監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

マスク生活によって肌のゆらぎを感じている方が多くなっています。中でも毛穴が開きが気になるトラブルが目立っているようです。

こうしたトラブルは、マスクをしている間にかかる肌への大きな負担が原因です。マスク生活に合わせたスキンケアをすることで、毛穴が気にならない毎日を送ることができるでしょう。

今回はマスクをつけることで毛穴が開く原因と対策方法を紹介します。毛穴の開きに悩まないために、ぜひ参考にしてみてください。

マスクで毛穴が開く原因4個

まずは、マスクによる肌への悪影響を見ていきましょう。原因を具体的に理解することで、改善点が分かりやすくなります。

1. マスク内の蒸れ

まず考えられるのは、マスクの内側の湿度が異常に高くなることです。湿度が高い状態が続くと毛穴は大きく開きます。マスク生活においては外出している間のほとんどは口の周りが蒸れているため、毛穴が開きっぱなしになるでしょう。

毛穴が開いていると汚れが入り込むだけでなく、皮脂の分泌が多くなります。毛穴詰まりや過剰な皮脂によって、さらに毛穴が開きやすくなるという悪循環を生み出してしまうのです。

2. 皮膚温上昇による皮脂の過剰分泌

マスクの内側は湿度だけでなく、温度も上がります。皮膚の温度が上がると、肌は皮脂を多く分泌する働きがあります。

皮脂を分泌する皮脂腺があるのは毛穴の奥です。分泌量が多くなると毛穴の内側から周囲の皮膚を押し広げてしまうため、これも開き毛穴の原因になります。

また多すぎる皮脂が肌に残り、酸化して毛穴周りの皮膚を変化させることにより、毛穴が大きく見えることも。今までは気にならなかった毛穴が目立つという方は、皮脂と水分のバランスが崩れているかもしれません。

3. 摩擦によるダメージ

マスクによる毛穴への物理的なダメージも無視できません。マスクに接している部分は毛穴からの分泌物が外に出にくくなるため、毛穴詰まりを起こしやすくなります。毛穴の中で汚れが固まり、角栓になって毛穴を大きくします。

また摩擦が起こることによって肌のコンディションがくずれ、肌荒れや乾燥のトラブルの原因になるでしょう。肌が本来持っているバリア機能を低下させて、さらにトラブルが起こりやすくなることも考えられます。

4. つけ外しによる極端な環境の変化

つけている時間だけでなく、つけていない時間とのギャップも肌に大きな負担がかかります。高温多湿の状態から、急に乾燥した空気に触れると、肌に必要なうるおいまで蒸発するのです。

肌表面が乾燥したり、ゴワついたりすることで毛穴はより目立ちます。つけているときと外しているときのギャップをできるだけ埋めるように、スキンケアに工夫しましょう。

マスク選びのコツ

まずは肌への負担を減らすために、自分にあったマスクを選ぶようにしましょう。肌に負担が少ないマスクを選ぶためのポイントは3つです。

・素材
・サイズ
・立体的な構造

肌への負担を減らすために、綿やシルクの素材がおすすめです。肌に不織布やワイヤーが触れないように、内側だけでも肌に優しい素材のものを使用するのもいいでしょう。肌荒れしにくい素材のマスクを内側に重ねると、不織布の感染予防効果を維持しつつ、肌への負担を減らすことができます。

サイズは大きすぎると摩擦が多くなり、小さすぎるとマスクが肌を圧迫してしまいます。マスクによって耳にかけたときのフィット感が異なるので、圧迫感を感じないものを選びましょう。

立体的な構造のマスクは鼻や口に当たらないので、肌との接地面を最小限に抑えられます。息苦しさの軽減にもなりますから、長時間つけるときにおすすめです。

毛穴が開く時の対策6個[スキンケア]

まずは毛穴の開きが気になるときにおすすめのスキンケア方法を6つ紹介します。基本はマスクによる負担の軽減、そして肌のコンディションをリセットすることが大切です。

1. 帰宅後すぐにクレンジングをする

帰宅後、マスクを外したらすぐにクレンジングをしましょう。メイクや毛穴に詰まった汚れをしっかり洗い流します。クレンジングはメイクだけでなく、不要な皮脂も取り除くことができるためです。

