監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

「しっかり洗顔したつもりでも、毛穴の黒い塊が取れていない」「黒いポツポツはどうすれば解消されるのか」などの悩みを抱えて、不安を感じていませんか。

この記事では、毛穴の黒い塊の正体および取り方を解説します。ポツポツの目立たない滑らかな肌を手に入れたい人は、ぜひ参考にしてください。

毛穴の黒い塊の正体とは?

まず、毛穴の黒い塊はそもそも何であるかをおさらいしましょう。毛穴の黒い塊の正体は、角栓です。

角栓とは、古い皮脂や角質があわさって、毛穴の中に蓄積したものを指します。角栓の原料には古い皮脂が含まれますから、黒い塊は、Tゾーンなど皮脂分泌の多い部位に起こりがちです。

できたばかりの角栓は、白い色をしています。しかし、長期間放置されると雪だるま式に膨らんで毛穴を押し広げ、頭が外に飛び出してしまうのです。飛び出した部分が空気に触れて酸化すると、毛穴の黒い塊ができてしまいます。

毛穴の黒い塊を放置することは、アクネ菌が繁殖した炎症ニキビを引き起こしたりざらつきやごわつきを感じたりと、他のトラブルを引き起こす原因です。

ただし、毛穴の黒い塊を無理に取り除くお手入れは、更なるトラブルを引き起こすリスクの高い行為。できてしまった黒い塊はこの後に紹介する正しい取り方に従って、正しく対処してください。

毛穴の黒い塊ができる原因3個

大人の女性を悩ませる毛穴の黒い塊は、どのようなことが原因でできるのでしょうか。以下では、黒い塊ができる原因のうちのよくある3個を取り上げて、詳細を説明します。

1. 洗顔・クレンジング不足

まず、洗顔、クレンジング不足です。具体的には、ぬるま湯のみで洗顔する・メイクを落とさずに就寝するなどの行為によって、毛穴の黒い塊ができてしまいます。皮脂や埃、汗など顔に付着する汚れの多くは、ぬるま湯のみで落ちません。落ちなかった汚れが毛穴に詰まり、雪だるま式に膨らんだものが角栓です。

クレンジング不足は、メイクの濃さに合わないメイク落としを使用することによっても起こります。毛穴の黒い塊を悪化させないためには、メイク落としとメイクの濃さとの相性を今一度確認し、適切なものを使ってください。

2. ターンオーバーの乱れ

紫外線や乾燥などの影響から肌がひどく弱ったときには、内部に対する影響を和らげるため、ターンオーバーが早くなります。ターンオーバーが早くなるときちんと剥がれ落ちる力を持たない角質細胞が増えてしまい、角栓が悪化しがちです。

反対にターンオーバーが遅すぎると古い角質細胞が肌表面に滞留し、毛穴を塞いでしまいます。結果として角栓のできるリスクが高まりますから、毛穴の黒い塊を悪化させる原因です。

ターンオーバーを遅くする要素には、以下のような内容があげられます。

・不規則な生活習慣
・加齢の影響
・運動不足
・過剰なストレス
・栄養バランスの悪い食事

また、ターンオーバーの乱れは、肌の乾燥を招く要素にもあたります。乾燥した肌は毛穴が広がり、汚れを溜め込みやすい状態になりますから、角栓も悪化しがちです。

3. 過剰な皮脂

皮脂は、肌内部のうるおいを維持させる天然の保湿クリームとして働くものです。しかし、皮脂が過剰に分泌されると、黒い塊を悪化させることがあります。

このときに過剰な皮脂を取り除くための誤ったセルフケアを実践すると、肌の乾燥が悪化して、余計に皮脂が分泌される悪循環に陥りがちです。過剰な皮脂が気になるときにはトラブルの原因を正しく把握し、適切な対処をとる必要があります。

毛穴の黒い塊の取り方3個

角栓をピンセットで引き抜いたり剥がすタイプの毛穴パックを常用したりする取り方は、肌に大きな負担をかけて、黒い塊を悪化させる恐れがあります。以下の取り方を参考に正しいお手入れを実践し、滑らかな美肌を手に入れましょう。

1. クレンジング前にホットタオルでパックする

まず、クレンジング前にホットタオルでパックする方法です。ホットタオルでパックすると、毛穴にこびりついた黒い塊が柔らかくほぐれて、きれいに取れることがあります。

以下の手順でホットタオルを作り、クレンジング前のパックに使ってください。温めたタオルが熱くなりすぎる場合もあるので、顔に乗せる前にタオルが熱すぎないかチェックしてください。

