監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

鼻の毛穴がブツブツになっているのを見つけてブルーな気分になったことはありませんか?ファンデーションで隠せれば良いけれど、逆に目立ってしまって…。そのブツブツの正体が角栓です。

角栓は誰にでもできる可能性があり、できてしまったらそのままにしておくのも無理やりとるのも、肌にとって望ましくありません。

この記事では、どのようにケアしたら良いか?そもそも角栓ができないようにするにはどうしたら良いか?など、角栓に関する皆様の悩みを一気に解決していきます。

「角栓ケアを制する者は美肌ケアを制す」。角栓ケアは美肌への道と言っても良いでしょう。

毛穴の角栓の正体とは?

角栓とは毛穴周りから剥がれた角質と、毛穴から分泌された皮脂が混ざり合い毛穴に残って固まったものです。さらに剥がれた角質と皮脂が混ざり合う工程は繰り返され、角栓は大きく成長します。

私たちの肌は一定のサイクルでターンオーバーを繰り返し、生まれ変わっています。表皮の一番奥にある基底層で新しい細胞が生まれると古い細胞はどんどん上へ押し出されて角質層に移動し、最後は垢となって剥がれ落ちます。

このターンオーバーが正常に行われている肌は、みずみずしくなめらかで透明感にあふれています。加齢、睡眠不足、栄養不足などのさまざまな要因でそのターンオーバーが崩れてしまうと、肌の生まれ変わりに影響を及ぼしさまざまなトラブルを引き起こします。

そのひとつが角栓です。この角栓は固まりのまま毛穴に詰まり、この詰まりのせいで毛穴が開き目立つようになるほか、酸化して黒ずんでしまうこともあります。この状態は毛穴の黒ずみがイチゴの種みたいに目立つため、「いちご鼻」とも呼ばれています。

角栓ができる原因5個

角栓ができる原因を5つ説明します。

1. ターンオーバーの乱れ

肌は一定のサイクルで生まれ変わっています。このターンオーバーのサイクルが安定しないと、古い角質が外に排出されにくくなります。そのサイクルは、早くても遅くても、肌の生まれ変わりに影響を及ぼすため注意しましょう。

また、角栓の構成成分の7割は角質なので、古い角質を一定のサイクルで排出することが、角栓をできにくくすることにつながります。

ターンオーバーの乱れは、加齢、睡眠不足、栄養不足、ストレス、スキンケアやメイク時の肌への摩擦、肌の乾燥、紫外線の影響などにより起こります。
 

2. 皮脂の分泌量が過剰になる

皮脂は肌の水分の蒸散を防いで保湿機能を助ける、外部から受ける刺激から肌を守る、雑菌の繁殖を防いでくれるなどの重要な役割を担っています。皮脂は私たちの肌にはなくてはならない天然の保護クリームです。

しかし、肌が乾燥するとそれ以上水分が蒸発しないように、肌は皮脂分泌を活発にします。特に肌内部が乾燥状態にあるインナードライ肌は、肌表面の皮脂分泌は活発なため、乾燥していることに気づきにくく、テカリを気にして皮脂を取り除くお手入れを必要以上に行ってしまいがちです。そのため、肌はさらに乾燥状態になり、皮脂分泌を活発にしてしまうのです。

また、紫外線による肌への刺激も皮脂分泌を活発にします。紫外線は皮脂の酸化を促すため、角栓が黒ずんでしまう要因にもなりますので注意が必要です。さらに、食事による脂質の過剰摂取や間違ったスキンケアによる肌への刺激も皮脂分泌を活発にしてしまいます。

角栓の構成成分の3割は皮脂であるため、皮脂分泌を正常にすることが角栓をできにくくすることに繋がります。皮脂を分泌する皮脂腺は、顔ではTゾーンやあごに多く分布しています。
  

3. 毛穴にメイク汚れが残ったままの状態になる

メイクなどの汚れは古い角質と混ざりあい、毛穴のつまりを引き起こします。特にファンデーションなどの油性成分をきちんと落とせていないと、毛穴につまりやすく、角栓の原因になります。

