監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

「毛穴が開いている」という肌トラブルは多くの人にとって共通の悩みです。特に鼻の毛穴の開きに悩む方は顔の中央だから目立ちやすい、またメイクでカバーするのも難しいと困っているのではないでしょうか。

鼻は皮膚の構造的にも毛穴が開きやすく、ケアを怠るとすぐに目立ってしまいます。まずは原因を突き止めて、自分の肌の状態にあった改善方法を実践することが大切です。

この記事では毛穴が目立つ原因と、実際におすすめの改善方法を紹介します。鼻の毛穴に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

毛穴が開きすぎの原因4個

毛穴が開く原因は主に4つ考えられます。

・皮脂の過剰分泌
・角質層の乱れ
・乾燥
・たるみ

それぞれについて具体的に見ていきましょう。

1. 皮脂の過剰分泌

皮脂は肌のバリア機能を保つために重要な成分です。汗などの水分と混ざり、皮脂膜という天然の保護膜を作ります。健やかな肌を守るために大切なものですが、分泌量が過剰になると毛穴周りのコンディションを乱す原因になります。

その理由の1つは、皮脂は毛穴の奥で作られており、過剰になると毛穴の中で溜まるためです。溜まった皮脂が毛穴を内側から押し広げてしまいます。

もう1つ考えられる理由として、過剰な皮脂が毛穴周辺の肌細胞を変化させてしまう事が挙げられます。毛穴周りの細胞は繊細ですから、簡単にコンディションが崩れてゴワついたり、正常な形にならなかったりします。

これらの2つの理由から、過剰な皮脂分泌は毛穴を開きやすくすると考えられています。

2. 角質層の乱れ

肌の表面は角質層で覆われており、それは毛穴周辺や中身も同様です。角質層は成熟した肌細胞が整列してできています。肌の奥で生まれた新しい肌細胞が表面に出てくる過程で成熟し、似たような形に揃うことでなめらかな肌が作られるのです。

しかし肌のコンディションが乱れると成長が中途半端な肌細胞が角質層を構成します。表面のなめらかさが失われ、カサついたりゴワゴワしたりするでしょう。

また角質層を構成する角質は、ターンオーバーによって古いものから剥がれていきます。本来、剥がれた角質は洗顔をすることで問題なく肌から離れるのですが、角質層が乱れていると毛穴に詰まってしまうことがあります。

ターンオーバーは毛穴の中でも行われているため、毛穴から外に排出しなければなりません。しかし角質層が乱れていると、うまく剥がれずに皮脂が絡みついたり、毛穴周辺に引っかかったりします。毛穴を広げてしまう角栓を作らないためにも、毛穴の中も清潔に保つことが大切です。

3. 乾燥

乾燥は先に挙げた過剰な皮脂分泌や角質層の乱れにつながるだけでなく、毛穴が目立つ原因にもなります。

毛穴は肌の細かい凹凸を構成している溝に存在しています。この溝は「皮溝(ひこう)」と呼ばれています。一方溝に囲まれて盛り上がっている部分は「皮丘(ひきゅう)」と呼ばれます。

毛穴は「皮溝」に存在しているので、キメが細かくハリのある肌だと「皮丘」のふくらみによって見えにくくなっています。

しかし乾燥した肌は肌のキメが崩れて、ハリも失われます。そのため「皮丘」の膨らみが小さくなり、毛穴が見えやすくなって、開いて見えるのです。

4. たるみ

肌がたるむと自然と毛穴もたるみます。たるみ毛穴は縦に長くという特徴があるため、分かりやすいでしょう。あまりイメージしにくいかもしれませんが、鼻の肌ももちろんたるみます。

たるみにつながる主な原因は加齢です。肌の奥、真皮にはコラーゲンとエラスチン、そしてヒアルロン酸という保湿成分が水分を保持する構造があります。年齢を重ねるとコラーゲンなどの成分が減少し、構造が崩れてハリが失われます。

