監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

肌の上にポツポツ目立つ黒ニキビ。気になって触っていたら取れてしまった、という方は意外と多いものです。中にはニキビと知らずに、引っ掻いてしまう方もいるかもしれません。

ただの黒ずみに見えるかもしれませんが、黒ニキビも立派なニキビです。正しい方法でケアをしなければ、肌に大きなダメージを与えてしまいます。

取り返しのつかない状態にならないように、黒ニキビによってできた穴の塞ぎ方を正しく知っておきましょう。

この記事では黒ニキビの原因と正しいケア方法を紹介します。

黒ニキビが取れて穴が空いた…

黒くて目立つ黒ニキビ。鼻の頭にできることも多く、気になって取ってしまう人も多いようです。

しかし、毛穴に詰まっている黒ニキビの芯を取り除くと、毛穴がぽっかりと空いた状態になってしまい、さらに目立つ状態になることもあります。

黒いポツポツも気になりますが、毛穴の開きは目立つだけでなく汚れが落ちたり細菌が繁殖することでトラブルになったりします。肌表面をなめらかな状態に保つためにも、できるだけ避けたいものです。

黒ニキビを予防することはもちろん大切ですが、黒ニキビができてしまったときに正しくケアしなければいけません。そのためにも、まずは黒ニキビの基本情報を見ていきましょう。

黒ニキビとは?

黒ニキビとは、毛穴に詰まった角栓や皮脂が空気に触れて酸化し、黒くなった状態のことを指します。

ニキビは、もともと毛穴に詰まりが生じることで発生します。毛穴の中で角質や皮脂が固まり、角栓が大きくなると見た目にも毛穴が詰まっていることが分かるようになります。これが白ニキビです。白ニキビが進行し、毛穴から飛び出た角栓が黒く目立つと黒ニキビといわれます。

黒ニキビの段階では炎症が起こっていないため、痛みやかゆみは生じません。黒いプツプツができるだけですから、ニキビとは感じない方も多いようです。

黒ニキビが悪化すると炎症が生じて赤ニキビや黄ニキビになります。炎症が起こったニキビはかゆみが出たり、ニキビ痕が残りやすくなったりするため、できるだけ黒ニキビのうちにニキビを治す必要があります。

炎症が起こる前に肌のコンディションを整えられるように、肌への負担が少ないスキンケアを行いましょう。

黒ニキビの原因4個

黒ニキビの原因として主に考えられるものを説明します。一つずつ見ていきましょう。

1. 洗浄不足

毎日のクレンジングや洗顔が間違っていたり、十分でなかったりすると毛穴づまりが起きやすくなります。

特にメイクをした日にクレンジングをしないで寝ると毛穴の中に汚れが増えるだけでなく、皮脂が多すぎる脂性肌の原因にもなります。メイクをした日は丁寧にクレンジングをして肌をリセットしましょう。

また、洗顔はスキンケアの基本です。洗顔をすることで日々剥がれている不要な角質をキレイに取り除き、肌のターンオーバーを助ける役割があります。

しかしうまく洗えていないと、角質などのタンパク汚れが溜まり、肌がもつ本来の働きも衰えてしまいます。洗顔は角質ケアの基本ですから、欠かさずきちんと行いましょう。

2. 角質ケア不足

角栓は多すぎる皮脂によってできやすいと思われがちですが、不要な角質も原因の一つです。角栓を構成する成分の7割がタンパク質であると考えられており、角質が大きな原因であることが分かります。

角質とは新しい肌が表面に出てくるときに、古くなったものから自然と剥がれていきます。肌表面のコンディションが整っておらず、早めに剥がれたり、反対に剥がれずに角質層が必要以上に厚くなると角栓ができやすい状態になります。

肌がゆらいでいたり、乾燥していたりすると角質はうまく剥がれません。適度な角質ケアを取り入れることによって、肌にあったターンオーバーの周期を維持し、角栓を予防することができます。

3. 間違った毛穴ケア

ニキビは毛穴で起こるため、毛穴のケアはとても大切です。しかし、日頃からケアしているのにニキビができてしまったという方も意外と多いでしょう。

実は毛穴のケアが間違っていると、これも黒ニキビや角栓の原因になります。毛穴はとても小さく繊細なので、影響を受けやすいのです。

例えば毛穴の汚れを無理やり剥がすケアや、角栓を押し出して処理するのは黒ニキビを作る原因です。これらのケアは毛穴周りの角質層を傷つけて、毛穴の機能を邪魔してしまいます。また毛穴周りの角質層が厚くなることで毛穴が狭まり、中の汚れや分泌された皮脂が出ていきにくくなります。

