監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

眉間の毛穴トラブルは何度も繰り返すことが多く、簡単には治らない問題です。前髪を上げたときに毛穴のぶつぶつ、ボコボコに気付き、「何とかしたい」と感じたことはありませんか。

この記事では、眉間の毛穴が目立つ原因と対策を解説します。眉間の毛穴トラブルを解消し、理想の肌を手に入れたい人はぜひ参考にしてください。

眉間の毛穴がぶつぶつ・ボコボコで汚い…

眉間の周りがぼこぼこしていて、毛穴が目立つ。肌色のぶつぶつがなくらない。そのような悩みを抱えて、コンプレックスを感じる人もいるでしょう。

しっかり洗顔・保湿しているのに毛穴のぶつぶつが目立ってしまうと、泣きたい気持ちになりますよね。肌がボコボコしているとファンデーションがうまくなじまず、ベースメイクが決まりません。

ボコボコを隠すためにファンデーションを厚塗りすると肌に大きな負担をかけて、トラブルが重症化する悪循環にも陥りがちです。

これほどまでに私たちを悩ませる眉間の毛穴トラブル。なぜ毛穴が目立ってしまうか、どのように対処すれば毛穴トラブルを改善できるかを把握し、適切な対処をとりましょう。

眉間の毛穴が目立つ原因4個

まず、眉間の毛穴が目立つ原因について解説します。眉間の毛穴が目立つときに疑いたい原因は、大きく分けて4個です。

1. 過剰な皮脂

眉間から鼻先にかけてのTゾーンはもともと皮脂分泌量が多い部位です。過剰な皮脂が古くなった角質と混ざり合い、毛穴に詰まってしまったものが角栓。角栓の詰まった毛穴はぶつぶつしてきて、ひどく目立つことがあります。

さらに、毛穴に詰まった角栓を放置することは、ニキビの増加につながる原因です。ひどいニキビができるとクレーター状のニキビ跡が残り、肌がボコボコになるリスクもあります。

できてしまったニキビ跡は、簡単には治りません。滑らかな肌を作るためには毛穴の目立ちに気付いたタイミングで適切な対処を取り、ニキビの増加を防ぎましょう。

2. クレンジング・洗顔不足

クレンジング・洗顔不足も、眉間の毛穴を目立たせる原因です。メイクしたまま就寝する日が続いたりぬるま湯のみで洗顔していたりすると毛穴内部にさまざまな汚れが蓄積し、角栓が作られます。

メイクの濃さに合わないクレンジングを使用すること・クレンジングや洗顔料の使用量が少ないこともまた汚れの蓄積を招き、毛穴を目立たせる原因の一つ。

眉間の毛穴のぶつぶつ・ボコボコを解消するためには、クレンジングや洗顔方法の見直しを進めてください。

3. 加齢の影響

加齢によって肌のハリ・弾力が失われると開いた毛穴がしずく状に広がり、「たるみ毛穴」と呼ばれる状態になってしまいます。

たるみ毛穴を放置すると複数の毛穴がつながって、小じわのようになってしまうケースがありますので、早めの対処が必要です。肌のハリ・弾力を失わせる根本的な原因には、以下のような内容があげられます。

・肌の乾燥
・紫外線刺激の蓄積
・表情筋の衰え

眉間は肌が非常に薄く、保湿不足による乾燥を起こしやすい部位です。乾燥を放置するとターンオーバー周期が乱れて、角栓ができやすい状態になりますので、注意しましょう。

4. 生活習慣の問題

最後に、睡眠不足・栄養バランスの悪い食事など生活習慣の問題です。睡眠不足の日が続くと成長ホルモンが十分に分泌されず、毛穴が目立ってしまいます。

滑らかな肌を維持するためにはさまざまな食材をバランスよく食べる、理想的な食事に切り替えることが大切です。

また、脂質や糖質が多い食事も、皮脂分泌量を過剰にして毛穴を目立たせる原因にあたります。甘いもの・脂っこいものは適度な頻度に留めて、過剰な皮脂を抑制しましょう。

眉間の毛穴の改善対策5個[スキンケア]

眉間の毛穴を改善するためには、日々のクレンジング・洗顔を正しく行う必要があります。クレンジング・洗顔後は十分な保湿により、水分・油分のバランスを整えることもまた大切です。毛穴の状態によっては定期的な集中ケアも取り入れて、滑らかな美肌を目指してください。

