監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

洗顔後やお風呂上がりに鏡を見て、白い角栓が目立つことに愕然とした経験はありませんか。きちんと洗顔・クレンジングしていてもなお角栓を解消できず、悩む人もいるでしょう。

この記事では、角栓ができる原因と肌に負担をかけにくい取り方を解説します。きれいな毛穴を維持するためのスキンケア方法も知り、気になるコンプレックスを解消しましょう。

お風呂上がりに白い角栓が目立つ…ふやける…

一日の終わりに入るお風呂は、日中の疲れを忘れさせる癒やしのときです。頭から足の先まできれいに洗って「すっきりした」と感じていたにも関わらず角栓を見つけると、憂鬱な気持ちになりますよね。

角栓はお風呂に入っているときに水分を含んで膨らみますから、毛穴から飛び出したように見えることもあります。「しっかり洗顔してもなぜ、角栓が目立つのか」「どうすれば角栓がなくなるか」と悩み、解消法を探す人もいるでしょう。

角栓を放置すると毛穴の黒ずみ・大人ニキビ・肌のざらつきなどのトラブルを併発し、滑らかな美肌がどんどん遠のくこともあります。角栓に気付いたときには放置せず、原因をふまえた上で、正しい対処をとりましょう。

白い角栓の状態とは?

角栓とは、肌の古い角質・皮脂・産毛などが毛穴に詰まって混ざり合い、固まったもののことです。

本当ならば剥がれ落ちるはずだった古い角質が肌表面に滞留すること、過剰に分泌された皮脂をきちんと落とせていないこと、などを理由に、毛穴に詰まる汚れが増えると、角栓は悪化します。

できたばかりの角栓の色は基本的に白ですが、空気に触れて酸化すると、黒ずみになってしまいがち。通称「いちご鼻」と呼ばれるまで悪化した角栓は顔の中でひどく目立ち、清潔感のない印象に見えてしまうことがあります。

つまり、白い角栓はまだトラブルの初期段階です。白い角栓のうちに適切な対処をとることで、トラブルの悪化を防止することができます。

角栓ができる原因5個

角栓ができる原因は、肌の状態やスキンケア・生活習慣によって異なります。以下の中から思い当たるものを選択し、気になるトラブルの原因を突き止めましょう。

1. 肌の乾燥

まずは、肌の乾燥です。肌が乾燥していると内部の水分を逃さないために過剰な皮脂が分泌されて、毛穴の詰まりが悪化することがあります。毛穴の詰まりが悪化するほど角栓はできやすく、ざらつき・テカリなど副次的なトラブルも起こりがちです。

また、肌が乾燥して弾力が失われると、しずく状に広がった「たるみ毛穴」が見られることも多くあります。たるみ毛穴の見られる肌では過剰な皮脂や空気中の汚れなどが毛穴内部に入り込みやすく、何度も繰り返し、角栓ができてしまう悪循環になりかねません。

2. スキンケアの誤り

メイクを落とさずに就寝する日が続くとファンデーションや日焼け止めなどが毛穴内部に入り込み、角栓を悪化させることがあります。ぬるま湯のみで洗顔すること、洗顔のすすぎが不十分であること、などもまた角栓の原料を増やしてしまう原因になります。

正しいクレンジング・洗顔習慣を身に付けて、毛穴をきれいに維持することが、角栓を解消するための近道です。

3. ターンオーバー周期の乱れ

大量の紫外線を浴びたり摩擦刺激を受けたりして傷ついた肌は大急ぎで、新しい細胞を作ります。その結果として必要以上にターンオーバー周期が必要以上に早くなって正常に剥がれ落ちる力を持たない未熟な細胞が増加することは、毛穴の詰まりを悪化させる原因です。

毛穴の詰まりが悪化すればもちろん、角栓のできるリスクは高まります。

ただし、ターンオーバー周期が遅すぎることもまた、毛穴の詰まりや角栓を悪化させる原因のひとつです。角栓を解消するためには、「早すぎず、遅すぎず」の適切なターンオーバー周期を維持する必要があります。

4. 食生活の乱れ

毛穴をきれいに維持するためには、タンパク質・炭水化物・ビタミン・ミネラル・脂質をバランスよく摂取する必要があります。

脂質や炭水化物に偏った食事は過剰な皮脂の分泌を招きやすく、角栓の悪化につながることがありますので、適量に留めてください。

また、ビタミンB2やビタミンB6が不足しているときにも、過剰な皮脂が分泌されるケースがあります。顔のベタつき・角栓が気になるときには、レバー・乳製品・ささみ・鮭など、ビタミンB2やビタミンB6を多く含む食べ物を意識的に摂取しましょう。

