監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

生活習慣の乱れや間違ったスキンケアなどが原因で毛穴が開くと、早く閉じなければ美容に大きな影響を及ぼします。毛穴の黒ずみやニキビなど様々なトラブルが起こる前に、毛穴を閉じることが大切です。

ここでは、毛穴が開く原因から閉じる方法まで、詳しく解説していきます。

毛穴が開く原因5個

毛穴は、次のような原因で開きます。

1. 洗顔不足

洗顔不足は、酸化した皮脂や古い角質が肌に残り、毛穴に詰まりやすくなります。肌にダメージを与えないように洗浄力が弱い洗顔料を使っている方は注意が必要です。また、肥満や糖質の過剰摂取などが原因で皮脂が過剰分泌されている方も、より入念に洗顔しなければなりません。

しかし、乾燥肌の方は洗浄力が強すぎる洗顔料を使うことで結果的に皮脂の過剰分泌を招くため、乾燥肌用の洗顔料使うことが重要です。

また、洗顔を2日に1回しかしない、洗顔せずにそのまま寝てしまうといった場合も毛穴に皮脂や角質が詰まりやすくなります。洗顔は1日2回まで、メイクは必ず落とすことを習慣づけましょう。

2. 保湿不足

洗顔後は、必ず保湿しましょう。保湿不足は、毛穴の乾燥を招きます。そうすると、肌の最上層にある角質が厚くなり、毛穴を詰まらせてしまうのです。その結果、毛穴が押し広げられて開いてしまいます。また、保湿の役割は肌に水分や油分を与えてバリア機能を高めることのため、保湿不足は毛穴の刺激に繋がります。

毛穴が刺激を受けると、皮脂が過剰分泌されて詰まったり、メラニンが生成されて黒ずみの原因になったりするため、未然に防ぐことが大切です。保湿のタイミングは、入浴後や洗顔後、化粧直しのときです。1回でも保湿を怠ると、毛穴が刺激を受けて開いてしまうので注意しましょう。

3. 生活習慣の乱れ

睡眠不足や運動不足、喫煙、過度の飲酒は、いずれも毛穴開きに繋がります。生活習慣が乱れると、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが乱れ、肌のバリア機能を十分に発揮できなくなるのです。例えば、睡眠不足はホルモンバランスを崩し、代謝を低下させます。また、喫煙や運動不足は血流の低下によって、肌への栄養の供給を低下させるのです。

生活が乱れていると、肌が荒れるという方は多いのではないでしょうか。毛穴開きだけではなく、毛穴の黒ずみ、ニキビ、シミ、シワ、たるみなどの原因でもあるため、生活習慣が乱れがちな方は注意しましょう。

4. 栄養バランスの乱れ

肌のターンオーバーを正常に保つには、タンパク質やビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂る必要があります。コンビニ食や外食ばかりだと、タンパク質や脂質、糖質を摂りすぎやすく、ビタミンやミネラルが不足しやすくなります。

夜遅くまで残業しており自炊ができない、家事や育児に追われて栄養バランスを考える余裕がないといった場合もあるでしょう。食事は、肌だけではなく健康を保つための重要な要素のため、できるだけ栄養バランスに配慮した食事をとることが大切です。

5. 加齢

加齢は、毛穴開きを引き起こす大きな原因です。加齢とともにターンオーバーが遅れがちになったり筋力の低下によって血流が悪くなりがちになったりして、毛穴部分の角質層や皮脂の量を良好に保ちにくくなります。また、長年積み重ねられてきたダメージが黒ずみとして表面化し、さらに毛穴が開いているように見えるのです。

加齢を防ぐことはできないため、他の毛穴開きの原因に対処することになります。また、生活習慣を整えたり正しいスキンケアを習慣づけたりすることは、結果的に加齢による身体の変化を抑えることに繋がります。

毛穴が目立つ理由

毛穴が目立つのは、毛穴開き・黒ずみのどちらかが原因です。毛穴が開くことで、普段は目立たない毛穴が目立つようになります。また、毛穴が黒ずむと、それだけ毛穴が目立つため、開いているように見えるのです。

毛穴には汗腺があり、体温が上昇した際に汗を分泌し、気化熱によって体温を低下させます。汗をかいても毛穴は開きませんが、普段の生活習慣やスキンケア、加齢などに関連して目立つようになるのです。

毛穴を閉じる方法5選!冷やすのは効果的?

それでは、毛穴を閉じるには、どのようなケアが必要なのでしょうか。間違ったケアは毛穴開きを悪化させるため、正しい方法を押さえておくことが大切です。また、毛穴を引き締めるのに冷やすことが効果的との声もありますが、本当なのでしょうか。このような疑問にもお答えしつつ、毛穴を閉じる方法を詳しくご紹介します。

1. 正しい洗顔を習慣づける

正しい洗顔は、古い角質と余分な皮脂を落とせるため、毛穴開きの解消に繋がります。きめ細かい泡が毛穴に入り込み、毛穴の詰まりを優しく取り除くのです。次のように洗顔しましょう。

