監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

押し出すとニュルっと出てくるニキビの芯。ついついニキビを潰して取ってしまうという方も少なくありません。

しかしニキビの芯を取ると跡が残ると言われていたり、さらに炎症が悪化したりするという報告もあります。ニキビのあとの肌をきれいに保つためには、どのように対処すればいいのでしょうか。

今回はニキビの芯について解説し、取った後の対処法について紹介します。血が出てしまったときのケア方法も紹介しているので、ついニキビの芯を取ってしまったときはぜひ参考にしてください。

ニキビの芯の正体とは?

白くて小さいニキビの芯は、不要になった角質や皮脂のかたまりです。

角質も皮脂も肌を守るために分泌されるものです。角質は肌の表面を外部刺激から守りターンオーバーによって自然と剥がれます。皮脂には肌のうるおいを保ったり、バリア機能を高めたりする役割があり、毛穴から常に分泌されているものです。

ケア不足や肌のコンディション不良によって、剥がれた角質と皮脂が毛穴中で絡み合い角栓を作ってしまいます。この角栓がニキビの芯の正体です。

ニキビは毛穴に角質や皮脂が詰まりが原因です。角栓ができて毛穴が詰まると、毛穴の奥から分泌される皮脂が外に出ることができません。毛穴の中でたまり、ニキビ菌が繁殖します。

ニキビ菌は毛穴の詰まりを中心に周りの皮膚に炎症を起こします。炎症が起こると、それをおさめるために白血球が集結し、ニキビが膨れ上がります。その中に残った毛穴づまりの元がニキビの芯なのです。

ニキビの芯がぽろっと取れると気持ちいい…

「ニキビは潰してはダメ」と聞いたことはあるけれど、ついニキビの芯を取ってしまうという方もいるでしょう。大きくなったニキビを押しつぶして、ぽろりと取れた瞬間が気持ちよくてやめられない方は意外と多いものです。

しかし自己流でニキビの芯を取り出す行為は、ニキビを悪化させてしまう危険性があります。ニキビは皮膚が炎症と戦っている証拠ですから、つぶしてしまうとうまく炎症を抑えることができません。

自己流でニキビを潰すと雑菌が入りこんで余計に悪化したり、ニキビの治りが遅くなったりします。また、ニキビ跡が残る可能性もあるのです。

肌の状態を保つためには、取りたい気持ちをできるだけ我慢して自然に治るのを待ちましょう。

ニキビの種類

ニキビには大きく分けて4つの種類があります。種類によってスキンケアの方法が変わるので、チェックしてみましょう。

白ニキビ

ほとんど目立ちませんが、触ると肌が少し盛り上がっているのが分かるという状態のニキビです。白ニキビはニキビの初期段階で、毛穴が詰まり中で皮脂がたまっています。毛穴の中の皮脂が外に出ることができずに固まってしまい、出口が突き出しているのが特徴です。

黒ニキビ

黒ニキビは出口で固まった皮脂が皮膚の外に出ている状態です。毛穴の中で固まった皮脂が、空気に触れて酸化し、黒く見えるのです。白ニキビも黒ニキビも炎症は起こっていないように見えるかもしれませんが、極力触らないようにしましょう。

赤ニキビ

赤ニキビは毛穴で炎症が起こっている状態です。炎症は毛穴づまりの周りで起こりやすく、毛穴の周囲の皮膚まで赤くなることがあります。一般的にニキビといわれると、この段階のニキビを思い浮かべることが多いのではないでしょうか。

黄ニキビ

黄ニキビは赤ニキビがさらに悪化した状態です。毛穴の中に膿がたまり、大きく膨れ上がります。ひどくなると痛みやかゆみを生じることがあるので、触って潰してしまうことが多くなります。

ニキビの芯を取ると跡が残る?

