監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

ファンデーションをつけたばかりはきれいでも時間が経過するにつれて毛穴落ちし、コンプレックスを感じる人は多くいます。毛穴落ちしてドロドロになった顔を見る度、ため息をついてはいませんか。

この記事では、毛穴落ちの原因と滑らかな美肌を作るためのスキンケア方法を解説します。毛穴落ちしたときの応急処置方法も紹介しますので、一日通して理想の肌を維持するためのヒントとして、ぜひ参考にしてください。

毛穴落ちとは?

毛穴落ちとは、開いた毛穴にファンデーションと皮脂などが入り込み、ポツポツ目立つトラブルです。毛穴落ちは加齢とともに毛穴がたるんでしまったり乾燥によって毛穴が開いてしまったりしている人によく見られます。

毛穴落ちと毛穴浮きの違いは、毛穴の中にファンデーションが入り込むか・ファンデーションが浮くかです。毛穴浮きはファンデーションが浮いてひどく目立つトラブル・毛穴落ちはファンデーションが毛穴に入り込むトラブルに該当します。

ただし、毛穴落ちにしても毛穴浮きにしても、ファンデーションで隠したはずの毛穴が目立ってしまうことは変わりません。トラブルの原因を把握して、正しい対処をとることにより、滑らかな質感を手に入れましょう。

毛穴落ちがひどい原因5個

ファンデーションの毛穴落ちは、以下のような原因が重なり合って起こります。毛穴落ちがひどいときに疑いたい原因は、以下5個です。

1. 毛穴の開き

皮脂分泌量が多い部位を中心に毛穴落ちが目立つ場合は、毛穴の開きが原因と考えられます。毛穴の開きとは、肌の乾燥・ターンオーバー周期の乱れなどによって過剰な皮脂が分泌されて、毛穴が大きく押し広げられるトラブルです。

また、毛穴の開きは、メイク汚れの蓄積や生活習慣の問題によっても悪化します。開いた毛穴は、ファンデーションが入り込みやすい状態です。そのため、すぐにメイクが崩れて、滑らかな質感が損なわれることがあります。

2. 肌のたるみ

加齢や紫外線ダメージによってコラーゲンやエラスチンが減少すると、肌のハリ・弾力が失われます。肌がたるむと毛穴がしずく状に広がり、ファンデーションが入り込みやすい状態になるのです。

肌のたるみを放置すると毛穴同士がつながって線上に見える、「帯状毛穴」ができてしまうケースもあります。帯状毛穴ができてしまうと余計に毛穴落ちリスクは高まりますので、年齢に応じたたるみ対策をとることにより、メイク崩れを回避しましょう。

3. ファンデーションの厚塗り

シミやクマを隠すためにファンデーションを厚塗りすることもまた、毛穴落ちを引き起こす原因です。ファンデーションは基本的に厚塗りするほど、毛穴をひどく目立たせます。

毛穴落ちを防ぐためのベースメイクのコツは、「毛穴を隠そう」とは考えずに、目立たなくする程度に留めることです。ファンデーションの厚塗りは肌に過重な負担をかけて毛穴トラブルを悪化させる原因にもあたりますから、適度な厚さを守りましょう。

4. 保湿不足もしくは過剰な保湿

次に、保湿不足や過剰な保湿の影響です。十分に保湿された肌にはファンデーションが密着し、簡単には崩れません。メイク前の保湿が不足するとファンデーションがうまくなじまず、毛穴落ちすることがあります。

ただし、過剰な保湿によって油分が多すぎる状態の肌にファンデーションを重ねることもまた、毛穴落ちを引き起こす原因です。毛穴落ちを防ぐためには、「やり過ぎず・不足せず」の適度な保湿を行ってください。

5. 洗顔不足

起床後すぐの肌には、就寝中に分泌された皮脂・ほこりなどが付いています。皮脂・ほこりが付いたままファンデーションを塗る場合、肌に密着しませんので、毛穴落ちを起こしがちです。

洗顔を含む朝のスキンケアを正しく実践することは、ファンデーションのもちをよくするための重要な要素といえます。毛穴落ちを防ぐためには、ぬるま湯のみで洗顔したり朝の洗顔をいい加減に行ったりする習慣を改めてください。