黒ニキビなどのトラブルにならないように、毛穴の周辺は丁寧なケアを心がけましょう。

4. 生活習慣の乱れやストレス

黒ニキビはスキンケアだけではなく、生活習慣も原因が考えられます。偏った食事や短すぎる睡眠、ストレスの多い生活を送っていると、肌の皮脂と水分のバランスが崩れてコンディションが乱れます。多くの肌トラブルが予想されますが、黒ニキビもその一つです。

糖質や油分に偏った食事やストレスが多い生活は、皮脂の分泌が過剰になりがちです。また睡眠が十分でない場合は、肌のダメージ修復がうまく行われません。

毎日完璧な生活をするのは難しいことです。しかし週に一度はしっかり睡眠を取ったり、野菜を多めに食べたり、リフレッシュをする日を設けるなど、長いスパンで考えることで生活習慣を整えやすくなるでしょう。

黒ニキビで穴が空いた状態とは?

黒ニキビは肌のコンディションが乱れて角栓が詰まった状態です。その角栓を無理に抜いたり、ケアによってぽろりと取れてしまうと、角栓が詰まっていたところが急に何もなくなってしまい、穴が空いた状態になります。

黒ずんだ角栓が取れているので、いいことのように思われるかもしれません。しかし、空いている穴周辺の肌は無防備です。汚れが入り込みやすく、乾燥の原因にもなります。黒ニキビが再発したり、さらに悪化して炎症が起こる可能性もあるでしょう。

また一度大きく開いた毛穴はもとに戻すのがとても難しいと考えられています。普段のスキンケアではほとんど不可能で、どうしても気になる場合はクリニックの受診が必要です。

できるだけ穴が空かないように黒ニキビは過度に触らないでおくことが最適です。穴が空いてしまった場合は次に紹介する対処法を実践しましょう。

黒ニキビが塞がらない時の対処法7個

黒ニキビが塞がらないときは正しい対処法でケアしなければ、ニキビが悪化したり、ニキビ痕が残ったりしてしまいます。対処法を7個紹介しますので、参考にしながら正しいケアを行ってください。

1. 洗顔を丁寧に行う

黒ニキビができたときは、直接触らずたっぷりの泡を使った洗顔が必要です。きめ細かいたっぷりの泡はクッションの役割を果たすため、洗う時の摩擦を軽減することができます。その上泡の間に汚れを吸着しやすく、キレイに洗い上げることができるでしょう。

洗顔を正しく行うためにはすすぐ時の水温も大切です。熱すぎる水温は肌を乾燥しやすい状態にしてしまいます。体温に近いぬるま湯ですすぐようにしましょう。

2. 万全な保湿ケアをする

黒ニキビができている間も、穴が空いたときも保湿ケアは非常に重要です。何も塗らないほうがいいように感じられるかもしれませんが、保湿を怠るとさらに悪化する可能性があります。

基本的には化粧水とクリームをセットにして、うるおい補給と水分を逃さず肌にとどめるケアをしましょう。

このときに使うスキンケアアイテムは、できるだけ低刺激のものを選びます。黒ニキビができているときは、肌は炎症にならないように働いています。また穴が空いているときは成分が想定以上に入り込んで肌荒れの原因になる可能性もあります。

肌の働きをサポートできるように、シンプルな成分で作られており、ニキビを予防できる作用があるものを使うようにしましょう。

3. 適度な角質ケアを行う

適度な角質ケアを行うことで黒ニキビの再発を予防し、肌のコンディションを整えることができます。

不要な角質が剥がれることで新しい肌が出てきやすくなります。肌表面の角質は剥がしすぎるとトラブルになりますが、適度に角質ケアすることでターンオーバーの周期を守ることができるでしょう。

週に1〜2回のスペシャルケアとしてピーリングを行ったり、拭き取り化粧水で優しく肌の表面を拭き取るのがおすすめです。肌の調子を見ながら適度に行うようにしましょう。

肌荒れを感じたり、赤みが出てくる場合は過剰に角質ケアをしていると考えられます。角質ケアアイテムごとに推奨されている使用頻度を守ってケアしましょう。

4. 抗菌作用のあるスキンケアアイテムを使う

薬用スキンケアアイテムには有効成分が含まれています。黒ニキビのときは炎症を抑える抗炎症作用のある成分や、ニキビ菌の繁殖を防ぐ抗菌作用がある成分が配合されているものを選ぶと効果的です。