5. 睡眠不足

就寝時間が定まらず、睡眠不足になることが、ターンオーバー周期の乱れを招くこともあります。ターンオーバー周期が乱れると角栓のできるリスクは高まりますから、十分な睡眠時間を確保しましょう。

さらに、睡眠が不足すると、成長ホルモンの分泌が滞ることも問題です。成長ホルモンは女性ホルモンの分泌を促進する役割を担うもの。

女性ホルモンは肌のハリ・弾力を維持するために必要なコラーゲン、エラスチンの生成に関わるホルモンですから、睡眠不足が続くと、角栓を始めとする肌トラブルが目立ってしまうことがあります。

白い角栓の取り方は?綿棒?

白い角栓の取り方は?綿棒?

角栓を放置すると毛穴を内側から押し広げて、汚れを溜め込みやすい状態になってしまうことがあります。角栓の飛び出た毛穴は「きれい」とは言えませんので、正しい方法で取り除きましょう。

ただし、剥がすタイプの毛穴パックで角栓を取り除くお手入れは、適切とは言えません。綿棒・美容オイルを使用する集中ケアによって定期的に角栓を取り除き、毛穴をきれいに維持してください。

◯白い角栓の取り方

【1】綿棒の先端にたっぷりと美容オイルを含ませる
【2】角栓が気になる部分に綿棒を当てて、優しくなでる
【3】軽くティッシュで拭き取り、普段通りに洗顔する

使用する美容オイルは、手元にあるもので構いません。香料が入っていなければ、ココナッツオイルやオリーブオイルも使用できます。

綿棒でなでる際には、小さな円を描くように動かすことがポイントです。途中で滑りが悪く感じる場合は美容オイルを再度含ませ、摩擦刺激を与えないようにお手入れしましょう。

白い角栓ができるときのスキンケア方法7個

白い角栓ができるときのスキンケアは、正しい洗顔・クレンジングによって肌の汚れを取り除き、十分な保湿を行うことが基本です。合わせて、定期的な酵素洗顔やクレイパックを実践し、できてしまった角栓を取り除きます。さらに、紫外線刺激から肌を守るための対策として、毎日のUVケアも徹底しましょう。

以下では、白い角栓ができるときのスキンケア方法をより詳しく解説します。

1. メイクの濃さに応じたクレンジングを使用する

白い角栓が気になるときにはメイクの濃さに応じて、適切なクレンジングを使用しましょう。濃いメイクをした日にはオイルタイプ・バームタイプ・リキッドタイプなど、汚れを落とす力の強いクレンジングを使用します。

ナチュラルメイクをした日には、ミルクタイプやクリームタイプなど汚れを落とす力が適度で、肌に負担をかけにくい種類が適切です。シートタイプなど肌をこすってメイクを落とすタイプのクレンジングは肌に負担をかけやすい傾向がありますので、白い角栓が気になるときには避けてください。

いずれの種類のクレンジングを使用するにしても、メーカーの指定する適量を守ることが大切です。クレンジングの使用量が少ないと肌に負担をかけますから、必ず、適量を守ってください。

2. 朝・夜2回の泡洗顔を正しく行う

ぬるま湯のみの洗顔では、顔の汚れを落としきれないことがあります。白い角栓ができるときはもちろん普段から朝・夜の1日2回、洗顔料を使用した「泡洗顔」を実践しましょう。

◎泡洗顔の手順

【1】体温より低い温度のぬるま湯で、顔全体を予洗いする
【2】適量の洗顔料を手の平に出し、十分に泡立てる
【3】角栓のできやすい部位から乾燥しやすい部位の順番で洗顔する
【4】最低でも20回〜30回、ぬるま湯ですすぐ
【5】清潔なタオルで水分を吸収する

角栓がとくに気になるときには洗顔前にホットタオルでパックし、毛穴を大きく開かせてから洗顔すると、毛穴の汚れがきちんと取れます。ただし、頻繁すぎるパックは肌を乾燥させるリスクがありますので、週に1回を上限に行うことがおすすめです。

3. 化粧水をたっぷりとなじませる

肌の乾燥による角栓を防ぐためには、十分な保湿が不可欠です。洗顔後は速やかに化粧水をなじませて、不足している水分や保湿成分を補いましょう。化粧水の使用量が少ないと、十分な保湿を行えません。メーカー指定の量を最低基準と考えて、やや多めの化粧水をなじませることにより、十分な保湿を行ってください。

