監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

小さなシミやホクロのように見える黒ニキビ。きてしまうとひどく気になり、憂鬱な気分になりますよね。この記事では黒ニキビができる原因と治し方を解説します。

黒ニキビを繰り返さないための対処法も解説しますから、いつでもきれいな肌を維持したい人はぜひ参考にしてください。

黒ニキビとは?

黒ニキビとは、白ニキビの表面が酸化して、黒く変色したものです。黒ニキビの前段階にあたる「白ニキビ」とは、皮脂・古い角質などが毛穴の中に蓄積し、塊化したもの。

白ニキビが進行すると皮脂・古い角質などが毛穴の中に納まりきれない大きさに成長し、表面に顔を出します。表面に顔を出した部分が空気に触れると皮脂が酸化し、黒ニキビができるのです。

黒ニキビは炎症を伴わないニキビですので、多くの場合、痛みや熱感などを感じません。場合によっては「ニキビができた」という自覚すら持てず、「小鼻の黒ずみが目立つ」程度に感じてしまうこともあります。

ただし、黒ニキビを放置して赤ニキビ・黄ニキビに成長するとニキビ跡の残るリスクが高まりますから、注意しましょう。黒ニキビのうちに正しい対処をとり、トラブルの悪化を防ぐことが、ニキビをきれいに治すコツです。

黒ニキビが埋まってる原因5個

黒ニキビをきれいに治すための第一歩は、正しい原因把握です。以下では、黒ニキビができる原因のうちのよくある5個を取り上げて、詳細を説明します。

1. スキンケアの誤り

まず、日々のスキンケアの誤りです。一日に何度も洗顔したり頻繁に角質ケアを行なったりする過剰なお手入れは、ターンオーバー周期を乱れさせ、黒ニキビを悪化させる原因です。

ただし、メイクしたまま就寝したりぬるま湯のみで洗顔したりすることもまた、黒ニキビを悪化させる原因の一つ。過不足なくクレンジング・洗顔して毛穴の汚れの蓄積を防ぐことが、黒ニキビのできない肌を作ることに貢献します。

その他、以下のような内容は、黒ニキビの悪化を招くスキンケアのNG例です。

・過剰な皮脂を気にして、控えめな保湿に留める
・外出しない日は、日焼け止めを塗らない
・保湿化粧水は使わず、収れん化粧水のみを使用する
・あぶらとり紙を頻繁に使用する

あぶらとり紙を頻繁に使用すると肌を守るために必要な皮脂まで取り去り、バリア機能の低下を招くことがあります。バリア機能の低下した肌は外部刺激を受けやすく、黒ニキビができやすくなりますので、注意しましょう。

2. 肌の乾燥

次に、肌の乾燥です。紫外線・摩擦刺激の蓄積によって肌がひどく乾燥すると、過剰な皮脂が分泌されます。過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、古い角質と混ざり合うと、白ニキビができますよね。

白ニキビをいつまでも放置すると表面が酸化して、黒ニキビができてしまいます。皮脂や古い角質の塊は毛穴の壁にこびりつくことが多く、簡単には取れません。意識的なケアによってトラブルを早期に改善し、黒ニキビを繰り返さない肌を作りましょう。

3. 睡眠不足

次に、睡眠不足です。睡眠不足の日が続くと肌ダメージの修復がうまく進まず、黒ニキビのできるリスクが高まります。

また、睡眠不足は、交感神経優位の状態を作り、過剰な皮脂を分泌させる要因です。結果として毛穴が大きく開いたり黒ニキビができたりすることがあります。

さらに、睡眠の質が低いこともまた、黒ニキビの悪化を招く原因の一つ。毎日決まった時間に就寝してぐっすり眠る理想的な睡眠習慣を身につけることが、黒ニキビ解消の鍵といえます。

4. ホルモンバランスの影響

「生理の前に黒ニキビができやすい」という人は、ホルモンバランスの影響を疑いましょう。生理の前は男性ホルモンに似た働きをする「黄体ホルモン」が活発に分泌される時期です。

黄体ホルモンの影響で過剰な皮脂が分泌されると毛穴の詰まりを起こしやすく、黒ニキビができてしまいます。

また、過剰なストレスや加齢の影響などによってホルモンバランスが不安定になるタイミングも、黒ニキビができやすい時期です。黒ニキビを解消するためにもホルモンバタンスを意識した生活により、心身を健康に維持してください。

