下さい。

周囲となじませる際には、小刻みに指を動かし、質感を整えます。「毛穴を埋める」ことが目的のアイテムであるため、陥没毛穴のない部位に塗ることは避けましょう。

2. 顔全体に下地を塗る

ポアカバー下地でフラットになった肌に対し、顔全体用の化粧下地を伸ばします。きれいに仕上げるためのコツは、両頬・鼻・額・あごと5点に置き、内側から外側に伸ばすことです。

厚塗りするとファンデーションのヨレやメイク崩れを招くため、極力薄く、最小限の量だけを塗って下さい。毛穴の気になる部位は、凹みを埋めるイメージで塗り、滑らかな質感に整えます。

3. 小鼻の黒ずみはコンシーラーで色調整する

黒ずみ毛穴を隠すためには、コンシーラーを使用します。肌の明るさに合わせ、なじむ色を選択しましょう。ピンポイントで気になる部位を隠すためには、筆ペンタイプのコンシーラーが便利です。もしくは、パレットに小さな筆が付属したコンシーラーを活用できます。

この工程で、目元のくすみや口角など、色むらが気になる部位のカバーを行ってあげると、仕上がりがよりきれいです。「コンシーラーは、暗い色味を調整するために使用するもの」と考えて、顔全体の明るさを整えます。

4. パウダーファンデーションを筆付けする

ポアカバー下地に顔全体の下地、コンシーラーと、たくさんのアイテムを塗った上から使用するファンデーションは、パウダータイプをおすすめします。大きめの筆にファンデーションを含ませ、顔全体に塗って下さい。

塗り方のコツは、大きく円を描くイメージで、薄塗りを行うことです。付けすぎてしまった部分に対しては、ファンデーションの付いていない筆を滑らせ、余計な粉を落としましょう。

5. フィックスミストを仕上げに使う

「どれほどしっかりカバーメイクを行っても、夕方には崩れてしまう…」そのような悩みを解消する魔法のようなアイテムがフィックスミスト。皮脂を抑える成分や保湿成分を配合したミスト状のアイテムで、メイクの持続力を高めるために活用します。

使用するタイミングは、アイメイクやリップメイクなど、全てのメイクを終えた後です。斜め上方向を向き、円を描くようにして、顔全体に吹きかけましょう。

まとめ

陥没毛穴の改善ケアとエステサロン、美容皮膚科で行う対策を紹介しました。すぐに変化が見られなくとも諦めず、美肌を作るための対策を継続することが若々しき魅力的な見た目を維持するポイントです。

今日よりも明日、明日よりも1ヶ月後の肌はより良い状態に変わると信じ、一歩ずつ前進しましょう。