監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

特に心あたりがないのに肌がガサガサしたり、粉をふいたりする方は多いのではないでしょうか。肌がガサガサになるのには原因があります。

原因を知り、適切に対処することで、ガサガサ肌の悩みを解消できるでしょう。ガサガサ肌が解消すれば、ツヤのある肌になるだけではなく、化粧ノリも良くなりますよ。

この記事では、ガサガサ肌の原因と対処法を詳しくご紹介します。

ガサガサ肌とは?

ガサガサ肌とは、肌の水分量が少ないために、肌触りがザラザラ、ガサガサとしていたり、粉をふいていたりする状態です。肌は、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンによって弾力が保たれているのですが、何らかの原因で肌成分が減少すると、水分を保てなくなります。

その結果、特に何もしていなくても肌から水分が失われ、ガサガサ肌になるのです。また、肌の水分量は肌のバリア機能の高さと比例しています。肌の水分が失われると、肌のバリア機能も低下して、少しの刺激でかゆみや痛み、赤みなどの症状が現れるようになります。逆に、肌のバリア機能が低下して水分が失われ、乾燥肌になるというパターンもあります。

そうすると、服の摩擦はもちろんのこと、紫外線や化粧品などによる肌への刺激によって、簡単に肌トラブルが起きてしまうのです。逆に、ガサガサ肌を解消できれば、刺激に強い肌を作ることができるため、肌トラブルに悩まされにくくなります。

ガサガサ肌は冬になりやすい?夏でもなる?

ガサガサ肌と言えば、冬にしかならないイメージを持っている方もいるでしょう。確かに、冬はガサガサ肌になりやすい季節です。冬は空気が乾燥しているため、肌の水分を奪い去ってしまいます。それでは、夏はガサガサ肌になりにくいのか気になりますよね。

夏は、湿度は高くも低くもありませんが、紫外線が強く降り注いでいるため、ガサガサ肌になりやすいと言えます。紫外線は、肌に直接的なダメージを与え、細胞を酸化させます。酸化した細胞は本来の役割を果たせなくなるため、水分を保つ機能も失われてしまうのです。

つまり、ガサガサ肌は冬に限らず夏もしっかり対策する必要があります。春や秋は特別ガサガサ肌になりやすいわけではありませんが、日によっては空気が乾燥していたり、紫外線が強かったりするため、やはりガサガサ肌の対策が重要となります。

ガサガサ肌になる原因8つ

ガサガサ肌になる原因は、空気の乾燥や紫外線だけではありません。それ以外にも、様々な原因があるため、しっかりガサガサ肌対策するためにも詳しく確認していきましょう。

1. 空気の乾燥

空気が乾燥している日は、粉ふきが酷かったり、ぶつぶつができたりする方が多いのではないでしょうか。冬は空気が乾燥しているため、室内で過ごしたいという方もいるでしょう。しかし、エアコンをつけている場合は部屋の空気が乾燥するため、いずれにしても肌の水分が失われてしまいます。

暖房、冷房、除湿などいずれも空気の乾燥を招くため注意が必要です。エアコンの風を肌に直接当てると、肌はさらに乾燥します。

2. 紫外線

外出時だけ紫外線対策している方は多いのではないでしょうか。また、車で出かけるからといって、紫外線対策をしない方もいるでしょう。紫外線は、窓ガラスからも侵入するため、屋内や車内にいても紫外線対策が必要なのです。紫外線は、ガサガサ肌だけではなく、肌のターンオーバーを乱すことで、様々な肌トラブルのリスクを高めます。

粉ふきやぶつぶつだけではなく、赤みや痛みなども起こる可能性があります。

3. 間違ったスキンケア

顔や身体の汚れをしっかり落とすために、ゴシゴシと強く洗うと、肌がダメージを受けてガサガサ肌になります。肌の表面には、ヒアルロン酸やセラミドなど肌の水分を保つ成分が含まれている角質層があります。ゴシゴシ洗いは、角質層を取り除いてしまうため、肌の乾燥を招くのです。

また、顔が脂っぽくないのに、皮脂汚れをしっかり落とすタイプの洗顔料を使うこともガサガサ肌の原因です。皮脂は、肌の水分の蒸発を防ぐ役割を持つため、皮脂が必要以上に取り除かれると肌が乾燥します。

