監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

しっかり洗顔したつもりなのに、白いポツポツが残ってしまう… そのような悩みを抱えて、対処法を探してはいませんか。

白いポツポツが残ってしまう原因と取り方を正しく把握すれば、気になるトラブルを解決できることがあります。白いポツポツのNGケア方法も把握して、滑らかな美肌を手に入れましょう。

洗顔後の白いポツポツの正体とは?

洗顔後の白いポツポツの正体は、水分を含み、毛穴の中で膨らんだ角栓です。角栓とは、過剰に分泌された皮脂・古い角質・産毛などが混ざり合い、毛穴に詰まったものを指します。

ターンオーバー周期が乱れると角栓がいつまでも毛穴に残り、うまく排出されません。毛穴に残った角栓は洗顔中に水分を吸収して膨らみますので、汚れを落とした直後でも、ひどく目立ってしまうのです。

できたばかりの角栓は小さな塊に過ぎませんが、長期間放置することで巨大化します。角栓が巨大化するほど毛穴の開きが悪化し、余計に汚れを溜め込む悪循環にも陥りがちです。

毛穴の白いポツポツの原因5個

毛穴の白いポツポツの根本的な原因は、過剰に分泌された皮脂とターンオーバー周期の乱れです。以下のような原因によって皮脂の分泌量が増加したりターンオーバー周期が乱れたりすると角栓ができ、白いポツポツが目立ってきます。

1. スキンケアの誤り

まず、スキンケアの誤りです。1日に何度も洗顔したりクレンジング中にゴシゴシこすったりすることは、肌に大きな負担をかけます。負担を感じた肌は自分自身を守るための反応として過剰な皮脂を分泌し、毛穴の詰まりを引き起こすのです。

過剰な皮脂が分泌された肌はベタつくこともありますが、保湿を控えてしまうこともまた、角栓を悪化させる原因です。

保湿不足によって肌が乾燥すると内部の水分の蒸散を防止するため、過剰な皮脂が分泌されます。結果として毛穴の詰まりがさらに悪化してしまうと白いポツポツがひどく目立ち、洗顔後に目立つのです。

2. 加齢の影響

正常なターンオーバー周期は、28日程度です。加齢によって細胞の剥がれ落ちる力が弱まるとターンオーバー周期が遅くなり、白いポツポツを目立たせることがあります。

ターンオーバー周期の遅くなった肌では角質層が厚くなることも多く、くすみやごわつきなどのエイジングトラブルを起こしがち。結果として、見た目年齢が大きく上がり、老け込んだ印象に見えてしまう人もいます。

3. 紫外線刺激

次に、紫外線刺激の影響です。大量の紫外線を浴びた肌は自分自身を守るため、ターンオーバー周期を通常以上に早めてしまうことがあります。

ターンオーバー周期が早すぎると正常に剥がれ落ちる力を持たない未熟な細胞が増加し、毛穴を詰まらせてしまいがちです。その結果、洗顔後に白いポツポツがひどく目立ち、滑らかさが失われます。

また、未熟な細胞の多くは、十分な量の「NMF(天然保湿因子)」を持ちません。そのため、紫外線刺激を浴びた肌はひどく乾燥し、過剰な皮脂が分泌されることで、角栓を悪化させることがあります。

4. 睡眠習慣の問題

ターンオーバーは、睡眠中に活性化します。睡眠時間が定まらず、入眠直後からぐっすり熟睡できないと、成長ホルモンが十分に分泌されません。

成長ホルモンとは脳下垂体から分泌されて、ターンオーバーを促進する役目を持つホルモンです。成長ホルモンが十分に分泌されないとターンオーバー周期が乱れて、白いポツポツがひどく目立つことがあります。

また、睡眠不足の日が続くと交感神経が優位な状態になり、男性ホルモンを活性化してしまうことも問題の1つ。男性ホルモンは皮脂腺の働きを活性化する役割を持つホルモンですから、毛穴の詰まりが悪化して、白いポツポツを招きがちです。

5. 栄養バランスの偏り

毛穴をきれいに維持するためには、毎日決まった時間に、栄養バランスの整った食事をとることが大切です。ビタミン類や鉄分が不足すると正常にターンオーバーが進まず、白いポツポツを悪化させることがあります。肌の原料となるタンパク質が不足した場合も、同様です。

