監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

角栓を抜いてもすぐにまたできてしまう… いつまで経っても鼻の毛穴がきれいにならない… そのような悩みを抱えて、対処法を探す人も多いでしょう。そもそも角栓を抜くお手入れを行なってよいかが分からず、対処法を決めかねる人もいるはずです。

そこで、この記事では、「角栓を抜いてもよいか」に対する回答と毛穴をきれいにするための正しい対処法を解説します。

角栓ができる原因3個

まず、角栓はどのようにできるのかをおさらいしましょう。角栓の正体は、古くなった角質や皮脂、メイク汚れなどが毛穴に詰まり、雪だるま式に膨らんだものです。角栓ができる根本的な原因には、以下のような内容があげられます。

1. ターンオーバー周期の乱れ

まず、ターンオーバー周期の乱れです。ターンオーバーとは、新しい肌細胞が作られてから表面に押し上げられて、角質として剥がれ落ちることを意味します。

ターンオーバー周期とは、ターンオーバーにかかる期間です。ターンオーバー周期が短すぎると角質が必要以上に剥離して、毛穴が詰まってしまいます。そして、皮脂やメイク汚れなどと混ざり合い、角栓ができるのです。反対にターンオーバーが遅すぎると古い角質がいつまでも肌表面に滞留し、毛穴の詰まりを招きます。

「早すぎず、遅すぎず」のターンオーバー周期を維持することが角栓のできにくい肌を作るコツです。

2. 過剰に分泌された皮脂

先に紹介したように、皮脂腺から分泌される皮脂も、角栓の原料です。皮脂が過剰に分泌されれば角栓の原料が増えますから、トラブルを悪化させるリスクがあります。皮脂の分泌過剰を招く要素は、以下のような内容です。

・肌の乾燥
・脂質、糖質の多い食事
・睡眠不足
・ホルモンバランスの乱れ
・過剰なストレス

「過剰な皮脂が気になるから」と、ゴシゴシこする洗顔や頻繁な角質ケアを続けると肌の乾燥が悪化して、余計に皮脂が分泌される悪循環になってしまうこともあります。

角栓を解消するためには、過剰な皮脂が分泌される原因を突き止めて、正常に戻すための対処をとりましょう。

3. 産毛

毛穴の詰まりを放置すると、産毛が行き場を失って、角栓を悪化させることもあります。角栓の色が黒い場合は、産毛によるトラブルを疑うサイン。角栓を正しい方法で取り除き、産毛の出口を作ってあげることが、トラブル解消の近道です。

鼻やフェイスラインはとくに、産毛による角栓のできやすい部位といえます。意識的に角栓ケアを行うとともに毛穴の詰まりを防ぐための対策をとり、トラブル解消を目指しましょう。

角栓を抜くのはダメ?NG?

ひどい角栓に悩む人の肌は、毛穴の周りがかたくなった状態です。そのため、簡単に角栓を抜くことが難しく、ピンセットや毛抜きで無理に抜こうとするときに、大きな負担をかけてしまうリスクがあります。

また、ピンセットや毛抜きによって毛穴周辺の肌を傷つけることは、赤みや炎症を引き起こす原因です。炎症を起こした肌は乾燥がひどくなって、余計に皮脂が分泌される悪循環に陥ってしまうリスクもあります。

これらの理由から、角栓を抜くお手入れは、推奨できない対処法です。剥がすタイプの毛穴パックや指で押し出すお手入れも同様の理由によって、推奨できない対処法にあたります。

きれいな肌を作るための行動が更なるトラブルを招くことは、非常に悲しいことですよね。角栓の根本的な解決を図るためにも、誤ったお手入れは卒業しましょう。

角栓が自然に取れるまでの期間

そもそも角栓は、無理に抜いたり剥がしたりするお手入れを行わなくても、毎日自然に取れるものです。ただし、誤ったスキンケアによって弱った肌ではターンオーバーが正常に機能せず、「角栓がいつまで経っても取れない」という状況が起こりえます。

古い角栓を放置して、トラブルがひどくなってしまったときにも同様です。放置された角栓は毛穴の壁にこびりついてしまいますから、意識的なお手入れを行なわないと、解消できない可能性が高いといえます。

仮に角栓が自然に取れたかのように見えても、根元が毛穴に残っていると、根本的な解決にはいたりません。角栓を繰り返さない状態を作るためにも、正しい方法に従い、根元からきれいに取り除くことをおすすめします。

角栓は何もしないとどうなる?

