美容家の間で話題になっている肌断食。普通の断食ならわかるけれど、肌の断食って何をすればいいのか、どのような効果があるのか知らない方は多いのではないでしょうか。肌断食は美容にいいといわれていますが、果たして本当に効果があるのか疑問に思っている方もいるでしょう。

実は、肌断食は間違った方法で行うことで、肌に悪影響を及ぼす可能性があるのです。そのため、正しい肌断食の方法や効果、注意点を把握したうえで、行うかどうか決める必要があります。

ここでは、肌断食とは何か、その効果や正しい方法、注意点などを詳しく解説します。

肌断食の意味とは?

肌断食とは、「肌の断食」を意味します。ただの断食は、一切食事をとらないことですが、肌断食の場合は、「スキンケアやメイクなどを一切行わないこと」を指します。スキンケアは、肌質に関係なく毎日行う必要があるものです。また、メイクも美しく見せるために必要なことです。

これらを行わないことで、肌に良い影響を与えられると言われています。スキンケアは、肌の状態が悪くならないように行うケアのことです。何もせずに健康な肌を保てればいいのですが、空気の乾燥や紫外線、化学物質、埃、アレルゲンなど様々な影響で肌の健康状態が悪くなります。

そのため、スキンケアは欠かせないケアと言えます。そんな、スキンケアやメイクを一切行わない肌断食には、どのような効果があるのでしょうか。

肌断食で期待されている効果

肌断食で期待されている効果は、肌への刺激や負担が減ることで、肌の機能が改善するというものです。ただし、これは巷でウワサされている効果であり、本当の効果ではありません。

この効果の言い分として、肌断食によって肌の保湿機能が整いやすくなることで、乾燥肌などが改善するというものがあります。乾燥肌の方は、肌の水分を保つために皮脂が過剰に分泌され、大人ニキビの原因になることから、肌断食は結果的にニキビの予防にも繋がるといわれています。さらに、ターンオーバーが整うことで、角栓ができにくくなるともいわれているのです。

肌本来の機能を正常化できれば、スキンケアを意識しすぎることがなくなり、化粧品代も抑えられるでしょう。肌断食は、有名な美容家などが推奨しているため、多くの方が実践しています。本当に効果があるのであれば、一度は行っておきたい方法と言えるでしょう。

肌断食の基本的なやり方と期間

肌断食の基本的な方法は、クレンジングを使わない、洗顔はぬるま湯だけか純石鹸を使うだけ、洗顔後は保湿ケアなどをしない、といった方法です。期間に指定はありませんが、肌の調子が悪くなる前にやめておきたいところでしょう。試してみたい方はまずは、一週間を目安に行うことをおすすめします。

肌断食のやり方を詳しくみていきましょう。

クレンジングを使わない

クレンジング剤は、メイクを落とすために使用します。この場合、メイクをできなくなるため、クレンジング剤を使わなくても落とせるメイクをしましょう。油性のメイクは、オリーブオイルをなじませた綿棒などで落としてください。

洗顔はぬるま湯のみor純石鹸で行う

埃や皮脂はぬるま湯で取り除きましょう。しかし、それだけで汚れを落とせない場合は、自然原料の純石鹸を使ってください。

洗顔後は保湿ケアをしない

洗顔後は保湿ケアなどをせずに過ごしましょう。気になる場合は、白色ワセリンを使ってください。

肌断食中はメイクや日焼け止めはできる?

肌断食の方法は、人によって異なります。スキンケアは通常通り行い、メイクは行わない場合もあれば、日焼け止めだけをしてスキンケアやメイクを行わない場合もあります。結果的に、肌の保湿機能を取り戻せればいいため、決まった方法はありません。

仕事の都合で、どうしてもメイクをしなければならない場合は、メイクをしても問題ないでしょう。その代わり、メイクをするならスキンケアもした方がいいですね。また、日焼け止めはできるだけ行うことをおすすめします。

紫外線は、肌を乾燥させるだけではなく、肌の奥深くにある線維芽細胞にダメージを与え、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンの生産を減少させてしまいます。肌断食に成功したとしても、紫外線によって肌の機能が衰える恐れがあるのです。

日焼け止めクリームには、肌に刺激を与える成分も含まれているため、外出時間や紫外線の強さに合わせて適切なものを使いましょう。

肌断食で本当に肌の状態は良くなる?

肌断食には、様々な美容効果があるといわれていますが、これらは全て疑問の残るところです。確かに、肌断食によって肌の調子がよくなったという報告もありますが、それが本当に肌断食によるものなのかわかりません。

また、成功した人以上に失敗した人もいるため、肌断食は正しい美容法とは言えないのです。肌断食が合わない場合の一般的な経過は次のとおりです。

(1)スキンケア不足によって肌が乾燥してカサカサする
(2)乾燥を察知した身体が皮脂を過剰分泌させる
(3)毛穴に古い角質と皮脂が溜まりニキビや角栓に繋がる
(4)肌に残った汚れによって赤みやヒリヒリなどの症状が現れる
(5)強い炎症が起きたところに色素沈着が起こる

このように、肌がきれいになるどころか状態が悪くなるケースが多いため、十分に注意が必要です。リスクを踏まえたうえで、肌断食をするかどうか決めましょう。

肌断食に向いている人と向いていない人の違い

肌断食に成功している人もいますが、失敗している人もいます。これは、肌断食を間違った方法で行っているだけではなく、向き不向きが関係していると考えられます。肌断食に向いているかどうかは、実際に行わなければわかりません。