化粧水を顔全体になじませた後、手のひらに残った分は、毛穴の開きや角栓の気になる部分に重ね付けします。その後、手の平で顔全体を包み込むようにハンドプレスし、水分や保湿成分の浸透を促してください。

4. 乳液やクリームを省略しない

化粧水の後は乳液やクリームなど油分を含む基礎化粧品を使用して、水分や保湿成分を閉じ込めます。乳液やクリームに苦手意識を持つ人はベタつきを感じにくい、さっぱりタイプの商品を選択するとよいでしょう。保

湿の中で美容液を使用する場合は、乳液やクリームの前に付けます。メーカーからとくに指定がない限り「化粧水・美容液・乳液やクリーム」の順番を守ることが正しい保湿の基本です。

5. 酵素洗顔料で集中ケアする

日々のクレンジング・洗顔を行ってもなお詰まってしまった毛穴の汚れを取るためには、酵素洗顔料を使用します。酵素洗顔料とは、皮脂やタンパク質を分解する働きを持つ酵素の配合された洗顔料です。

パウダー状の酵素洗顔料に水を混ぜて、よく泡立てたもので洗顔すると、毛穴の汚れがきれいに取れます。

酵素洗顔料による集中ケアの頻度は、週に1回〜2回程度が目安です。頻繁に使用すると肌にとって必要な油分まで落としてしまい、乾燥を招くことがありますので、適度な頻度に留めてください。

6. クレイパックで集中ケアする

「酵素洗顔料が肌に合わない」という人はクレイパックを使用して、集中ケアを行うことが一案です。クレイパックとは、泥や粘土を含むペーストを角栓の目立つ部位もしくは顔全体に塗り、毛穴に詰まった汚れを一掃する商品です。

クレイパックに配合されている泥や粘土の種類によって特徴が異なりますから、以下の内容を参考に、自分に合う商品を選択しましょう。

◯グリーンクレイ
ミネラル成分を豊富に含み、強力な洗浄力を持つ種類。抗菌作用・抗炎症作用が期待されることから、ニキビ対策に活用されることもあります。

◯ブラウンクレイ
粒子がやや大きいものの、肌当たりは優しい種類。汚れを吸着する力が非常に強く、角栓がとくに気になるときにおすすめです。

◯ホワイトクレイ
粒子が細かく、肌当たりが優しい種類。刺激が少ない種類にあたりますから、初心者でも挑戦しやすいクレイと言えます。

◯レッドクレイ
鉄分を豊富に含み、血液循環を促す働きが期待される種類。冷えやむくみ対策に活用されることもあえるクレイです。

市販のクレイパックの中には、複数種類のクレイをあらかじめ混ぜ合わせて作られたものもあります。パッケージの裏やホームページの原料記載を見て、どの種類のクレイが配合されているかを確認した上、適切なものを使ってください。

7. 日焼け止めを毎日塗る

紫外線は一年中降り注ぐもの。紫外線刺激によるダメージを防ぐためには毎日欠かさず、日焼け止めを塗りましょう。使用する日焼け止めの強さは、その日の活動内容に応じて選択します。活動内容別・日焼け止めの強さの目安は、下表の通りです。

SPF15〜30、PA+〜++通勤したり通学したりと、日常的な活動のみを行う日に適した強さ。
SPF30〜50、PA++〜+++屋外スポーツを行ったりウォーキングやランニングしたりする日に適した強さ。
SPF50+、PA++〜++++海や山へ出掛けて、アウトドアレジャーを楽しむ日に適した強さ。

より紫外線対策を万全に行うためには、日傘を使用する・帽子をかぶる・UVカットパーカーを羽織るなど、日焼け止め以外の対処法を組み合わせます。紫外線の強い時間帯の外出を控えたり日影を選んで歩いたりすることによっても、 肌ダメージを防ぐことが可能です。

まとめ

お風呂上がりなどの白い角栓を気にしている人に向けて、原因と対策を解説しました。白い角栓を放置すると、毛穴が余計に開いたり大人ニキビができたりすることがあります。

さまざまな肌トラブルを防止するためにも、スキンケアの見直しや定期的な集中ケアにより、正しく対処してください。そして、白い角栓を取り除いた後も継続的に正しいスキンケアを実践することが、毛穴をきれいに維持するコツと言えます。