1. 眉間の凹凸まで丁寧にメイクを落とす

眉間の凹凸部分にメイク汚れが残ると、毛穴の詰まりを招きます。メイクの濃さに応じたクレンジングを使用して、眉間の凹凸部分まで、丁寧にメイクを落としてください。

濃いメイクの日に適したクレンジングは、オイルクレンジングやクレンジングバームです。通常メイクの日にはクレンジングクリームやクレンジングミルクなど、肌に負担をかけにくいクレンジングを使用しましょう。

いずれの種類のクレンジングを使用するにしても、メイクを浮かせた後に少量の水分を乗せ、乳化をきちんと行うことですすぎ残しを予防できます。乳化させた後はぬるま湯で十分にすすぎ、メイク汚れやクレンジングをきれいに洗い流してください。

2. Uゾーン・Tゾーンを意識して洗顔する

眉間の毛穴を改善するためには過剰な皮脂の出やすいUゾーン・Tゾーンを意識して、正しい方法で洗顔します。眉間の毛穴が気になる人におすすめの洗顔方法は、以下の通りです。

【1】体温より低い温度のぬるま湯で顔全体を予洗いする
【2】適量の洗顔料を手にとり、十分に泡立てる
【3】顔の中でもっとも汚れがつきやすいUゾーンをまず洗顔する
【4】額から眉間、鼻筋にかけてのTゾーンは泡を転がすようにして洗顔する
【5】頬など、顔の中の広い部分を洗顔する
【6】体温より低い温度のぬるま湯で十分にすすぐ

眉間の凹凸部分は外側から内側に向けて小さな円を描くように指を動かし、泡を転がすように洗顔します。「何となく」洗顔するのみでは汚れが残ってしまいますので、注意しましょう。

3. 保湿ケアを怠らない

過剰な皮脂を気にする人は化粧水をつけたのみで「肌がしっとり潤った」と勘違いし、安心してしまいがちです。しかし、肌内部で乾燥が進行する「インナードライ」になっているケースもありますから、十分な保湿を行ってください。

保湿ケアのポイントは化粧水のみで終わらずに、乳液もしくはクリームを重ねることです。化粧水・乳液もしくはクリームのいずれも眉間の凹凸部分までしっかりと塗り、乾燥による毛穴の開きを防ぎましょう。

4. 美容オイルでマッサージする

皮膚が薄くて乾燥しやすい眉間をスクラブ洗顔料でお手入れすると、肌を傷つけてしまう恐れがあります。弱った肌をいたわりつつ詰まった汚れを取り除くためには美容オイルでマッサージする方法がおすすめです。

◎マッサージ手順

【1】ホットタオルで眉間と眉間の周りを温める
【2】ホホバオイルやオリーブオイルを小皿などに適量出す
【3】指の腹を使用し、小さな円を描くようにくるくると眉間部分をマッサージする
【4】眉間部分にホットタオルを当てて、残ったオイルと浮いた汚れを取り除く

マッサージを終えた後は乾燥しやすい状態ですから、普段以上に丁寧に保湿して、バリア機能を強化しましょう。重点的に保湿するため、たっぷりの化粧水によるコットンパックを行うこともおすすめです。

5. ホットタオルでパックする

ホットタオルパックには、ターンオーバーを促して毛穴の汚れを無理なく落とす働きが期待されます。以下の手順に従ってホットタオルパックを行い、眉間の毛穴のぶつぶつを解消しましょう。

【1】通常通りにクレンジング・洗顔する
【2】水で濡らしてよく絞ったロングフェイスタオルを30秒〜60秒ほど電子レンジで加熱し、ホットタオルを作成する
【3】体温よりやや高い温度まで冷ましたホットタオルで2分〜3分程度パックする
【4】ホットタオルが冷める前に顔から外して、十分に保湿する

応用的なホットタオルパックとして、いつも通りにクレンジング・洗顔・保湿した後、普段より多めのアイケア用美容液を塗り、2分〜3分程度パックする方法もおすすめです。ホットタオルパックを終えた後に再度ひと通りの保湿を行うと、肌がしっとり潤います。

眉間の毛穴の改善対策3個[生活習慣]

眉間の毛穴を改善するためには、生活習慣の見直しを進めることも大切です。以下では、眉間の毛穴の改善を助けてくれる生活習慣のポイントを解説します。

1. ストレスを溜め込まずに解消する

慢性的なストレスは皮脂分泌量を増加させて、毛穴を目立たせる原因です。定期的にストレスを発散する習慣を作ることで、眉間の毛穴を改善しましょう。手軽に実践できるストレス発散法の例は、以下の通りです。

