監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

眉間の角栓が黒くて、ひどく目立つ… 黒ずみを何とかしたい… そのような悩みを抱えて、対処法を探してはいませんか。

この記事では、眉間に角栓ができる原因と黒ずみの取り方、毛穴ケア方法を解説します。眉間の毛穴トラブルを解消したい人はぜひ参考にしてください。

眉間の毛穴の黒ずみとは?

眉間の毛穴の黒ずみとは、毛穴に詰まった角栓が酸化して、黒く変色したものです。スムーズに排出されなかった皮脂・古い角質・メイク汚れなどが産毛と混じり、毛穴に詰まると、角栓ができます。

健やかな肌では角栓ができても、ターンオーバー周期に沿って取り除かれることが通常です。しかし、何らかの原因によって角栓がいつまでも滞留すると、眉間の毛穴の黒ずみができてしまいます。

また、眉間の毛穴の黒ずみを放置することは、ニキビを招く原因の一つ。眉間のニキビは治りにくく、繰り返しやすいトラブルです。ニキビのないきれいな肌を維持するためにも毛穴の黒ずみに気付いた段階で、適切な対処を取りましょう。

眉間の角栓ができる原因4個

これほどまでに私たちを悩ませる眉間の角栓は、何が原因でできるのでしょうか。眉間に角栓ができる原因を正しく把握することは、トラブルを解消するための第一歩です。

以下では、眉間に角栓ができる主な原因4個を解説します。

1. 過剰に分泌された皮脂

まず、過剰に分泌された皮脂です。眉間を含むTゾーンは顔の中でも皮脂が出やすく、毛穴の詰まりを起こしやすい部位といえます。詰まった毛穴を放置すると角栓ができ、ひどく目立ってしまうのです。

Tゾーンのテカリが気になる・眉間の周りがベタベタしているなどの症状は、過剰な皮脂による角栓を疑うサイン。スキンケア方法を見直したり生活習慣を改善したりすることで、過剰な皮脂のコントロールに努めてください。

2. ターンオーバー周期の乱れ

次に、ターンオーバー周期の乱れです。ターンオーバー周期が乱れると、きちんと剥がれ落ちる力を持たない未熟な角質が増加します。

剥がれ落ちる力を持たない角質の行き先は、眉間の毛穴。毛穴に詰まった角質の周りに皮脂やメイク汚れが付着し、雪だるま式に膨らむと、巨大な角栓ができてしまいます。

ターンオーバー周期の乱れを招く根本的な原因の代表例は、生活習慣の乱れや過剰なストレス・肌の乾燥です。なぜターンオーバー周期が乱れているかを特定し、正常化するための対策を講じることで、眉間の角栓を解消しましょう。

3. クレンジング・洗顔不足

眉間は目の周りの骨による凹凸の目立つ部位です。意識的にクレンジングしないとメイク汚れが蓄積して、角栓を悪化させるケースがあります。

もちろん、メイクしたまま就寝したり毛穴カバー下地など落ちにくい化粧品を常用したりすることも、メイク汚れの蓄積につながる要素の一つ。メイクの濃さに合わないクレンジングを使用することによっても、毛穴の角栓は悪化します。

洗顔に関していうと、ぬるま湯のみで洗顔したり洗顔料の泡立てが足りなかったりすることが角栓を招く原因です。眉間の角栓が気になるときこそクレンジング・洗顔を丁寧に行い、毛穴をきれいに維持することで、トラブルの解消を目指してください。

4. 紫外線によるダメージ

最後に、紫外線によるダメージです。紫外線をより細かく分類すると、紫外線A波・紫外線B波に分けられます。紫外線A波はコラーゲンやエラスチンを破壊させて、エイジングサインの増加を招く要素です。

また、紫外線A波は、肌の乾燥を招き、過剰な皮脂を分泌させることがあります。結果として眉間の毛穴に汚れが詰まることは、角栓を悪化させる原因です。紫外線B波はメラニン細胞を活性化させて、色素沈着を招く原因にあたります。

