監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

突然増えた顎ニキビ。赤く腫れて痛い・いつまでも治らないなど、慢性的な悩みを抱え、不安を感じる女性は多くいます。

ここでは、顎ニキビの原因と赤く腫れたニキビの治し方、予防方法を紹介します。ニキビのループを断ち切り、健やかな肌を作るためのヒントとして、有効に活用下さい。

顎ニキビが痛い・かゆい・治らない…

顎ニキビは、大人ニキビに顕著な症状であるため、一定年齢になった頃から急激に増加する・繰り返すといった事象が生じます。

また、顎を含む口周りは、女性の「ニキビの気になる部位」「ニキビのよくできる部位」上位にランクインする部位です。以下のような内容に悩み、ため息をつく女性も多いのではないでしょうか。

・生理前後にニキビがひどく、肌の状態が不安定である。
・顎ニキビを繰り返し、いつまでも治らない。
・顎周辺にかゆみや刺激を感じるため、心からメイクを楽しめない。
・ベースメイクを行う際の痛み・違和感が強い。
・ジュクジュクとした赤ニキビが目立ち、第一印象に自信が持てない。

このように多くの女性が悩む顎ニキビも、原因を知り、正しい対処を行うことで、改善できるケースがあります。すぐに変化が生じなくても諦めず、継続的な対策を行いましょう。

顎ニキビが繰り返す原因5個

顎ばかりにニキビができ、繰り返す原因は、どのような点にあるのでしょうか。顎ニキビを繰り返す理由として、以下5個の原因が考えられます。

1. 肌の乾燥

まず、肌の乾燥です。顎や口元は、汗腺が少なく、乾燥トラブルを起こしやすい部位と言えます。乾燥を感知した肌は皮脂分泌量を増加させ、毛穴の詰まりを招くことが、繰り返すニキビの一因です。

そもそも、肌の潤いを維持するために必要なヒアルロン酸、コラーゲンなど多くの成分は、加齢とともに減少します。そのため、20代前半までに行ってきたスキンケアと同様のことを続けるだけでは、トラブルは悪化する一方です。

「ニキビを繰り返す」という症状も、肌の変化を示す1つのサインと考えられます。肌の変化に応じた適切なケアを行い、状態を整えることが大切です。

2. ターンオーバー周期の乱れ

次に、ターンオーバー周期の乱れです。ターンオーバー周期とは、肌の生まれ変わりサイクルのことです。この周期が乱れてしまうと、バリア機能が低下し、ニキビを繰り返すことがあります。

ターンオーバー周期が早すぎることも遅すぎることも、肌の健康状態を悪化させる要素の1つ。適切なお手入れを行い、正しい周期に戻してあげると、顎ニキビも落ち着きます。

3. ホルモンバランスの影響

生理前後に顎ニキビを繰り返す場合は、ホルモンバランスの影響が懸念されます。生理前に増加する黄体ホルモンは、皮脂腺の活動を促す働きを持つことが理由です。

顎はそもそも毛穴が小さく、皮脂詰まりを起こしやすい部位と言えます。詰まった毛穴に潜在ニキビの「コメド」が産まれ、炎症を悪化させることで、黒ニキビや白ニキビ、赤ニキビに進行してしまうのです。

生理周期以外にも、睡眠不足やストレスの蓄積から、ホルモンバランスの乱れが生じることがあります。不調を招く根本的な原因を解明し、適切な対処を行わないことには、ニキビループを抜け出すことが困難です。

4. 外的な刺激

マフラーやスカーフで口元を覆う・頬杖をつくといった外的な刺激も、繰り返すニキビの原因です。マフラーを着用する時期はとくにニキビが目立つ、顎以外はニキビが見られないといった事象に心当たりがある人は、外的な刺激の影響を疑いましょう。

ニキビを繰り返した肌はデリケートな状態であるため、刺激に対して敏感に反応し、トラブルを起こしやすい性質があります。日常的なお手入れ方法や習慣を見直し、できるだけ刺激を抑えた生活への切り替えが必要です。

5. 誤ったスキンケア

思春期ニキビ用の殺菌石鹸を使用する・ゴシゴシ洗うといったスキンケアの誤りは、肌の乾燥やターンオーバー周期の乱れを招きます。乾燥やターンオーバー周期の乱れが顎ニキビの原因になることは、前述の通りです。大人ニキビに適したスキンケアに切り替えて、肌の調子を整えましょう。

顎ニキビの治し方と薬は?即効性はある?

