監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

毛穴の出口がポッカリ開き、メイクをしても上手く隠せない「すり鉢毛穴」。多くの女性が悩みを抱えるのは、大きく分けて詰まり毛穴・すり鉢毛穴・たるみ毛穴の3つです。

その中でも、インパクトのある名が付けられているすり鉢毛穴とは、一体どのような状態なのでしょうか。

ここではすり鉢毛穴の原因や治し方、改善対策を詳しく解説します。スキンケア方法も紹介しているので、ぜひ参考に毛穴の目立たないスベスベ肌を目指しましょう。

すり鉢毛穴とは?

すり鉢毛穴とは、毛穴の出口が大きく開いて皮膚の表面がすり鉢状に削られた毛穴のことです。インパクトのある名前が付けられているので、少し戸惑う方もいるかもしれません。

すり鉢毛穴は主にTゾーンや頬に多く見られ、よく見ると毛穴の奥に皮脂や角質が詰まっていることもあります。肌表面を触ると、ザラザラやボコボコしているのが特徴です。

健康的な毛穴はまっすぐの形状ですが、何らかの原因ですり鉢のように毛穴の表面がすり減った状態。

すり鉢毛穴を放置すると凸凹がどんどん目立ってしまうため、日々の予防とケアが重要です。クレーター状になってしまうとスキンケアだけでは改善できないので、すぐに対策を始めましょう。

すり鉢毛穴の原因3個

では、凸凹したすり鉢毛穴の原因は何なのでしょうか。毛穴がすり鉢状になる原因を詳しく知り、正しいケアで毛穴の気にならない肌へ導きましょう。

1. 皮脂の過剰分泌

健康な肌では皮脂が肌表面に排出されますが、皮脂の分泌が盛んになると、毛穴に皮脂がどんどん溜まってしまいます。

以下は、皮脂の分泌が活発になる原因です。
・ホルモンバランスの乱れ
・肌のターンオーバーの乱れ
・食生活の乱れ
・ストレス
・紫外線
・気温
・間違ったスキンケアなど

上記の原因によりバリア機能が低下したり、男性ホルモンが活性化したりすることで、皮脂の過剰分泌が起こります。

中でも、若い世代の方や脂性肌、混合肌の方では、皮脂の分泌が盛んで毛穴詰まりを起こしやすいので注意しましょう。乾燥肌の方でも角質層の水分不足により、肌が乾燥から守ろうと角質を厚くし、皮脂を過剰に分泌することもあります。

2. 黒ずみ毛穴の放置

溜まった皮脂や角質などの汚れが毛穴にフタをした状態で紫外線を浴びると、皮脂の酸化によって黒ずみ毛穴になることがあります。

黒ずみ毛穴をそのまま放置すると、毛穴が詰まった状態なので皮脂が皮膚全体に行き渡らず、肌を乾燥から守るために余分な皮脂の分泌を促してしまうのです。

過剰に分泌された皮脂の中には、不飽和脂肪酸が多く含まれています。不飽和脂肪酸は、炎症を起こして毛穴の出口周辺の皮膚を溶かして削ってしまうのです。他にも、角化異常を起こしたりキメを乱れさせたりと、毛穴を目立たせる原因になります。

3. 遊離脂肪酸

肌は不要な皮脂などの物質を取り除くために分解酵素を出します。皮脂が分解されて遊離脂肪酸に変わると、次第に毛穴の上部へ集まってくるのです。

毛穴周りの皮膚に炎症が起き、毛穴の出口付近の皮膚を溶かしてしまいます。

健康的な肌の毛穴はまっすぐの直線状の形ですが、遊離脂肪酸によって炎症を起こした毛穴は大きく開いてすり鉢状へと姿を変えてしまうのです。すり鉢状になる前に適切なケアが必要となります。

すり鉢毛穴の治し方

本気ですり鉢毛穴を治すには、美容皮膚科での治療が必要です。スキンケアだけでは完全に治すことが難しい現状なので、医療の力を頼りましょう。

凸凹のない美しい肌へ導く治療法には、ダーマペンやケミカルピーリング、CO2フラクショナルレーザーなどがあります。

ダーマペンやCO2フラクショナルレーザーは、毛穴開きの気になる部分に微細な穴を開けて肌が本来もつターンオーバーの働きを促す治療法です。

故意に小さな穴を開けるため、痛みとダウンタイムを伴いますが、通常は数日~1週間程度で治まります。肌の状態に合わせて繰り返し施術を行うことで、毛穴の目立たない美肌を目指せるでしょう。

ケミカルピーリングは、肌表面に薬剤を塗ることで古い角質を除去し、ターンオーバーを整えます。肌本来の保湿力や弾力を高めることで、毛穴の詰まりや開き、ニキビ跡などの凸凹を改善する効果が期待できるのです。