4. 摩擦

肌を摩擦すると、角質層が削られて肌が乾燥しやすくなります。衣類の摩擦や肌をこするクセなどに注意が必要です。また、肌触りが固い化学繊維が使われた衣類は、肌に刺激になるため注意しましょう。

肌が部分的にガサガサしている場合は、摩擦するものが見の周りにないか確認しましょう。例えば、デスクワークで常に手首を机についていると、手首の周りの肌が乾燥します。何気ない習慣や行動が乾燥を招いていることもあります。

5. 保湿不足

入浴や洗顔の後は、必ず保湿が必要です。肌についた水分が蒸発する際に、肌の水分も奪われてしまいます。また、入浴後は皮脂や角質が落ちているため、水分を保つ能力も低下しているのです。放置すると、水分が瞬く間に蒸発するでしょう。

十分に保湿ケアしているつもりでも、保湿の方法を間違えていたり、保湿剤を十分に使っていなかったりして、肌が乾燥する場合もあります。冬など空気の乾燥によって肌がガサガサしやすい季節では、より入念に保湿しなければなりません。

6. 睡眠不足

眠っている間に分泌される成長ホルモンによって、ターンオーバーが起こります。ターンオーバーは肌の生まれ変わりのサイクルのことで、水分を保つ能力が十分な肌を維持するために欠かせません。睡眠不足によってターンオーバーが乱れると、古い角質が肌に残って保湿力が低下したり、肌がくすんだりします。

ストレスが溜まってなかなか寝付けない、残業で睡眠時間が短い、つい夜更かしをしてしまうという方は、少しでも睡眠を摂ることを意識しましょう。

7. 栄養バランスの偏りがある食生活

肌のターンオーバーのサイクルを整えるためには、様々な栄養が必要です。栄養バランスに偏りがあると、ターンオーバーのサイクルが乱れ、肌がガサガサしやすくなります。特に、野菜を摂らないとビタミン不足になり、ターンオーバーに悪影響を与えます。単に野菜が嫌いな方もいますが、野菜が不足しがちな外食が多い場合も注意が必要です。

また、ダイエットのために糖質や脂質、タンパク質などを抑えすぎてもターンオーバーが乱れます。

8. 強いストレスを受けている

ストレスを受けると、自律神経が乱れます。自律神経は血管の収縮と拡張を調節しており、ストレスを受けると交感神経が優位になることで、血管が収縮します。血管の通り道が狭くなることで血流が悪くなり、肌に充分な血液を届けられなくなるのです。

血液には、ターンオーバーに欠かせない栄養が含まれているため、血流が悪化するとターンオーバーが乱れてガサガサ肌に繋がります。現代はストレス社会とも呼ばれており、ストレスを受けずに生活することは困難です。

ガサガサ肌の対処方法8つ

ガサガサ肌の原因を取り除くことで、症状を改善できるでしょう。ガサガサ肌の対処方法をご紹介します。

1. 水分が肌に触れた後は必ず保湿する

入浴や洗顔の後だけではなく、プールの後などにも保湿が必要です。肌が濡れた後は必ず保湿が必要であることを覚えておきましょう。炊事などで頻繁に手を洗ったり洗剤が触れたりする場合は、より一層保湿の必要性が高まります。

ハンドクリームなどで保湿ケアすることが大切です。しかし、頻繁に保湿ケアすることが面倒であったり、忘れたりすることもあるでしょう。そのような場合は、ビニール手袋やゴム手袋を使って、手を濡らさないようにすることをおすすめします。

2. 加湿器などで部屋の乾燥を防ぐ

屋外の空気の乾燥には保湿ケアで対処するしかありませんが、屋内の場合は加湿器などで乾燥を防ぐことが可能です。部屋を常に適切な湿度に保つことで、ガサガサ肌による粉ふきやぶつぶつを防げるでしょう。

加湿しすぎないように、自動で湿度を調節してくれる加湿器を使うことをおすすめします。適切な湿度は気温によって異なるため、湿度計を見ながら自分で調節することは面倒でしょう。自動で調節できる加湿器であれば、特に労力をかけずに部屋の乾燥を防げます。

3. 年中通して紫外線対策する

紫外線は年中通して降り注いでいるため、常に紫外線対策することが大切です。日焼け止めクリームを塗るのはもちろんのこと、アームカバーや帽子、サングラスなども活用しましょう。車内では身体を動かすことが少ないため、一部分に紫外線が降り注いでしまいます。そのため、露出している部位がないように、主にアームカバーを使いましょう。