これは、肌断食によって、本当に肌の機能が改善することで肌がきれいになるのかどうかさえわからないためです。肌断食のメカニズムがわからなければ、向き不向きを知ることもできません。

普段から、ほとんどスキンケアをしていないが肌トラブルが起きていないという方には、肌断食が向いていると言えるでしょう。逆に、スキンケアを忘れると、すぐに肌トラブルが起こる方には、肌断食は向いていないと言えます。


肌断食の注意点5個

肌断食の効果を得たいのであれば、注意点をしっかり守りましょう。次のような注意点を守ることで、肌断食が自分に合っていなくても、肌トラブルを防げる可能性があります。

①強い日焼け止めを使わない

強い日焼け止めには、紫外線吸収剤が含まれています。肌に刺激が及ぶため、肌断食の際には避けましょう。強い日焼け止めは、プールサイドや浜辺などで使用するため、これらの場所に行かないことが大切です。

②濃いメイクをしない

濃いメイクをすると、それだけ肌に負担がかかります。また、濃いメイクはオイルクレンジングなど強力なクレンジング剤でなければ落とせないため、結果的に肌断食に失敗するでしょう。ファンデーションの厚塗りなどだけではなく、アイメイクなどのポイントメイクも避けてください。

③低刺激のスキンケア化粧品を使う

肌断食中は、肌の水分量が失われやすいため、外部刺激に弱くなっています。低刺激のスキンケア化粧品を使って、肌への負担を抑えましょう。様々な美容成分が配合された化粧品は、ときに肌にダメージを与えます。

④肌トラブルが起こる前に肌断食を中止する

肌断食が合わない場合、肌にピリピリとした刺激やツッパリ感が現れます。また、肌が赤くなったり、カサカサしたりする場合もあるでしょう。できれば、ピリピリやツッパリ感が現れた時点で肌断食を中止することをおすすめします。

そのまま肌断食を続けると、肌に大きなダメージが及び、肌トラブルが起こる恐れがあります。

⑤肌に負担をかけないように少しずつ始める

肌断食は、少なからず肌に負担をかけます。肌の機能を改善できたとしても、肌にダメージが及べば、様々な肌トラブルが起こります。肌に負担をかけないように、少しずつ始めるようにしましょう。

まずは、化粧水だけ使うのをやめて、乳液だけで保湿ケアをするのがおすすめです。また、メイクをできるだけ薄くしたり、クレンジングをオイルタイプではなくクリームタイプやミルクタイプに変えたりするのもいいでしょう。

肌断食で毛穴は悪化する?改善する?

肌断食で、毛穴は悪化する可能性が高いと言えます。肌断食によって、ターンオーバーが整い、毛穴詰まりの原因となる古い角質の問題は解決すると考えられています。しかし、肌が乾燥すればターンオーバーが乱れてしまい、逆に古い角質が増えるのです。

また、乾燥を察知した身体が皮脂を過剰分泌させることで、皮脂も毛穴に詰まりやすくなるでしょう。その結果、アクネ菌が増殖して炎症性のニキビになる可能性もあります。強い炎症が起こると、毛穴にメラニンが蓄積し、黒ずんでしまいます。

このように、肌断食によって毛穴の状態が悪くなる可能性が高いため、普段から毛穴トラブルに悩んでいる方は、肌断食を避けた方がいいでしょう。

毛穴の状態を悪化させないために、洗顔や保湿ケアだけはすることをおすすめします。代わりに、メイクを薄めにすることで、毛穴トラブルを悪化させることなく肌断食できるでしょう。正しく洗顔しているのに毛穴トラブルが起きている場合は、洗浄力が弱い純石鹸に変えることで、改善する可能性があります。

肌断食でシミは濃くなる?薄くなる?

肌断食でシミは濃くなりませんが、薄くなることもないと考えられます。肌断食でシミが薄くなるといわれているのは、ターンオーバーが整うことでシミの原因であるメラニンが速やかに排出されると考えられているためです。

つまり、肌断食でターンオーバーが整わなければ、シミは薄くなりません。実際には、肌断食によって肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れてしまうため、シミは薄くなりにくくなります。

また、肌断食の影響で肌トラブルが起これば、その部分に色素沈着してシミができる可能性があります。さらに、すでにできたシミの部分に肌トラブルが起これば、そのシミが濃くなることも考えられるでしょう。

このように、肌断食でシミが濃くなる可能性が高いため、シミを薄くすることを目的としないことが大切です。シミを薄くしたいのであれば、メラニンを還元するビタミンC誘導体、トレチノイン、プラセンタなどが含まれた化粧品でケアしましょう。

また、濃いメイクは肌を刺激するため、薄くすることをおすすめします。メイクが薄くなれば、クレンジング剤も低刺激のものに切り替えられるため、シミの早期改善に繋がります。

まとめ

肌断食には、向いている人と向いていない人がいます。肌断食に成功した人もいれば、肌トラブルが起きてしまった人もいるため、気軽に試さない方がいいでしょう。現在の肌の状態を踏まえ、適切なスキンケアも行うことをおすすめします。

スキンケア化粧品の使用量を減らしたり、メイクを薄くしたりなど、調整することが大切です。もし、肌トラブルが起こる前兆が起きたら、肌トラブルが起こる前に肌断食をやめましょう。