監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

毛穴が大きく開き、みかん表面の凹凸のように目立つ「ボコボコ毛穴」。ファンデーションで隠そうとしてもキレイにカバーできないため、大きな悩みになることが多いのです。

そこで、ここではボコボコ毛穴の原因や治療法、スキンケア改善方法を解説します。日々のスキンケアを見直して、憧れのツルツル美肌を目指しましょう。

ボコボコ毛穴の状態とは?

ボコボコ毛穴は、何らかの原因により毛穴が大きく開いた状態です。

肌表面の凹凸により、メイクをしてもキレイに仕上がりにくいと悩みを抱える方が大勢います。クレーター状の毛穴は女性に限らず、男性にも多い悩みなので、珍しいものではありません。色んな毛穴ケアを試しても改善しなかった方もいるのではないでしょうか。

ボコボコ毛穴は、ただ単に角栓ケアをすれば良いものではありません。詰まった角栓を除去しようと、毛穴パックなどで無理やり取り出そうと試す方もいるでしょう。しかし、開いた毛穴にダメージを加えてしまうと、逆に悪化することもあります。

角栓はそのままにしても、どんどんたまっていき毛穴を開いてしまう厄介な存在。ひとまとめにボコボコ毛穴の改善といっても、人によって原因は異なるため、適したケアが必要です。

そこで、原因と対策を知り、凹凸に悩まない美肌を手に入れましょう。

ボコボコ毛穴の原因5個

では、なぜみかんの皮のように凹凸と目立つ毛穴になるのでしょうか。ボコボコ毛穴の原因をチェックして、それぞれに適したケアを行いましょう。

1. 加齢

年齢を重ねるにつれて真皮のエラスチンやコラーゲンが減少するため、弾力やハリが低下して毛穴を支えきれなくなります。

加齢とともに毛穴が気になり始めたなら、「たるみ毛穴」の可能性が高いです。ハリや弾力が低下することで周辺の皮膚もたるみ、重力によって引き伸ばされて毛穴がしずく型に広がって見えます。

さらにハリや弾力不足が進むと、毛穴同士が帯状につながって見えることもあるのです。たるみ毛穴は主に頬や口の左右によく見られます。

2. ニキビ跡

赤ニキビや黄ニキビなどの炎症や膿をもつニキビでは、炎症を起こした際にニキビ周辺の皮膚組織にもダメージを与えることがあります。

ニキビが完治しても、クレーター状のニキビ跡として痕が残ってしまうのです。凹凸したクレーターになると、一般的なスキンケアでは改善が困難になります。

また、ニキビを無理やり潰しても、完全に中の汚れを除去できなければ、皮膚を傷つけるだけでニキビ跡も残りやすくなるのです。

3. 皮脂の過剰分泌

皮脂の多い脂性肌や思春期の方は皮脂の分泌が盛んなため、毛穴が開きやすい肌状態です。ニキビのできやすい方も、皮脂の分泌が多い場合には注意しましょう。

毛穴にたまる皮脂の量が多いほど、毛穴も開きやすくなり、角栓もできやすくなります。角栓ができると、たまった皮脂などの汚れにより、どんどん毛穴が押し広げられてしまうのです。

やがてたまった皮脂が空気に触れて酸化すると、角栓が黒色になり黒ずみ毛穴へ変化してしまいます。

4. 乾燥・インナードライ

潤いがありキメの整った肌では、毛穴の凹凸も目立ちにくく、肌がキレイに見えます。反対に乾燥肌ではたるみが生じやすく、少しの凹凸も目立ってしまうのです。

インナードライ肌では肌表面の皮脂が気になりますが、角質層は水分不足になっています。乾燥によって毛穴の周囲の皮膚がしぼんでしまうため、毛穴が開いているように見えるのです。

頬に多く見られ、夏よりも冬の方が目立ちやすくなります。特に30代以降では、肌のセラミドが減少するため、加齢とともに乾燥肌に傾きやすくなるのです。

5. 間違ったスキンケア

洗顔や毛穴パックのしすぎなどの間違ったスキンケアは、毛穴の状態を悪くする原因となります。白くて大きい角栓が気になるからと、無理やり押し出したり引き抜いたりするのもNGです。

