監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

すべすべ・モチモチのモテ肌は、女性の魅力を引き立てます。容姿や体型の好みは人それぞれ異なっても「すべすべ肌の女性は苦手」という意見を聞くことは非常に稀です。

ここでは、スキンケアや生活習慣の改善により、理想のモテ肌を作る方法を紹介します。

すべすべの肌とは?

「すべすべの肌」とは、うるおい・血色・弾力と3つの要素を兼ね備えた魅力的な肌のことです。どれが欠けても「すべすべ」とはいえず、きれいな肌には見えません。各要素に関して、もう少し詳しく見ておきます。

【1】うるおい
うるおいのある肌は、手のひらに吸い付くほど、しっとりとした質感です。水分と油分のバランスが整っているため、乾燥トラブルを起こしにくく、刺激にも負けない健やかさを備えています。

【2】血色
血色は、エネルギッシュで若々しい印象を与えるための重要な要素です。どれだけ白く、エイジングトラブルが見られなくとも、血色を感じない状態では、美しさが半減します。

【3】弾力
弾力のある肌とは、シワやたるみが見られず、適度な強さを持つ肌です。肌を押した時に衝撃を吸収し、バネのように押し返すしなやかさを要します。

肌のすべすべが無くなる原因5個

うるおい・血色・弾力と3つの要素が伴わず、理想の肌では無くなる原因は、一体どこにあるのでしょうか。よくある原因5個の中から、あてはまるものを考えてみましょう。

1. 間違った洗顔・クレンジング

正しい洗顔やクレンジングを行わないと、メイク汚れや皮脂、古くなった角質が肌表面に滞留し、肌荒れや毛穴トラブルを招きます。毛穴に詰まった汚れからアクネ菌が繁殖し、ニキビだらけになった肌は、すべすべとはいえません。

過剰な洗顔やクレンジングにより、肌の健康を維持するために必要な皮脂まで洗い流してしまうことも、トラブルの原因です。自然な血色や弾力が失われ、すべすべでは無くなります。

2. 肌に合わないスキンケア

どれほど高価な化粧水や美容液、クリームを使用しても、肌に合わないものであれば、思い通りに機能しません。肌の悩みに対して適切なケアがなされなければ、モテ肌を維持することは困難です。

季節や年齢、肌質など、様々な要因から、本当に必要なケアは変化します。お手入れを行う度に肌の状態を確認し、定期的な見直しが不可欠です。

3. 紫外線ダメージ

紫外線ダメージの蓄積は、うるおい不足やターンオーバーリズムの乱れ、色素沈着を招きます。シミやシワ、たるみといったエイジングトラブルが表面化しないうちから対策を行い、すべすべ肌を維持しましょう。

紫外線ダメージは見えないところに蓄積されることも多く、油断大敵。20代のうちからしっかりとした対策を行い、ダメージの蓄積を防ぎましょう。

4. 血行不良

睡眠不足や活動量の低下、食生活の乱れは、血行不良を招きます。そして、血の巡りが悪くなると、健康肌を保つために必要な栄養や酸素が運ばれず、質感を損なうことになります。

最近の研究では、年齢を重ねるにつれて毛細血管の数も減り、血行不良を起こしやすい身体に変わることが示されました。加齢による影響を軽視せず、意識的な対策が求められます。

5. 活性酸素の増加

大気汚染や排気ガス、過剰なストレスは、活性酸素を増やします。活性酸素が増加すると、肌を守るためのメラニン色素が生成されたり、くすみやシワを招いたりします。生活習慣病のリスクを高める・風邪を引きやすくなる・筋力が落ちるなど、健康面に対する影響も懸念されます。

私たちの身体はもともと抗酸化力を持っているものの、年齢とともに低下するため、10代や20代と同じ生活の継続はハイリスクです。エイジングサインの目立たないすべすべ肌を作るためにも、生活習慣見直しを検討しましょう。

どれか1つが問題というわけではなく、複数の原因が関わり合い、肌トラブルを悪化させることもあります。今の段階で当てはまるものが多くても、今後の努力次第では、すべすべの肌を目指すことが可能です。

肌をすべすべにする方法7個[スキンケア]

モテ肌を作るためには、スキンケアの見直しが不可欠です。洗顔・クレンジング・保湿・紫外線対策のポイントと注意点を確認しましょう。

1. 泡洗顔で負担をかけずに汚れを落とす

まずは、正しい洗顔です。汚れが肌に残っていると、ザラザラした手触りになってしまいます。肌に負担をかけにくく、しっかりと汚れを落とす方法は、泡洗顔です。以下の手順で顔を洗い、汚れを溜めない習慣を始めましょう。