5. 紫外線の影響

最後に、紫外線の影響です。繰り返し紫外線刺激を受けると角質が厚くなって、汚れを溜め込みやすい状態になってしまいます。また、紫外線刺激によって酸化した皮脂が毛穴を刺激することも、ニキビの悪化を招く要素の一つ。

黒ニキビができている状態で紫外線を浴びると大量の活性酸素が発生し、赤ニキビ・黄ニキビにつながる恐れもあります。

赤ニキビ・黄ニキビができてしまうと、皮膚科の受診も検討しなければなりません。黒ニキビができているときこそ紫外線対策を万全に行い、症状の悪化を防いでください。

黒ニキビの治し方

黒ニキビは、毛穴の入り口が大きく開いたニキビです。そのため、無理に潰したり指で押し出したりすることを避け、安静にしておくことのみでも治ることが多くあります。

少しでも早く治すためには、角質ケア美容液・酵素洗顔料など肌に負担をかけにくいピーリングアイテムを活用しましょう。拭き取り化タイプのピーリングアイテムによるお手入れは、黒ニキビを刺激するリスクを伴いますから、おすすめしません。

黒ニキビを皮膚科で治す場合には一般的に、ディフィリンゲル・サリチル酸ワセリンなど毛穴の詰まりを解消する外用薬が処方されます。処方された外用薬を毎日塗ることにより、黒ニキビを治しましょう。

医師の判断によっては、「面皰圧出(ニキビの中に詰まっているものを取り出す治療)」を推奨されることもあります。医師とよく話し合い、症状に応じた対処をとることで、黒ニキビを治してください。

黒ニキビのスキンケア方法6個

黒ニキビを治すためにはスキンケア方法を見直して、根本的な肌質改善に努めることも大切です。以下では、黒ニキビを繰り返さない肌を作るためのスキンケア方法5個を解説します。

1. 毎日のクレンジングを怠らない

ファンデーションや化粧下地が肌に残ってしまうことは、毛穴の詰まりの悪化を招く原因です。メイクした日はもちろん日焼け止めのみで過ごした日にもクレンジングを行なって、汚れをきれいに落としてください。

使用するクレンジングは、メイクの濃さに合うものを選択します。濃いメイクをした日にはクレンジングオイルやクレンジングバーム・ナチュラルメイクの日にはクレンジングミルクやクレンジングクリームがおすすめです。

いずれのタイプのクレンジングを使用する場合も、以下のポイントを守りましょう。

【1】適量のクレンジングを使用する
クレンジングの使用量が少ないと、きれいに汚れが落ちません。メーカー指定の適量をあらかじめ確認し、メイクとよくなじませてください。

参考までに、一般的にいわれる適量はクレンジングミルクやクレンジングクリームの場合でさくらんぼ大程度です。クレンジングオイルの場合は、ポンプを2回〜3回押した程度といわれます。

【2】優しい力でなじませる
黒ニキビを繰り返す肌はバリア機能が低下して、刺激に対して敏感に傾いた状態です。クレンジングをなじませる際には弱った肌をいたわるように、優しい力で進めてください。

クレンジングするタイミングは、帰宅後すぐがおすすめです。メイクしている時間が長いほど肌に負担をかけますので、帰宅後すぐにクレンジングし、黒ニキビを予防しましょう。

2. 朝と夜に泡洗顔する

ぬるま湯のみの洗顔では、汚れがきれいに落ちません。朝と夜の一日2回、以下の手順に従って、泡洗顔を行いましょう。

【1】体温より低い温度のぬるま湯で顔全体を予洗いする
【2】適量の洗顔料を手にとり、水を少しずつたしながら泡立てる
【3】皮脂分泌量の多い部位から少ない部位の順番で洗顔する
【4】体温より低い温度のぬるま湯で十分にすすぐ
【5】清潔なタオルで水分を吸収する

洗顔する際のコツは、泡のクッションを利用して、手が肌に直接触れることのないように洗うことです。泡立てが苦手な人は泡立てネットを使用すると、濃密な泡を簡単に作れます。

洗顔の順番は、皮脂分泌量の多いTゾーンやUゾーンが最初・目元や口元などデリケートな部位が最後。洗顔を終えたら洗顔料が残らないように十分にすすぎ、清潔なタオルで顔を拭きます。