施術後は紫外線の影響を受けやすくなるので、日焼け止めを忘れずに持参してください。

また、どの治療法も毛穴の状態に合わせて何度か通う必要があります。そしてダーマペンやCO2フラクショナルレーザーはダウンタイムがありますので治療を受けた後の予定などに注意してください。

すり鉢毛穴の改善対策9個

すり鉢毛穴の改善ケアには、肌の炎症を抑えて、柔らかく保つことが大切です。では、実際にどのようなケアが必要なのかを見ていきましょう。

1. ビタミンCやグリシルグリシン配合化粧品でケアする

すり鉢毛穴のケアには、ビタミンCやグリシルグリシンといった保湿・整肌成分を配合した化粧水や美容液を使用しましょう。肌をキュッと引き締めることで、毛穴の目立たない肌に導いてくれます。

以下には、2つの成分の特徴をまとめています。

成分毛穴
ビタミンC化粧品ではアスコルビン酸と表記されています。皮膚の炎症を鎮め、キメの乱れを整えます。
グリシルグリシングリシンと呼ばれるアミノ酸が2つ繋がったペプチド成分です。肌にある天然保湿因子と同じ働きをします。肌を乾燥から守り、キメを整えることで開いた毛穴を目立たなくします。

このような皮脂をコントロールする化粧品を取り入れて、肌の状態を整えましょう。

2. クレンジングは帰宅後すぐに行う

自宅に帰った後は、すぐにメイクを落とす習慣を身につけましょう。メイクを肌にのせている時間が長くなればなるほど、皮脂やメイク汚れが酸化しやすくなります。

皮脂やメイク汚れが酸化すると黒ずみ毛穴の原因につながることもあるため、なるべく早めに落とすことが大切です。

またクレンジングは肌にのせている時間が長いほど、肌に負担をかけてしまうので素早くメイクを落としましょう。

使用するメイクアップ化粧品と相性のよいクレンジングを使い、時間をかけずに素早くオフすることが重要なポイントです。

クレンジングの種類

クレンジングの種類には、オイルやバーム、クリーム、ミルクなどがあります。洗浄力は種類や製品によってさまざまなので、その日のメイクの濃さに合わせて使い分けてください。どれを使うにしても、肌をこすらずにしっかり汚れを浮かせられるものを選びましょう。

以下は、クレンジングの種類と落とせるメイクの目安です。

◯オイル・バーム
WPのアイライナー・マスカラ・日焼け止めなど

◯クリーム・拭き取りシート
リキッド・エマルジョンファンデーションなど

◯ミルク・ジェル
BBクリーム・化粧下地・パウダー・ミネラルファンデーションなど

汚れを落とすと同時に、肌のうるおいを保つのに必要な成分も少なからず洗い流されています。クレンジングや洗顔をした後は、しっかり保湿ケアを行いましょう。

3. 泡で優しく洗顔する

洗顔料は皮脂などの汚れをしっかり落とせるものを使いましょう。正しい洗顔方法は、すり鉢毛穴だけでなく、詰まり毛穴やたるみ毛穴のケアにも大切です。

洗顔の際は、こすったり強く押さえたりするのはNG。肌に摩擦が起こらないように、十分な泡を作り、包み込むように優しく行いましょう。

以下には、洗顔の手順をまとめました。

(1)まずは手を洗って清潔にする
(2)ぬるま湯で軽く顔をすすぐ
(3)適量の洗顔料を手に取ってきめ細かな泡を作る
(4)両手いっぱいの泡ができれば準備完了
(5)皮脂の多い部位から広げる
(6)乾燥しやすい目元や口元は最後に薄くつける
(7)しっかりとすすぐ

きめ細かな泡を作ることで、汚れを吸着するパワーが高まります。毛穴の汚れをしっかり取ろうとして、ゴシゴシとこするのは控えてください。洗顔時は泡だけで優しく洗うことを意識して、取れない汚れは次項の方法で取り除きましょう。

4. 酵素洗顔などの角質ケア化粧品でケアする

すり鉢毛穴の元となる角栓を取り除くには、角質ケア化粧品を用いたスキンケアを取り入れましょう。角質ケア化粧品には、酵素洗顔の他に、ピーリング剤やスクラブ、クレイなど、さまざまな種類があります。
硬くなった角栓を柔らかくして、毛穴に詰まった皮脂や古い角質をしっかり除去するのに活躍するのが酵素洗顔です。