【1】ピンポン玉2個分の泡を作る
弱った肌に摩擦刺激を与えないよう、モコモコ泡を作ります。量の目安は、ピンポン玉2個分です。専用ネットや泡立て器を使用して、濃密な泡を作りましょう。

【2】洗顔する
乾燥の気になる人は手のひらを滑らせる程度、脂性肌気味の人はややしっかりと洗顔します。こすり過ぎや時間をかけすぎる洗い方はトラブルを招くため、どの肌質でも「やさしく・素早く」洗うことが大切です。

【3】 ていねいにすすぐ
すすぎ残しがないように意識しながら、洗顔料を落とします。すすぎの回数は最低でも15回、できれば年齢と同じ数が目標です。髪の生え際やあごのラインはとくに意識し、十分にすすいでください。

顔だけではなく、身体も同様に洗うことで、全身すべすべ状態を目指せます。ボディソープを直接つける方法ではなく、十分に泡立てた後に汚れを落とし、すすぎ残しのないように流してください。

2. 過不足なく保湿する

洗顔後の肌は水分・油分が少なく、乾燥しやすい状態です。化粧水・美容液・乳液やクリームを使用し、速やかに保湿しましょう。化粧水は水分を補うもの・美容液は不足している成分を積極的に補うもの・乳液やクリームは油分を補うものと役割が異なることから、省略はできません。商品指定の使用量を守り、十分な水分・油分を補うことも大切です。

ただし、保湿を怠らないこと・過剰な保湿を行うことは異なります。セラミドやコラーゲン、スクワランといった重保湿の美容液・クリームを使いすぎることにより、ニキビや炎症が増加するおそれがあるため「過不足なく」が重要です。

ブツブツが増えた時には、最低限の保湿に切り替え、過剰なお手入れを控える方法も検討されます。保湿成分や油分にはいろいろな種類があるため、今の自分に必要なものを見極め、日々のお手入れに活用しましょう。

3. クレンジングを使い分ける

メイク汚れを残さない・肌に負担をなるべくかけないと、相反する2つの要求を満たすためには、クレンジングの使い分けを行います。主なクレンジングを洗浄力の強いものから並べると、以下のような順番です。

【1】クレンジングシート
【2】クレンジングオイル
【3】リキッドクレンジング
【4】ジェルクレンジング
【5】クリームクレンジング
【6】ミルククレンジング

洗浄力の強いものほど肌に負担をかけやすく、日々の利用に不向きです。「濃いメイクをした日はクレンジングオイル・ナチュラルメイクの日はクリームやミルククレンジング」といった使い分けを行うことがモテ肌を作ってくれます。

4. 日焼け止めを正しく使う

日焼け止めを正しく使用しなくては、十分な紫外線対策とは言えません。3つのポイントを守り、光老化を防ぎましょう。

【1】適量を塗る
SPFやPFは、規定量を使用した前提で記載される数値です。塗る量が少なすぎると正しく機能しないため、十分量を使用しましょう。日焼け止めの側面や説明書には、顔や身体に対して使用する場合の推奨量が書かれています。使用前に確認し、適量を使ってください。

【2】UVパウダーを併用する
メイクの上から塗り直しを行う際には、UVパウダーが便利です。メイク直しのタイミングで顔全体にはたくだけで、一日を通して紫外線対策が行えます。激しい運動をしない時でも、2〜3時間に1回は塗り直しがおすすめ。紫外線対策ができているつもりの「うっかり日焼け」に注意しましょう。

【3】強すぎる日焼け止めを使わない
強すぎる日焼け止めは肌に負担をかけやすく、ダメージが蓄積することによって、うるおい・弾力不足になってしまいます。日常生活にはSPF10〜20・ウォーキングや軽いスポーツを行う際にはSPF20〜30を選択しましょう。

5. 日焼け後の炎症はまず冷やす

紫外線対策を忘れてうっかり日焼けを起こした際には、適切なアフターケアを行いましょう。炎症が見られる場合はまず冷やし、刺激が和らいだタイミングで、保湿化粧水や美容液を使用します。

ヒリヒリとした炎症のあるうちから美白化粧水や美容液を使用すると、肌に刺激を与えやすいため、冷やすことが先決です。氷とタオル、保冷剤などを使用し、火照りが引くまで待ちましょう。

火照りが引いた後も、デリケートな状態に傾くことから、温めたりマッサージしたりするお手入れは控えてください。肌がひんやり感じる程度までたっぷりと化粧水を使用し、うるおいを補います。数日経ち、肌の状態が落ち着いた後であれば、ビタミンCコスメや美白美容液によるお手入れも可能です。ただし、美白系コスメは乾燥を悪化させるリスクを伴うことから、保湿成分との掛け合わせで使用しましょう。