できてしまった顎ニキビを治すためには、殺菌成分・抗炎症成分配合の治療薬を使用します。殺菌成分は、アクネ菌の繁殖を抑えるための成分です。抗炎症成分には、赤く腫れ上がった炎症を鎮め、きれいに治す働きが期待されます。

市販の治療薬の使用は、短期間でニキビを治すための有効な対処法です。ただし、炎症が進行し、強い痛みを伴うニキビは、市販薬でまかないきれないこともあります。その場合は、医療機関を受診し、より強い抗菌剤や飲み薬によるニキビ治療が必要です。症状によっては、ケミカルピーリングやステロイド注射など、他の治療メニューを含めた総合的な対策を行います。

なお、症状の軽い白ニキビ、慢性ニキビに対しては、市販の治療薬の使用が不要であるケースもあります。殺菌成分・抗炎症成分を含む治療薬の安易な使用が慢性的なニキビを招き、肌の健康状態を損なうリスクも存在するため、軽率な判断は控えて下さい。

少しでも不安を感じることがあれば医療機関に相談し、予防や肌質改善まで含めた総合的なアドバイスを受けることをおすすめします。

顎ニキビの跡を残りにくくする方法

ニキビ跡を残りにくくするためには、急性期(ニキビが突然できた状態)の正しい対処が大切です。小さい保冷剤をニキビのできた箇所に乗せ、火照りや炎症をとって下さい。肌荒れ対策用の鎮静化粧水を使用し、コットンパックを行って、状態を安定させる方法も一案です。これらのケアを行うことで、黄ニキビや赤ニキビへと進行するリスクを軽減し、ニキビ跡を予防しましょう。

では、すでに黄ニキビ、赤ニキビになってしまったニキビに対し、できることはあるのでしょうか。結論を先に述べると、できるだけ触れず、自然治癒力に任せることがセオリーです。

爪や専用器具で膿を押し出すケア方法は、基底層を傷つけ、ニキビ跡を残してしまうリスクがあります。そのため、できるだけ刺激を与えずに、休ませることが正解です。この基本を守り、状態が落ち着いたタイミングで、ビタミンCコスメでケアすると、色素沈着を予防できます。この時にはまだ肌の健康状態が不安定であるケースが多いため、スクラブ洗顔やピーリング剤の使用は控えましょう。

顎ニキビの予防対策8個

顎ニキビを予防するためには、日常的なスキンケアや生活習慣の見直しが求められます。ニキビの再発を防ぐためにも、以下の対策を継続的に行い、健やかな肌を維持しましょう。

1. 朝・夜2回の正しい洗顔

頻繁な洗顔は、肌の乾燥を悪化させ、ニキビを招く恐れがあります。朝・夜2回の正しい洗顔を続けることで、毛穴と肌表面をすっきりきれいに維持しましょう。とくに意識したい洗顔のポイントは、以下3点です。

【1】洗顔料をよく泡立てる
きめ細かく、濃密な洗顔料の泡には、毛穴に詰まった汚れも吸着し、落とす働きが期待されます。手のひらを逆さにしても落ちない程度の濃密さまで、しっかりと泡立てましょう。

【2】泡のクッションで優しく洗う
バリア機能の衰えた肌に摩擦刺激が加わると、ニキビが増える原因になります。十分な量の泡を顔に乗せ、直接肌に触れずに洗うことで、過剰な負担を与えずに洗顔できます。

【3】丁寧にすすぐ
体温より低いぬるま湯を使用し、20回から30回を目安にすすぎましょう。顎ニキビのできやすい人は、フェイスラインのすすぎをとくに丁寧に行うと、予防対策に貢献します。

洗顔料を使用しない洗顔方法も存在しますが、ニキビ予防の基本からは外れた応用的な手法です。基本の洗顔をまず実践し、肌の変化を見極めた上で、肌質に合う洗い方を検討しましょう。

2. 帰宅後すぐにメイクを落とす

日焼け止めやベースメイクの刺激も、肌にとっては負担です。帰宅後すぐにメイク落としを行い、肌の負担を軽減しましょう。顎ニキビを予防するクレンジングのコツは、以下2点です。

【1】十分な量のクレンジングを使用する
使用するクレンジングの量が少ないと、メイクを落とす力が弱まり、汚れが残ってしまいます。パッケージに記載された使用量を守り、顔全体になじませましょう。

【2】メイクとクレンジングをなじませる
クレンジングにかける時間の目安は、約1分です。細かい部分も含めてクレンジングをよくなじませ、メイク汚れを溶かし出します。バームタイプやクリームタイプのクレンジングを使用する場合は、体温で一旦溶かし、柔らかい質感に変化したものを伸ばすことが大切です。

使用するクレンジングは、メイクの濃さに応じたものを選択します。「オイルが絶対にダメ」というわけではなく、汚れを残すことなく、きれいに落ちる商品がおすすめです。ただし、シートタイプや拭き取りタイプのクレンジングは、肌に対する負担が大きく、バリア機能の低下を招く恐れがあります。すすぐタイプのクレンジングの中から肌質に合うものを選択し、メイク落としを行いましょう。

