監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

顔の中でも鼻にできるニキビは目立つし痛いですね。その上鼻ニキビは一つできると次々できることがあり、治ったかと思うとまた新しくできることはよくあります。それは鼻には皮脂腺が特に多いことが関係しています。

この記事では鼻ニキビができる原因と、鼻ニキビが大きくなる前にできるだけ早く治す方法を解説します。さらに新しい鼻ニキビを作らないためにはどうすれば良いかについても併せて説明します。

ここで紹介する鼻ニキビの治し方は基本的なことばかりで、難しいことはありません。鼻ニキビの原因を読むと、治し方の理解がより深まると思います。

鼻ニキビが痛い・大きい…

鼻ニキビに悩まされている人は多いと思います。鼻は顔の中でもニキビができやすい場所だからです。ニキビができる原因の一つに、皮脂の過剰分泌があります。鼻は特に皮脂腺が多いため、ニキビができやすいのです。

鼻は顔の中心にあり、ニキビができるととても目立ちます。そのために気になって触りがちになります。そうするとニキビが悪化して赤く腫れ、痛みが増してきます。炎症がひどくなると、ニキビはさらに腫れて大きくなり目立ってしまいます。

ニキビが悪化してしまうと、完治するまでに日にちがかかります。鼻ニキビができないようにケアしていても、完璧にニキビが防げるとは限りません。体調によって肌の状態が変わるからです。できてしまった鼻ニキビの腫れが増して痛みがひどくなる前に、鎮めることができればいいですよね。ニキビの種類や原因、できてしまったニキビのケア方法や治し方について、これから順に説明していきます。

赤いニキビと白いニキビの違い

毛穴に白いものが詰まっているのを見たことがありますか?その白いものは「角栓」と呼ばれ、皮脂や古い角質が混ざったものでできています。角栓が毛穴を塞いでしまうと、皮脂が毛穴の中から出られなくなります。そうなると毛穴が膨らんで見えるようになります。角栓が詰まっているので、鏡で見ると白く見えます。これが白ニキビと呼ばれていて、この頃はまだ痛みはなく、ニキビの出来始めです。

白ニキビができた後も、皮脂腺はどんどん皮脂を作り続けます。アクネ菌は皮膚の常在菌で、普段は肌のpHを弱酸性に保つ働きをしてくれますが、アクネ菌のエサとなる皮脂が毛穴の中に閉じ込められた状態になると、アクネ菌が毛穴の中で皮脂を食べてどんどん増えます。アクネ菌は皮脂分解酵素リパーゼを分泌し、その結果生ずる遊離脂肪酸が毛穴の炎症を引き起こし、患部が腫れて痛みが出ます。これが赤ニキビです。白ニキビと赤ニキビの違いは、炎症があるかないかです。

鼻ニキビを潰すとどうなる?

鼻ニキビができると目立つので、とても気になります。大きくならないうちになんとかしたいと思い、潰したくなる人は多いと思います。でも鼻ニキビは潰しても良いのでしょうか。悪化するとさらに目立ってしまうし、跡が残ると後悔することになります。実際、鼻ニキビを潰すとどうなるかについて説明します。

角栓が詰まった状態の白ニキビの時は、肌を傷めずに角栓を除去することができれば問題はありません。むしろ、毛穴の炎症が起きる前に、適切に角栓除去することが理想的です。

これに対して赤いニキビは毛穴周囲の皮膚に炎症が起きているので、潰そうとして肌に刺激を与えると炎症がさらに悪化します。炎症がある部位の毛細血管は拡張し、血流が増えています。そこを潰そうとして力を加えると、血管が破れて血が出ます。出血するとさらに治りが遅くなるので、赤いニキビは触らないことです。

鼻ニキビの原因7個

鼻ニキビを作らないようにするために、どんなことが原因で鼻ニキビができるのかについて知ることは大切ですね。次に鼻ニキビができる原因について説明します。

1. 皮脂の過剰分泌

鼻は顔の中でも皮脂分泌が多い部分なので、いつもよりも皮脂分泌が増えるとニキビができやすくなります。皮脂分泌が多くなる理由は、食事・ホルモンバランス・保湿不足が考えられます。

皮脂が気になるという理由で、過剰に皮脂を取り過ぎるのも良くありません。例えば一日に何度も洗顔したり、あぶらとり紙で頻繁に皮脂を取ったりしていると、逆に皮脂分泌を活発にしてしまうので気をつけましょう。

皮脂が多いとニキビになる理由は、アクネ菌が皮脂を分解した時にできる遊離脂肪酸が炎症の引き金になるからです。次に説明する毛穴の詰まりとも深く関わっています。

2. 毛穴の詰まり

皮脂は毛穴から出ますが、毛穴が詰まってしまうと皮脂が出てこられなくなり、ニキビができます。毛穴の詰まりは、皮脂と古くなった角質などが混ざってできた角栓が毛穴を塞いでしまうことで起こります。