また、乾燥による過剰な皮脂の分泌を避けるためには、良質な脂質が欠かせません。ダイエットなどを理由に良質な脂質の摂取を控えてしまうと、肌の潤いが失われて、毛穴トラブルを招いてしまうことがあります。

その他、食物繊維の不足も、美肌作りを妨げる原因の1つ。食物繊維が不足すると腸内環境が悪化して、ホルモンバランスに影響が出ます。ホルモンバランスの乱れは、過剰な皮脂を分泌させたりターンオーバー周期を乱れさせたりする原因です。結果として毛穴の詰まりが悪化すると洗顔後、白いポツポツが目立ちます。

毛穴の白いポツポツの取り方

毛穴の白いポツポツは、スキンケア用のオイル(ホホバオイル、オリーブオイルなど)と蒸しタオルを使用した集中ケアで取り除きます。集中ケアのやり方は、以下の手順の通りです。

◯白いポツポツの取り方
【1】スキンケア用のオイルを白いポツポツの目立つ部分に厚く塗る
【2】オイルを塗った部分に5分程度、蒸しタオルを乗せてパックする
【3】パックしていた蒸しタオルを外し、スキンケア用のオイルを更に塗る
【4】指の腹でオイルをなじませて、角栓を溶かしだす
【5】コットンで優しく拭き取る

このお手入れのポイントは、蒸しタオルによって毛穴の出口を大きく開かせてから、白いポツポツを取ることです。お風呂に入った直後など毛穴がすでに開いている状態でお手入れする場合は、蒸しタオルパックの工程を省略しても構いません。

指の腹でオイルをなじませる際には、ゴシゴシ強くこすらないことが大切です。コットンで拭き取る際にも摩擦刺激を与えないように、優しい力で進めてください。

毛穴の白いポツポツのケア方法5個

毛穴の白いポツポツを取り、きれいな状態を維持するためには、スキンケア習慣の改善が必要です。以下のポイントを意識したスキンケア習慣を身につけて、白いポツポツを解消しましょう。

1. 洗顔料選びを見直す

洗顔料は、肌の状態に合う洗浄力の商品を使用しましょう。洗浄力の強すぎる洗顔料を使用すると、肌を健やかに維持するために必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。洗顔後に乾燥を感じやすい人はアミノ酸系洗浄成分の使われている洗顔料を選択すると、肌の負担の軽減が可能です。

洗顔後にベタつきを感じやすい人は強い洗浄力を持つ、石鹸系洗浄成分の使われている洗顔料を選択しましょう。生理周期の影響で過剰な皮脂の分泌される時期がある人は、肌がベタつきやすい時のみ、石鹸系洗浄成分が使われている洗顔料を選択する方法がおすすめです。

なお、いずれの洗顔料を選択する場合も、ゴシゴシ強くこする洗い方を行うことは避けてください。白いポツポツを解消するためにはよく泡立てた洗顔料を使用して、優しく洗顔することが大切です。

2. 洗顔後は十分に保湿する

白いポツポツが目立つときこそ十分な保湿を行い、肌内部の水分・油分のバランスを整えることが大切です。以下のような保湿成分の配合されている基礎化粧品を正しく使用し、健やかな肌への生まれ変わりを助けましょう。

◯セラミド
セラミドは角質層内にもともと存在する保湿成分の1つで、バリア機能を整える働きを担います。肌がセラミド不足になると敏感気味に傾きますから、基礎化粧品により、足りない分を補うケアを検討しましょう。

◯アミノ酸
アミノ酸はセラミド同様、角質層内にもともと存在してバリア機能を整える働きを担う保湿成分の1つ。「セリン」「グリシン」は基礎化粧品に配合されるアミノ酸の中でもとくに保湿力が高く、白いポツポツが目立つときにおすすめです。

◯スクワラン
肌への浸透性が非常に高い油性の保湿成分。基礎化粧品で補った水分、保湿成分の蒸散を防止する役割を担います。

基礎化粧品による保湿は最低でも、化粧水と乳液もしくはクリームを使用することが必要です。化粧水のみで保湿を終えてしまうと基礎化粧品によって補った水分、保湿成分がすぐに外部に逃げてしまい、健やかな肌への生まれ変わりが進みません。