6. スキンケア系の入浴剤を活用する

スキンケア系の入浴剤は、角質をやわらかくほぐしたうえで美肌成分を角層に届け、すべすべの肌へと導く働きが期待されます。さら湯(水道水をわかしたばかりの湯)に含まれる塩素は、乾燥や肌荒れを助長するリスクを伴うことから、ゴワゴワ・カサカサの目立つ肌にとっての大敵。スキンケア系の入浴剤でやわらかくしたお湯にゆっくりつかり、心と身体をほぐします。

スキンケア系入浴剤を選ぶ時のポイントは、肌によい成分を含むことです。次のような成分は、モテ肌を目指す人におすすめできます。

セラミド・ホホバオイル・ヒアルロン酸・スクワラン・プラセンタ・シアバター など

せっかくの成分を洗い流してしまってはもったいないため、お風呂を出る前のかけ湯やシャワーは不要です。最後に身体を洗う人は、お風呂を出る前に入浴剤の入ったお湯をあらためてかけ、しっとり肌を維持しましょう。

7. お風呂上がりの乾燥防止にインバスケア

お風呂上がりは顔の保湿を優先し、ボディケアは後回し。この習慣は、肌のごわつき・かさつきを悪化させるリスクがあります。保湿のタイムリミットは、お風呂を出てから10分です。時間内に顔と身体の保湿を両方終わらせることは大変なので、浴室で使用できるケアアイテムを活用しましょう。

浴室で行う身体の保湿は、インバスケアと呼ばれます。ボディクリームやボディオイル、ローションなどの中から、使いやすいタイプを選んでください。うるおう力で並べ替えると、オイル・クリーム・ローションの順番です。ごわつきが気になる時にはオイルやクリーム、普段の保湿は軽い質感のクリームやローションと、使い分けることもできます。

インバスケアは、乾いた身体に伸ばすよりお手入れを行いやすく、ケア時間を短縮できる点も大きな強み。忙しい女性でも無理なく美肌になるための習慣として、有効に活用しましょう。

肌をすべすべにする方法6個[日常生活]

きれいな肌を作るためにできることは、日常生活の中にも多くあります。睡眠・食事・運動や親しい人との関わり方、ストレスに対する対処法など、今日からでも始めたい習慣をおさらいしましょう。

1. 質のよい睡眠をとる

ぐっすり眠り、すっきり起きる規則正しい生活リズムが、すべすべ肌の近道です。規則正しい生活リズムは、自律神経のバランスを整えることにもつながります。ストレスに負けない健康な心身を維持するためにも、規則正しい生活を始めましょう。

寝付きが悪い・しっかり寝ても疲れがとれないといった悩みを抱える人は、睡眠の質の低下が疑われます。睡眠の質が低いと肌トラブルの修復が進みにくく、肌荒れやくすみ、たるみの悪化を招いてしまう原因です。

睡眠の質を高めるためには、次の対策を実践しましょう。

・就寝の2〜3時間前に入浴し、体温を上げる
・スマホやテレビ、パソコンの電源を切り、寝室に持ち込まない
・ベッドの上で深呼吸する
・目覚めてすぐに朝日を浴びる
・身体に合う枕やマットレスを活用する
・就寝前のアルコールや喫煙、カフェイン飲料の摂取を控える

慢性的な不眠は深刻な疾患が隠れているリスクもあるため、睡眠外来に相談しましょう。睡眠の質を高めるためのサプリメント・ドリンクを飲むといった対策も一手です。

2. 幸せホルモン「オキシトシン」を分泌させる

オキシトシンは、美肌やダイエットなど「美」に直結する存在として注目されるホルモンです。ストレスを解消し、心を癒す・感情を安定させる・記憶力を向上させ、学習意欲を高めるなど、数多くのうれしい働きが期待されます。

つまり、オキシトシンの分泌を促すことにより、ストレスから来る肌荒れや暴飲暴食、毛穴トラブル予防が叶うということ。仕事や家事、人間関係のモチベーションも高まり、幸せな日々を実現できます。

オキシトシンの分泌を促すためには、次のような方法が考えられます。

・恋人や家族、親友とのコミュニケーション機会を増やす
・好きな食べ物を食べる
・信頼できる人に電話をかけ、声を聞く
・クラリセージの香りを嗅ぐ
・動物の写真や動画を楽しむ
・感動する映画やドラマを鑑賞する