主な有効成分には以下のようなものがあげられます。

▽抗炎症作用をもつ成分の例
・アラントイン
・グリチルリチン酸2K
・グリチルリチン酸ステアリル
・イブプロフェンピコノール

▽抗菌作用をもつ成分の例
・サリチル酸
・レゾルシン
・ホモスルファミン
・イソプロピルメチルフェロール

5. ノンコメドジェニックテスト済みのコスメを使う

メイクをするときは「ノンコメドジェニックテスト済み」という表記があるアイテムを使うといいでしょう。

ノンコメドジェニックテストとはコメドになりにくさを測定するテストのことです。コメドはニキビの元になっている状態で、白ニキビや黒ニキビも含まれます。

黒ニキビのときにはニキビの悪化や再発、これ以上増えることを防ぐために、ノンコメドジェニックテストをしているコスメアイテムを使うことがおすすめです。

ただしすべての人にニキビができないというわけではないので注意しましょう。

6. 紫外線対策を徹底する

紫外線によるダメージは、ニキビを悪化させたり治りを遅くしたりします。黒ニキビでぽっかり空いた穴はトラブルが起きやすい状態です。紫外線の影響を受けやすくなっているため、紫外線対策は必ず行うようにしましょう。

毛穴に余計なものが入らないように、短時間のお出かけであれば帽子や日傘を使った対策がおすすめです。できるだけ日陰を移動するようにして、紫外線から肌を守りましょう。

やむを得ず、直接紫外線に当たる可能性がある場合は日焼け止めや紫外線カット効果のある下地を使用します。紫外線カット効果のあるアイテムは重ね付けすることで効果が高くなりますので、日焼け止めと下地、ファンデーション、パウダーなど複数使うのもおすすめです。

7. クリニックを受診する

黒ニキビによる穴がいつまでも塞がらず、気になってしまう場合はクリニックを受診しましょう。真皮まで傷ついており、ニキビ痕になっている可能性があります。

真皮まで空いた穴をスキンケアで元に戻すことはほとんど不可能です。クリニックであればケミカルピーリングやレーザー治療など、穴を目立たなくするメニューがあります。一度カウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。

黒ニキビが塞がらない時のNGケア方法3個

最後に絶対にやってはいけないNGケアを3個紹介しましょう。ついやってしまいがちの行動もあるので注意してください。

1. ゴシゴシこする

汚れが溜まりやすいからといって、ゴシゴシこすって洗浄するのはNGです。必要な角質まではがして乾燥を招きます。

肌が乾燥するだけでなく、角質層が厚くなる原因にもなるため、キメが失われたりゴワついたりして肌のコンディションを崩してしまいます。

黒ニキビで穴が空いたときはなるべくマイルドなケアがおすすめです。こすらずにたっぷりのクレンジング剤や洗顔料で優しく洗い上げましょう。

2. 触りすぎる

黒ニキビの穴が気になると、日常でつい触ってしまうことも多くなります。しかし余計な摩擦になりますし、指先には細菌が多く住み着いています。触るほどに肌トラブルが起きる危険性を高めてしまうので、気になっていても触るのはやめましょう。

ケアのとき以外は肌がもつ修復力に任せて気にしないことが一番です。洗顔や保湿が終わったら触らず、鏡も見すぎないようにするといいでしょう。

3. 放置する

触り過ぎもNGですが、ケアせずに放置するのもよくありません。

穴が空いている場合は特に洗浄などのケアは大切です。肌が穴を塞いだり、入ってきたものを外に押し出すために働いています。ここで汚れが溜まってしまうと肌の働きを阻害し、ニキビや穴の治りも悪くなります。

一日一回の洗顔と洗顔後の保湿は必ず行うように徹底しましょう。

まとめ

黒ニキビの原因と穴が空いた時の対処法を紹介しました。黒ニキビができたときは正しい対処法を行うことで、ニキビが治った後の肌も健やかな状態に保つことができます。慌てて肌を痛めつけるようなケアはせず、落ち着いて丁寧に対処するようにしましょう。