角栓によって毛穴が詰まった状態は専門用語で「微小面皰」と呼ばれます。平たい表現に置き直すと、ニキビの赤ちゃんができている状態です。

微小面皰を放置すると毛穴の詰まりがひどくなって、白ニキビができてしまいます。白ニキビを放置すると赤ニキビ・黄ニキビに発展するおそれがあり、皮膚科を受診しなければならない状態になりかねません。

ひどいニキビができてしまうとクレーター状の凹凸・色素沈着ができてしまうことも多く、滑らかな美肌が遠のきます。

さらに、角栓を放置することは、肌のくすみを招いたりメイクのノリを悪くしたりする原因です。くすみや角栓を隠すためにベースメイクを厚くすると洗浄力の強い洗顔料やクレンジングを使用しなければならなくなって、肌に大きな負担をかけます。

角栓を何もしないと多くのデメリットがあることを理解し、正しい取り方に従って、定期的なお手入れを実践しましょう。

角栓の取り方や対処法7個

自然に取れない角栓は、正しい方法に従って、根元から取り除きます。角栓を取り除いた後は毛穴をきれいに維持するための対策をとり、トラブルの再発を防いでください。以下では、角栓の取り方や予防方法7個を解説します。

1. クレンジング前にホットタオルでパックする

毛穴の壁にこびりついた角栓を取る際には、ホットタオルを使用します。ホットタオルによって温めると毛穴周囲の肌がゆるみ、角栓が取れやすくなるためです。

◎ホットタオルの作り方
【1】半分に折ったタオルをおしぼりのように巻く
【2】熱めのお湯に巻いたタオルをひたす
【3】タオルを取り出して、しっかり絞る

上記の手順で作ったホットタオルで顔を包み、毛穴を大きく開かせます。そして、普段通りにクレンジングすることによって、角栓を取り除きましょう。

ホットタオルでパックするお手入れを実践する頻度は、週に1回〜2回程度がおすすめです。頻繁すぎるお手入れは肌の乾燥を悪化させるケースがありますので、適度な頻度に留めてください。

2. ベビーオイルやオリーブオイルと綿棒で取り除く

毛穴の壁にこびりつく角栓を取り除くためには、ベビーオイルやオリーブオイルを使用する方法もおすすめです。ベビーオイルやオリーブオイルによって皮脂やメイク汚れを溶かし、柔らかくほぐしてから洗顔することで、角栓がきれいに取れます。

◎お手入れのやり方
【1】ベビーオイルやオリーブオイルを小皿に出し、綿棒の先端をひたす
【2】角栓が気になる部分を綿棒で優しくなでる
【3】ティッシュで軽く拭き取り、泡洗顔する

とくに角栓が気になるときにはお手入れを行う前にホットタオルでパックし、毛穴を大きく開かせてから挑戦しましょう。角栓を取り除いた後の肌は無防備な状態になりますから、十分に保湿し、水分・油分のバランスを整えてください。

3. 重曹洗顔や重曹パックで角栓を取り除く

重曹には、マイルドなピーリング作用が期待されるといわれます。食用・薬用の重曹を洗顔やパックに使用することで角栓をほぐしてあげると、弱った肌をいたわりつつ、きれいに取ることが可能です。

◎重曹洗顔のやり方
普段通りに洗顔料を泡立てて、ひとつまみ分の重曹を足します。その後、普段通りに洗顔して、十分にすすぎましょう。洗顔後は化粧水や乳液・クリームなどで保湿し、肌の状態を整えます。

◎重曹パックのやり方
小さじ1杯〜2杯程度の重曹に少量の水を混ぜて、ペーストを作成します。液体が垂れない程度の硬さになったものを角栓の気になる部位に乗せて、10分程度パックしましょう。その後、ぬるま湯で十分にすすぎ、普段通りの洗顔・保湿を行います。

重曹洗顔にしても重曹パックにしても、肌との相性が問われるお手入れにあたります。そのため、お手入れを実践する前にパッチテストを行なうと安心です。パッチテストで問題がなかったとしても、重曹洗顔・重曹パックの最中にヒリヒリとした感じがあれば無理をせず、すぐにお手入れをやめてください。

