監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

多くの女性が悩む「毛穴」。中でも角栓の悩みは尽きないものです。角栓除去アイテムや毛穴を塞ぐアイテムはたくさんの種類があり、何をしたらいいのか迷ってしまうかもしれません。

間違ったケアをすると、角栓を改善するどころか、余計に肌の状態が悪化することも。正しい方法で角栓をケアできるように、開いた毛穴を塞ぐ方法とケアのポイントを紹介します。

毛穴の角栓とは?

角栓とは、不要な角質と皮脂が毛穴の中で固まったものです。不要な角質は肌のコンディションやターンオーバーの乱れによって溜まっていきます。

肌は新しい細胞に生まれ変わるために、日々ターンオーバーをしています。外気に触れる部分だけでなく、毛穴の中でも行われるため、ターンオーバーによって剥がれた角質は毛穴の中にも存在するのです。

毛穴の中や出口の周辺で剥がれた角質がうまく排出できず、毛穴の奥から分泌された皮脂と絡み合って固い栓になります。これが毛穴にできる角栓です。

一度角栓ができると、毛穴内部の角質や皮脂は余計に外に排出できません。ケアを怠っているとどんどん大きくなり、黒くなったり毛穴を広げたりして目立つようになります。

毛穴が開く原因5個

毛穴が開く原因は角栓だけではありません。開き毛穴の原因は角栓を含めて、次の5個が考えられます。

1. 「角栓」が毛穴につまって広がる

先程も述べたとおり、角栓が詰まることによって毛穴が大きくなります。角栓はとても頑固なので、一度できると、なかなか自然に取り除くことができません。

毛穴の中で分泌される皮脂が毛穴の中でたまるため、毛穴が内部から広がってしまいます。

また角栓と接している部分の肌はダメージを受けます。これにより毛穴が大きく見えるすり鉢状になったり、角質層が厚くなったりして、さらに毛穴が目立つのです。

2. 「皮脂の過剰分泌」によって毛穴がすり鉢状に

脂性肌の毛穴が大きく見えるのは、皮脂の過剰分泌が原因と考えられます。皮脂に含まれる不飽和脂肪酸は、紫外線のダメージを受けるとで肌に炎症を起こすことが分かっており、とくに毛穴周りのゆらぎやすい肌は影響を受けやすいです。

毛穴の出口付近の肌にダメージがかかり、すり鉢のように広がることで、実際の毛穴の大きさが変わっていなくても、毛穴が大きく見えてしまいます。

3. 「乾燥」によって毛穴が露出する

乾燥した肌は、肌に必要な凹凸が少なくなり、平坦になりがちです。肌が平坦になるのはいいことのように思われるかもしれませんが、それは違います。

肌は細かい溝と、溝に囲まれて盛り上がった部分が均一に並ぶことで滑らかさを保っています。この溝と盛り上がっているところの並びが「キメ」と呼ばれており、細かい三角形がはっきり見えるほど美しい肌に見えます。

毛穴は肌の細かい溝に存在しており、肌の盛り上がっている部分によって隠れているのです。ですから乾燥し、キメが乱れて平坦になると、毛穴が見えやすくなり開いたように見えてしまいます。

4. 「たるみ」によって毛穴が広がる

頬や鼻周りによく見られる縦長の開き毛穴は、肌のたるみが原因です。肌のハリが失われ、重力によって下に引っ張られると、当然毛穴もたるみます。

鼻周りの肌はたれにくいように思われるかもしれませんが、頬やアゴ周りと同じように加齢によってたるみは出てきます。広がった毛穴を本来のサイズに戻すことはとても困難ですから、毎日のケアでしっかり予防しましょう。

5. 「NGケア」によって毛穴が傷つく

毛穴をキレイにするためだとしても間違ったケアをしていると、さらに毛穴悩みを悪化させることがあります。

毛穴が目立つから、つい強めのケアをしてしまうという方はとても多いものです。角栓を抜くのが楽しくてやめられないという方もいるでしょう。

しかし長い目で見ると、そのようなケアをしていては毛穴の悩みは加速するばかりです。正しい毛穴ケアの方法を知ることで、毛穴の悩みを根本から改善しましょう。

毛穴を塞ぐ方法3個

まずはすぐにできる毛穴を塞ぐ応急処置を紹介しましょう。目立つ毛穴をすぐにでも塞ぎたいという方は以下のような方法を試してみてください。

1. 《簡単》収れん化粧水で引き締める

収れん化粧水は肌を引き締めて、過剰な皮脂分泌を抑制する効果があります。普段のスキンケアに簡単に取り入れやすいアイテムです。

脂性肌の方はアルコールやアーチチョークのような収れん作用が強いもの、乾燥肌・敏感肌の方はビタミンC誘導体を使ったアルコールフリーの収れん化粧水を選びましょう。

収れん化粧水は保湿のために使う化粧水とは働きが違います。使う順番は化粧水や乳液を使った後です。化粧水という名前がついていますが、これだけで保湿を終わらせてしまうと乾燥しやすくなるので注意しましょう。