3. 手の平で優しく保湿する

洗顔後の肌は外部刺激を受けやすく、デリケートな状態になっています。極力刺激を与えないように手の平で優しく保湿しましょう。

どうしてもコットンを使用したい人は、柔らかい繊維でできたものを使ってください。保湿に使う化粧水や乳液・クリームは弱った肌を刺激しにくい「低刺激設計」もしくは「敏感肌用」の商品を選択します。

とくにトラブルが気になる人は、ニキビのできやすい肌用に開発されたドクターズコスメを選択してもよいでしょう。

4. 乳液・クリームを省略しない

黒ニキビを繰り返す人の中には乳液やクリームの油分を嫌い、省略する人もいます。しかし、乳液・クリームは肌に対して適度な油分を与えることで潤いを維持してくれる重要な基礎化粧品です。黒ニキビが気になる人にも、正しく使用することをおすすめします。

「乳液やクリームを塗ると、ニキビが悪化する」という人は、ノンコメドジェニック処方の商品を使ってください。

ノンコメドジェニック処方とは、「ニキビができにくいように処方されている」ということです。ノンコメドジェニック処方の乳液・クリームを使用してもニキビができる人はいますが、リスクを抑えることはできます。

5. 収れん化粧水を活用する

過剰な皮脂による顔のベタつき、毛穴の開きが気になる人は、収れん化粧水を活用する方法も一案です。

収れん化粧水とは、化粧水や乳液・クリームで水分・油分のバランスを整えた後に使用する化粧水のことを指します。

収れん化粧水の主な役割は、肌や毛穴を引き締めて、過剰な皮脂をコントロールすることです。収れん化粧水をたっぷり含ませたコットンで肌を優しくパッティングすると肌や毛穴が引き締まり、汚れを溜め込みにくい状態へと変えられます。収れん化粧水に含まれることの多い成分と働きは、以下のような内容です。

◯ハマメリスエキス
「ハマメリス」という北米原産の低木の葉・樹脂から抽出されるエキス。抗炎症作用や収れん作用が期待されて、日焼け止めやシェービングケア製品にも配合される成分です。

◯ノイバラ果実エキス
ノイバラの果実から抽出される植物エキス。収れん作用・炎症抑制作用・肌荒れ防止作用が期待されて、ニキビ対策用のスキンケア商品にしばしば採用される成分です。

◯ビタミンC誘導体
強い抗酸化力を持ち、活性酸素の発生を抑制したり過剰な皮脂をコントロールしたりしてくれる成分。コラーゲンの生成を促進する働きも期待され、たるみ毛穴が気になる人にもおすすめです。

収れん化粧水特有の清涼感を高めるためにエタノールを配合している商品もありますが、黒ニキビができるほど弱った肌を刺激するリスクがあります。とくに乾燥による黒ニキビが気になる人にとっては刺激が強すぎるケースがありますので、注意しましょう。

6. 日焼け止めを毎日塗る

黒ニキビの再発を防ぐためには、日焼け止めを毎日塗り、紫外線刺激から肌を守る対策も大切です。日々の活動内容に応じて適切な強さの日焼け止めを選択し、適量を塗ってください。

◎日焼け止めの強さの目安

SPF15〜30、PA+〜++近所へ買い物に行ったり通勤したりと、日常的な活動のみを行う日に適した強さ。
SPF30〜50、PA++〜+++公園でウォーキングしたり子どもと一緒に屋外スポーツを楽しんだりと、ややアクティブに活動する日に適した強さ。
SPF50+、PA++〜++++マリンレジャーを楽しんだりハイキングに行ったりと、本格的な屋外活動を行う日に適した強さ。

紫外線刺激からしっかり肌を守るためには、2時間〜3時間置きに塗り直すことも大切です。長時間外出する際には日焼け止めを持ち歩き、メイクの上から塗り直しましょう。

汗や皮脂によってベースメイクが崩れているときにはティッシュオフし、パフやスポンジに日焼け止めを含ませて、軽く伸ばす方法がおすすめです。日焼け止めを塗った上からフェイスパウダーをはたくと、メイク仕立てのように美しく仕上がります。

まとめ

黒ニキビとは白ニキビが悪化したトラブルにあたり、赤ニキビ・黄ニキビになる前に治すことが理想です。黒ニキビのできる原因としては、誤ったスキンケア・肌の乾燥・ホルモンバランスの影響などが考えられます。

自分自身のトラブルの原因を正しく把握したうえでこの記事で紹介したような対処をとり、黒ニキビを繰り返さない理想の肌を作りましょう。