4. 正しい方法で洗顔する

日々の正しい洗顔は、角栓予防の基本です。朝・夜の1日2回、十分に泡立てた洗顔料を使用して、優しく顔を洗いましょう。

すすぎには、体温より低い温度のぬるま湯を使用します。最低でも20回〜30回はぬるま湯を手ですくって顔にかけ、洗顔料や汚れを流してください。その後、清潔なタオルで顔を拭き、すすぎ残しのないことを確認したうえで洗顔を終えましょう。

以下のような行動は、角栓を悪化させるリスクの高い「NG洗顔」にあたります。

・シャワーのお湯で顔をすすぐ
・時間をかけて、念入りに洗顔する
・冷たい水もしくはお湯で顔をすすぐ
・同じタオルを何日も使い続ける

冷たい水で顔をすすぐと洗顔後の化粧水が入りにくくなり、肌トラブルを招いてしまうリスクがあります。反対に熱すぎるお湯で顔をすすぐことは、潤いを維持するために必要な皮脂まで流し、乾燥を招く原因です。

弱った肌をいたわるためにもすすぎに使用するお湯の温度は、体温よりやや低い程度に調整しましょう。

5. 保湿ケアを怠らない

洗顔後は速やかに化粧水をなじませて、失われた水分を補います。化粧水を手の平に出し、「内側から外側へ」の動きを守ってなじませましょう。

化粧水の量が足りないと、十分な水分補給を行えません。化粧水をなじませる際にはメーカー指定の量を守り、乾燥肌の進行を防ぎましょう。

化粧水をなじませた後は、乳液もしくはクリームで蓋をします。乳液やクリームのベタつきに苦手意識を持つ人は、「さっぱりタイプ」の商品を使ってください。

もしくは、「皮脂の出やすい部位は薄くのばす程度に留める」など、部位ごとに使用量を変えることもおすすめです。美容液を取り入れる場合は、乳液もしくはクリームの前につけます。

メーカーから特別な指定がない限り「化粧水・美容液・乳液もしくはクリーム」の順番を守り、日々の保湿を行なってください。

6. 睡眠の質を高める

睡眠の質が下がると成長ホルモンの分泌が滞り、健やかな肌への生まれ変わりが進みにくくなってしまいます。就寝する90分前までにはぬるめのお湯にゆったりつかることで副交感神経優位の状態を作り、睡眠の質を高めましょう。

お湯の温度は、38度程度がおすすめです。熱すぎるお湯につかると目が冴えてしまいますから、適温に調整しましょう。その他、睡眠の質を高めるためには、以下のような対策をとることもおすすめです。

・起床後すぐに太陽の光りを浴びて、体内時計をリセットする
・就寝する2時間〜3時間前までに夕食をすませる
・寝心地のよい寝具を準備する
・ラベンダーやカモミールのアロマをたく
・遮光カーテンを使用して、寝室に入る光りを遮断する
・就寝前のパソコン、スマホ作業を控える

パソコンやスマホから出る強い光りは脳を覚醒させて、安眠を妨げる要因です。寝室にはパソコンやスマホを持ち込まず、就寝することに集中しましょう。

7. バランスのよい食事をとる

肌の状態と食習慣には、非常に深い関係があります。きれいな毛穴を維持するためには、タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランスよくとりましょう。

また、肌を理想的な状態に維持するためには、良質な脂質・炭水化物も必要です。ダイエット目的で脂質を過剰に控えたり、炭水化物を抜いたりすることは、美肌作りを妨げます。

「そうはいっても、バランスのよい食事を毎日準備することは難しい」と考える人は、一食の中に「主食・主菜・副菜」をそろえることから始めてください。

主食とは、ご飯・パン・麺類など主に炭水化物を含むもの。主菜とは、肉・魚・卵など主にタンパク質を含むものです。副菜とは、野菜・きのこなどの含まれる小針を指します。

主食・主菜・副菜をそろえられるようであれば、コンビニやスーパーの出来合い品でも構いません。おにぎり・魚の煮付け・野菜の和え物の三品を購入すれば、主食・主菜・副菜をそろえることが可能です。

まとめ

角栓に悩む人に向けて、トラブルの原因・正しい取り方・予防方法を解説しました。毛穴の壁にこびりついた角栓は自然に取れることが少なく、意識的なお手入れにより、対処する必要があります。

角栓を取った後は日々の正しい洗顔と十分な保湿を継続し、きれいな毛穴を維持しましょう。毛穴をきれいに維持するためには、睡眠・食習慣の見直しも必要です。この記事の内容を参考に、滑らかな美肌を手に入れてください。