毛穴が詰まってしまうと皮脂腺で作った皮脂が行き場を失って毛穴の中に溜まります。アクネ菌は皮脂を栄養として取り込み、脂肪を分解するリパーゼという酵素で皮脂を分解して、炎症の引き金になる遊離脂肪酸を生成します。やがて毛穴の中で遊離脂肪酸が炎症を引き起こし、毛穴周りの皮膚が赤く腫れあがります。これが赤いニキビです。

3. ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがありますが、バランスが崩れると身体に様々な影響を及ぼします。その一つに皮脂分泌があります。エストロゲンは皮脂分泌を抑制する働きがあり、逆にプロゲステロンには皮脂分泌を促進する働きがあります。また男性ホルモンであるアンドロゲンにも皮脂分泌を促進する働きがあります。

これらのホルモンバランスは年齢やストレス、健康状態により変動します。ホルモンバランスの乱れにより、皮脂分泌が多くなりニキビができることがあります。強いストレスを感じたり、更年期に入ったりしてもニキビができやすくなります。

4. 栄養バランスの偏り

糖質・脂質や炭水化物を摂り過ぎるとニキビができるという話を聞きます。確かにチョコレートを食べると炎症物質の産生を促し炎症が悪化するという報告や、低GI値の食品はニキビになりにくいという報告があります。

しかし一方でそれらの結果とは逆の報告もあるので、一概に糖質を摂り過ぎたらニキビになるという風に考えるべきではないでしょう。それよりも特定の栄養素に偏って食べるのではなく、バランスのとれた食事に気をつけるようにすべきです。

肌をきれいに保つためには、ビタミン類も含めあらゆる栄養素が必要なので、偏りのない食生活が大事です。外食や加工食品などは栄養が偏りがちになるので、新鮮な野菜や果物も取り入れて、できるだけ手をかけてお料理することをおすすめします。

5. 睡眠不足

睡眠不足もニキビの原因になります。睡眠はただ体を休めているのではありません。睡眠中に分泌される成長ホルモンは、子どもの背を伸ばすホルモンとして知られていますが、大人になっても分泌され続け、細胞の修復や新陳代謝を促す働きをしています。

睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌も減り、体のメンテナンスを十分にできなくなります。その結果、肌はターンオーバー周期が乱れ毛穴も詰まりがちになるため、ニキビができやすくなります。

6. 不十分な洗顔

一日の終わりに洗顔をして余分な皮脂やメイク汚れなどを洗い流すことが、肌を健やかに保つためにはとても大切です。洗顔で汚れを洗い流しきれていないと、毛穴が詰まってしまいニキビができやすくなるからです。

メイク落とし・洗顔をしているというだけでは安心できません。それらを使って、きれいに汚れを洗い流さなくてはいけません。

メイク落とし後、肌にメイクが残っていないかをチェックし、洗顔後には毛穴の詰まりがないかをチェックしましょう。もしもメイク残りや毛穴詰まりを見つけたら、メイク落とし・洗顔の方法を見直すべきです。

7. 保湿不足

肌が乾燥していると毛穴が詰まりやすくなるので、ニキビの原因になります。脂性肌だからといって、洗顔後に化粧水などで保湿をしないでいると、肌のうるおいが不足して乾燥肌になったり、肌表面は油っぽいのに肌は乾燥しているインナードライの状態になってしまったりするので注意しましょう。

どのような肌質でも、洗顔後はしっかりと化粧水で肌をうるおして、乳液やクリームなどで肌を保護します。うるおい不足の肌はターンオーバー周期が長くなり、肌の生まれ変わりがスムーズにいかなくなるのでニキビの治りも遅くなります。

鼻ニキビの治し方7個

次は鼻ニキビの治し方について、説明します。これから説明する方法は、肌ニキビを治すだけではなくニキビができにくくなる方法でもありますので、しっかり理解してニキビとは無縁の肌になりましょう。

1. 触らない

まずはできてしまった鼻ニキビを触らないことです。ニキビができている場所は少しの刺激でも炎症が起きやすくなっています。気になるからといって触っているとニキビが悪化して大きくなり、さらに目立ってしまいます。

すでに赤ニキビになってしまっている場合には、出血する場合もあるので決して触らないことです。洗顔・スキンケア・メイク時にも、炎症が起きているニキビにはあまり触れないように気をつけましょう。

2. 正しい洗顔

ニキビが痛くても、洗顔は必ず行ってください。炎症が起きていて痛い場合には、たっぷり泡立てた洗顔料で撫でるように優しく洗うようにします。冷たい水、熱いお湯で洗い流すと刺激になるので、体温くらいのぬるま湯でしっかりと洗顔料を洗い流すようにしてください。洗顔料が残ると肌への刺激になるので、気をつけましょう。

タオルドライは優しく抑えるように行ってください。赤ニキビはタオルの摩擦で血が出ることがあるので気をつけましょう。血が出た場合は、血が止まるまで清潔なティッシュ又はコットンをそっと当てておきましょう。あまり強く抑えないように気をつけてください。血が止まらないときには、一時的に絆創膏を軽く貼っておくとよいでしょう。

