監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

小鼻の毛穴が開くと、黒ずみが目立つようになります。どれだけ他の部位にシミや角栓がなくても、鼻の毛穴が目立つと顔全体の印象が悪くなるでしょう。

また、小鼻の毛穴には、角栓がつまって黒くなることもあります。

そのような小鼻の悩みに対して複数のケア方法を用いることで、効率的に改善できるでしょう。ここでは、小鼻の毛穴ケアの方法を紹介しますので、小鼻の毛穴トラブルに悩んでいる方は参考にしてみてください。

小鼻の毛穴が目立つ…

小鼻の毛穴が目立つと、外に出るのも嫌になってしまいますよね。小鼻の毛穴が目立っている場合、メイクで隠そうとする方は多いのではないでしょうか。

メイクで隠すこと自体は悪くありませんが、厚化粧は毛穴の詰まりを加速させるため、さらに小鼻の毛穴が目立つようになるのです。そのため、メイクで隠すのではなく、根本的に毛穴開きと詰まりを解消させることが大切です。

小鼻の毛穴の正体は、拡がった毛穴に古い角質や皮脂が詰まったものです。毛穴が開いていることと、皮脂や古い角質が多いことが関係しています。毛穴を開かせないようにしつつ、皮脂と角質をケアすることで、小鼻の毛穴に悩まなくなるでしょう。

ここで注意したいのは、角質も皮脂も健康な皮膚を保つために欠かせないことです。間違った方法でケアすると、必要な角質や皮脂まで取り除いてしまい、肌が乾燥してニキビや湿疹など様々な肌トラブルに悩まされるようになるでしょう。

小鼻の毛穴が開く原因

小鼻の毛穴が開く原因を知ることで、どうすれば改善できるのかが見えてきます。小鼻の毛穴開きを改善させるためにも、原因を確認しておきましょう。小鼻の毛穴開きには複数の要因がからんでいますが、主に次のような原因で起こります。

角栓によって押し広げられる

古い角質と皮脂が混ざりあい、毛穴に詰まったもののことを角栓といいます。毛穴に角栓が詰まると、毛穴が押し広げられて毛穴が押し広げられます。そうして拡がった毛穴にさらに角栓が詰まるという悪循環に陥るのです。

つまり、毛穴開きは皮脂の過剰摂取や古い角質が残ることが原因と言えます。

加齢や食事に関するコラーゲン不足

年齢を重ねると、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが増加します。男性ホルモンには、皮脂の分泌を促す働きがあるため、角栓の原因となる皮脂が過剰に分泌されます。その結果、毛穴が詰まりやすくなるのです。さらに、皮脂は空気に触れると酸化し、過酸化物質が生まれます。それによって皮膚に炎症が起こり、肌の水分が失われやすくなることで毛穴が開きやすくなるのです。

また、加齢とともにコラーゲンも不足します。コラーゲンは、肌のハリをキープする成分のため、減少すると毛穴がゆるんで開きやすくなるのです。

小鼻の毛穴がつまる原因

毛穴開きの原因と毛穴詰まりの原因には、共通点があります。古い角質が残る原因となるターンオーバーの乱れは、毛穴開きと詰まりの両方に関係しているのです。また、スキンケア不足も毛穴詰まりを引き起こします。それぞれ、詳しく解説していきます。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、皮膚の新陳代謝のことです。皮膚は複数の層でできており、最も外側にある表皮は、4つの層で構成されています。その最上部にあるのが角質層です。ターンオーバーによって最下層で作られた角質細胞が皮膚の表面に上がってきて、古い角質を垢として落とします。

ターンオーバーは一定の周期で繰り返されているのですが、周期が遅くなると、古い角質が肌に残り、毛穴に詰まってしまうのです。

スキンケア不足

古い角質は、日々のスキンケアによって自然に落ちます。しかし、十分にスキンケアできていないと、古い角質が自然に剥がれ落ちず、毛穴に詰まってしまいます。毎日、洗顔せずに寝てしまう方は、古い角質だけではなく皮脂も溜まってしまうため、毛穴詰まりのリスクが高まります。

小鼻の毛穴を改善するケア方法8個[毛穴開き対策]