ニキビ跡は真皮が傷ついて陥没したり、傷を修復するために新しい皮膚組織が多く補われてしこりのようになった状態のことです。ニキビができた部分の真皮までダメージが及んだ場合に残ります。

ニキビの芯を取ることで、必ずニキビ跡が残るというわけではありません。ニキビの治りを早くする効果を期待して、ニキビの芯を取り除く処置を行っている美容クリニックもあります。

問題は自分でニキビの芯を取るために、ニキビを潰したり肌を傷つけてしまうことです。ニキビを爪やピンセットで潰すことで雑菌が入り込むと、炎症が悪化して真皮へダメージを与える可能性が高まります。

またニキビは炎症を抑えるために肌の下で戦っている状態です。芯を取るために潰すことで、その作用を邪魔してしまいます。適切に処置をしないと、さらにニキビが長引くので肌への負担も大きくなります。

そのため自己流でニキビの芯を取ると跡が残りやすくなると言われているのです。

ニキビの芯が取れた後の対処法5個

1. 膿をティッシュで優しく拭き取る

芯が取れた後に膿や血が出ている場合はティッシュで拭き取り、清潔に保ちます。擦って拭き取ってしまうと摩擦によってさらにダメージを与えることになるので、軽く当てるようにして優しく拭き取りましょう。

このとき消毒液などを使う必要はありません。消毒液はニキビを潰したところには刺激が強い場合があります。一時的な殺菌能力はありますが、傷を治す力を弱めてしまうこともあるのです。気になる場合はティッシュを軽く湿らせて拭き取るといいでしょう。

2. 清潔な状態を保つために洗い流す

芯を取った後のニキビに雑菌が入らないように、ニキビの周りは清潔に保つ必要があります。ニキビを直接触らないように注意しながら、流水で洗いましょう。

このときニキビ跡には触れないことが理想です。しかし指先が当たってしまうこともあるので、清潔な手で洗うようにしましょう。石けんやハンドソープで手洗いをしたあとにニキビ周辺を洗うことをおすすめします。

芯を取ったニキビを洗い終わった後、水分を拭き取るときは擦らないように注意しましょう。また拭き取りに使用するタオルも雑菌が繁殖していない清潔なものである必要があります。

もしも心配であればキッチンペーパーを使うのがおすすめです。同じ使い捨てアイテムでも、コットンでは繊維がニキビの部分にくっついて残ってしまう可能性があります。より負担を抑えられるキッチンペーパーを使いましょう。

3. 腫れたり熱を持った場合は保冷剤などで冷やす

ニキビを芯をとった後に、熱くなる感じや腫れたような印象がある場合は炎症が悪化しないように冷やす処置をします。 

保冷剤をタオルなどに包んで優しく当てるといいでしょう。保冷剤を直接当てないこと、強く圧迫しないことの2点を気をつけましょう。

余裕があれば濡らしたタオルを冷蔵庫で冷やしたものもおすすめです。乾燥を防ぎながら顔にぴったりフィットさせることができます。

4. 保湿をする

ニキビをおさめるためには、乾燥を防ぐ必要があります。保湿成分の多い軟膏や、シンプルな成分で作られている化粧水や保湿クリームを使うといいでしょう。

アルコールやエタノールが入っているアイテムは乾燥を促進させる場合があるので使わないようにしてください。

おすすめのアイテムはニキビ専用に作られたスキンケアアイテムです。ニキビ菌を減らす殺菌効果のあるものや、炎症を鎮静する作用があるものがいいでしょう。擦らないように優しく保湿してください。

ひどいニキビの場合は病院で受診することで、専用の塗り薬を処方してもらうのもおすすめです。医薬品は化粧品よりも効果が高いので、保湿をしながらニキビの炎症をおさえることができます。

5. 芯出ししたニキビは触らない

芯をとった後のニキビは保湿剤で保護して触らないようにします。ニキビだったところを修復するために、肌がもともと持つ力を活かしたいからです。

可能であればメイクも控えることをおすすめします。メイクアイテムの細かい粒子がニキビに入り込んだり、肌の働きを阻害することがあります。

どうしても必要な場合は、ニキビへの影響が少ないアイテムを選び、洗浄力の高いクレンジングを使ってメイクが残らないようにしっかりメイク落としを行うようにしましょう。

ニキビの芯が取れた後に血が出たときの対処法

血が出てしまった場合、傷跡を塞ぐために放置せずしっかり対処する必要があります。

STEP1:血を拭き取る

血が出てしまった場合は落ち着いて、まずはティッシュや清潔なガーゼで血を拭き取ります。このとき擦らないように注意してください。

STEP2:流水で流す

清潔にするために流水で洗います。潰れた箇所を触る前に、石けんやハンドソープで手を洗いましょう。雑菌が混ざらないようにするためです。

拭き取るときも擦らないようにします。清潔さを保つためにタオルではなくキッチンペーパーをつかうのもおすすめです。血が止まらないときはガーゼなどをあてて血が止まるまで待ちましょう。