角栓ではなく色素沈着によって眉間の毛穴の黒ずみが悪化するケースもありますから注意しましょう。

眉間の黒ずみの取り方3個

眉間の黒ずみの取り方には、さまざまなパターンがあります。以下のような取り方の中から自分に合う方法を見つけて、定期的に実践しましょう。

1. クレンジング前にホットタオルでパックする

まず、クレンジング・洗顔前にホットタオルでパックする方法です。ホットタオルでパックすると毛穴が大きく開きますので、眉間にできた角栓を無理なく取ることができます。ホットタオルの作り方は、下記の手順の通りです。

【1】フェイスタオルを水にひたして絞る
【2】500Wの電子レンジで、30秒〜1分程度加熱する

作成したフェイスタオルは熱すぎない温度まで冷まし、顔全体をパックします。そして、フェイスタオルが冷める前に取り除き、普段通りにクレンジング・洗顔してください。

2. ベビーオイルでマッサージする

角栓の原料にはメイク汚れや皮脂など、油性の汚れが含まれます。そのため、ベビーオイルでマッサージすることにより油性の汚れを溶かしてあげると、毛穴から取りやすい状態に変えることが可能です。

ベビーオイルでマッサージする際には、事前準備としてホットタオルをあて、毛穴を大きく開かせます。その後、適量のベビーオイルを手に出して、眉間部分をくるくるとマッサージすることにより、角栓を取りましょう。

マッサージを終えた後はティッシュやコットンで優しく拭き取り、普段通りに洗顔します。洗顔後は十分に保湿して、水分・油分のバランスを整えてください。

3. 洗い流すタイプのパックを使う

洗い流すタイプのパックとは、天然クレイなど汚れを吸着する成分を含むパックのことです。天然クレイが毛穴に詰まった汚れ・角栓などを除去し、透明感ある肌へと導く働きが期待されます。

天然クレイの中でもモンモリロナイト・くちゃは汚れを吸着する力が強く、角栓がとくに気になるときにおすすめです。ガスールやカオリンは比較的肌に負担を与えにくく、インナードライに悩む人でも使いやすい種類といえます。

洗い流すタイプのパックは顔全体に使用する方法ではなく眉間を含むTゾーンなど黒ずみができやすい部位に限定し、使うことも可能です。自分自身の肌の調子と相談しつつ、お手入れの頻度や使い方を調整しましょう。

眉間の毛穴ケア方法5個

眉間の毛穴を目立たなくするためには、スキンケア方法の見直しが必要です。以下では、眉間の毛穴が目立つときのスキンケア方法を解説します。

1. メイクの濃さに合うクレンジングを使用する

メイクの濃さに合わないクレンジングを使用すると汚れをきれいに落とすことができず、毛穴を目立たせることがあります。メイクの濃さに合う種類のクレンジングを正しく使用することで、きれいに汚れを落としてください。クレンジングの主な種類と選び方は、以下の通りです。

◯クレンジングオイル
汚れを落とす力が強く、濃いメイクの日におすすめのクレンジング。ただし、肌の乾燥を招きやすい種類にあたりますから、インナードライや乾燥肌が気になる人は、デイリー使いを避けてください。

◯クレンジングジェル
かたいジェルを肌になじませて、メイクを落とすタイプのクレンジング。クレンジングオイルほど強力にメイクを落とす力は持ちませんが、ジェルがクッションの役割を果たし、クレンジング中の摩擦刺激を軽減できるタイプです。

◯クレンジングクリーム
油性成分・水性成分がバランスよく配合されていて、肌への負担が考慮されたタイプのクレンジング。メイクを落とす力と肌への負担のバランスがよく、日常使いに適したクレンジングにあたります。

◯クレンジングミルク
クレンジングクリームよりも水性成分の配合量が多く、肌に負担をかけにくいタイプのクレンジング。メイクを落とす力は比較的マイルドですから、ナチュラルメイクの日におすすめです。

◯リキッドクレンジング
コットンに適量出して、拭き取るように使用するタイプのクレンジング。メイクを落とす力は強いものの肌に負担をかけやすい種類ですから、眉間の毛穴が気になるときには不向きです。

2. Tゾーンから順番に洗顔する

日々の洗顔方法を変えることによっても、毛穴トラブルを解消できます。過剰な皮脂による毛穴の詰まりが気になるときにはTゾーンから洗顔し、汚れをきれいに取り除きましょう。詳しい洗顔手順は、以下の通りです。