小鼻の毛穴を改善する方法は、全部で8個あります。毛穴詰まりの前に、まずは毛穴開きをケアして、詰まりにくい状態を作りましょう。

①表情筋エクササイズ

表情筋は、顔の表情を作るときに使う筋肉です。加齢とともに筋力が衰えていくと、顔の脂肪や皮膚を保持することができず、重力に従って下がってしまいます。その結果、毛穴までたるんでしまい、角栓が詰まりやすくなるのです。表情筋エクササイズは、次のように行いましょう。

(1)唇を力強く横に引き、「リ」と発音してそのまま10秒キープしてください。
(2)続いて、唇を前に突き出して、「フ」と発音して10秒キープしましょう。
(3)次は、下あごを引きつつ「ト」と発音し、10秒キープします。
(4)続いて、口をしっかり開けて「ア」と発音し、10秒キープしてください。
(5)唇を前に突き出して「プ」と発音しましょう。
(6)最後に、口を横にしっかり引いて作り笑顔をし、10秒キープしてください。

②丁寧にクレンジングする

毛穴開きは、メイク汚れが毛穴に詰まることでも起こります。角栓だと思っていたものが単なるメイク汚れによる毛穴開きだった可能性もあります。そのため、丁寧にクレンジングすることが大切です。クレンジング剤を手に取り、メイクにしっかりなじませましょう。クレンジング剤は、メイクに含まれる油分と混ざり、水で落としやすくしてくれるため、しっかりなじませなければなりません。

そして、メイク汚れを洗い流すときは、ぬるま湯で丁寧に洗い流しましょう。バシャバシャと水をかけるだけでは、メイク汚れが残ってしまいます。

③丁寧に洗顔する

軽い毛穴開きであれば、丁寧に洗顔して古い角質を取り除き、肌の調子を整えるだけで改善が期待できます。毛穴開きが気になるからといって、ゴシゴシと洗顔してはいけません。毛穴を摩擦することで必要な角質が取り除かれ、皮膚に炎症が起こりやすくなります。その結果、毛穴の周りにシミができたり、炎症が皮膚の奥深くにまで到達してコラーゲンが減少したりします。

洗顔のポイントは、洗顔料を十分に泡立てて使用することです。洗顔料を泡立てずに使うと、洗浄成分が強すぎるため、皮脂を必要以上に落としてしまいます。そして、洗い流すときはぬるま湯を使います。熱すぎる湯も皮脂を必要以上に落とし、乾燥を招いてしまうのです。

④保湿する

丁寧に保湿することで、外的刺激を受けにくくなります。外的刺激を受けると、肌が乾燥します。そうすると、身体が反応して皮脂を多く分泌させてしまうのです。その結果、毛穴に詰まって毛穴が押し広げられてしまいます。保湿の基本は、化粧水、美容液、乳液やクリームの順でケアすることです。化粧水の役割は、皮膚に水分を与えることです。

洗顔後は角質が取り除かれているため、そのままでは水分が蒸発してしまいます。そのため、まずは化粧水で水分を補給する必要があるのです。水分を補給したら、次は美容液で栄養を補給します。そして、乳液やクリームで皮膚にフタをして、水分の蒸発を防ぎます。

⑤収れん化粧水を使う

収れん化粧水とは、毛穴や肌の表面を引き締める効果が認められている化粧水のことです。皮膚の温度や血行を整える働きもあるため、皮膚のすみずみまで栄養を届けることができるようになります。

毛穴が引き締まることで、新たな角栓ができにくくなりますが、まずはクレンジングや洗顔などで今ある角栓を取り除く必要があります。角栓を取り除かずに収れん化粧水を使っても、角栓に邪魔をされて毛穴がしっかり引き締まりません。

⑥毛穴補正の化粧下地を使う

毛穴補正の部分用化粧下地を使いましょう。小鼻の毛穴の部分に塗ってから顔全体に化粧下地を塗ることで、毛穴をカバーできます。このような毛穴補正下地を使わず、ファンデーションを重ねづけして隠そうとする方が多いのではないでしょうか。重ねづけによって、毛穴が余計に目立つようになってしまいます。そのため、毛穴補正の化粧下地を使うことが大切です。