3. 十分に保湿を行う

クレンジング・洗顔後の肌は乾燥しやすく、デリケートな状態です。化粧水や美容液で失われた水分を補い、乾燥の進行を予防しましょう。バリア機能の低下により顎ニキビを繰り返すタイプの人には、セラミドやアミノ酸など、天然保湿因子を補うタイプのスキンケア商品をおすすめします。しっかりとしたバリア機能を育てることで、ニキビができにくく、健やかな肌に近づくためです。

化粧水や美容液の付け方は、ハンドプレスをおすすめします。化粧水や美容液と肌を適度に温めながら圧をかけることにより、浸透を助けてくれるためです。デリケートに傾いた肌は、コットンの毛羽立ちを刺激に感じ、トラブルを起こしてしまうケースがあります。手のひらで優しくお手入れを行うことで、繰り返す顎ニキビを予防しましょう。

正しいハンドプレスのやり方は、以下の手順で進めます。

【1】適量の化粧水を手にとり、挟み込むように温める。
【2】額・フェイスラインと広い範囲になじませ、10秒程度押さえる。
【3】小鼻や目元など、細かいパーツを指で押さえる。

化粧水後の美容液も、同様の手順で行います。1つずつの工程を意識的に行い、化粧水や美容液の浸透を促すことが正しい保湿のポイントです。肌と会話を行うつもりで、丁寧に進めて下さい。

4. オイル美容を休む

美容オイルの油分が毛穴の詰まりを助長して、ニキビを繰り返す人もいます。顎ニキビ予防のためには、美容オイルの使用を一旦控え、様子を見ましょう。顎ニキビが気になる時に特に避けたいオイルの種類は、オリーブオイルや椿オイルといったオレイン酸の含有量が多いものです。オレイン酸は、アクネ菌のエサになり、ニキビを悪化させるリスクがあります。

オイル美容を休むと同時に、乳液やクリームの見直しも必要です。これらのスキンケアアイテムは、油分の配合量が多いため、毛穴の詰まりを悪化させる恐れがあります。ただし、化粧水と美容液だけでスキンケアを終えることは、バリア機能の低下を招く原因です。オイルフリーの乳液やジェルを使い、潤いを閉じ込めるお手入れを行いましょう。

5. 十分な紫外線対策を行う

朝のスキンケアを終え、メイクを行う前のもうひと手間。低刺激処方の日焼け止めを欠かさずに使用し、紫外線ダメージを防ぎます。伸びが良く、サラサラとした質感の日焼け止めは、摩擦刺激を与えにくく、ニキビを繰り返す肌にもおすすめです。

市販品でも、石鹸で簡単に落ちるタイプ・紫外線吸収剤フリーのタイプなど、肌に負担をかけにくい日やけ止めが増えています。毎日使うものだからこそ肌との相性にこだわり、年間を通して使用しましょう。

特に日差しの強い季節の外出は、日焼け止めと以下の対策の併用をおすすめします。

・日傘を使う
・つばの広い帽子を着用する
・サングラスを着用する
・パーカーやカーディガンで肌を隠す

身体に浴びた紫外線の影響から顔の肌荒れが生じるケースもあるため、全身の日焼け対策を行って下さい。

6. 適度な運動習慣を作る

適度な運動を習慣化することで、多くの酸素が供給されて、代謝を高める働きが期待されます。リンパの流れを促す働きも期待されることから、老廃物を溜めずに排出する流れができる点も適度な運動習慣のメリット。顎ニキビや乾燥、くすみの目立たない健やかな肌への生まれ変わりを後押しします。

なお、ニキビ予防のために行う運動は「頑張り過ぎ」も禁物です。身体に過剰な負担がかかると、活性酸素が発生し、エイジングサインを悪化させるリスクもあります。

では、週に何日・どのような運動を行えば良いのでしょうか。ニキビ予防のためにおすすめする運動習慣のポイントは、以下3点です。

・週3日から5日を目安に、無理のないペースで継続する。
・1日あたり1時間を目安に、ヨガやウォーキング、ストレッチを行う。
・睡眠直前の運動は避け、朝や昼間を中心に身体を動かす。

運動を行う時には、ノーメイクをおすすめします。日焼け止めだけを塗り、十分な紫外線対策を行った上で、毎日の運動を行いましょう。メイクをしたまま運動する場合は、終わった後のクレンジング・洗顔が必須です。汗をそのまま放置すると、アクネ菌の繁殖を招き、顎ニキビを悪化させるリスクがあります。

7. 睡眠リズムを整える

睡眠時間は、成長ホルモンが分泌され、肌トラブルの修復を促す大切な時間です。「決まった時間に就寝し、ぐっすり眠り、決まった時間に起床する」といった規則正しい習慣をつけましょう。睡眠リズムの乱れは、自律神経のバランスに影響し、ストレスやホルモンバランスから生じるニキビを招きます。そのため、規則正しく、一定のリズムで眠ることが大切です。