また肌のたるみには、顔の筋肉も関係します。日頃から筋肉を動かしており、肌を内側から引き上げることができていれば、たるみを予防することができます。

鼻の毛穴がずっと開いている原因

毛穴が特に気になるパーツといえば鼻という方は非常に多いものです。実際に鼻やその周辺は毛穴が開きやすくなっています。その理由は2つです。

・皮脂の分泌量が多い
・凹凸が細かくスキンケア不足になりやすい

鼻周辺の肌は他のパーツと肌質が違うと感じることはないでしょうか。

鼻は顔の中でも特に皮脂の分泌が多いところです。皮脂を分泌する皮脂腺は身体の中でも頭部、額、鼻、腕に集中しています。皮脂の分泌が多いと、水分とのバランスが崩れてターンオーバーが乱れやすくなり、毛穴の開きや毛穴づまりの原因になります。

また、気をつけていても鼻はスキンケア不足になりやすいパーツです。化粧水などの保湿アイテムの塗り忘れたり、クレンジングや洗顔で洗い残したりしていないでしょうか。クレンジング剤や洗顔料のすすぎ残しも考えられます。細かい指先の動きを意識して、スキンケアを丁寧に行うことが大切です。

毛穴が開きすぎの時の改善対策6個[スキンケア]

毛穴が開きすぎて気になるときにおすすめのスキンケア方法を6つ紹介します。すでに行っているスキンケアもあると思いますが、正しい方法を今一度チェックしましょう。

1. クレンジング

毛穴の開きは、毛穴の詰まりが大きな原因になります。毛穴に詰まりやすいメイクなどの汚れは、毎日丁寧に落としましょう。

毛穴の開きが気になるときはオイルクレンジングがおすすめです。メイクや余分な皮脂と馴染みやすく、洗い上がりもしっとり感が続きます。

洗い残しがあると肌トラブルの原因になりますから、すすぎのときは注意してしっかり洗い流しましょう。目安として両手にすくったぬるま湯を10回以上顔にかけて、すすぐようにしてください。

2. 洗顔

洗顔をきちんと行うことで、汚れを落とすだけでなく、あとで行うスキンケアのなじみが良くなります。肌のコンディションを整えて、毛穴が目立ちにくい美肌を作るために大切な役割を担っているので正しく行うようにしましょう。

洗顔料をしっかり泡立てて、肌の上で泡を転がすように洗います。汚れは泡と泡の間に挟まように吸着されるので、できるだけ泡を動かすことを意識しましょう。

そしてすすぎのときは体温に近いぬるま湯で洗い流します。お湯が熱すぎると乾燥を引き起こし、冷たすぎると毛穴が急速に閉じてしまいます。ほどよい温度に調節して、しっかり洗顔料を洗い流しましょう。

3. 保湿

保湿の基本は化粧水と乳液のセットで使うことです。化粧水が肌にうるおいを補給し、乳液が肌に水分をなじませてとどめます。乳液は保湿クリームでもいいでしょう。

保湿は一日に何回行っても構いません。乾燥を感じたら保湿ケアを行うのが理想です。しかしメイクをしている場合は、上からしっかり保湿するのは難しいでしょう。ミスト化粧水を用意しているとメイクの上からうるおいをプラスして、化粧直しにも使えるのでおすすめです。

化粧水も乳液も顔全体にムラなく塗ります。鼻周りや目元、口元は塗り残しやすいので注意しましょう。

皮脂の分泌が多く鼻周りの毛穴の開きが気になる方は、乳液やクリームは薄付きで構いません。水分を保つ力をつけるためにも必ず使うようにしましょう。

4. 収れん化粧水を使う

毛穴が気になる方におすすめのスキンケアアイテムに収れん化粧水があります。収れん化粧水は肌を引き締め、スッキリと肌表面を整えます。コットンがひたひたになるまでふくませて、顔の下から上に向かうように、軽くパッティングするといいでしょう。

収れん化粧水を使うタイミングは2通りあります。

1つ目は保湿を終えて乳液を塗ったあとです。スキンケアを完成した後に塗ることで、肌をしっかり引き締めます。肌をなめらかに整えやすくなるので、メイクのノリが良くなります。朝のスキンケアに使う場合は、乳液後のタイミングがおすすめです。

2つ目は洗顔のすぐ後に使う方法です。洗顔後の清潔な肌に使うことで、より肌をひきしめられる感覚が分かるでしょう。マスクを取った後に洗顔をした場合は、すぐに収れん化粧水を使うのがおすすめです