皮脂が多い肌に乳液やクリームを必要以上に塗り重ねると、皮脂をスムーズに排出できなくなり、角栓やニキビなどを誘発することがあります。

以下は、間違ったスキンケアの主な例です。

・クレンジングを使ったマッサージ
・過度な洗顔や毛穴パック
・指やピンセットなどで角栓の押し出す
・スクラブ洗顔でゴシゴシ洗い
・コンシーラーやファンデーションの厚塗り

確かに、クレンジングオイルでマッサージをすると角栓が取れやすくなります。しかし、洗浄力成分を肌にのせる時間が長いほど肌に負担をかけてしまい、毛穴開きの原因につながるのです。

ボコボコ毛穴の治療法

確実にボコボコ毛穴を治したい方には、病院やクリニックなどの美容皮膚科で治療が有効です。

皮膚は3つの層に分かれており、肌表面にある表皮から真皮、皮下組織の順に構成されています。化粧品では表皮の角質層までしか効果が期待できませんが、美容医療では真皮まで働きかけてコラーゲンや細胞の増殖を効率よく促すことができるのです。

毛穴の開きや詰まり、ニキビ跡の治療には、主にダーマペンやフラクショナルレーザーに加え、目的に適した薬剤が用いられます。

ダーマペンは、気になる部位の皮膚に針で穴を開けて、肌の自己再生力を促す医療機器です。フラクショナルレーザーは、表皮に微細な穴を開けて肌のターンオーバーを促します。どちらの機器も、開きやたるみ毛穴、肌の凹凸、ニキビ跡に有効です。

個人差はありますが、ダウンタイムは1週間程度。施術後は乾燥しやすくなるため、念入りな保湿を心掛けてください。

ボコボコ毛穴のスキンケア

次に、ボコボコ毛穴のスキンケア方法について見ていきましょう。ファンデーションで隠そうとしてもキレイにカバーできないのがボコボコ毛穴の難点です。日々のスキンケアで、凹凸の毛穴を目立たなくできれば嬉しいものですよね。

ボコボコした開き毛穴のスキンケアでは、余分な汚れを取り除き、開いた毛穴を閉じることが大切です。

たるみによるボコボコ毛穴では、肌の老化のスピードを緩やかにするケアが必要。

皮脂の本来の役割は、乾燥や細菌などから肌を守り、皮脂膜を形成して潤いやツヤを与えています。毛穴が詰まると、潤いを保つ皮脂膜が作られなくなるため、皮脂の分泌をスムーズにして取り除きすぎないことも重要なポイントです。

皮脂の過剰分泌によるボコボコ毛穴では早期から肌にトラブルサインが現れますが、たるみ毛穴では早期発見が難しく、急に目立ち始めることもあります。スキンケアをする際に、毛穴の状態をチェックして、肌からのサインを見逃さないようにしましょう。

ボコボコ毛穴の改善方法7個

ここからは、ボコボコ毛穴を効率よく改善する方法を詳しく解説します。基本的な毛穴ケアに加え、それぞれの肌状態に合わせたスキンケアも、ぜひチェックしてください。

1. 帰宅後はすぐにクレンジングをする

お風呂の際に、メイクを落とす方が多いようです。しかし、皮脂やメイクなどの汚れが肌にのっている時間を少なくため、帰宅後はすぐにクレンジングでメイクを落としましょう。

肌にメイクや皮脂がのっている時間を短くすることで、毛穴の汚れは最小限に抑えられます。放置した皮脂が酸化することで起こる黒ずみ毛穴の対策にも有効です。

クレンジングを選ぶ際は、肌質やメイクの濃さに合わせると良いでしょう。メイクや皮脂などの汚れをしっかり落とすことが重要です。摩擦が起こりにくいミルクやクリームタイプのクレンジングをおすすめします。