毛穴落ちの直し方・化粧直し

毛穴落ちした上からファンデーションを重ねると厚塗りになり、崩れた部分が目立ちます。化粧直しする際にはまず、崩れた部分のファンデーションを取り除きましょう。そして、まっさらな状態にした上で、ベースメイクをやり直します。

外出先で毛穴落ちを直す際には、乳液を含ませたコットンを使用して、ファンデーションを取り除きましょう。ファンデーションを取り除いた後、化粧下地からやり直すと、メイク仕立てのような質感に仕上がります。

毛穴落ちが軽度の場合は崩れている部分のみをティッシュオフし、パウダーファンデーションを重ねることで、美しい質感を取り戻すことも可能です。

パウダーファンデーションはメイク用のブラシを使用し、優しくなでるようにふわっとつけると、美しく仕上がります。毛穴部分は毛穴を持ち上げるようなイメージで、下から上へとブラシを動かし、パウダーファンデーションを重ねてください。

毛穴落ちを防ぐメイクのコツ3個

毛穴落ちを防ぐためには、コツを押さえたベースメイクを実践することが必要です。では、毛穴落ちを防ぐためにはどのようなコツを意識し、ベースメイクを仕上げればよいでしょうか。毛穴落ちを防ぐためのコツは、大きく分けて3個です。

1. 毛穴専用下地を活用する

毛穴専用下地とは、毛穴を埋めることに特化した化粧下地のことです。毛穴専用下地を活用すると肌の凹凸が目立ちにくくなり、ファンデーションの厚塗りを回避できます。結果として毛穴落ちリスクを軽減し、ベースメイクのもちをよくすることが可能です。

◎毛穴専用下地の塗り方(毛穴の気になる部分のみに塗る場合)
【1】朝の洗顔、保湿を行う
【2】顔全体をティッシュオフし、余計な油分を取り除く
【2】毛穴専用下地を手の甲に少量出す
【3】毛穴を持ち上げるようなイメージで下から上方向に、毛穴専用下地を入れ込む

◎毛穴専用下地の塗り方(顔全体に塗る場合)
【1】洗顔、保湿を行って、余計な油分をティッシュオフする
【2】毛穴専用下地を左右の頬、額、鼻、あごに置く
【3】くるくると円を描くように、毛穴専用下地を広げる
【4】小鼻の脇など毛穴がとくに目立つ部位に対し、指の腹で軽く押すようにして、毛穴専用下地を入れ込む

毛穴専用下地を部分的に使用する場合は、先に毛穴を埋めてから、顔全体用の化粧下地を重ねてください。顔全体用の化粧下地は皮脂を吸着してくれる商品を選択するとさらに、ファンデーションのもちがよくなります。

2. 密着力の高いファンデーションを薄く塗る

毛穴落ちが気になる人におすすめのファンデーションは、リキッドファンデーションやクリームファンデーションなど、肌にしっかり密着する種類です。いずれの種類のファンデーションを使用する場合も厚塗りすることは避け、薄く・ムラなく仕上げることで、毛穴落ちを防げます。

◎リキッドファンデーションの塗り方
リキッドファンデーションを点置きし、太めのブラシを使用して、顔の内側から外側方向へと広げます。鼻や額、目の周りはブラシに残ったファンデーションを乗せて、優しく肌になじませてください。

◎クリームファンデーションの塗り方
リキッドファンデーション同様、太めのブラシを使用して、顔の内側から外側方向へと広げましょう。

ファンデーションを何度も途中で付け足すと、厚塗りになりがちです。薄く・ムラなく仕上げるためには不要な付け足しを控え、最小限のファンデーションで、顔全体のベースメイクを完成させます。

3. フェイスパウダーで毛穴をぼかす

フェイスパウダーは、過剰に分泌される皮脂を吸着したりメイク崩れを防いだりする役割を持つ化粧品です。ベースメイクの仕上げにフェイスパウダーを乗せることで、目立つ毛穴をぼかしましょう。

フェイスパウダーを乗せる際のポイントは毛穴の目立つ部位に対して垂直にメイク用のブラシを構えて、ふんわりと乗せることです。乗せる量が多すぎると仕上がりが粉っぽく見えますので、少量のみに留めてください。

