監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

見つけると鏡を見るたびに気になってしまう角栓。特に鼻の頭のような目立つパーツにできると、気になってつい擦ってしまうという方もいるかもしれません。

なめらかな肌を保つためには、角栓のない肌が理想です。しかし、角栓がない人というのはいるのでしょうか。

今回は角栓の正体やできやすい条件を解説し、角栓ができない人の特徴を紹介します。角栓ができない人の特徴をおさえて、できるところを真似れば角栓の悩みも減らすことができるはずです。角栓が気になる方はぜひ参考にしてください。

角栓の正体とは?

角栓の正体とは?

角栓は不要になった角質と毛穴から分泌された皮脂が絡み合って、毛穴の中で固まってしまったものです。

肌の表面は角質層に覆われています。角質層は「角質細胞」が並んでおり、その間を「細胞間脂質」が埋めています。

角質細胞は肌のターンオーバーによって不要になったものから剥がれ落ち、角質層の下から押し上がってきた新しい細胞と入れ替わることで健康な肌の状態が保たれています。

しかし肌のコンディションが乱れると、不要な角質が上手く剥がれなくなることがあります。不要な角質が剥がれないままだと角質層はどんどん厚くなります。

角質層は毛穴の周りや毛穴の中にもあるため、厚くなると毛穴の中も狭くなってしまいます。毛穴の周りや毛穴の内部で剥がれた角質が詰まりやすくなり、そこに中で分泌されている皮脂が絡まることによって角栓ができます。

肌のコンディションが乱れたことによって、毛穴に詰まった角質や皮脂が角栓の正体なのです。

角栓がない人の状態

角栓がない人はターンオーバーの周期が整っており、また日々の汚れをリセットして毛穴汚れが少ない肌の状態をキープしています。

角栓ができやすい肌は、毛穴に汚れや角質が詰まりやすい肌と言い換えることもできます。

肌の水分量や油分の分泌量がバランス良く保たれており、清潔にしていれば肌がもともと持つ力を十分に発揮できるため、よい肌のコンディションを保つことができます。

そのためには毎日の保湿と丁寧なクレンジング、洗顔が必要です。自分の肌の状態をしっかり観察し、肌質に合ったスキンケアを継続することによって角質がない肌は作ることができます。

肌質は一人ひとりが異なるだけではなく、鼻や頬といったパーツによっても異なる場合があります。スキンケアアイテムを複数使用したり、塗り方を変えたり工夫することで顔全体に角質ができないようにケアしましょう。

角栓ができやすい場所は?鼻?

角栓は毛穴があればどこでもできます。しかし、鼻の角栓が気になるという人はとても多いです。

鼻に角栓ができやすい理由は、ターンオーバーが乱れやすいパーツであることと、細かい凹凸が多いためメイクの落とし残しが出やすいことが考えられます。

鼻は皮脂の分泌が活発であり、また汗をかきやすいパーツでもあります。温度変化や体調によってコンディションが変化しやすく肌の生まれ変わりのターンオーバーの周期も乱れやすくなるのです。

またメイクの落とし残しによって肌のコンディションは乱れやすくなります。ファンデーションの細かい粒子が毛穴に落ちて、直接詰まりの原因になることも。小鼻の周りは毛穴や赤みカバーのためにコンシーラーも塗っている人も多いかと思います。メイクが残らないように気をつけてクレンジングするようにしましょう。

鼻の他にも皮脂量が多い額も角栓ができやすい場所です。人によっては耳周りや顎の角栓が目立つこともあります。

角栓ができる原因3個

角栓は角質と皮脂が毛穴に詰まることによってできることを解説しました。角質や皮脂がつまらないようにするためにはどのようなケアが必要なのでしょうか。

まずは角栓ができる原因をしっかり把握して、角栓予防のためにできるケアをしていきましょう。

角栓ができる原因は主に3つに分けられます。「乾燥」「皮脂の過剰分泌」「ターンオーバーの乱れ」です。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1. 乾燥

肌が乾燥すると角質層が厚くなります。角質層の水分が足りず、不要な角質がはがれるときに必要な酵素が上手く働くことができないためです。

角質がうまくはがれないために角質層が厚くなり、つながったまま剥がれて毛穴に詰まりやすくなります。毛穴に詰まる角質が多いと角栓ができやすいということも言えそうです。