普段のメイクにひと手間加えるだけで毛穴を隠せるため、すぐに実践してはいかがでしょうか。

⑦ストレスを解消させる

ストレスケアは、毛穴開きの改善に繋がります。ストレスを受けると、皮脂腺が刺激されて皮脂が多く分泌されます。また、ターンオーバーも乱れて古い角質が残りやすくなるのです。

ストレスを感じていると、日々の何気ない行動にもストレスを感じやすくなるため、毛穴補正の化粧下地のひと手間も面倒に感じてしまうでしょう。このように、ストレスは毛穴開きに深く関係しているため、しっかり解消させることが大切です。

ストレス解消法は人によって異なりますが、十分かつ良質な睡眠、カラオケ、趣味を楽しむといった方法が挙げられます。

⑧皮膚に栄養を与える

美容液で皮膚にしっかり栄養を与えましょう。ターンオーバーに必要な各種ビタミンが配合された美容液を使うことで、結果的に毛穴開きが改善する可能性があります。毛穴開きにアプローチするタイプの美容液を使いましょう。

また、ビタミンC誘導体が含まれた美容液もおすすめです。ビタミンC誘導体は、皮膚に浸透しやすく改良されたビタミンCで、浸透してからビタミンCに変化します。ビタミンCには、シミを還元する働きがあるため、毛穴の黒ずみ対策になります。

小鼻の毛穴を改善するケア方法7個[毛穴つまり対策]

小鼻の毛穴に詰まった角栓を取り除くために、次のように対策しましょう。

①ピーリングする

自宅で行うピーリングをホームピーリングといいます。クリニックで受けるケミカルピーリングよりも弱い薬剤を使用し、マイルドに古い角質を取り除きます。ピーリングに使用する薬剤には、タンパク質を溶かす成分が含まれています。角質はタンパク質でできているため、角栓を溶かして取り除くことができるのです。

皮脂成分を溶かすことはできませんが、ピーリング後に洗顔することで、きれいに取り除けます。ピーリングの頻度の目安は週2~3回です。

②綿棒とオイルを使ってケアする

綿棒にオイルをしみこませて、小鼻の上をコロコロと転がせましょう。綿棒に角栓が吸着されて、毛穴詰まりを改善できます。使用するオイルは、食用油ではなく純度が高いオイルを使用しましょう。また、開封から間もないオイルを使用することが大切です。

多くのオイルは、空気に触れると酸化し、肌に悪影響を及ぼす成分になります。おすすめは、ホホバオイルやオリーブオイルです。特に、オリーブオイルは酸化しにくい性質を持つため、肌への刺激も少なくなっています。

③ローションパック

ローションを顔に塗ることで、毛穴詰まりが吸着されて角栓を取り除きやすくなります。ローションの中には、皮膚や毛穴を引き締めるものもあり、新たな毛穴詰まりを防ぐ効果が期待できます。ローションは、毛穴詰まり解消に向いていることが記載されたものを選びましょう。

栄養成分が含まれたローションもありますが、美容液などで栄養補給すれば、特に気にする必要はありません。定期的に使うことが重要なため、コストを含めて選ぶことをおすすめします。

④ビタミン配合の化粧品でケアする

毛穴開きと同じく、ビタミン配合の化粧品でケアしましょう。美容液に限らず、化粧水にもビタミンが含まれたものがあります。ビタミンは、肌のターンオーバーを整えるために必要なため、普段から意識的に取り入れることが大切です。ビタミン配合の化粧品の中には、肌への刺激が強いものもあります。そのため、パッチテストをしたうえで使うことをおすすめします。

パッチテストは、腕の裏など目立たないところに化粧品を塗り、10分経ってから洗い流し、24時間様子を見ます。トラブルが起こらなければ、そのまま使用して問題ありません。

⑤コットンパックで角栓を柔らかくする

コットンパックで角栓を柔らかくすることで、毛穴詰まりを取り除きやすくなります。化粧水や美容液、ローションなどをコットンに含ませて、気になる毛穴の部分に当てましょう。しばらくすると、角栓が柔らかくなり、落としやすくなります。ぬるま湯ですすいだり、そのまま入浴したりするといいでしょう。