毛穴落ちを防ぐスキンケア方法5個

毛穴落ちの根本的な解決を図るためにはスキンケア方法を見直して、肌質改善することが必要です。以下では、毛穴落ちしない肌を作るためのスキンケア方法を解説します。

1. 正しい洗顔で過剰な皮脂を取り除く

日々の正しい洗顔は、毛穴ケアの基本です。十分に泡立てた洗顔料を顔に乗せ、泡のクッションを利用して洗顔することにより、顔の汚れを取り除きましょう。

洗顔中にゴシゴシ強くこすってしまうと、摩擦刺激によってターンオーバー周期が乱れて、肌のたるみが悪化することがあります。指が直接肌に触れないように意識しつつ、洗顔することにより、摩擦刺激を軽減しましょう。

洗顔料や取り除いた顔の汚れをすすぐ際には、体温よりも低い温度のぬるま湯を使用します。すすぎに使用するお湯の温度が熱すぎると健やかな肌を維持するために必要な皮脂まで落としてしまいますから、適温を守ってください。

2. 洗顔後は速やかに保湿する

洗顔後は速やかに保湿し、水分・油分のバランスを整えます。保湿の最初に使用する基礎化粧品は、化粧水です。

適量の化粧水を手のひらに出し、両手で挟み込むように温めた後、顔全体になじませましょう。乾燥による毛穴落ちが気になる人にはセラミド・ヒアルロン酸など、高保湿成分配合の化粧水がおすすめです。

化粧水の後には、乳液もしくはクリームを重ねます。化粧水のみで保湿を終えると補充した潤い・保湿成分がすぐ蒸発してしまいますので、油分を含む基礎化粧品を、忘れずに使用しましょう。

3. エイジングケア美容液を活用する

肌のたるみによる毛穴落ちを解消するためには、年齢に応じたケアが必要です。たるみを実感している人はコラーゲン・レチノール・ビタミンC誘導体などの配合された美容液を活用し、毛穴落ちを防ぎましょう。

◯コラーゲン
肌内部の真皮の約7割を占める成分。コラーゲンが不足するとシワやたるみが生じやすくなりますので、美容液から補います。

◯レチノール
ターンオーバーを促進して健やかな肌への生まれ変わりを助けたりコラーゲンの合成を後押ししたりする成分。軽いピーリング作用も持ち、毛穴の詰まりを防ぐ働きも期待できます。

◯ビタミンC誘導体
コラーゲンの合成を後押しし、肌のハリ・弾力を高める成分。過剰な皮脂をコントロールする働きも担い、毛穴の引き締めを助けてくれます。

その他、エラスチンやビタミンEの配合されている美容液を活用することも、たるみ解消を後押しします。美容液に配合されるエラスチンの主な役割は、表皮において保湿成分として働き、肌の乾燥を防ぐことです。ビタミンEは、ターンオーバーを促進し、肌のハリ・ツヤ感を引き出してくれる成分にあたります。

4. 収れん化粧水を活用する

汗や皮脂による毛穴落ちが気になる時期には朝のメイクを行う前に、収れん化粧水を活用しましょう。収れん化粧水とは、肌や毛穴を引き締めて、過剰な皮脂の分泌を防いでくれる化粧水です。メーカーによっては収れん化粧水のことを「トーニングローション」「カーマインローション」と呼ぶこともあります。

◎収れん化粧水の使い方
【1】コットンがひたひたになる程度まで、収れん化粧水を含ませる
【2】顔全体もしくは毛穴落ちしやすい部分をパッティングする
【3】肌がひんやり感じる程度まで、パッティングを繰り返す

収れん化粧水を使用するタイミングは、一連の保湿を終えた後です。収れん化粧水を保湿化粧水の代わりとして、使うことは避けてください。

5. フィニッシングミストを吹きかける

フィニッシングミストとは、メイク崩れを防ぐ目的で使用するスプレー状の化粧水です。フィニッシングミストは別名、「メイクキープスプレー」「ミスト化粧水」とも呼ばれます。

フィニッシングミストを使用するタイミングは、メイクをすべて終えた後です。顔から少し離した場所にフィニッシングミストを構えて、ムラなくスプレーしてください。

まとめ

ひどい毛穴落ちに悩む人に向けて、トラブルの原因と対処法を解説しました。毛穴の開きや肌のたるみが原因の毛穴落ちはスキンケア方法を見直すことで、改善を図れます。

ファンデーションの厚塗りが原因の毛穴落ちは、メイク方法を工夫することにより、改善が可能です。この記事の内容を参考にスキンケア・メイク方法の見直し・改善を進めることで、滑らかな美肌を手に入れましょう。