顔全体のコンディションを整えるように、手早くクレンジングしましょう。崩れたメイクや余分な皮脂を取り除き、肌をリフレッシュします。毛穴の汚れが気になるかも知れませんが、ゴシゴシ擦ると肌に大きなダメージを与えてしまいます。できるだけ軽い力で、くるくると円を描くようになじませましょう。

クレンジングを洗い流すときは、体温に近いぬるま湯で行います。油分を洗い流しやすくするためです。クレンジング剤が残らないようにしっかり洗い流しましょう。毛穴が開きっぱなしになるのが気になる方は、すすぎ終わった後、仕上げとして冷たい水で顔を洗うと毛穴が引き締まりやすくなります。

クレンジング後、すぐに入浴しないのであれば化粧水とクリームで簡単に保湿しましょう。たとえ数時間でも乾燥を防ぐ必要があります。

2. 洗顔は丁寧に

一日の最後の洗顔は汚れを取り除き、肌の状態をフラットに整えます。正しい方法で行えば、マスクによって受けたダメージをリセットできるでしょう。

洗顔の基本はたっぷりのきめ細かい泡です。肌表面で泡を転がすようにして、顔全体を手早く洗います。鼻の周りやフェイスラインは、マスクの影響が出やすいパーツですから注意が必要です。ゴシゴシ擦らなくてもいいので、入念に泡を転がして汚れを取りましょう。

なめらかな肌を保つためには、洗顔料を洗い流すときにも気をつけるべきポイントがあります。それは、お湯の温度とすすぐ回数です。

お湯の温度は体温に近いぬるま湯ですすぎます。熱すぎると肌が乾燥し、冷たすぎると毛穴が急激に引き締まってしまうためです。すすぎはしっかり行います。洗顔料やクレンジング剤が残っていると、肌荒れや毛穴づまりの元です。両手にすくったぬるま湯で10回以上すすぎましょう。

3. こまめに保湿をする

マスクをしているときは多湿な状態なので感じにくいのですが、肌の乾燥は進行していると考えられます。表面はベタついていても、皮膚のうるおいが失われているというインナードライの状態です。

インナードライにならないためにも、長くマスクをつける日はマスクをかえるときやメイク直しのタイミングでうるおいをチャージしましょう。スプレータイプの化粧水を持ち歩き、メイクの上からでも保湿することがおすすめです。

日中の皮質はもちろん、朝と夜のスキンケアも入念に行いましょう。朝のスキンケアのときにワセリンやクリームを使うと、保湿をしながらマスクの摩擦を軽減できます。

夜は肌がダメージを修復できるように、うるおいも美容成分もたっぷり補給します。頬やフェイスラインは顔の中心に比べて皮脂の分泌が少なくなるため、乾燥してキメが乱れやすくなります。ハリのあるなめらかな肌を保つためにも、しっかりと保湿をしましょう。

4. 収れん化粧水を使う

毛穴の開きが気になるなら、収れん化粧水がおすすめです。収れん化粧水は肌を引き締めて、表面をなめらかに整えます。清涼感があるアイテムが多く、マスクの中で蒸れて温度が上がった肌にもピッタリのアイテムです。

収れん化粧水を使うタイミングは、乳液の後または洗顔後です。乳液の後に使うと、肌をなめらかに整えて化粧ノリが良くなります。朝のスキンケアにおすすめです。

毛穴の開きが特に気になる場合やマスクを外した直後のケアでは、顔を洗った後すぐに使うのがおすすめです。収れん化粧水のあとは必ず保湿用の化粧水と乳液で保湿をします。

収れん化粧水を塗るときはコットンに十分に染み込ませて、下から上に肌を軽く持ち上げるようにパッティングしましょう。気をつけるポイントは、収れん化粧水は保湿用の化粧水とは必ず別に使うことです。収れん化粧水だけでは保湿が十分ではないと考えられます。

5. 紫外線予防は徹底的に行う

マスクをしていると日焼け止めや紫外線カット効果があるベースメイクが擦れて取れてしまうことがあります。特に毛穴が目立ちやすい頬は、マスクによる摩擦が起こりやすいパーツです。