また、日焼け止めクリームには、SPFやPAなどがあり、外出時間や紫外線の強さに合わせて使い分ける必要があります。SPFはUVB(紫外線B波)の防止力、PAはUVA(紫外線A波)の防止力、を示しています。外出時間や外出先に合わせて、適切な日焼け止めクリームを選びましょう。

4. 十分かつ良質な睡眠をとる

睡眠時間だけではなく睡眠の質にも注目が必要です。成長ホルモンは熟睡しているときに多く分泌されるため、睡眠時間が長くても途中で何度も目覚めるような場合は、ターンオーバーが乱れる可能性があります。

睡眠の質を高めるために、寝る前は心身に刺激を与えないようにしましょう。例えば、スマホやテレビなど強い光の刺激を浴びると、交感神経が優位になり、眠りにつきにくくなります。また、寝る直前に激しい運動をしたり、何らかの原因で強いストレスを感じたりする場合も睡眠の質が低下します。

寝る前には光や運動などの刺激は控え、静かに過ごしましょう。部屋の湿度や気温を適切に保ち、間接照明などをつけることも効果的です。

5. 栄養バランスの整った食生活

1日3食、規則正しく食事を摂りましょう。そして、糖質や脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどをバランス良く摂ることが大切です。主食、主菜、副菜、汁物の基本を守ることで、自然に栄養バランスが整うでしょう。

ただし、必要な栄養の量には個人差があります。例えば、喫煙者やストレスを受けている人、風邪をひいている人などはビタミンCが消費されるため、より意識的に摂る必要があるのです。

運動量が多い場合は、それだけ消費カロリーが多いため、糖質や脂質、タンパク質などを十分に摂り、エネルギーを補う必要があります。日々の運動量や心身の状態を踏まえ、どの栄養素をどれだけ摂るべきか考えましょう。

6. 正しいスキンケアを心がける

保湿には、化粧水だけではなく、乳液やクリーム、美容液などを使用しましょう。化粧水だけでは、肌に水分を与えることしかできません。皮脂が不足していると、肌の水分が蒸発するため、乳液やクリームは必須です。また、週2~3回のスペシャルケアとして、肌の悩みに合わせた美容液を使うことで、ガサガサ肌や粉ふきを抑えられます。

そして、保湿化粧品に含まれる成分にもこだわりましょう。肌の水分を保つセラミドが含まれている保湿化粧品を使うことで、ガサガサ肌により大きくアプローチできます。

7. ストレスをこまめに解消する

ストレスの解消法は人によって異なりますが、十分な睡眠や適度な運動、趣味に没頭する、カラオケ、音楽鑑賞、思いっきり笑う、などが挙げられます。ストレスを解消する時間がない方もいますが、隙間時間に外の空気を吸ったり、好きな音楽を聴きながら通勤・通学したり、少しでもストレスを解消できるよう工夫しましょう。

また、ストレスの根本の原因を解消することも大切です。家族や仕事などの人間関係で悩んでいる場合は、信頼できる人に相談してみましょう。

8. 適度に運動する

適度な運動は、筋力の維持に役立ちます。筋肉は、血液の循環に深く関わっているため、筋力を保つことが大切です。加齢とともに筋肉が落ちるので、適度な運動を習慣づけて筋肉を維持しましょう。

また、適度な運動によって身体が温まることで血流が促され、肌に充分な栄養を届けられるようになります。適度な運動は、ウォーキングやジョギング、水泳、サイクリングなどです。長く続けることで効果が発揮されるため、続けやすい運動を選びましょう。

まとめ

ガサガサ肌は、複数の原因が重なって起きている可能性があります。空気の乾燥や紫外線はガサガサ肌の代表的な原因ですが、保湿不足や運動不足、偏食、ストレスなども関係しているケースがあるのです。原因に合わせてしっかり対策し、少しでも肌の状態を健康に保つようにしましょう。

ガサガサ肌は、粉ふきやぶつぶつ、痛みや赤み、かゆみなど様々な肌トラブルが起こりやすい状態です。ガサガサ肌を改善して、健康な肌を取り戻しましょう。


にほんブログ村 美容ブログへ