2. 優しく洗顔を行う

洗顔では肌に余計なダメージを与えないために、たっぷりの泡で優しく洗うのが基本です。特に皮脂や毛穴汚れを気にする方では、無意識に肌をこすっている傾向があります。

こすらない洗顔をするためには、適量の泡を作るのがポイントです。たっぷりの泡は、皮膚と指の間にクッションのような役割を果たし、肌に触れることなく洗えます。

以下は洗顔の手順です。
(1)手をよく洗う
(2)ぬるま湯で顔を少し濡らす
(3)洗顔料をキメ細かな泡を作る
(4)皮脂の多い額から鼻へ泡を伸ばす
(5)軽くなじませる
(6)面積の広いUゾーンを洗う
(7)皮膚の薄い目元や口元に優しくなじませる
(8)顔全体をぬるま湯でしっかりすすぐ

最後に、鏡を見てすすぎ残しがないかチェックし、清潔なタオルに水気を吸収させます。

3. 定期的に酵素洗顔で角栓ケアをする

基本的な洗浄で頑固な角栓を取り除けないときにおすすめなのが酵素洗顔です。週に1度のペースで酵素洗顔を活用し、固くなった皮脂や角質などの汚れをオフします。

酵素は洗浄力が高い傾向なので、毛穴の汚れが気になる部分だけでOKです。乾燥肌の方は、アミノ酸系のマイルドな洗浄力のものを使うと良いでしょう。

角栓ケアには、他にもピーリングやスクラブ、クレイパックなどがあります。どれも使い方を間違えると逆効果になることもあるので、正しい使用方法で行いましょう。

4. 原因に適した毛穴ケアを行う

ボコボコ毛穴を目立たなくするには、原因に適したスキンケアを行うことがとても重要です。以下には、それぞれにあった対策を解説していますので、ぜひ参考にしてください。

乾燥による毛穴の凹み

乾燥によるボコボコ毛穴には、肌をふっくらさせる保湿成分を配合した化粧品がおすすめです。潤いや弾力、ハリを与えることで、毛穴の目立たない肌へと導きましょう。

以下は、乾燥ケアにおすすめの保湿成分です。
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン
・ヘパリン類似物質

肌にハリと弾力を与えて、毛穴の凹みが目立たない肌へ導きましょう。また、乾燥毛穴のケアは、洗いすぎによる刺激に気を付けなければなりません。

クレンジングや洗顔は、肌への摩擦を抑えるためにミルクやクリームタイプのものを使いましょう。肌に洗浄成分をのせている時間が長ければ、その分肌にも負担がかかるため、短時間で済ませるのも意識したいポイントです。

ニキビ跡による凹凸

凹凸のニキビ跡にはビタミンC誘導体配合の化粧品がおすすめ。ビタミンC誘導体は、ビタミンCを肌に吸収しやすい形に変えた物質です。

この成分は、肌をキュッと引き締めることでボコボコ毛穴の目立たない肌へ導いてくれます。皮膚の炎症を抑える効果が期待できるのもポイントです。

さらに、皮脂をコントロールしてテカリを抑えたり、メラニンを還元することでシミの生成を防いだりする効果もあります。

ビタミンC誘導体に加え、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分を配合した化粧水や美容液を選びましょう。普段のスキンケアにプラスするだけで、手軽にスベスベ肌を目指せます。

加齢によるたるみ毛穴

たるみによるボコボコ毛穴は、年齢を重ねるごとにどんどん毛穴が目立ってしまいます。基本となるスキンケアにエイジングケア化粧品をプラスするだけでも、毛穴の目立ちが改善するでしょう。