使用するコットンは、綿100%の肌にやさしいものを使ってください。化学繊維は肌触りが悪く、刺激を感じやすいです。

⑥毛穴つまり解消グッズを使う

毛穴に押し当てることで、角栓がニュルっと出せるグッズがあります。角栓を地道に1つずつケアしていくのもいいでしょう。しかし、かなりの時間がかかるため、時間に余裕があるときにしかできません。また、毛穴に強く押し当てることで皮膚がダメージを受けるため、週1回以上はやめた方がいいでしょう。

使用するものは、事前に水と石鹸でよく洗い、清潔にしてから使ってください。もし、皮膚に傷があれば、そこから雑菌が入って肌トラブルが起こります。

⑦洗顔ブラシで使う

洗顔ブラシは、優しい肌触りのブラシがついています。単なる洗顔であれば、洗顔ブラシは不要です。手で泡と顔の汚れをなじませるだけで洗い流せます。しかし、毛穴詰まりの原因である角栓を取り除くためには、手で皮膚の表面をこするだけでは不十分です。

洗顔ブラシを使うことで、毛穴汚れまでしっかり取り除くことができます。肌への当たり方が優しい洗顔ブラシを選びましょう。また、毎日使うと肌にダメージが及ぶため、週2~3回を目安にしてください。

小鼻の毛穴が目立たないようにする予防対策4個

小鼻の毛穴が目立たないようにするためには、普段から毛穴開き・詰まりを防いでおくことが大切です。小鼻の毛穴トラブルの予防対策をご紹介します。

①十分かつ良質な睡眠を摂る

十分かつ良質な睡眠は、ターンオーバーを整えるのに必要不可欠です。睡眠時間を十分に確保できても、睡眠の質が悪いと、ターンオーバーに必要な成長ホルモンの分泌が減少してしまいます。良質な睡眠とは、浅い眠りと深い眠りを繰り返すことです。

そのためには、寝るときに副交感神経を優位にし、スムーズに入眠できるようにしなければなりません。部屋の明かりを落として、スマホやテレビを見ないようにしましょう。また、睡眠の3時間前までに食事をとらないようにしてください。

②糖質と脂質の摂りすぎに注意する

糖質と脂質の摂りすぎは、皮脂の過剰分泌に繋がります。糖質を過剰に摂ると、中性脂肪として蓄積されます。また、余分な糖質が皮膚の毛穴から皮脂として分泌されるのです。普段から、ご飯の量が多い、毎回のようにおやつを食べる、寝る前の飲酒が習慣化しているような方は、糖質や脂質を摂りすぎている可能性があります。

日中の運動量を踏まえ、糖質や脂質を適量摂ることが大切です。また、おやつはチョコレートよりも全粉乳のビスケットがおすすめです。その他、飲酒は週に1回にするなど、調整してください。

③栄養バランスの優れた食事を摂る

ターンオーバーには、糖質や脂質、ビタミンやミネラルなど様々な栄養が必要です。過度なダイエットをしている方は、ビタミンやミネラルが不足しがちのため注意しましょう。帰りが遅いために外食しがちな方は、できるだけサラダなどを注文して、ビタミンやミネラルが不足しないように工夫が必要です。

どうしても栄養が偏るのであれば、サプリメントを利用するのがおすすめです。ビタミンAやビタミンC、ビタミンEを摂ることで、毛穴開き・詰まりだけではなく、ニキビや赤みなどのトラブル対策となります。

④適度な運動を習慣づける

適度な運動には、血流を促すことによるターンオーバーを整える効果が期待できます。激しい運動ではなく、ウォーキングやジョギングなどを習慣づけましょう。適度な運動でも血流を促すことができます。激しい運動は続けることが難しいため、現実的な対策とは言えません。

目安として、週3日、1回30分のウォーキングから始めましょう。運動によってカロリーを消費すれば、糖質や脂質の摂りすぎにも対処できます。食後30分ぐらいから適度な運動をするのがおすすめです。

デスクワークなどで運動量が少ない方は、それだけウォーキングやジョギングの分数や距離を増やしましょう。無理せず続けられる程度の距離や分数を設定することが大切です。


まとめ

小鼻の毛穴開きや詰まりは、とても目立ちます。そのため、悩んでいる人はかなり多いのではないでしょうか。今回紹介したケア方法を全て実践することで、毛穴の悩みが解消されるかもしれません。また、毛穴詰まりはすぐに解消できないケースもあるため、普段から予防の意識を持っておくことが大切です。