3. 十分な保湿

うるおいが不足している肌はバリア機能が低下しています。バリア機能が低下した肌は、刺激に対してとても敏感になるので、ニキビの治りが遅くなります。

ニキビを早く治すためには肌のコンディションを整えて、正常なバリア機能を取り戻す必要があります。そのためには肌を十分に保湿して、肌のうるおいを高めることが必要です。

化粧水で肌をうるおした後、うるおいを肌に閉じ込めておくのは皮脂の役割ですが、洗顔後などは皮脂がまだ肌表面を覆っていないため、油分を含んだ乳液やクリームを塗りましょう。

4. バランスの取れた食生活

ニキビを早く治すためには、肌の新陳代謝がスムーズにいくように食生活から改善することが必要です。一つや二つの栄養素だけが必要なのではなく、バランスの取れた食事を摂ることが求められます。

新しい肌を作るためにはタンパク質だけではなく脂質も必要ですし、肌の細胞を作り肌の健康を保つためには各種ビタミンも必要です。

例えばビタミンAは肌の細胞を作るのを助け、肌の乾燥を防ぎます。ビタミンB6は肌の細胞を作るのを助け、肌を美しく保ちます。ビタミンCは活性酸素から肌細胞を守ります。ビタミンEも活性酸素から肌細胞を守り、肌の新陳代謝も助けます。

どれか特定の栄養素だけを摂っていれば良いというものではなく、体に必要な栄養をまんべんなく摂取する心掛けが大事です。

5. 十分な睡眠

睡眠中に成長ホルモンが分泌され肌の修復や新陳代謝が行われていることは、前に説明した通りです。ニキビを早く治すためには、肌の生まれ変わりを促すことです。

それからもう一つ、睡眠には大事な役割があります。それは免疫力の増強です。睡眠を十分にとることにより、体の免疫機能がアクネ菌の異常増殖を抑えます。逆に睡眠不足になると、免疫機能が低下して、アクネ菌の増殖が加速しニキビが悪化します。睡眠の大切さをわかっていただけたでしょうか。十分な睡眠時間を確保することで、ニキビの治りは早くなります。

6. ニキビ薬を使う

上記の方法を試してもニキビが思ったように改善しないと感じたら、市販のニキビ薬をプラスしてみるのも一つの方法です。市販のニキビ薬は、殺菌作用のある成分と炎症を鎮める成分が配合されています。

殺菌作用のある成分には、イオウが含まれているものがあります。イオウは皮脂を吸着して肌を乾燥させる作用があるため、10代のニキビに向いています。大人のニキビはイオウが含まれていない殺菌成分配合の薬を選ぶのがおすすめです。

7. 皮膚科へ行く

市販薬を使いたくない人や、市販薬でしばらく様子を見ても改善が見られない人は、皮膚科を受診するのがおすすめです。ニキビの原因は一つとは限らないので、ニキビが治らないときには専門家に診てもらうようにしましょう。

皮膚科でのニキビ治療は、主に内服薬と外用薬の処方です。内服薬は炎症を鎮めるための抗生物質の他、ニキビの原因によっては皮脂分泌を抑えたりホルモンバランスを整えたりする薬が処方されます。

この他症状を見て必要に応じた治療が行われます。例えば針で穴をあけて毛穴に溜まった皮脂を押し出す「面皰圧出」(めんぽうあっしゅつ)や、ケミカルピーリングなどがあります。

ニキビを即効で治すことはできる?

ニキビを即効で治せるかは、どの段階のニキビかによって答えが異なります。炎症が起きている赤ニキビになると、即効で治すのはほとんど無理です。炎症を鎮めて元の肌の状態に戻すまでには時間がかかるからです。

これに対して白ニキビは毛穴に角栓が詰まっただけでまだ炎症は起きていないので、赤ニキビに比べると早く治せます。角栓を取り除いて、中の皮脂が正常に毛穴の外に分泌されれば元の肌に戻ります。角栓の状態などにもよりますが、白ニキビは即効で治せる可能性があると言えるでしょう。

ありがちな間違ったケアは、無理やり角栓を押し出したり、ニキビを潰したりすることです。角栓を無理矢理押し出すと毛穴周辺の肌を痛めてしまい、肌の状態がかえって悪くなるので気をつけてください。前述した洗顔などの正しいニキビケアを行い、それでも角栓が詰まったままで悪化させたくないときには皮膚科へ行くと良いでしょう。早く対処すれば早く治すことができます。

まとめ

この記事で鼻ニキビの原因がわかっていただけたと思います。白ニキビのうちに毛穴の詰まりを取り除くことができれば、赤く目立つニキビに成長する前に治すことが可能ですし、治りも早いです。今できているニキビを治すのと同時に、新しいニキビを作らないことも重要ですね。

鼻ニキビを治す方法と鼻ニキビの予防法はほとんど同じなので、上手くいけばニキビ知らずの肌になることができます。洗顔、保湿、食事、睡眠が基本ですので、毎日の生活に取り入れて習慣化しましょう。