監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

40代になると、シミが増えたり濃くなったりすることを実感する方が多いのではないでしょうか。

そのまま放置すると、さらにシミが目立つようになる恐れがあるため、早めの対策が大切です。原因を知り、正しく改善対策することで、すでにできたシミを目立ちにくくできるでしょう。

ここでは、40代でシミが増える原因と改善対策、シミを隠す方法について詳しくご紹介します。

40代シミだらけで消したい…

40代になり、シミがたくさんできてしまうと、このまま美容が損なわれ続けていくのではないかと不安になりますよね。どれだけ髪型やファッションにこだわっても、シミだらけだと台無しになってしまうかもしれません。

逆に、シミをできるだけ抑えることで、若々しく見せることが可能です。美は、女性の永遠のテーマなので、少なくともシミがたくさんある状況は解消したいところですよね。これ以上、シミが濃くなったり増えたりすることを防ぎつつ、今あるシミを改善させることがポイントです。

40代でシミが増える原因

40代でシミが増えるのは、これまでに受けてきたダメージが肌の表面にシミとなって現れるためです。シミは、肌が刺激を受けたときに生成されるメラニンが肌に沈着したものですが、刺激を受けてすぐにシミができるわけではありません。

また、若いうちは、肌のターンオーバーが整っており、しっかり肌が生まれ変わりを繰り返すため、簡単にはシミができないのです。しかし、肌のターンオーバーは加齢とともに遅れるようになるため、40代になるとメラニンを排出する能力が追いつかなくなり、シミができやすくなります。

このように、40代になって急にシミが増えたように感じても、これまでの刺激がシミとなって表面化しただけに過ぎません。慌てず、適切に対策することで、シミがこれ以上増えるのを防げるでしょう。

40代でシミで悩む人の化粧品の選び方

40代でシミに悩んでいる方は、美白成分配合の化粧品を選びましょう。日々のファンデーションや化粧下地によるメイクに美白成分配合のものを選ぶことで、継続的にシミにアプローチできます。毎日の積み重ねがシミの改善に繋がるため、化粧品は今日からでも選び直したいところでしょう。

また、肌への刺激を減らす目的として、保湿力が高い化粧水や美容液、乳液を使うことも大切です。可能性として、化粧品の保湿力が足りていなかったことも考えられます。しっかり保湿すれば刺激に強い肌を作れるため、さらなるシミを防げるでしょう。

40代のシミ改善対策9個

40代のシミ改善対策は様々です。できるだけ全て実践することをおすすめします。生活習慣や化粧品での対策など、詳しくみていきましょう。

1. 睡眠習慣を整える

睡眠は、ターンオーバーを整えるために欠かせません。ターンオーバーを整えることでメラニンの排出が促され、さらなるシミの発生を抑えられます。

諸説ありますが、熟睡しているときに成長ホルモンが多く分泌され、肌のターンオーバーが促されるといわれています。逆に、睡眠不足であったり睡眠の質が低下していたりすると、皮脂が過剰に分泌されて肌が刺激を受けたり、ターンオーバーが遅れてしまったりするのです。

睡眠習慣を整えるために、睡眠環境と寝る前の行動を見直しましょう。熱かったり寒かったりする環境では、途中で目覚めてしまうため、エアコンや扇風機、ストーブなど季節に応じて家電を活用することが大切です。

また、寝る前は、目が冴えないようにスマホやテレビを見ないようにしましょう。読書などをして、脳を刺激しないことが大切です。その他、入浴のタイミングも重要です。寝る2時間前の入浴は、寝るときに体温が下がってスムーズに眠りにつけるようになります。

2. 食生活を改善する

ターンオーバーを整えるために必要な栄養をしっかり摂ることが大切です。肌の材料となるタンパク質、ビタミン類、ミネラルをバランス良く摂りましょう。過度なダイエットをしていると、タンパク質が不足しがちです。また、外食やコンビニ食が多い方は、タンパク質は十分に摂れていても、ビタミン類やミネラルが不足しやすいため注意しましょう。

ビタミン類は野菜や果物、ミネラルは海藻類に多く含まれています。これを食べればシミが消えるといった食べ物はないので、様々な食べ物を食べるようにしましょう。

3. 適度に運動する

適度な運動は、血流を促します。血液には、ターンオーバーに必要な栄養が含まれているため、血流が悪い状態ではシミができやすくなるのです。適度な運動には、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどがあります。筋力トレーニングや激しい運動は、血流を促すというよりは筋肉をつけるのに向いています。

筋肉がつくと、安静時の代謝である基礎代謝が高まり、痩せやすくなります。太っていると、脂質が過剰に分泌されて肌荒れのリスクが高まり、結果的にシミに繋がる可能性もあるため、激しい運動や筋力トレーニングが無駄なわけではありません。

ただ、ターンオーバーを促すことに着目すると、適度な運動の方がおすすめです。

4. ストレスを解消する

ストレスは、血管を収縮させて血流の低下を招きます。また、ホルモンバランスが乱れて皮脂が過剰に分泌されたりターンオーバーが乱れたり、肌に大きな悪影響を及ぼすのです。そのため、こまめにストレスを解消させることが重要です。