酵素には角栓に含まれる皮脂やタンパク質の塊を溶かし出すパワーがあります。敏感肌や乾燥肌の方には、マイルドな洗い心地のアミノ酸系の酵素洗顔がおすすめです。洗浄力が高い傾向なので、毛穴詰まりが気になる部位のみに使用しましょう。

5. 油分の少ない化粧品で保湿する

毛穴の気になる部分には、化粧水や美容液でしっかり保湿しましょう。

角栓を形成する原因となるため、皮脂の多い部位に油分の多い乳液やクリーム、オイルなどをベタベタと塗るのはNGです。

油分の多い化粧品で毛穴にフタをしてしまうと、皮脂がスムーズに排出されないまま肌に残ってしまいます。そうなると、汚れの蓄積による毛穴詰まりや、皮脂の酸化による黒ずみ毛穴につながることもあるのです。

乾燥する部位には乳液やクリームを使い、皮脂の多い部分には化粧水や美容液でしっかり保湿します。

また、角質ケアをした後は、整肌・保湿成分のセラミドやビタミンCなどを配合した水溶性ベースの化粧品で肌のキメを整えてあげてください。

6. 紫外線対策を徹底する

すり鉢毛穴を防ぐためには、まずは黒ずみ毛穴を作らないように気を付けましょう。黒ずみのないキレイな肌を目指すには、日焼け止めを塗り紫外線から肌を守ることが大切です。

紫外線は1年を通してずっと降り注いでいるので、365日続けて使用するのが理想的。

日焼け止めに加え、UVカット効果のある日傘や帽子などを用いて、紫外線からしっかり肌を守りましょう。家の中で過ごす方も、洗濯ものを干すときやカーテンの隙間から紫外線を浴びていることがあるので注意しながら過ごしてください。

7. 肌に摩擦を与えない

すり鉢毛穴は毛穴に炎症を起こした状態なので、摩擦を与えないことが重要なポイントです。炎症のある肌に刺激を加えるとさらに炎症を促してしまうため、手で触ったりこすったりするのはNG。

洗顔やスキンケアの際に、肌をゴシゴシとこすっている方は要注意です。また、角栓をピンセットで取り除いたり、押し出したりするのは控えましょう。

毛穴汚れをしっかり取り除くことは大切ですが、無理やり角栓を取りだすと、肌の防御機能が働いて、余計に皮脂の分泌や角栓の形成を促すこともあります。スキンケアの際は、「優しく」を意識しながら肌をいたわるように行いましょう。

8. バランスのよい食事を心掛ける

すり鉢毛穴の対策には、ビタミンCを豊富に含む食材をミネラルやタンパク質と一緒にバランスよく摂り入れることが大切です。

ビタミンCには、皮脂分泌の抑制や炎症を抑える効果が期待できます。同時に、肌のキメを整えてくれるので、健やかな美肌を目指す方に欠かせない成分です。

ビタミンCは、ピーマンや柑橘系のジュース、ブロッコリーなどに含まれています。

成人女性において、ビタミンCの1日の摂取推奨量は75mgです。喫煙する方は1日につき35mg多く摂るよう推奨されているので、1日の摂取量は110mgとなります。普段の食事だけで補給できない方は、サプリメントで補いましょう。

とはいえ、ビタミンCばかりを摂っても肌に直接働きかけるわけではありません。ビタミンB群やタンパク質、ミネラルなど、さまざまな食材を通して栄養バランスの整った食事を心掛けましょう。

9. 生活習慣を整える

毛穴の目立たない肌へ整えるには、質の良い睡眠を心掛け、上手にストレスを発散することが大切です。

睡眠不足やストレスは美肌の大敵ともいわれており、ホルモンバランスやターンオーバーの乱れを招くこともあります。結果的に皮脂の分泌を促すこともあるため、心地よい眠りにつけるように自分なりに工夫しましょう。

以下は、質の良い睡眠をとるための基本的なポイントです。
・照明は全て消す
・就寝前は携帯やTVを控える
・シャワーではなく湯船に浸かる
・自分が心地よく感じる香りのアロマなどを焚く
・夜はノンカフェイン飲料を飲むなど

また、ストレスが続くと、男性ホルモンの分泌を促すため、皮脂の分泌を促進することがあります。なるべく規則正しい生活を送り、肌のリズムをサポートしてあげましょう。

まとめ

この記事では、すり鉢毛穴の治し方と改善対策、スキンケア方法などを解説しました。ビタミンCやグリシルグリシン配合の化粧品、酵素洗顔などでしっかりスキンケアを行い、食生活のバランスを見直すことが重要なポイント。

それでも物足りないときは、ときに美容医療の力を借りることも大切です。ぜひ記事の解説を参考に、毛穴の目立たない理想のツルツル美肌へ導きましょう。