【1】適量の洗顔料を手のひらに出し、空気・水分と混ぜ合わせるようによく泡立てる
【2】作成した泡をTゾーンにまず乗せて、小さな円を描くようなイメージで、くるくると洗顔する
【3】頬から顎にかけてのUゾーンを洗顔する
【4】目元や口元は優しく、ひとなでする程度に洗顔する
【5】ぬるま湯で十分にすすぐ

すすいだ後にTゾーンに触れて、ぬるぬるしている感じを受ける場合は部分的にもう一度洗顔しましょう。肌に触れたとき「きゅっ」と感じることが、きちんと汚れが落ちたサイン。洗顔を終えた後は清潔なタオルで水分を吸収し、速やかに保湿を進めてください。

3. 手のひらで優しく保湿する

毛穴が目立つ肌は外部刺激を受けやすい、デリケートな状態です。手の平で優しく保湿することで、ターンオーバー周期の更なる乱れを防ぎましょう。

洗顔後にまず使用する基礎化粧品は、化粧水です。メーカー指定の量を手のひらに出し、両手で挟み込むように温めた後、顔全体になじませます。手のひらに残った化粧水は眉間など毛穴トラブルが気になる部位に重ね付けし、重点的な水分補給を行ってください。

化粧水の後は乳液もしくはクリームを重ねて、保湿成分・水分を閉じ込めます。最後に手の平で顔全体を包むようにハンドプレスし、基礎化粧品の浸透を促してください。

4. 角質ケア美容液を活用する

角質肥厚を起こした肌に化粧水をなじませても、十分に浸透しないケースがあります。化粧水のなじみが悪く感じる場合は角質ケア美容液を活用し、肌を柔らかくほぐしてから、十分な保湿を行いましょう。

角質ケア美容液とは、フルーツ酸・グリコール酸など角質ケア成分を含むみ、ターンオーバーを促進してくれる美容液のことを指します。

角質ケア美容液自体に保湿成分を含む商品も多く、弱った肌をいたわりつつ、毛穴の目立たない状態への生まれ変わりを助けることが可能です。

◎角質ケア美容液の使い方

【1】コットンもしくは手のひらに適量を出す
【2】顔全体になじませる
【3】余った角質ケア美容液を眉間など毛穴が気になる部分に重ね付けする

角質ケア美容液の使用量が少ないと十分な働きを感じられないケースがありますから、やや多めの量を顔全体になじませましょう。角質ケア美容液を塗った後は普段通りに保湿して、水分・油分のバランスを整えます。

5. ビタミンC美容液を活用する

毛穴の開きが気になる場合は普段の保湿にプラスして、ビタミンC美容液を使うことが一案です。

ビタミンCは、皮脂量をコントロールしたりメラニン色素の生成を抑えたりしてくれる成分。ビタミンC美容液を効果的に活用すると、毛穴が目立たず、汚れを溜め込みにくい状態を作ることが可能です。

「ビタミンC美容液」とひと口にいってもさまざまな商品がありますが、以下のような基準から選ぶことをおすすめします。

【1】ビタミンC濃度は適切か

ビタミンC美容液は濃度が高いものほど、毛穴に対するケア効果も高いといえます。ただし、濃度の濃すぎるビタミンC美容液は肌に負担をかけやすい傾向がありますので、自分に合うものを選択しましょう。

初めてビタミンC美容液を使用する場合は濃度5%程度のものから試し、様子を見ると安心です。使用中にヒリヒリした刺激を感じる場合は無理をせず、お手入れを中断してください。

【2】ビタミンCの種類は何か

ビタミンC美容液の配合成分には、ピュアビタミンC・ビタミンC誘導体などの種類があります。ピュアビタミンCは即効性が期待される反面で酸化しやすく、保管に注意が必要な種類です。

ビタミンC誘導体は即効性を期待しにくい反面、浸透性・持続性に優れている種類といえます。ビタミンCの種類によって肌との相性が分かれるケースもありますから、さまざまな商品を試しつつ、自分に合うものを見極めましょう。

まとめ

眉間の毛穴の黒ずみの正体は、長期間放置された角栓です。黒い角栓ができてしまったときにはホットタオルでパックする・ベビーオイルでマッサージするなどの集中ケアを行ってください。

そして、毛穴をきれいに維持するためには、日々のスキンケア習慣を見直すことが必要です。この記事の内容を今一度読み直し、気になるトラブルを解消しましょう。