◎ホットタオルの作り方
【1】フェイスタオルを水で濡らして、しっかり絞る
【2】電子レンジで30秒〜1分程度加熱する

できあがったホットタオルは適温に冷ましてから顔に乗せて、30秒〜1分程度パックします。その後、いつも通りにクレンジングを行うと、毛穴の黒い塊を取ることが可能です。

2. 美容オイルと綿棒で取り除く

ホットタオルでパックしても取れない黒い塊は、美容オイルと綿棒によるお手入れを試しましょう。

◎美容オイルと綿棒による取り方
【1】普段通りにクレンジング・洗顔する
【2】綿棒の綿部分がひたひたになる程度まで、美容オイルを含ませる
【3】黒い塊が気になる部分に綿棒をあてて、なでるように動かす
【4】綿部分が乾いてきたら美容オイルを改めて含ませ、「3」を続ける
【5】ティッシュやコットンで軽く拭く
【6】洗顔料で洗顔する

美容オイルによって黒い塊が取れる理由は、角栓内の皮脂などが油分によって溶かされて、柔らかくほぐれるためです。角栓が柔らかくほぐされた状態で洗顔するとゴシゴシ強くこすらなくても、しっかり汚れを取り除けます。

3. クレイマスクを使用する

クレイマスクとは、泥や粘土から作られるミネラル成分配合のマスクです。クレイマスクには、泥や粘土が毛穴に詰まった汚れを吸い付けて、無理なく落とす働きが期待されます。

◎クレイマスクの使い方
【1】顔全体にクレイマスクを伸ばす
【2】メーカー指定の時間だけ、放置する
【3】クレイマスクが乾く前に洗い流す

なお、クレイマスクは、配合されている泥や粘土の種類によって、特徴が異なります。

緑色のクレイである「モンモリロナイト」は毛穴の汚れを吸着しやすく、乾燥が気になる人でも使いやすい種類です。

白色のクレイである「カオリン」も比較的肌に対する刺激が優しく、洗顔後のつっぱりが気になりやすい人でも使いやすい種類にあたります。

「ペントナイト」は吸着力が高いのですが、敏感肌・乾燥肌の人は「強力すぎる」と感じることがありますから、使用頻度に注意しましょう。

毛穴の黒い塊の予防方法6個

毛穴の黒い塊を取り除いても、日々の習慣を改めなければ、トラブルを繰り返すリスクがあります。毛穴の黒い塊の予防方法を正しく把握し、理想的な状態を維持しましょう。

1. 正しい方法で洗顔する

日々の正しい洗顔は、角栓予防の基本です。以下の手順に従って泡洗顔を実践し、毛穴の詰まりを防いでください。

◎正しい洗顔手順
【1】適量の洗顔料を手の平に出す
【2】手のひらを逆さにしても落ちない位の濃密泡を作る
【3】顔の内側から外側に向かって、泡を転がすように洗顔する
【4】体温より低い温度のぬるま湯で十分にすすぐ
【5】清潔なタオルで拭く

黒い塊を取ろうとしてゴシゴシこすると摩擦刺激によってメラニン色素が生成されて、黒ずみ毛穴を招いてしまうケースがあります。毛穴トラブルの悪化を防ぐためにも泡のクッションを利用し、肌に直接触れないように洗顔しましょう。

すすぎの回数は、20回〜30回が目安です。すすぎ終えた後は小鼻の周り・こめかみ・フェイスラインなどに洗顔料が残っていないかを確認し、清潔なタオルで拭いてください。

2. 十分な保湿を怠らない

洗顔後は速やかに保湿力の高い化粧水をなじませて、十分な潤いを補充します。

乾燥による皮脂の過剰分泌を起こしている人には、メーカー指定の量の化粧水を顔全体になじませた後、黒い塊のできやすい部分に対し、重ね付けする方法もおすすめです。

化粧水の後は乳液もしくはクリームを適量なじませ、水分や保湿成分の蒸散を防ぎます。「クリーム(もしくは乳液)のベタつきが苦手だから」と化粧水のみでお手入れを終えることは、肌の乾燥を悪化させる要因です。化粧水・乳液もしくはクリームをワンセットと考えて、日々の保湿を行ってください。

3. ビタミンC、ビタミンC誘導体配合のスキンケア商品を取り入れる

大きく開いた毛穴を引き締めないことには、すぐにまた汚れが蓄積します。開き毛穴・たるみ毛穴が気になる人は普段の保湿にプラスして、ビタミンCやビタミンC誘導体配合のスキンケア商品を取り入れましょう。