寝付きが悪い・眠りが浅いといった悩みを感じる人は、次のような対策を試しましょう。

・16時から20時に軽い運動を行い、体温を上げる。
・10分から15分程度の全身浴を行う。
・3時間前までに夕食を終わらせ、夜食を控える。
・スマホやパソコンを寝室に持ち込まない。
・寝室の照明を落とし、リラックスできる空間を作る。

8. ストレスを溜め込まない

精神的なストレスは、皮脂の過剰分泌を招き、肌荒れやニキビの原因になると言われています。ストレスを溜め込まずに発散する習慣で、繰り返すニキビを予防しましょう。ここでは、簡単に実践できるストレスケア方法を紹介します。

【1】アロマを焚く
ゼラニウムの香りには、ホルモンバランスを整え、気持ちを安定させる働きが期待されます。特にイライラ気分の強い時には、クラリセージがおすすめ。エストロゲンと似た成分を含み、ストレスケアを助けてくれます。自律神経のバランスを整えるためには、ラベンダーが良いでしょう。不安な気持ちを鎮め、リラックスさせる働きが期待されます。

【2】ドラマを見る
感動して涙を流す・お腹を抱えるほど笑うといった感情の解放は、有効なストレス対策の1つです。ドラマを見る方法であれば自分1人で行うことが可能であるため、友人と予定を合わせる必要なく、好きな時に楽しめます。

マスクはニキビに良くない?

マスクを着用することで、顎ニキビが悪化するケースもあります。マスクに使用される硬い布が肌に対して刺激を与え、乾燥やアクネ菌の繁殖を招くリスクが伴うためです。また、マスクを着用した際に蒸れることも、ニキビ予防に良いことは言えません。高い湿度がアクネ菌の繁殖を活発化し、重症ニキビに進行しやすい状態に傾きます。

風邪やアレルギーなどによって、マスクを着用せざるを得ない時には、次のような対策を行いましょう。

・肌に対する負担が少ない素材のマスクを着用する
・使い捨てマスクを繰り返し着用しない
・できるだけマスクを外し、湿気を逃す

すでにニキビができた状態でマスクを着用する場合は、立体タイプを選択しましょう。帰宅後はマスクを外し、通気性を高めることが大切です。

ニキビに効く良い食べ物

ニキビを繰り返す原因の1つは、糖分・脂質の多い西洋型の食事と言われています。お菓子や白いご飯、パンなど糖分の多い食べ物・揚げ物やスナック菓子など脂質の多い食べ物は適量に控え、栄養バランスの良い食生活を始めましょう。これらの食品を1回食べたからといって、ニキビが生じるわけではありません。ただし、慢性的な食習慣の乱れが肌荒れを招くリスクは存在するため、日常的な心掛けが大切です。

意識的に食べたい食べ物は、過剰な皮脂をコントロールするビタミンB2食材です。具体的には、納豆やレバーなどが該当します。健やかな肌を育てるために役立つビタミンCやビタミンA、ビタミンE食材も欠かせません。3種類のビタミンをバランスよく含むピーマン、ブロッコリーは、ニキビ予防のためにも意識的に摂りたい食べ物の1つです。赤身肉や鶏肉、青魚など、良質なタンパク質と一緒に摂取を行うと、相乗作用を発揮します。

ニキビに良い飲み物

毎日口にする飲み物をニキビに良いものに切り替えることでも、肌荒れ対策が可能です。以下では、ニキビ予防や肌荒れ対策に役立つ飲み物3つを紹介します。

飲み物働き
緑茶ビタミンCが豊富で、肌荒れや色素沈着予防に貢献します。カフェインを含むため、寝る前に飲むことは避け、日中の摂取がおすすめです。
ドクダミ茶デトックス作用が非常に強く、炎症ニキビを防ぐ働きが期待されます。カリウム、マグネシウムといったミネラルも豊富に含み、美肌作りに貢献する飲み物です。
プーアール茶プーアール茶には、摂りすぎた脂質を分解し、体外に排出する働きが期待されます。すっきりとした味わいであるため、食事中に飲むお茶にもおすすめです。

飲む時のポイントは、冷やしすぎず、常温に近い状態で飲むことです。内臓の冷えから肌の調子が不安定になることもあるため、冷たい飲み物の摂り過ぎには注意しましょう。

まとめ

痛い・かゆい・目立つなど、不快な症状を伴う顎ニキビの原因、対策方法を紹介しました。大人ニキビはいくつかの要素が重なり合って生じることも多く、1つの対策を行うだけでは治すことが難しいケースもあります。必要に応じて医療機関のサポートを検討し、ニキビを繰り返さない健やかな肌を目指しましょう。