ポイントは、すぐにストレスを解消できる方法を見つけて日課にすること。、例えば、1日1話のペースで必ず好きなドラマやアニメを見たり、漫画や小説を読んだりする方法があります。その他、適度な運動もストレス解消効果が期待できるのでおすすめです。

その他、趣味を楽しむ、カラオケ、自然に触れるといった方法もあるので、自分に合った方法を見つけましょう。

5. 紫外線対策をする

これ以上、シミを増やさないために、紫外線対策を徹底しましょう。紫外線がメラノサイトを刺激すると、メラニンが生成されてシミの原因となります。紫外線対策をしていたのにシミが増えた場合は、その方法に問題があるのかもしれません。

日焼け止めクリームは汗で流れ落ちるため、こまめに塗り直す必要があります。また、日傘やサングラス、マスクなど、他にも様々な紫外線対策グッズを使うことが大切です。

6. 美白化粧品を使う

美白化粧品とは、厚生労働省の認可を受けた美白成分が配合されている化粧品のことです。トラネキサム酸、エラグ酸、コウジ酸、プラセンタ、ビタミンC誘導体などがあります。これらは、メラニンの生成を抑えたり、排出を助けたりする働きを持つため、デイリーケアに取り入れることで、早くシミを改善できる可能性があります。

ただ、肌への刺激が強いケースもあるため、説明書に記載されている使用の目安を守ることが大切です。

7. トラネキサム酸の内服

トラネキサム酸には、内服薬があります。薬局やドラッグストアで購入できるOTC医薬品のため、処方箋がなくても買うことができます。肝斑に対して有効とされていますが、プラスミンの働きを抑えてメラニンの生成を抑える仕組みのため、炎症後色素沈着や通常のシミにも効果が期待できます。

8. ハイドロキノンクリームを使う

ハイドロキノンは、メラニンを作るメラノサイトそのものを減少させることで、シミの改善や予防に効果が期待できる成分です。ハイドロキノンは不安定な成分のため、正しい使用方法で適切な濃度で使用しなければなりません。そのため、クリニックを受診して、医師の診察を受けたうえでハイドロキノンクリームを処方してもらうことが大切です。

使用方法は、保湿ケアの後にシミにハイドロキノンクリームを塗るだけですが、使用回数はあらかじめ決められています。

以前、ハイドロキノンベンジルエーテルという成分による白斑トラブルが話題を呼びましたが、ハイドロキノンとは別の成分のため心配はいりません。しかしながら、間違った使用方法ではトラブルが起こる恐れがあるため、医師の指示に従って使用しましょう。

9. シミ取りレーザー

クリニックで、シミ取りレーザーを受けることも1つの方法です。あまりにも濃いシミは、自宅でのケアや内服などでは十分な改善が期待できません。いつまで経ってもシミが消えず、悩んでしまう方もいるでしょう。早めにシミ取りレーザーを受けることで、シミを早く改善できる可能性があります。

メラニン色素の黒色に反応するレーザーを照射することで、メラニンを蒸散させたり分解したりして、排出させます。レーザーは熱エネルギーのため、照射時の痛みや術後の赤み、ヒリヒリ感などの副作用があります。クリニックでは、できるだけ負担なく受けられるように配慮してもらえるので、一度話だけでも聞いてみるといいでしょう。

シミが目立たないように隠す方法3個

シミを完全に消すことは困難ですが、シミを目立たなくすることは可能です。次のような方法を試してみてください。

1. ファンデーションで隠す

ファンデーションには、ルース・パウダー・リキッド・クリームなど様々な種類があります。ルースファンデーションはナチュラルな仕上がりですが、カバー力が低いため、シミ隠しには向いていません。これは、パウダーファンデーションも同様です。

シミを隠したい場合は、リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使いましょう。リキッドファンデーションは肌への密着度が高く、つけムラが起こりにくいのにカバー力が高いことが特徴です。

クリームファンデーションは、油分が多く、つけムラになりやすいもののカバー力が高くなっています。ルースファンデーションやパウダーファンデーションを使う場合でも、コンシーラーと組み合わせることで隠しやすくなります。

2. コンシーラーで隠す

コンシーラーは、ファンデーションの後に重ね塗りすることでシミを隠せる化粧品です。肌と異なる色のコンシーラーを使うと逆に目立ってしまうため、自分の肌色に近い色を選びましょう。複数の色を混ぜ合わせて自分の肌色に近づけられるコンシーラーもあります。また、日焼け止め成分が含まれており、シミを紫外線から守れるものもあるので、自分に合ったコンシーラーを見つけてください。

3. サングラスやマスクで隠す

サングラスやマスクで、シミがある部分を隠してしまうのも1つの方法です。目の周りは皮膚が薄いため、刺激を受けやすく、シミになりやすい部位です。普段からサングラスをかけておけば、紫外線によるシミ予防にもなります。

マスクは、なかなか普段からつけることは難しいかもしれませんが、ノーメイクでちょっとした外出の際に役立ちます。マスクにもUVカット素材のものがあるので、試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

40代になると、これまで蓄積してきた紫外線や摩擦、不摂生などによる肌のダメージが表面化して、シミが増える場合があります。睡眠や食事、運動などでターンオーバーを整えるとともに、美白化粧品でしっかりケアしましょう。