角栓は単なるカタマリではなく、角質と皮脂が層のように積み重なって頑固な毛穴づまりになります。角質の層をできるだけ減らすためにも、乾燥を予防して不要な角質をキレイに剥がすためのケアが必要です。

2. 皮脂の過剰分泌

皮脂の分泌が多すぎると、毛穴が大きくなり角質や汚れが中に入りやすくなります。また、毛穴の中でたまる皮脂の量も多くなるため角栓になりやすい状態です。

皮脂は肌のうるおいを保ち、バリア機能を高めるために大切な働きをしています。しかし過剰に分泌されると毛穴周りの角質細胞み乱れが生じてしまうことがわかっています。

多すぎる皮脂が毛穴周りの肌細胞への刺激になってしまい、毛穴の入り口がすり鉢状に広がってしまうのです。

とても小さな毛穴ですが、出口がすり鉢状に広がることによって、毛穴が広がって見えます。また汚れが中に入りやすくなるため、角栓のもとになります。

3. メイクの落とし残し

メイクが肌に残っていると、様々なトラブルが起こり角栓ができやすくなります。

メイクの落とし残しが角栓をつくりやすくする要因は4つです。
・メイクの細かい粒子が毛穴落ちする
・メイクの油分が角栓の元になる
・乾燥を招く恐れがある
・ターンオーバーが乱れやすくなる

また、先ほど述べた通り小鼻の周りや汗や流れたメイクがたまりやすくパーツにも関わらず、細かい凹凸が多いのでクレンジング残しが多くなります。

角栓ができやすい原因にもなるのでメイクをした日は、クレンジングを丁寧に行うようにしましょう。

角栓がない人のツルツル肌の秘訣10個

1. 丁寧なクレンジング

メイクの落とし残しは様々なトラブルのもとになってしまいます。メイクをした日は目元や小鼻の周りなど、細かいところも落とし残しがないように丁寧にクレンジングをしましょう。

メイクを上手に落とすには正しいクレンジングアイテムを選ぶことが大切です。メイクの濃さに合わせた洗浄力のクレンジングを使うようにしましょう。

ナチュラルメイクの人はミルククレンジング、しっかりメイクの方はバームやオイルがおすすめです。きちんとメイクが落ちているか確認しながらクレンジングアイテムを選ぶようにしてください。

2. たっぷり保湿

角栓を防ぐためには角質層のうるおいを十分に保つことが大切です。毎日の保湿はムラなく丁寧に行うようにしましょう。

化粧水は重ね塗りをするのがおすすめです。角質層が保持できる水分の上限までうるおいを浸透させるために、何度かにわけて化粧水を塗りましょう。一度塗った後1、2分置いてから再度塗るのがポイントです。

化粧水のあとは乳液やクリームを使ってうるおいを保護しましょう。ほとんどの人にとって化粧水と乳液はセットで使う必要があります。顔がベタベタしやすいという方も、薄づきでいいのでうるおいを逃さないように保湿しましょう。

3. 肌の優しい洗顔

不要な角質のようなタンパク汚れはクレンジングよりも洗顔のほうが洗い流しやすいです。毎日の洗顔は必ず行うようにしましょう。

洗顔で肌を摩擦してしまうと、剥がれなくてもいい未成熟な角質が剥がれてしまうことがあります。角質層が削れてしまい、毛穴につまったり角質層のなめらかさが損なわれてコンディションが乱れてしまうおそれがあります。

洗顔は洗顔料をしっかり泡立てて、顔に直接触れないように洗いましょう。洗顔料を洗い流すときも同様です。手にしっかりぬるま湯をためて、擦らないように優しく泡を洗い流しましょう。

4. 適度な角質ケア

不要な角質が残らないように週に1回を目安に角質ケアを行うといいでしょう。

ピーリングなどの角質ケアは肌に刺激になると避ける人もいます。しかし頻度を守って適切な使い方をすれば、角栓ができにくい肌作りのために効果的なケアです。

拭き取り化粧水やピーリングジェル、スクラブなど角質ケアアイテムは数多くあります。普段のスキンケアに取り入れやすいものを使って不要な角質を優しく落とすようにしましょう。