以下は、たるみ毛穴対策に必要なケアです。
・エイジングケア化粧品を取り入れる
・シートパックで集中保湿する
・紫外線対策を徹底する
・表情筋エクササイズをする

エイジングケア化粧品は、レチノールやビタミンC誘導体、ペプチド、コエンザイムQ10などを配合した成分を配合したものがおすすめです。

また、顔の筋肉が衰えることでも、たるみ毛穴を誘発します。たるみ毛穴を目立たなくするには、スキンケアや表情筋エクササイズを毎日継続することが大切です。

過剰な皮脂による詰まり・開き毛穴

皮脂の過剰分泌が原因で起こる開き毛穴には、吸着力のあるものや酵素洗顔、クレイパックなどを活用しましょう。汚れを取り除きやすくするために、洗顔前にホットタオルや美顔器の温スチームで毛穴を開きます。

それでも取れない頑固な詰まりは、自己ケアよりも美容皮膚科で相談しましょう。洗顔後は収れん化粧水を使用し、肌を引き締めて毛穴の目立たない肌へ整えてください。

また、美容液を塗った後に優しく毛穴ストレッチをするのもおすすめです。メイクの際は、皮脂をコントロールするパウダーなどで調整してください。

5. バランスのよい食事

ボコボコ毛穴の目立たない美肌を目指すには、食生活の改善が欠かせません。皮膚も体の一部なので、十分な栄養が届けられることで健やかな状態をキープしています。

丁寧なスキンケアを心掛けても、栄養が不足していると肌荒れも起こりやすくなるのです。ビタミンA・C・Eなどを中心に、タンパク質やミネラルをバランスよく摂りましょう。

以下は、美肌のために摂りたい栄養素と含有食品です。

栄養素含有食品
ビタミンAにんじん・しそなど
ビタミンB2レバー・のりなど
ビタミンB6まぐろ・にんにくなど
ナイアシンたらこ・まぐろなど
ビタミンCイチゴ・赤ピーマンなど
ビタミンEアーモンド・たらこなど
亜鉛いわし・にぼしなど

上記を参考に、食生活のバランスを整えて、凹凸のない美肌へ導いてあげてください。また、油の多い食事ばかりをしていると、皮脂の分泌量が増えて開き毛穴の原因につながります。普段の食事だけでは補えない場合は、サプリメントで不足しやすいビタミン類を補いましょう。

6. 生活リズムを整える

健やかな肌を保つには、スキンケアや食事に加え、生活リズムを整えることが重要です。朝起きて太陽の光を浴びることで、夜に睡眠を促すメラニンが分泌されます。このメラトニンは、肌のハリを維持するのに大切なホルモンです。

また、肌のターンオーバーも寝ている間に活発に働くため、毛穴対策にも生活リズムは重要となります。

高価な化粧品や食生活に注意を払っていても、睡眠不足が続くと美しい肌をキープできません。適度な運動をして体の新陳代謝を高め、質の良い睡眠をとることが大切です。

以下には、快適な睡眠をとるためのポイントをまとめています。
・毎晩同じ時間に眠る
・お風呂でゆっくりと温まる
・就寝前のPCやTVを控える
・寝具を肌触りのよいものに変える
・20時以降はカフェインレス飲料にする
・寝つきが悪くても気にしない

上記を参考に、少しの工夫を加えるだけで心地よく入眠できるでしょう。他にも、睡眠を促す音楽を聴くのもおすすめです。

7. ストレスを解消する

毛穴の目立ちの主な原因は、皮脂の過剰分泌とハリや弾力の低下です。皮脂が多くなると角化異常が起こり、毛穴も目立ち始めます。

過剰な皮脂の原因として、ストレスによる男性ホルモンの活性化が大きく関係しているのです。もちろん、季節や食生活、性別にも左右されますが、ストレスは美肌の大敵といえます。

ストレスがたまると、男性ホルモンが優位に働くため、週に1度は自分の時間を作って上手に解消しましょう。

まとめ

今回は、ボコボコ毛穴の原因や治療法、スキンケアでの改善する方法を解説しました。凹凸の目立たない美肌に導くためには、日々のスキンケアや食生活、生活リズムを見直す必要があります。

いち早くボコボコ毛穴を治したい方は、美容医療に頼るのも1つの手段です。自分の毛穴の状態に適したケアをして、憧れのツルツル美肌を目指しましょう。