3. 適度な運動で血行促進

うるおい・弾力・血色のよい肌を維持するためには、身体を動かす習慣も大切です。ウォーキングやサイクリング、水泳など、楽しみながら継続できる運動を2〜3日に1回は行いましょう。1回あたりの運動時間は、20〜30分程度で構いません。

「毎日1時間」などハードな目標設定は、乳酸を発生させ、ストレスを助長することで、肌荒れの原因となるリスクがあります。運動していて「嫌だな」「辛いな」と感じるようであれば、頑張り過ぎが疑われるため、時間やペースを調整しましょう。

海外の研究によると「2週間運動するだけでも、目に見えて効果が現れる可能性がある」とのこと。身体を動かすことが苦手な女性も「まずは2週間だけ」というつもりで、運動を始めてみてはいかがでしょうか。

4. 腸内フローラのバランスを整える

腸内に生息する多種多様な細菌の様相は「腸内フローラ」と呼ばれます。腸内フローラの中にいる細菌は、悪玉菌・善玉菌・日和見菌の3種類です。

食生活の改善によって善玉菌を増やし、腸内フローラのバランスを整えることがきれいな肌を作ります。腸内フローラのバランスを整えるためには、食物繊維・発酵食品・オリゴ糖がおすすめです。

 役割・特徴食べ物例
食物繊維腸内の有害物質や悪玉菌を減少させるキノコ類・海草類・押し麦・切り干し大根・ごぼう・モロヘイヤなど
発酵食品乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌、酵母菌を直接的に摂取できるヨーグルト・チーズ・納豆・塩麹・日本酒・漬物など
オリゴ糖ビフィズス菌のエサになり、善玉菌の増加を助けるバナナ・大豆・玉ねぎ・アスパラガスなど

腸内フローラのバランスを整えることでストレスに対する抵抗力が備わり、前向きな気持ちになる・心身のストレスが減ることにより睡眠の質が高まるといった節もあります。腸の健康と肌の状態は非常に深い関わりがあることを理解し、食生活を改善しましょう。

5. 良質なタンパク質を摂取する

腸内フローラのバランスを整えることと併行して進めたい対策が良質なタンパク質の摂取です。厚生労働省の2015年版・日本人の食事摂取基準によると、成人女性のタンパク質推奨摂取量は1日あたり50gとされています。この量を目安とし、植物性タンパク質・動物性タンパク質をバランスよく摂取しましょう。

 特徴食品例
植物性タンパク質繊維質が含まれる反面、炭水化物含有量も多く、糖質摂取量が増えてしまうリスクがあります。動物性タンパク質と比較して、量を摂取することが難しい点もデメリットです。納豆・豆腐・味噌といった大豆食品・ヒヨコ豆・レンズ豆など
動物性タンパク質効率的にタンパク質を摂取でき、良質な脂質も含みます。ただし、動物性タンパク質の摂り過ぎは悪玉菌を増やすといわれることから、適量摂取に留めてください。肉や魚、乳製品、卵など

もちろん「タンパク質だけ摂取すれば大丈夫」というわけではなく、主食・主菜・汁物・副菜のバランスが大切です。タンパク質が豊富な主菜とビタミン・ミネラルを含めた汁物・副菜、適量の炭水化物といった組み合わせを念頭に、日々の食事を考えてください。

6. 常温の飲み物を飲む

冷たい飲み物を飲み過ぎると、血行が悪くなり、代謝が下がってしまいます。内臓の動きも低下するため、肌荒れを起こしやすくなったりお通じが滞ったりと、マイナスのことばかり。常温の飲み物をこまめに取り、血の巡りのよい状態を維持しましょう。

また、美肌のために飲むとしたら、常温の水がおすすめです。コーヒーや緑茶、砂糖を含む紅茶は、身体を冷やす飲み物に該当するため、避けてください。内臓の冷えをとくに顕著に感じた時には、身体をいたわる白湯がおすすめ。白湯とは、やかんに水を入れ、沸騰したタイミングで蓋をとり、10〜15分程度温めた飲み物です。白湯を飲んだときに苦く感じるようであれば、身体の中に毒素が溜まり、お疲れ気味のサインといえます。デトックスが進むと甘く感じるようになるため、一定期間の継続がおすすめです。


まとめ

スキンケアや生活習慣改善により、肌をすべすべにする方法を紹介しました。「特別なことはしていない」という女性は、本当に何もしていないわけではなく、肌によい習慣を当たり前に行い、継続しているとも考えられます。外見も内面も美しい女性を目指し、今夜からでも、モテ肌習慣を始めましょう。