監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

長時間マスクを使用しているとファンデーションが毛穴落ちし、汚く見えることがあります。「マスクの使用は避けられないが、メイクしたての状態を維持したい」と悩み、対処法を探す人もいるでしょう。

この記事では、マスクによる頬の毛穴落ちに悩む人に向けて、原因と対策を紹介します。崩れにくいメイクのコツや適切な化粧直しの方法を把握し、どのようなときでも美しく、理想の肌を作りましょう。

マスクで頬が毛穴落ちする原因

まず、マスクで頬が毛穴落ちする原因を見ておきましょう。毛穴落ちとは、時間が経って浮いてきたファンデーション・皮脂が混ざり合い、毛穴に入り込むトラブルです。マスクの内側は吐く息によってひどく蒸れて、サウナのような状態になることがあります。

マスクの内側の蒸れは、過剰な皮脂を分泌させる原因です。過剰に分泌された皮脂がファンデーションを溶かし、混ざり合ったものが毛穴の中に入り込むと、ひどく目立ってしまいます。

また、頬は肌の乾燥・ターンオーバー周期の乱れなどにより、毛穴が開きやすい部位です。そのため、頬のみが毛穴落ちする状況が起こりえます。

毛穴落ちを隠すためにファンデーションを厚塗りすると余計にメイクが崩れて、収集のつかない状態になりかねません。毛穴落ちを防ぐメイクのコツや適切な化粧直しのやり方を覚えて、気になるトラブルを解消しましょう。

毛穴落ちを防ぐメイク対策6個

毛穴落ちを防ぐためには、ベースメイクアイテム選びと使い方の工夫が必要です。以下では、毛穴落ちを防ぐためのベースメイクテクニックを、手順に沿って紹介します。

1. メイク前のスキンケアを丁寧に行う

毛穴落ちを防止するためには、メイク前のひと手間を惜しまない努力が必要です。マスクしているときにはメイク前のスキンケアを、普段以上に丁寧に行ってください。朝のスキンケアの手順は、以下の通りです。

【1】洗顔料で洗顔する
洗顔料で洗顔し、就寝中に分泌された皮脂・ほこりなどの汚れを落とします。このときにぬるま湯のみで洗顔する方法は、毛穴落ちを悪化させる原因の1つ。十分に泡立てた洗顔料を顔に乗せて、優しく転がすように洗顔しましょう。

【2】化粧水で潤いを補充する
洗顔後は速やかに化粧水をなじませて、潤いを十分に補充します。毛穴落ちしやすい頬や目元、口元は少量の化粧水を重ね付けし、重点的な乾燥対策を行ってください。

【3】必要に応じて美容液をなじませる
化粧水の後には必要に応じて、美容液をなじませます。乾燥による毛穴の開きが気になる人は、保湿力の高い美容液を活用するとよいでしょう。過剰な皮脂による毛穴落ちが気になる人には、皮脂コントロール作用や毛穴引き締め作用を持つ美容液がおすすめです。

【4】乳液もしくはクリームをなじませる
朝のスキンケアにおいても、乳液やクリームを省略することはハイリスクです。乳液もしくはクリームを指にとり、「顔の中心から外側」の方向でなじませましょう。

2. スキンケア後にティッシュオフする

朝の保湿を終えてすぐにメイクを開始すると、肌に残った余計な水分・油分によって、毛穴落ちが悪化します。

メイクを開始する前にティッシュを軽く押しあてて、余計な水分・油分を吸収しましょう。ティッシュを押しあてる際にはあくまで軽く、優しい力で行うことが大切です。

ゴシゴシこすると、ティッシュとの摩擦によって肌トラブルを起こすリスクが高まります。摩擦刺激が蓄積すると肌が乾燥し、余計に皮脂が分泌されるケースもありますから、正しいやり方を覚えてください。

3. ポアプライマーを塗る

ポアプライマーとは、毛穴が気になる部分に使用し、凹凸を隠すための下地です。ポアプライマーを使用するとファンデーションを厚塗りしなくても、滑らかな質感の肌を作れます。

◯ポアプライマーの使い方
【1】適量を手のひらに出し、両頬・鼻・顎・額の5点に置く
【2】顔の中心から外側に向かって、全体に伸ばす
【3】何も付いていないスポンジを使用し、優しく叩き込むように密着させる

スポンジで叩き込む際に「下から上」の方向を守ると、凹凸をきれいに隠すことが可能です。毛穴の凹みを埋めるようにイメージしつつ優しい力で叩き込み、密着度を高めましょう。

4. 肌に密着しやすいファンデーションを薄く塗る

毛穴落ち対策にはリキッドファンデーションやクリームファンデーションなど、肌に密着しやすい種類を使用しましょう。リキッドファンデーション・クリームファンデーションの塗り方は、以下の通りです。

◯リキッドファンデーションの塗り方
適量のリキッドファンデーションを指にとり、顔の中心から外側に向かって、薄くムラなく伸ばします。

◯クリームファンデーションの塗り方
リキッドファンデーション同様、顔の中心から外側に向かって、優しい力で伸ばします。目元や口元など細かい部位は指に残ったファンデーションを使用し、極めて薄く仕上げてください。