ビタミンCやビタミンC誘導体には、開いた毛穴を引き締めたり過剰な皮脂を抑制したりする働きが期待されます。

さらに、ターンオーバーを促進してコラーゲンの生成を助ける働きも期待される成分ですので、黒い塊が気になる人の救世主。

十分な保湿を継続しつつ、ビタミンCやビタミンC誘導体配合のスキンケア商品を取り入れることで、トラブルを繰り返さない肌を作りましょう。

なお、ビタミンCやビタミンC誘導体配合のスキンケア商品には、さまざまな商品が存在します。自分自身に合う商品を選ぶためには、下記のようなポイントに注目するとよいでしょう。

【1】ビタミンC、ビタミンC誘導体の濃度を調べる

ビタミンC、ビタミンC誘導体は「濃度の高いものほど望ましい」というわけではありません。敏感肌・乾燥肌の人が高濃度の商品を使用すると刺激を感じるケースがあります。

化粧水や美容液で刺激を感じた経験を持つ人は、濃度3%〜5%程度の商品を試すことがおすすめです。反対に毛穴や角栓対策として十分な効果を期待する人は、高濃度の商品を試すこともよいでしょう。

【2】ビタミンC、ビタミンC誘導体の浸透しやすさを調べる

毛穴や角栓対策としての効果を重視する場合、浸透しやすさを調べることも大切です。ビタミンCは、そのまま肌に塗っても浸透しにくい特徴を持ちます。

そこで、ビタミンCの構造式を一部変えて、浸透しやすい状態に変えたものがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体の中でも「APPS(成分表ではパルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)」はとくに肌へと浸透しやすい種類で、ビタミンCの100倍もの浸透力を持つともいわれます。「ビタミンC配合スキンケアを試しても、思うような効果が得られなかった」という人は、より浸透しやすい成分が使われている商品を試してください。

4. 角質ケア美容液を活用する

角栓がとくにできやすいタイプの人は角質ケア美容液を活用し、ターンオーバーの乱れを解消しましょう。角質ケア美容液とは、クエン酸・マンデル酸・グリコール酸などのピーリング成分が配合されている美容液のことを指します。

洗顔後・保湿前の肌に優しくなじませることによって毛穴内部の汚れの蓄積を防ぎ、健やかな状態へと生まれ変わる手助けをしてくれる美容液です。

角質ケア美容液にもさまざまな商品がありますが、乾燥やくすみが気になる人には、保湿成分を豊富に含む種類をおすすめします。

たるみ毛穴が気になる人には、ヒト由来培養エキスなどエイジングケアを助けてくれる成分の配合された商品がおすすめです。

5. ホルモンバランスを整える

美のホルモンともいわれる「エストロゲン」が減少すると、皮脂分泌量が増加することもあります。ホルモンバランスを整えることで皮脂分泌量を安定させて、黒い塊を予防しましょう。

◎ホルモンバランスを整える方法
・ストレスを溜め込まずに発散する
・肉や魚、野菜、炭水化物、良質な脂質などをバランスよく食べる
・睡眠の質を高める
・ヨガやストレッチで血行、代謝を促進する
・タバコ、お酒を適度に控える

食事に関していうと「これを食べると、ホルモンバランスが整う」という魔法のような食材は存在しません。肉や魚、野菜などさまざまな食材をバランスよく食べることが、ホルモンバランスを整えるための近道です。

運動不足によって血行、代謝が滞るとホルモンバランスが乱れやすくなることがありますから、適度に身体を動かすことも大切なポイントにあたります。ヨガやストレッチは深い呼吸によってホルモンバランスを整えることに貢献できる、おすすめエクササイズの一つです。

6. 脂質と糖質を適量に控える

どれほど意識的に正しいスキンケアを実践しても食生活が整わないと、皮脂量のコントロールを行うことが困難です。脂質・糖質を豊富に含む食べ物は適量に控えて、過剰な皮脂の分泌を予防しましょう。

頻繁に外食したり間食が多かったりする生活ではどうしても、脂質・糖質が過剰になりがちです。外食の頻度は適度に留める・甘いものは頻度を決めて食べるなど、自分自身の行動を律してください。

どうしても外食しなければならない日は、ラーメン・丼ものなど、栄養バランスが偏りやすいメニューを避けましょう。焼き魚がメインの定食や幕の内弁当などを選択すれば、栄養バランスの偏りを回避できます。

まとめ

毛穴の黒い塊の正体は、長期間放置された角栓です。黒い塊ができてしまったときには、ホットタオルでパックする・美容オイルと綿棒で取り除くなどの対処法を試しましょう。

そして、黒い塊の再発を防ぐためには、十分な保湿を行なったり角質ケア美容液を使用したりする方法が検討されます。日々の心掛けによって、黒い塊のできにくいきれいな肌を維持しましょう。