2. 《メイク前に》ポアレス下地を使う

お出かけやオンラインで人に会う日に、メイクをしている間だけでも毛穴を塞ぎたいという方にはポアレス下地がおすすめ。ポアレス下地は肌の凸凹にフィットして、なめらかに見せてくれるカバー力があります。

ベースメイクをするときに毛穴が気になるところに部分的に使えば、少ない負担で均一な肌を作ります。

皮脂吸着パウダーを配合したアイテムを使うことでメイクの密着度が高まるため、化粧崩れの防止にも効果的です。

3. 《治すなら》レーザーや光治療を受ける

開いた毛穴の根本的な治療を目指すなら、皮膚科や美容クリニックを受診しましょう。

毛穴開きに対してできる施術には以下のようなものがあります。
・ダーマペン
・レーザー
・光治療
・ケミカルピーリング
・フォトフェイシャル

肌質や毛穴の状態によって効果的な治療は異なりますから、担当の医者によく診てもらって実際に行う施術を決めましょう。

毛穴のスキンケア方法5個

目立つ毛穴をなんとかするためには、毎日の丁寧なスキンケアが不可欠です。毛穴を目立たなくするための正しいスキンケア方法を紹介します。

1. クレンジング

クレンジングに含まれるオイル成分はメイクの油汚れを吸着し、日中、顔に付着した汚れを洗い流します。また、メイクを落とすだけでなく、不要な角質を洗い流しやすくする役割にも注目です。

肌の表面を覆う角質層は、角質細胞と間を埋める細胞間脂質でできています。クレンジングのオイルは剥がれるべき角質をくっつけている細胞間脂質のつながりをゆるめて、不要な角質を浮かせてくれます。

しかし、メイクをしていない日のクレンジングは不要です。薄くてもメイクをした日、日焼け止めを塗った日はクレンジングすることを忘れないようにしましょう。

正しいクレンジングの方法

クレンジングは適量を手に取り、肌を擦らないようにしながら優しくなじませます。指先で円を描くように表面を撫でるといいでしょう。

オイルクレンジングの場合は洗い流す前に「乳化」をします。こうすることで汚れを吸着し、洗い残しを防ぐためです。やり方はとても簡単。少量の水を手に取り、オイルとなじませるようにくるくるとマッサージしましょう。白く濁ってきたら乳化できている証拠です。

最後にクレンジング剤を洗い残さないように、ぬるま湯でしっかりすすぎます。

2. 洗顔

毛穴悩みを解決するために洗顔は最も大切なスキンケアです。

正しい洗顔を行うことで角栓や過剰な皮脂分泌、たるみ、乾燥も予防できるためです。肌のもともとの働きをサポートし、健やかな状態を保つために正しい洗顔方法を身に着けましょう。

気をつけるポイントとしては、洗顔のやりすぎないことです。いくら正しいやり方でも回数が多いと、肌に必要な皮脂や成分を取り除いて毛穴だけでなく他のトラブルの原因になりかねません。洗顔は1日2回を目安にしましょう。

正しい洗顔の方法

基本的に洗顔はたっぷりの泡で行います。まずは洗顔料をしっかり泡立てましょう。面倒な方は泡立てネットの使用や、あらかじめ泡立った状態で出てくる洗顔料をおすすめします。

十分に泡立ったら肌表面で泡を転がすように顔に広げます。洗顔料を顔に長時間つけていては肌荒れのもとですから、目安としては1分程度にとどめましょう。

最後にぬるま湯でしっかり洗い流します。クレンジングの洗い残しが合った場合もここですすげるように、しっかり行いましょう。ぬるぬる感がなくなっても数回余分にすすぐことで洗い残しを防ぐことができます。

3. 保湿

洗顔の後は必ず保湿をしましょう。

毛穴が開いていると、そこに保湿剤が詰まってしまうのではないかと不安になるかもしれません。しかし心配は不要です。ファンデーションなどのメイクももちろん、スキンケアアイテムも毛穴の上から塗ったとしてもきちんと毛穴は機能します。

それよりも肌の乾燥のほうが毛穴のトラブルにつながる可能性が高いと考えられます。毛穴周辺もケアできるように保湿アイテムはしっかり使うようにしましょう。

正しい保湿の方法

保湿の基本は「うるおい補給」と「水分をとどめるケア」です。化粧水でうるおい補給、乳液やクリームで水分をとどめるのが一般的でしょう。

うるおい補給をする化粧水は、何度か重ね付けするとより効果的です。つけて1〜2分経ってももっちり感のある仕上がりになるまで繰り返すといいでしょう。乾燥肌の方はとくに3回から5回の重ね付けがおすすめです。