・イライラを感じたときに深呼吸する
・ウォーキングやランニングに取り組む
・映画やドラマを見て、思い切り泣く
・家族や友人と共に過ごす
・好きな香りのアロマをたく
・ぬるめのお風呂にゆったりつかる

大量のお酒を飲むことは毛穴トラブルを悪化させる原因になりえますから、適切なストレス発散法とはいえません。スイーツやこってりした料理を大量に食べる方法も同様です。自分に合うストレス発散法を身に付けて、定期的に実践しましょう。

2. 睡眠の質を高める

成長ホルモンが十分に分泌されるようにするためには入眠30分から1時間の間に質の高い睡眠をとることが大切です。以下のような対策をとり、寝入りばなから熟睡できる習慣を作りましょう。

・就寝、起床時間を一定にする
・就寝する2時間前までに夕食をすませる
・15時以降はノンカフェインの飲み物を飲む
・ヒーリングミュージックを聴く
・休日の寝だめをやめる
・寝室の温度や湿度を快適に維持する

上記の対策を試してもなかなか就寝できない日は一旦ベッドから出て、ノンカフェインのお茶を飲んだり軽いストレッチを行ったりすることで、気分転換を図りましょう。気分転換した後、眠気を感じたタイミングでベッドに戻り、ぐっすり就寝してください。

3. 紫外線対策を怠らない

紫外線刺激はコラーゲンやエラスチンを破壊し、たるみ毛穴を招いてしまう要素です。適切な強さの日焼け止めを毎日使用し、紫外線刺激を食い止めましょう。活動内容に応じた日焼け止めの強さの目安は、以下の表を参照ください。

SPF15〜30、PA+〜++買い物に行ったり通勤したりすることのみで過ごす日に適した強さ。
SPF30〜50、PA++〜+++ウォーキングやテニスなど、やや長めの屋外活動を行う日に適した強さ。
SPF50+、PA++〜++++マリンレジャーを楽しんだりハイキングに行ったりと、炎天下で活動する日に適した強さ。

日焼け止めを塗ることと合わせて日傘を活用したりUVカット機能のついた衣服を着用したりすることによっても、紫外線刺激は防げます。複数の紫外線対策を上手に組み合わせ、眉間の毛穴の改善に努めてください。

眉間の毛穴のNGケア方法3個

最後に、眉間の毛穴のNGケア方法について紹介します。以下のようなケア方法は眉間の毛穴を悪化させるリスクを伴いますので、注意しましょう。

1. 角栓を指で押し出す

角栓を指で無理矢理押し出すと、毛穴周囲の肌に負担をかけます。過剰な負担によって炎症を起こしてしまうと更に毛穴が詰まり、トラブルを悪化させることにもなりかねません。

指で押し出す行為以外には、コメドプッシャーを使用したりピンセットで引き抜いたりするケア方法にも同様のリスクがあります。眉間の毛穴の根本的な改善を目指すためには、無理なお手入れは控えてください。

2. 角質ケアを頻繁に行う

先に紹介したように眉間の皮膚は非常に薄く、デリケートな部位といえます。ピーリングジェル・酵素洗顔料などの角質ケア商品を頻繁に使用するケア方法は避けましょう。

ただし、詰まった角栓を放置することもまた、眉間の毛穴を悪化させる要因です。美容オイルを使用するマッサージなど肌に負担をかけにくい方法によって、適切な集中ケアを行いましょう。

3. 1日に何度も洗顔する

「過剰な皮脂が気になるから」と1日に何度も洗顔すると、肌の潤いを維持するために必要な油分まで取り去り、眉間の乾燥を招きます。眉間の乾燥は、過剰な皮脂分泌を招く原因です。

1日あたりの適切な洗顔回数は、朝と夜の2回。毛穴が気になるときこそ洗顔回数をきちんと守り、肌を健やかに維持するために必要な潤いを維持しましょう。

まとめ

眉間の毛穴が目立つ原因は、過剰な皮脂・加齢の影響・生活習慣の問題などが考えられます。ぶつぶつ・ボコボコしている状態を改善するためには、スキンケア方法や生活習慣の見直しが不可欠です。

毛穴トラブルは一朝一夕で改善できるものではありません。この記事を参考に地道な対策を継続し、トラブルの目立たない理想の肌を実現しましょう。