5. エイジングケアアイテムを取り入れる

縦長のたるみ毛穴が気になる場合はエイジングケアアイテムを取り入れましょう。エイジングケアは年齢に合わせて必要な保湿ができるように設計されたアイテムです。歳を重ねることによって出てくるハリ不足やたるみに効果的な成分が処方されています。

エイジングケアアイテムは何歳からでも使うことができます。化粧品は、早く使い始めたからといって、肌が慣れて効果がなくなるということは考えられません。肌のたるみを少しでも感じたら、エイジングケアを使ってみましょう。

6. 紫外線予防

ハリ不足やたるみ、水分と皮脂のバランスが崩れるなど、毛穴が目立つ原因の多くは紫外線によるダメージによって引き起こされます。肌が老化する原因の8割は紫外線だと言われているのです。

毛穴が開かないようにするためにも、紫外線予防は欠かせません。日焼け止めはもちろん、帽子や日傘を活用して、日中の紫外線予防は万全に行いましょう。

メイクで紫外線効果を高めるためには、複数のアイテムを使うのがおすすめです。化粧下地やファンデーション、フェイスパウダーなど、それぞれが紫外線予防効果を持っていると、相乗効果でより高めることができます。

毛穴が開きすぎの時の改善対策4個[生活習慣]

毛穴の開きが気になる場合は、スキンケアだけでなく生活習慣の改善もおすすめです。内側からもケアすることで、外からのケアもより効果的になります。ここでは簡単に4個紹介します。

1. ビタミンを摂取

健康的な肌細胞を作るためにビタミンは欠かせません。特に毛穴悩みにはビタミンB群とビタミンC、そしてビタミンAがおすすめです。

ビタミンB群とビタミンCは皮脂の分泌量を調整してくれる栄養素です。ビタミンB群はレバーやうなぎ、卵、牛乳に、ビタミンCはほうれん草などの野菜やいちごなどの果物に多く含まれています。

ビタミンAはターンオーバーに欠かせません。健やかな肌を育てて、古い角質が適切に剥がれるようサポートします。人参などの緑黄色野菜には体内でビタミンAに変わるβ-カロテンが含まれているため、積極的に取り入れるといいでしょう。

2. 睡眠時間の確保

睡眠中は美肌を育てる大切な時間です。不規則になったり、短すぎたりすると肌のダメージが修復されずにボロボロになってしまいます。

ハリがあり、毛穴が目立たない肌を作るためにも一日6〜8時間を目安に睡眠時間を確保しましょう。

また時間だけでなく、質も重要です。よりよい睡眠を確保することで回復力が上がり、肌本来の美しさを引き出すことができます。寝る前にスマホを控えること、寝具を心地よいものに揃えること、寝室を落ち着く香りで満たすなど、できることから実践してみましょう。

3. ストレスを発散

ストレスは美肌の大敵です。人間はストレスを感じると男性ホルモンを多く分泌します。男性ホルモンは皮脂の分泌を促す働きがあるため、毛穴の開きにもつながるでしょう。

生活とストレスは切っても切れない関係です。0の状態にすることは難しいので、自分なりの発散方法を身に着けましょう。

ストレス発散に効果的と言われているのは、自然に触れることです。木に囲まれた空間で20分ほど過ごすと十分にストレスが解消できることが研究で明らかになっています。他にも好きなことに没頭することや運動すること、おしゃべりをしたり、自分にあった方法を見つけましょう。

4. 適度な運動

適度な運動習慣は血の巡りを改善し、デトックスにも役立ちます。肌は一つ一つが細胞なので、生きていると老廃物が出ますし、栄養や酸素を必要としています。

血の巡りが良くなければ健康的な肌を作るために必要な栄養が届かず、また老廃物が溜まって毛穴に詰まってしまいます。

普段運動していない方が毎日汗をかくほど運動するのは難しいかもしれません。できるだけ階段を使ったり、生活の合間にストレッチをしてみるなど、簡単なことから取り入れて身体を動かすようにしましょう。

まとめ

鼻の毛穴が開きやすい原因と、改善方法を紹介しました。毛穴の悩みは多くの女性が抱えるものです。たくさんの原因が重なっているので、すぐに毛穴が見えなくなるということではありません。

しかし、スキンケアや生活習慣を見直すことによって、ハリがあり毛穴が見えない肌を作ることができます。できることからで構いませんから、この記事で紹介した方法をぜひ試してみてください。