STEP3:保湿

傷跡を治すためには乾燥させないことが大切です。出血したところを触らないようにしながら、軟膏を塗りましょう。

普段使っている化粧水を塗るのもいいでしょう。アルコールが配合されている化粧水は乾燥しやすくなるため使わないようにしてください。

ニキビの正しいスキンケア方法3個

1. 洗顔

ニキビができた後のスキンケアは洗顔が基本です。丁寧な洗顔をすることでニキビを予防することもできます。

きめ細かい泡をたっぷり使って洗う

洗顔はたっぷりの泡で行います。顔を洗うときに指先や手で摩擦しないようにするためです。肌を摩擦すると、新しいニキビができる原因にもなってしまいます。

汚れを洗い流すメカニズムは、肌の上で泡を動かして汚れを泡と泡の間に吸着することで、泡と一緒に洗い流すことができるというものです。きめ細かい泡をしっかり動かすことによって汚れを浮かせやすくなります。

たっぷり泡立てた洗顔料は汚れを吸着しやすいだけでなく、泡を動かすときに肌と指先の間のクッションの役割も果たしてくれます。洗顔料はしっかり泡立てて洗顔をするようにしましょう。

洗い流すタイミングとお湯の温度

洗顔にかける時間は30秒から1分と言われています。あまり長い時間洗顔料を顔においておくと肌に必要な皮脂や水分まで洗い流されてしまう可能性があります。手早く洗顔できるようにしましょう。

また、洗い流すときに熱いお湯で流してしまうと乾燥を促進させてしまいます。体温にちかいぬるま湯で洗顔料を洗い流しましょう。

2. 保湿

乾燥すると角質層が乱れてしまいます。乾燥から肌を守ろうとする力が働くため、毛穴の周りの角質層が厚くなり、毛穴詰まりが起きやすくなります。肌のうるおいはコンディションを保つために必須なのです。

保湿は化粧水とクリームをセットで行う

ニキビができやすいと「スキンケアアイテムをあまり顔に塗りたくない」と思うかもしれませんが保湿は必ず行いましょう。保湿の基本は「化粧水+乳液やクリーム」です。

化粧水の水分で角質層にうるおいを浸透させて、乳液やクリームのオイル成分でうるおいを肌にとどめることで保湿ケアをすることができます。化粧水だけでは水分が逃げやすくなってしまったり、乳液だけではもともとの水分が不足したりするので、基本的にセットで使うようにしましょう。

ニキビ肌にも乳液やクリームは必須?

保湿のための乳液やクリームを塗るとニキビができやすいという方もいます。オイル成分が多くありすぎることで、荒れやすい状態になるのでしょう。

たしかに乳液・クリームが不要な肌質もありますが、それは脂質肌で皮脂と水分がともに十分に分泌されている肌質に限ります。

肌が脂っぽいという方でも、皮脂が多いだけで水分が少ない方がいます。そのようなインナードライの方は、うるおいを保持する力は少なくなっています。薄づきでかまいませんから、化粧水を塗った後は乳液やクリームを使うようにしましょう。

3. 塗り薬や飲み薬の使用

繰り返すニキビや悪化したニキビは皮膚科や美容クリニックで受診するのがおすすめです。
病院では体質やニキビの状態にあわせて、ニキビを鎮静・ニキビ菌を殺菌する塗り薬や、ニキビができにくい肌に整えるための飲み薬を処方されます。

また治療としてニキビの芯を取り出す「圧出」をおこなっているクリニックもあります。正しい処置をおこなうため悪化しにくく、ニキビ跡を残さず治りが早くなることが期待できます。

治療として行うのであれば、保険が適用されますので、ニキビに悩む場合は気軽に一度受診を検討するといいでしょう。

まとめ

ニキビの芯が取れたときの対処法をご紹介しました。ニキビが出来た場合、基本的には自己流で潰したり芯を取り出すといった行為はおすすめできません。

もし取れてしまった場合には適切に処置をすることで健やかな肌を守ることができます。ニキビの芯が取れたときは慌てず、極力負担をかけないように注意しながら適切に対処しましょう。