監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

「スキンケアをしているとき、頬の毛穴の開きが気になった」という経験はないでしょうか。毛穴が目立つという肌トラブルは、多くの人にとって共通の悩みです。

特にほっぺは目につきやすく、メイクの完成度にも大きく関わります。毛穴レスな頬を作るためには原因にあった対策が必要です。

この記事ではほっぺの毛穴が目立つ原因と、具体的な対策方法を紹介します。スキンケアだけでなく、毛穴レス肌のために必要な生活習慣も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

頬の毛穴が目立つ原因4個

頬の毛穴が目立つ原因は主に4つ考えられます。

・肌のたるみ
・ハリ不足
・過剰な皮脂分泌
・毛穴詰まり

ひとつずつ詳しく解説するので、自分の頬の状態がどれに当てはまるのかチェックしてみてください。

1. 肌のたるみ

頬の毛穴が目立つときに考えられる一番の原因はたるみです。頬は顔の高い場所になり、たるみによって引っ張られた毛穴が目立ちやすくなります。頬の毛穴が縦長に開いている場合は、たるみが原因と考えていいでしょう。

肌のたるみは、真皮の水分を保つ構造がゆるくなっていることが原因として考えられます。真皮にはコラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸という3つの成分がうるおいを肌に保持するための構造を作っています。加齢や紫外線などのダメージで材料が不足すると、構造が壊れて肌がたるみやすくなります。

また筋肉の衰えもたるみの原因の一つです。どちらにせよ年齢を重ねることによって肌のたるみが出てしまい、結果的に毛穴も大きくたるんで開いて見えます。

2. ハリ不足

肌に十分なハリがあると、毛穴が目立ちにくくなります。赤ちゃん肌がなめらかな毛穴レス肌にみえるのは、ハリがあるおかげでしょう。

毛穴は肌表面の細かい溝に存在しています。細かい溝はどんな人の肌にも存在しており、この溝が細かく交差することで肌にキメが生まれます。溝と溝に囲まれている丘が細かく均等に並んでいると肌理が整っている状態といわれ、肌はなめらかで美しく見えるのです。

肌のハリが失われると溝と盛り上がっている丘の部分との差が少なくなります。溝が浅くなるため、毛穴が表面から見えやすくなり目立つのです。

3. 過剰な皮脂分泌

過剰な皮脂分泌は毛穴をすり鉢状にして、大きく目立ちやすい状態にします。

皮脂は毛穴の中から分泌されており、外に出るために必ず毛穴を通ります。毛穴周辺の肌はとても繊細で、過剰に皮脂が分泌され、長時間残っていると正常な状態を傷つけてしまうことがあります。

酸化した皮脂によって変化した肌細胞は、ゴワついたり毛穴を引き締める動きができなくなったりして毛穴目立ちの原因になります。

肌のバリア機能を担っている皮脂ですが、適切に分泌し、古いものは洗い流すようにしないと開き毛穴などの肌トラブルにつながってしまうのです。

4. 毛穴詰まり

毛穴に汚れや分泌物が詰まることで、毛穴が目立っている可能性も考えられます。毛穴内の皮脂や角質が中にとどまったままになったり、汚れが毛穴落ちすることで毛穴はつまります。

毛穴に溜まった汚れは初期の頃は気づきにくいかもしれません。知らない間に蓄積することで毛穴を大きく押し広げ、また毛穴から飛び出すほど成長してしまいます。

毛穴の外まで成長すると空気に触れて酸化し、黒ずみになることもあります。毛穴の黒ずみが目立つという方は肌が上手にデトックスできていないかもしれません。スキンケアを見直して、肌の土台からしっかり整えていきましょう。

ほっぺの毛穴をなくす改善方法7個[スキンケア]

きれいに毛穴をなくすことは難しくても毛穴をきれいにして目立たなくすることは可能です。ほっぺの目立つ毛穴をなくすためのスキンケア方法を紹介します。

スタンダードなスキンケア方法が多いのですが、毎日の基本を見直すことが毛穴レス肌に繋がります。ぜひそれぞれの正しい方法をチェックしてみてください。

1. クレンジングで毛穴汚れを落とす

毛穴の詰まりを取り除き、予防するためにもクレンジングは欠かせません。メイクは油汚れなので油分を多く使ったクレンジング剤のほうが洗顔料よりも落としやすくなっています。メイクをした日は必ずクレンジングで汚れを落とすようにしましょう。