角質ケアができるアイテムの使用方法や頻度は必ず守り、一度で落としきろうとするのではなく定期的に継続して行うのが効果的です。

5. 角栓ができやすいところの紫外線ケア

紫外線によるダメージは乾燥を引き起こしたり、皮脂の分泌を過剰にしたりします。鼻やおでこは顔の中でも紫外線を受けやすい場所であり、また汗もかきやすいので日焼け止めが落ちやすいパーツでもあります。

日焼け止めを使う場合は、メイクの上からでも使えるスプレータイプのものなどを使ってこまめに塗り直しをするようにしましょう。帽子や日傘も効果的です。外出するときは紫外線対策を万全にしましょう。

6. 炭酸パックやクレイパックでスペシャルケア

肌のターンオーバーを整える炭酸パックや汚れを吸着するクレイパックは角栓予防のスキンケアとして有効です。ぜひスペシャルケアとして取り入れましょう。

炭酸パックは肌に二酸化炭素を当てることで、血液中から送られる酸素の量を増やします。酸素の量が増えることによって肌の健康な状態を保つことができ、ターンオーバーを整えることができます。

クレイパックは泥の吸着力を生かして肌の汚れを落とすことができます。不要な角質も洗い流してスッキリ整えることができます。

スペシャルケアは毎日行うと表皮が薄くなってしまうなど、肌への負担が大きくなります。アイテムごとに記載されている使い方をよく読んで、使用頻度を守るようにしてください。

7. 無理のない角栓除去

角栓ができてしまった場合は、毛穴を傷つけないように角栓を取り除きます。

NGケアはピンセットで無理やり引き抜いたり、貼って剥がす毛穴パックで大きな刺激を与えることです。

ピンセットは毛穴を大きくしてしまう恐れがあり、毛穴に細かいキズがついてしまうこともあります。毛穴パックは角栓以外にも毛穴周りの必要な角質も剥がしてしまうので要注意です。

角栓を浮かせて溶かしてくれるパックや、オイルクレンジングを使うなどして優しく角栓を除去するようにしましょう。毛穴は温まった状態でゆるむので、角栓除去をしやすくなります。入浴後や、ホットタオルをつかって温めてから行うとより効果的です。

8. バランスの良い食事

角質ができない肌質のためにはバランスの良い食事も大切です。特に脂質の量には注意しなければいけません。

脂質の多い食事を続けていると、多すぎる脂質を毛穴から排出するため皮脂分泌の量が過剰になることが分かっています。脂質は適度な量に抑えて、一日の目安を超過しないようにしましょう。

適切な量は一日のエネルギーの20〜30%を脂質で摂取することです。20代から50代の男性で約65g、女性は50gを目安にするといいでしょう。

また肌のコンディションを保つために必要なビタミンの摂取も大切です。野菜や肉類をうまく取り入れて、バランスの良い食生活を送りましょう。

9. 質の良い睡眠

良い肌は良い睡眠によって作られます。肌は日中に受けたダメージをよる寝ているうちに回復します。新しい肌の細胞も睡眠中に作られるので、良い睡眠は美肌のための必須条件ともいえます。

できるだけ日付が変わるまでには寝ることをおすすめします。質の良い睡眠のためには眠る3時間前に食事を終え、2時間前に入浴を済ませることが推奨されています。また可能であれば1時間前までにスマホやテレビ、パソコンのディスプレイを見るのをやめて体を睡眠モードに切り替えましょう。

10. ストレスを上手くケア

ストレスは肌のバランスを乱してしまいます。人はストレスを感じると男性ホルモンを多く分泌します。この男性ホルモンは皮脂分泌に関わる働きをしており、皮脂が過剰になる原因にもなります。

日常生活においてストレスはつきものですが、自分なりのリラックス方法をもっておいて上手にストレスと付き合うようにしましょう。

まとめ

角質がない人の特徴をご紹介しました。角質はできてしまうと除去することが難しい頑固な汚れです。つるつるの肌を保つためには、角質層を整えたり、油分と水分のバランスを整えたり総合的なケアをして予防することが大切です。

角栓がない人のスキンケアや生活習慣を身に着けて、角栓が出来にくい肌を目指しましょう。