また、化粧水や乳液もしくはクリームはメーカーの指定する量を守りましょう。塗る量が少なすぎても多すぎても肌に負担をかけやすく、白いポツポツの解消を妨げます。

3. ビタミンC美容液を活用する

毛穴の開きによるベタつきが気になる人には、化粧水・乳液もしくはクリームによる保湿にプラスして、ビタミンC美容液を活用しましょう。

ビタミンCには、過剰な皮脂を抑制する働きが期待されます。自分自身の希望に応じたビタミンC濃度の美容液を取り入れることで肌のベタつきを抑制するとともに、開いた毛穴を引き締めることが可能です。

◯ビタミンC濃度の目安
基礎化粧品で刺激を感じやすい人:5%程度
十分な毛穴ケア効果を感じたい人:25%程度

上記を見ると分かるようにビタミンC濃度は、「高いほど、望ましい」とは限りません。初めてビタミンC美容液を活用する人・基礎化粧品で刺激を感じやすい人には、5%程度の低濃度美容液から挑戦することをおすすめします。

4. 帰宅後すぐにメイクを落とす

ファンデーションなどに含まれる油分や皮脂は時間の経過とともに、過酸化脂質という物質に変化します。過酸化脂質は毛穴トラブルや肌荒れを引き起こす原因ですから、帰宅後すぐにメイクを落として、影響を和らげましょう。

メイクを落とすために使用するクレンジングは、化粧の濃さや肌質に合うものを選択します。濃いメイクをした日にはオイルタイプやバームタイプなど、汚れを落とす力の強いものがおすすめです。

ナチュラルメイクの日には、クリームタイプやミルクタイプのクレンジングを使用して、肌の負担を抑えつつ、化粧を落とすとよいでしょう。

5. 酵素洗顔料で集中ケアする

白いポツポツがとくにできやすい肌質の人は定期的に酵素洗顔料を使用し、毛穴の詰まりを解消しましょう。

酵素洗顔料とは、酵素の力でタンパク質や油性の汚れを分解し、取り除く働きの期待される洗顔料のことを指します。定期的に酵素洗顔料を使用することで毛穴をきれいに維持すれば、白いポツポツのできるリスクを軽減できます。

ただし、酵素洗顔料は使用方法を誤ると、逆効果になるリスクが高い洗顔料です。酵素洗顔料を使用する際には、以下2点の注意点を守りましょう。

【1】使用頻度を守る
酵素洗顔料の適切な使用頻度は商品によって異なるものの、週に1回程度が目安です。もしくは白いポツポツが気になるときのみ、酵素洗顔料を使用しましょう。

【2】十分に泡立ててから洗顔する
パウダータイプの酵素洗顔料は、よく泡立てて使用しましょう。少量のぬるま湯・空気・酵素洗顔料を混ぜ合わせるように泡立てると、簡単に、モコモコの泡を作ることが可能です。

酵素洗顔料に苦手意識を持つ人は、クレイパックや炭酸洗顔を使用し、集中ケアを行うこともよいでしょう。自分に合う集中ケア方法を見つけて、毛穴をきれいに維持してください。

毛穴の白いポツポツのNGケア方法

白いポツポツを指で押し出すケアには、毛穴周囲の肌を傷つけてしまう恐れがあります。毛穴をさらに開かせて、白いポツポツができやすい状態になるリスクもありますので、押し出すケアは控えてください。

乾燥による白いポツポツが気になる人は、スクラブ洗顔料やピーリングジェルを頻繁に使用することも避けた方が安心です。スクラブ洗顔料やピーリングジェルを使用する場合は適切な頻度を守り、肌に負担をかけないように注意しましょう。その他、以下のようなケア方法には、悪化させるリスクがあります。

・毛抜きやピンセットで角栓を引き抜く
・剥がすタイプの毛穴パックを頻繁に使う
・冷水洗顔で開いた毛穴を引き締める
・収れん化粧水しか、使わない

白いポツポツを卒業するためには、「やり過ぎケア」も「ケアしなさ過ぎ」もNGです。正しいスキンケア習慣に切り替えることで、角栓の解消を目指してください。

まとめ

洗顔後の白いポツポツに悩む女性に向けて、トラブルの原因と対処法を解説しました。白いポツポツを改善するためには正しいスキンケア方法を覚えて、習慣として続ける必要があります。

また、自己流のNGケアを続けていると、白いポツポツを解消することは不可能です。この記事の内容を参考に自分自身のスキンケア習慣を見直し、正しい方法へと改善しましょう。