クレンジングはメイクだけでなく、古くなった皮脂や角質を優しく落とすためにも役立ちます。乾燥しないように洗い上がりがしっとりするものを選ぶといいでしょう。

毛穴の汚れまで洗い流すためにはクレンジングのまえに肌を温めるのがおすすめです。毛穴をゆるめて、クレンジングと汚れが馴染みやすい状態を作ります。ホットタオルだと簡単にできますから、毛穴が気になる頬に5分ほど当ててからクレンジングをするといいでしょう。

2. 洗顔で日中の汚れをリセットする

洗顔はスキンケアの基本です。汚れを取り除き、肌の代謝を守るために毎日の洗顔は丁寧に行いましょう。

肌に優しい洗顔をするための鍵は「泡」です。きめ細かい泡は汚れを吸着しやすく、また肌と指の間でクッションの役割を果たすので、洗顔による肌への負担を軽減できます。

毛穴の汚れは毎日少しずつ取り除くのが理想です。剥がすパックや、クレイパックは肌質によっては負担が大きすぎたり、乾燥を促進したりします。汚れがたまらないように、その日の汚れはその日の内に洗い流しましょう。

3. 保湿でハリをキープする

毛穴が目立たない肌を保つために保湿は不可欠です。肌のハリを保ち、モイスチャーバランスを整えることで、なめらかな肌表面に導きます。

基本的には化粧水と乳液をセットで使いましょう。化粧水でうるおいを与えて、乳液で肌に水分をとどめます。

化粧水はできるだけたっぷり、乳液は肌の状態にあわせて量を調節します。肌をうるおいで満たすために、化粧水は重ね付けがおすすめです。一度塗ったら数分置いて、もう一度塗るという作業を数回繰り返しましょう。触ったときに肌が指先に吸い付くようになるのが理想です。

乳液は皮脂の分泌が多いTゾーンなどは薄付きで構いません。乳液を塗った後にベタつきが気になるという方は、塗る量が多すぎていると考えられます。一度に出す量を調節したり、乾燥しやすいパーツから塗るというように塗る順番を変えたりすると上手く塗る量を調節できるでしょう。

4. 紫外線予防を徹底する

紫外線は肌の老化をすすめる一番の原因と考えられています。肌へのダメージが大きく、乾燥や皮脂分泌の過剰を招く恐れもあるので必ず紫外線対策を徹底しましょう。

外出するときは日焼け止めを塗るようにしてください。ベースメイクに紫外線カット効果があるものを重ねると、より日焼け止め効果を強くすることができます。

またビタミンCをあらかじめ塗っておくと、紫外線によるダメージを軽減する効果があります。朝のスキンケアにビタミンC配合アイテムを使うことで、より肌を守りやすくなるのでおすすめです。

可能であれば、塗るだけの対策ではなく日傘や帽子などのアイテムも使って、紫外線予防を徹底しましょう。

5. ビタミンC配合アイテムを使う

紫外線予防でも紹介しましたが、ビタミンCが保つ効果は他にもたくさんあります。ビタミンCは皮脂の分泌量をコントロールしたり、肌の保湿成分を増やしたりと、毛穴が目立つ原因を取り除くために非常に重要な成分です。

ビタミンC配合のスキンケアアイテムは化粧水やクリームなどたくさんあります。しっかりと肌に浸透させるためにビタミンC美容液がおすすめです。ビタミンC美容液は不安定なビタミンCがきちんと肌に届いて効果を発揮するように設計されています。

ビタミンC美容液を使うタイミングは基本的に化粧水の後です。化粧水でしっかりうるおった肌に塗ることで、角質層の隅々までビタミンCを浸透させることができます。

あくまで基本の順番ですから、実際に使用するアイテムの使用方法をよく読んで、それに従うようにしてください。

6. ハリを与える美容液を使う

肌のハリを保つためには、ハリをキープするための保湿成分が必要になります。コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が入っているもの、またはこれらの生成を促進する美容液を使いましょう。

エイジングケア向けに作られているアイテムはハリを保つケアにぴったりです。年齢に合わせた保湿に必要な成分が多く配合されているので、ぜひ使ってみましょう。

エイジングケアアイテムは高校生や20代の方も使うことができます。化粧品は早く使い始めたからといって、肌が慣れて効果がなくなることは考えられません。肌のハリが気になり始めたら予算や肌との相性を見て、使ってみましょう。