<STEP1:ぬるま湯ですすぐ>
まずは、ぬるま湯で肌や毛穴の汚れをできるだけ落としましょう。油汚れは洗顔料がなければ落とせないため、それ以外のホコリや化学物質を取り除くことを目的としています。熱い湯で洗うと、肌を守っている皮脂まで落ちてしまい、乾燥を招きます。32~35℃程度のぬるま湯で洗いましょう。

<STEP2:洗顔料を泡立てる>
洗顔料をそのまま肌につけると、洗浄力が強すぎて肌を乾燥させてしまいます。必ず、泡立てネットなどできめ細かい泡を作りましょう。

<STEP3:優しく洗う>
皮脂の分泌が多いTゾーンとUゾーン、続いて皮脂が少ない目の周りと口の周りに泡をつけて洗います。ゴシゴシ洗いではなく、指の腹や手のひらで優しく洗いましょう。

<STEP4:よくすすぐ>
ぬるま湯で泡をしっかり洗い流しましょう。泡が残ると、肌にダメージが及びます。30~40回を目安にすすぐと洗い残さずに済むでしょう。耳の裏や顎、前髪の生え際などに残りやすいため、鏡で洗い残しがないか確認してください。

2. 収れん化粧水を使う

毛穴を引き締める効果のある収れん化粧品を使うことで、毛穴開きを解消できる可能性があります。あくまでも、毛穴を引き締めるのみのため、毛穴に詰まった汚れは洗顔で落とさなければなりません。毛穴の汚れを取り除いたうえで、収れん化粧水で保湿しましょう。

また、続いて美容液、乳液、クリームで保湿ケアをしなければなりません。化粧水の目的は、肌に水分を補給することですが、そのままにしておくと水分が蒸発してしまいます。皮脂の役割を果たす乳液やクリームを塗ることで、水分の蒸発を防ぎ、うるおいのある肌を保てるのです。また、ビタミンC誘導体やプラセンタなどの成分を含む美容液を使うことで、毛穴が開いて見える黒ずみに対処できます。

3. 冷やす

毛穴を引き締めるのに、冷やすのが有効といわれていますが、これは半分正解で半分不正解です。確かに、冷やせば毛穴が引き締まりますが、冷やすことで血流が低下してターンオーバーが遅れやすくなり、結果的に毛穴トラブルが悪化する恐れがあります。

冷やすのであれば、冷やしすぎに注意しましょう。保冷剤を直接当てるようなことをすれば、血流が低下してしまいます。また、肌の表面がダメージを受けて、赤みや痛みなどのトラブルが起こる恐れもあるでしょう。

冷やすときは、冷たいシャワーを直接当てたり、ハンカチやガーゼにくるんだ保冷剤を当てたりすることが大切です。

4. 生活習慣を整える

生活習慣を整えることで、ターンオーバーの周期も整い、健康な毛穴をキープしやすくなります。生活習慣を整えるポイントは、十分かつ良質な睡眠と適度な運動、喫煙や飲酒を控えることです。この中でも押さえておきたいのが睡眠です。

単に、6時間以上寝ればいいわけではなく、どれだけ質を高められるかにも注目しましょう。途中で何度も目覚めたり、寝つきにくかったりすると、睡眠の質が低下して寝不足になります。まずは、部屋の温度と湿度を見直しましょう。

続いて、照明や寝る前の行動に注目することが大切です。真っ暗にするのではなく、間接照明をつけて、リラックスできる空間づくりを心がけましょう。また、寝る前にスマホやテレビを見ると、目が冴えてしまうので、時間をつぶしたいのであれば読書することをおすすめします。

5. 栄養バランスのとれた食事

肌の材料となるタンパク質はもちろんのこと、ターンオーバーを促すビタミン類、ミネラルもしっかり摂る必要があります。ここで押さえておきたいのは、これだけを食べておけば肌が綺麗になるという食べ物は存在しないことです。例えば、タンパク質ばかり摂っていても、ビタミンやミネラルが不足していると、肌の健康を保つことができません。

肉や野菜、果物、魚介類、海藻類などをバランスよく食べることで、様々な栄養を摂れます。なかなか、栄養バランスを考える余裕がない場合は、サプリメントで補うようにしましょう。

毛穴改善にかかる期間の目安

毛穴の改善にかかる期間には、個人差があります。毛穴開きの原因が解消されても、すぐに毛穴が引き締まるわけではありません。目安として、1ヵ月はかかると考えておきましょう。加齢とともにターンオーバーが遅れるため、30代、40代、50代と年齢を重ねるにつれて、毛穴の改善にさらに時間がかかるようになります。

その間に、生活習慣が乱れたり間違ったスキンケアをしたりすると、再び毛穴が開いてしまうので、正しい対処法を身につけましょう。

また、できるだけ早く毛穴開きを解消したい場合は、クリニックでレーザートーニングを受けるのも1つの方法です。毛穴を引き締め、なめらかな肌へと導いてくれます。その他、イオン導入や美白成分の内服などの治療法もあるので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

毛穴開きの原因である古い角質や過剰な皮脂、黒ずみなどを解消するために、生活習慣を整えたり正しいスキンケアを習慣づけたりしましょう。毛穴が開くと、肌の表面の見た目が悪くなってしまいます。そうなる前に、正しく対策して、なめらかな肌を保つようにしましょう。