紫外線は少しの時間でも確実に肌にダメージを蓄積します。毛穴が開かないようにするには、わずかな隙間もなく紫外線予防はしておきたいものです。

しかしメイクをしていると日焼け止めを何度も塗り直すのは難しいかもしれません。その場合は紫外線カット効果のあるパウダーを使うといいでしょう。

また、帽子や日傘を日頃から使うのも効果的です。日焼け止めが取れていても、しっかり紫外線をカットできます。

6. スペシャルケアにフェイスパックを取り入れる

マスクによってゆらぎやすくなっている肌を落ち着かせるために、フェイスパックがおすすめです。週に1回を目安にスペシャルケアとして取り入れるといいでしょう。

特に毛穴の開きが気になる方はコラーゲンやヒアルロン酸など、肌のハリを保つために働く成分が豊富に含まれているアイテムがおすすめです。肌をたっぷりうるおいで満たして、毛穴が目立たない肌を作りましょう。

毛穴に汚れが詰まっていることで開いているならば、クレイパックがおすすめです。ドロの吸着力で毛穴の中の汚れを取り除くことができます。パック後もしっとりとした肌に仕上がるものを選びましょう。

パックをするときの注意点は、入浴中は行わないことです。入浴中は毛穴が開いており、デトックスしやすい肌の状態になっています。そこにパックで保湿しようとしても肌に成分が入り込まず、汗と一緒に流れてしまうのです。フェイスパックは浴室ではなく、お風呂上がりに肌が落ち着いてから使うようにしましょう。

毛穴が開く時の対策4個[メイク]

毛穴が開くときはスキンケアだけでなく、メイクでカバーするのも有効です。メイクの方法を工夫すれば、マスクによる負担を軽減できます。

1. スキンケアが馴染んでからメイクをはじめる

メイクの密着度を上げるために、スキンケアをしたあとに肌になじませる時間を設けましょう。スキンケアが馴染んでいないままメイクをはじめると、成分が混ざって本来の密着度が発揮できません。

スキンケアとメイクの両方をなめらかに密着させることで、マスクによる摩擦から肌を保護することもできるでしょう。スキンケアとメイク、それぞれの効果を引き出すために、スキンケアのあとは3〜5分、間をあけます。気になる場合はティッシュなどで軽く押さえると余分な水分や皮脂を取り除けます。

2. 皮脂を吸着できる下地を使う

毛穴が開くのを防ぐために、皮脂吸着成分が配合されているアイテムを下地に選びましょう。皮脂による影響を受けにくく、メイク崩れも防ぐことができます。

しかし油分が少なすぎるアイテムだと、肌の乾燥を促進してしまいます。マスクをしているときの肌は、表面はしっとりまたはベタベタしていますが、内側は乾燥しているインナードライといえるため、おすすめできません。

うるおいは守りつつ、余分な皮脂を吸着してくれるリキッドタイプまたはミルクタイプの下地がいいでしょう。

塗るときは毛穴にフィットするように一方向だけにブラシやパフを動かすのではなく、いろんな角度から塗ります。下地を毛穴にフィットさせて、しっかりカバーするためです。

3. ベースメイクは薄付きで仕上げられるアイテムを選ぶ

化粧下地やファンデーション、コンシーラー、フェイスパウダーなどのベースメイクのアイテムは、薄付きでなめらかに仕上げられるものを選びましょう。厚塗りをすると摩擦によって化粧崩れがひどくなったり、毛穴に詰まりやすくなったりします。

また顔全体だけでなく、気になる部分だけに留めるのも大切です。マスクから出ている範囲や皮脂が多いTゾーンだけに塗るという工夫をするといいでしょう。清潔なパフで境目をなじませるように軽く叩くと、自然に仕上がります。

4. 仕上げにフィックスミストを使う

メイクがすべて終わったら、フィックスミストでメイクの密着度をあげましょう。化粧崩れを防ぎ、メイクの毛穴落ちを防ぎます。日焼け止めの効果もキープできるので、紫外線予防のためにもぜひ使いましょう。

フィックスミストは顔から少し離して、数プッシュします。ふんわりと顔全体にミストがかかるようにしましょう。

フィックスミストは保湿にも使えます。ポーチに入るサイズのアイテムを選べば、日中の保湿にも使えるのでおすすめです。

まとめ

マスクで毛穴が開く原因と対策方法を紹介しました。長く続くマスク生活で、肌はゆらぎやすくなっています。毛穴はとても繊細なので影響を受けやすいので、スキンケアを工夫するなどして、対策しましょう。

汚れを取り除き、肌のコンディションを整える、そして保湿をすることが基本です。正しくケアをして、なめらかな肌の状態を守りましょう。