メイクしたまま就寝しないようにすることはもちろんですが、日々のクレンジングと洗顔はより念入りに、丁寧に行うことが大切です。
 

4. 毛穴の広がり

毛穴が広がると角栓ができやすくなります。毛穴の広がりは、角栓がつまることで物理的に毛穴を押し広げること、加齢によって肌の土台を形成するコラーゲンやエラスチンが減少し、肌のハリが失われることによって起こります。

また、皮脂の分泌が過剰になると毛穴は広がったままになります。物理的に広がった毛穴では、皮脂分泌が過剰になり、角栓ができやすい状態を作ります。そして大きくなった毛穴には、成長したより大きな角栓がつまってしまうことになるのです。

角栓を取り除いても正しいスキンケアを行わないと毛穴は広がったままになり、その広がった毛穴にまた角栓ができるといった悪循環を繰り返します。

5. 乾燥

乾燥はあらゆる肌トラブルのはじまりと言われています。角栓にとっても例外ではありません。肌の一番外側にある角層という部分では角層細胞や細胞間脂質がすきまなく並ぶことで肌のバリア機能が働き、肌内部から水分が蒸散するのを防いでいます。

乾燥により角層がダメージを受けると、ダメージを受けた角層細胞を早く外へ出そうと、ターンオーバーが早まります。

時間をかけて作られるはずの角層細胞が早く作られてしまうと、うるおい成分の少ない「未成熟」なものとなってしまいます。未成熟な角質細胞は肌に留まりやすく、それが角栓の原因となります。

角栓を取らないとどうなる?

毛穴に詰まった角栓をそのまま放置してしまうと、どうなるのでしょうか?

角栓のできるメカニズムは、毛穴周りから剥がれた角質と毛穴から分泌された皮脂が混ざり合い、毛穴に残って固まることによってできます。一度に大きな角栓ができるのではなく、剥がれた角質と皮脂は混ざり合う工程を繰り返し起こします。そして角栓は大きく成長するのです。

さらに時間がたつと皮脂部分が酸化して黒ずみとして現れます。角栓が毛穴を完全に塞いでしまうと、皮脂と角質をエサとする細菌が繁殖しやすい環境になり、これが炎症を起こすことにより、ニキビや吹き出物の原因にもなるのです。

角栓の取り方

ここまで読んでいただいたあなたは、「すぐにでも角栓をとりたい。」と思われたかもしれません。

だからといって角栓を物理的に無理やり取り除くのは、皮脂の分泌を過剰にしてしまい逆効果となるため、止めた方が良いでしょう。また、毛穴を傷め、肌トラブルの原因にもなります。それでは、どうすれば良いのでしょうか?

できるかぎり刺激の少ない、緩和な方法で行うことが重要です。その緩和な方法とは肌を温めて毛穴を開いてからクレンジングを行うことです。

毛穴の開きは、皮膚の温度と関連性があると言われています。ホットタオルで肌を温めてからクレンジングを行うと、毛穴が開き、角栓が除去しやすくなります。角栓が気になる場合は、週1~2回程度を目安に行いましょう。

角栓の正しいケア方法7個

正しい角栓ケアの方法は、正しいスキンケアと健康的な生活習慣を続けることです。角栓を除去するケアではなく、どちらかというと予防に重点を置くことを基本にしましょう。

それでは正しいスキンケアや健康的な生活習慣について詳しく解説します。
 

1. 肌への取り扱いをできる限り優しく行う

私たちの肌は、肌への刺激に対して自己防衛をします。肌に刺激を与えると、肌のターンオーバーのサイクルが乱れたり、皮脂が過剰に分泌してしまったり、ひどい乾燥状態になったりと、結果的に角栓を作りやすい状態にしてしまいます。

肌は赤ちゃんを扱うようにやさしく扱うことが大切です。そのためには、間違ったスキンケア習慣を見直しましょう。

・洗顔は朝と夜の1日に2回にする。
・熱すぎるお湯や冷たい水で洗顔をしない。
・クレンジングや洗顔時に、ゴシゴシと摩擦しない。
・タオルで顔を拭くとき、ゴシゴシ擦らない。
・ピーリングやふき取り化粧水などで、過度に角質を取り除くお手入れをしない。

などを心がけて肌への取り扱いをできる限り優しくしましょう。

2. クレンジングと洗顔はより丁寧に行う

美肌の基本は、肌を清潔に保つことです。そのためには、汚れを落とすケアが重要です。角栓が気になる場合は、クレンジングを行う前に肌にホットタオルをあてて、毛穴を開きます。