リキッドファンデーション、クリームファンデーションのいずれを使用する場合も顔全体を仕上げた後に何も付いていないスポンジで軽く叩き、密着度を高めましょう。スポンジでこすってしまうとファンデーションがよれますから、顔に対して垂直にあて、トントンと叩くように動かすことがポイントです。

5. 皮脂を吸収してくれるパウダーを塗る

ファンデーションの上から使用するパウダーは、皮脂を吸収してくれるタイプを選択します。付属のパフに少量のパウダーを含ませた後に全体を軽くもみ、手の甲で余計な分をはたいてから、毛穴落ちが気になる部位に乗せましょう。

ブラシを使用する場合は適量のパウダーを含ませた上で、毛穴落ちが気になる部位に対して垂直にあて、少量のみを乗せてください。

使用するパウダーを選択する際の注意点は、以下2つです。

【1】プレストパウダーを選択する
ベースメイクの最後に使用するパウダーには、ルースパウダー・プレストパウダーの二種類があります。毛穴落ちを防止するためにはセミマットな質感で肌にしっかり密着する「プレストパウダー」を選択しましょう。

【2】微粒子タイプを選択する
パウダーの粒子が細かいほど肌にしっかり密着し、毛穴落ちを防止する効果が高まります。毛穴落ちが気になるときにはパッケージに「微粒子」「超微粒子」記載のある商品を選択するとよいでしょう。

6. フィックススプレーで仕上げる

メイクを全て仕上げた後にフィックススプレーを吹きかけることによっても、ベースメイクの持続力を高めることが可能です。「フィックススプレー」とひと口にいってもさまざまな商品がありますが、毛穴落ちが気になるときには、皮脂を吸収してくれるタイプを選択しましょう。

オイルの配合されているタイプを選択することは毛穴落ちを悪化させる原因ですので、ご注意ください。

◯フィックススプレーの使い方
【1】肌から20〜30cm程度離した場所にスプレーをかまえて目を閉じる
【2】顔全体にフィックススプレーを吹きかける

スプレーをかまえる位置が近すぎると顔全体がひどく濡れて、せっかく仕上げたメイクが崩れてしまうこともあります。最低でも20cmは離れた場所からスプレーを吹きかけて、メイク崩れを防止しましょう。

毛穴落ちした後の化粧直し4個

どれほど朝のメイクを丁寧に行っても、マスクによる毛穴落ちを完璧に防ぐことは困難です。外出先で毛穴落ちに気付いた場合は、以下の手順で対処しましょう。

1. 余計な皮脂を取り除く

毛穴落ちした上からファンデーションを重ねても、すぐにまた崩れます。化粧直しする前に折り畳んだティッシュをあてて、余計な皮脂を取り除きましょう。

頬以外には小鼻の周りやフェイスラインが、汗や皮脂によって崩れやすい部位と言えます。せっかく化粧直しするのですから頬以外の部位もチェックし、崩れている箇所すべてに対処してください。

2. スポンジでファンデーションをならす

毛穴落ちした部分に何も付いていないスポンジをあてて、周囲の肌とならします。ほうれい線の凹みなどファンデーションが溜まりやすい部分はスポンジを折り曲げて、肌に密着させつつ動かすことで、質感を整えましょう。肌が乾燥しやすい人はスポンジに少量の乳液を含ませて、使用する方法もおすすめです。

3. パウダーをはたく

化粧直しでファンデーションを使用すると、くすんだ印象に仕上がることが多くあります。明るい色のパウダーを少量はたくと、透明感ある肌を作ることが可能です。

「パウダーをはたくのみでは、頬の毛穴が隠れない」という人は、リキッドファンデーションをごく少量使用しましょう。もしくは、肌色補整効果のある化粧下地を使用して、頬の毛穴を隠してください。

毛穴落ちを防止するために使用する「プレストパウダー」は固形ですので、持ち運びに便利です。ポーチの中に入れて持ち歩き、応急処置に活用しましょう。

4. 毛穴落ちがひどいときには部分的にベースメイクをやり直す

上で紹介した3ステップは、毛穴落ちが軽度の場合に適した治し方です。毛穴落ちがとくにひどい日には頬の周りのみベースメイクを落として、やり直すことをおすすめします。

外出先でベースメイクを落とす際には、コットンと乳液を使用しましょう。乳液を含ませたコットンを毛穴落ちしている部分にあて、軽く滑らせることにより、ベースメイクを落とします。

その後、朝のベースメイクで使用した化粧下地・ファンデーション・パウダーを薄くつけて、メイク仕立ての質感に仕上げてください。

まとめ

マスクによる頬の毛穴落ちが気になる人のために、原因と対策を紹介しました。マスクによる毛穴落ちは主に、息による蒸れが原因で起こります。

毛穴落ちを防止するためには、朝のスキンケアとベースメイクを正しい手順で行うことが大切です。「毛穴落ちを防止したい」「しかし、マスクを外せない」という人はこの記事を参考にして、理想の肌を作りましょう。