7. 肌を引き締める収れん化粧水を取り入れる

収れん化粧水は肌を引き締めて、毛穴を目立たなくするアイテムです。保湿化粧水とは別のアイテムとして用意するといいでしょう。

使い方はコットンにしっかり含ませて、下から上に向かってパッティングします。肌の表面がひんやりした感触になるまで浸透させましょう。

使うタイミングは主に2通りです。基本的には化粧水と乳液をぬったあと、スキンケアの最後に使います。

より肌をしっかり引き締めるために洗顔後すぐに使う方法もあります。この場合、収れん化粧水がしっかりなじんだあとに、保湿用の化粧水を必ず塗ることを忘れないようにしてください。

ほっぺの毛穴をなくす改善方法4個[生活習慣]

目立つ毛穴をなくす、毛穴レス肌を作るためには、肌の土台を作る生活習慣も重要です。ここではなめらかな肌を作る生活習慣を紹介します。

1. 睡眠不足を解消

睡眠不足は肌のコンディションを損ないます。肌は夜、眠っている間に日中のダメージを修復し、健やかな新しい肌を育てるからです。

理想の睡眠時間は一日6〜8時間と言われています。
ぐっすり眠れるように寝る環境を整えて、睡眠時間を守りましょう。寝る3時間前に夕ご飯を食べ終わり、1時間半前に入浴を終えると睡眠しやすくなると言われています。寝る時間にあわせて生活習慣を整える方法もおすすめです。

2. 運動をする

運動は血行を促進し、身体のデトックスを助けます。肌の角質層以外は生きている細胞ですから日々老廃物を排出し新しい酸素や栄養を必要としています。

しっかり循環させることでうるおいを保ち、ハリのあるなめらかな肌をキープすることができるでしょう。逆に運動不足は肌をくすませて、キメを乱してしまいます。

毛穴が目立たない肌は、血行がよくキメが細かい必要があります。軽い運動から出構わないので、毎日身体を動かす習慣を身に着けましょう。

3. 栄養バランスを考える

ほっぺの毛穴を目立たせないようにするには、健やかな肌を育てることから始めましょう。肌に良いと言われる栄養はたくさんありますが、どんなにいいものでもバランスが大切です。野菜や肉、魚、穀物を取り入れた食生活を心がけましょう。

気をつけるポイントは糖質と脂質の摂取量です。糖質や脂質の過剰は皮脂の分泌を過剰にし、水分と油分のバランスが乱れます。体のエネルギーですから、100%カットはおすすめしませんが、適量を意識するようにしましょう。

4. 水分をしっかりとる

体の中に新鮮な水を巡らせることは、健康のためにも美容のためにもメリットがたくさんあります。水分は肌の表面でバリア機能の役割を担い、また肌細胞ひとつひとつにも水分は必要です。

食べたものや飲んだものは生きるために必要な内臓に優先的に送られます。水分が足りていないと肌に十分に行き渡らなくなるので、一番外側の肌は水分不足が表れやすいパーツです。

水分をしっかり取ることは新鮮な水分で満たし、老廃物を外に出すデトックスにも役立ちます。一日の目安は1.2L〜1.5Lです。

効率よく水分を吸収するために、一回に飲む量はコップ一杯程度に留めましょう。体は一気にたくさんの水を吸収することができないので、少しずつ飲むのがポイントです。

高校生の頬の毛穴の改善方法

頬の毛穴悩みは、高校生にも多く見られます。

高校生の肌は皮脂の分泌が多くなっているので毛穴が開きやすい環境です。体が成長する過程でホルモンバランスの変化が大きいため肌も不安定です。改善するためには、毎日のスキンケアを丁寧に行いましょう。

通学や遊びに行くときはしっかり日焼け止めを塗り、紫外線をカットしましょう。紫外線があたると、皮脂が多く分泌されるため毛穴の開きに繋がります。現在の肌はもちろん、数年後の肌のためにも役立つので、ぜひ習慣にしてください。

またメイクをしている、していないに関わらず洗顔は丁寧に行いましょう。10代の肌は代謝が活発ですから、不要な皮脂や汗が多く付着します。毎日汚れをリセットすることで、雑菌の繁殖を防ぎ、肌本来の働きを助けます。

まとめ

頬の毛穴を目立たなくする方法をお伝えしました。頬は顔の中でも前に出ている部分であり、鏡で見たときに気になりやすいパーツです。しかし毛穴レス肌のためのスキンケアは、すぐに結果が出るわけではありません。

生活習慣を整えて、肌の土台からハリのある健康的な状態を作っていくのが理想です。毎日のスキンケアを丁寧に行い、なめらかな毛穴レス肌を目指しましょう。