乳液やクリームは自分の肌質によって量を調整します。皮脂の分泌が多く、ベタベタする場合でも、仕上げに必ず塗るようにします。

塗らないでケアを終えると、乾燥を促進することにもなるので注意してください。顔の中でも皮脂の分泌量は違いますから、ベタベタしやすいところは薄めにつけるという工夫をしましょう。

4. 紫外線対策

毛穴悩みを改善するには、紫外線対策は欠かせません。紫外線によるダメージは毛穴を広げるだけでなく、不要な角質を増やしたり皮脂の分泌を増やしたりします。

また紫外線によるダメージはターンオーバーの乱れにも繋がります。ターンオーバーの乱れは肌のコンディションを根本から崩してしまう原因です。毛穴悩みの他にも、シミやニキビなど様々なトラブルのもとになります。外出する際は紫外線ケアを徹底しましょう。

おすすめの紫外線対策

紫外線対策としてもっとも利用されているのは日焼け止めでしょう。

可能であれば日焼け止めだけでなく、下地やファンデーションもUVカットができるアイテムを使うのがおすすめです。日焼け止め効果のあるアイテムは重ねることで、よりUVカット効果を強めることができます。

また朝のスキンケアでビタミンCを塗るケアも効果的です。ビタミンCには紫外線を受けた時のダメージを軽減する効果があります。これは紫外線を浴びる前に塗ったときに発揮できるため、必ず朝塗るようにしましょう。

5. 適度な角質ケア

毛穴づまりを防ぐためにも適度な角質ケアがおすすめです。ターンオーバーによって剥がれ落ちるべき角質をやさしく落とすことによって、健康的な肌状態を保つことができます。

肌への負担なるからと角質ケアを避けている人もいるかも知れません。しかし肌と相性が良いアイテムを選び適切な頻度を保って行うことで美肌を守るための効果的なケアができます。

角質ケアができるアイテムは拭き取り化粧水やピーリングジェル、ピーリングパッドなど様々です。自分のスキンケア習慣に取り入れやすいものを使って、角質をケアしましょう。

毛穴のNGケア方法3個

せっかく正しいスキンケア・毛穴ケアをしていても、1つでも間違ったケアが習慣になっていては毛穴の悩みは改善できません。今すぐやめたい毛穴のNGケアを3つ紹介します。

1. ゴシゴシ擦る

毛穴に汚れがたまるからと言って、ゴシゴシ擦って洗う方がいます。強い力で洗っても表面の角質が取れるくらいで毛穴の汚れまでしっかり取れるとは考えられません。

逆に必要な角質まで取り除くことで、乾燥を招いたり毛穴づまりを起こしたりして角栓ができやすい環境を作ってしまいます。

毛穴ケアのために汚れを除去するのは大切ですが、ゴシゴシ擦る必要はありません。一気に汚れを取ろうとせず、毎日のケアで優しく汚れを落とすようにしましょう。

またケアするときではなく、日常的に触ってしまうクセがある人も要注意です。手には様々な雑菌が付着しており、摩擦以外にも菌によるダメージが考えられます。鼻や頬を触るくせがあるという方は、意識して避けましょう。

2. ピンセットや爪で引っこ抜く

気になる角栓をピンセットや爪の先でつまんで引っこ抜くというケアは、毛穴周りを傷つけてしまいます。

毛穴周りの肌は特に不安定でコンディションが乱れやすいパーツです。角栓を取るためにたくさん触ると傷がつくだけでなく、肌を守るために角質が厚くなって毛穴が詰まりやすくなることもあります。

また角栓を引っこ抜いた後の毛穴はポッカリと空いてしまい、角質だけでなく汚れも毛穴の中に入り込みやすい状態です。すぐにケアをしてもなかなか元には戻りません。角栓を取り除いたあとのケアを簡単にするためにも、汚れは徐々に取り除くようにしましょう。

3. 剥がすパックで無理やり汚れを取り除く

鼻周りのケアアイテムとして貼って剥がすパックが多く販売されています。しかし無理やり剥がして毛穴をキレイにするパックは、肌にとても大きな負担がかかります。

剥がすパックの粘着成分は毛穴だけでなく、周りの肌にも密着します。角栓以外にも肌そのものをくっつけて剥がしてしまうということです。

肌の表面というのはとても薄く、崩れやすい繊細なバランスの中で健康な状態を保っています。いきなりベリベリと剥がしてしまうとバランスが崩れ、他のトラブルを引き起こしてしまうでしょう。

パックで取り除きたいのであれば、クレイなど自然の力でマイルドに汚れを落とせるアイテムを使いましょう。

まとめ

毛穴が開く原因と、正しい毛穴ケアを紹介しました。多くの方が悩む毛穴ですが、すぐに解決できる方法は少ないものです。毎日のケアを大切にして、毛穴が気にならない素肌を目指しましょう。