毛穴が開いたら、クレンジング剤を肌と手の間にたっぷりとり、肌を擦らないように丁寧になじませます。「より丁寧に。」と念じながら行ってみてください。

クレンジングの後は洗顔です。洗顔はたっぷりと泡立てること、31℃~32℃(皮膚表面の温度)のぬるま湯ですすぐことが大切なポイントです。

洗顔の方法はまず、顔と手を濡らします。そして、手を逆さにしても落ちないくらいの濃密な泡をたっぷりと立てます。その泡を肌と手のひらの間で転がし、汚れを落とします。後はしっかりとすすぎましょう。

また、洗顔は朝と夜の2回までにしましょう。洗顔しすぎると皮脂の分泌を過剰にしていまい角栓の原因をつくってしまいます。気をつけましょう。

3. 十分な保湿を行う

洗顔後のキレイになった肌は乾燥しやすくなっています。洗顔後は時間を空けずに速やかに保湿しましょう。保湿は、化粧水→乳液→クリーム→オイルの順番になじませてください。

水分の多いものから油分の多いものに向かってなじませると水分が逃げにくく、肌になじみやすくなります。また、美容液は、油分が入っているかどうかで順番が変わりますので、お使いの美容液の使う順番を守ってください。

ご使用になるスキンケアアイテムの組み合わせやどこまで使用するかは、肌質や乾燥状態によって判断するようにしましょう。ただし、脂性肌の方でも乳液までは使用するよう心がけてください。化粧水だけの使用だと水分は蒸発してしまいます。乳液の油分で肌の水分が逃げないよう蓋をしてあげることが大切です。

また疲れているとき、忙しい時にはオールインワン化粧品のお手入れで、乗り切りましょう。保湿をしないまま就寝することは、乾燥の原因になりますので、絶対に止めましょう。

毛穴がキレイになるとスキンケア成分の肌への浸透が高まり、より効果的です。うるおいを実感することができるので、スキンケアタイムが楽しくなります。

4. 年間を通して紫外線対策を行う

紫外線は年間を通して降り注いでいます。紫外線による刺激は角栓の原因でもありますが、乾燥やシワ、シミなどあらゆる肌トラブルの原因となります。紫外線対策は年間を通して行いましょう。
 

5. 十分な睡眠をとる

睡眠不足はターンオーバーの乱れの原因となります。夜間、寝ている間に最も分泌される成長ホルモンは新陳代謝を促進させる働きがあるからです。

このターンオーバーの乱れは、角栓をできやすくします。毎日の睡眠時間をしっかりと確保し、ぐっすりと眠れる環境を作りましょう。

6. バランスの良い食事を心がける

食生活の乱れによる栄養不足は、ターンオーバーを乱す原因です。また脂質の過剰摂取は皮脂の過剰な分泌の原因となり、角栓をできやすくします。

まず食生活を見直しバランスの良い食事を心がけましょう。ターンオーバーをサポートしてくれる、たんぱく質、ビタミンB群、ビタミンC 、ビタミンA(β-カロテン)、亜鉛、食物繊維は積極的にとりましょう。

7. ストレスを溜めない生活を送る

趣味を楽しんだり、友人とおしゃべりしたりすることでストレスを溜めない生活を心がけましょう。ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れて、新陳代謝が低下し、角栓ができやすくなります。

また適度な運動は、角栓を予防するには効果的です。運動をすることで、血流を良くし、栄養素や酸素が十分に肌に届けられます。肌が生き生きと潤い、肌のターンオーバーをスムーズにします。

まとめ

できてしまった角栓は、無理をして物理的に取り除くのではなく肌に刺激を与えないような緩和な方法で除去することが大切です。一番の方法は、ホットタオルで肌を温め毛穴を開いてからクレンジングを行うことです。一度に角栓がキレイにならなくても、決して焦らないでください。

丁寧なクレンジングと洗顔を行いながら、正しいスキンケアと健康的な生活習慣を続けることでキレイになっていきます。角栓ケアで一番大切なことは、角栓ができないように予防することです。

毛穴がキレイな状態であれば、あなたのお気に入りのスキンケアの効果も高まります。美肌は一日にしてならず、美肌を目指して角栓ケアに取り組みませんか。