監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

「ニキビができたら、極力触らない方がよい」とは分かっていてもつい、自己流のお手入れを行ってしまうことは多くあります。「ニキビの芯を抜く行為がやめられない」「中身を指で押し出すとすっきりするが、悪化させることはないか」と悩む人もいるでしょう。

この記事では、ニキビの芯を抜く行為に伴うリスク・ニキビを繰り返さない肌を作るためのケア方法を解説します。なかなか治らない大人ニキビに悩む人はぜひ、参考にしてください。

ニキビの芯とは?

ニキビの芯とは

まず、ニキビの芯とは何かをおさらいしましょう。ニキビの芯とは、毛穴に詰まった皮脂や角質などの汚れです。専門的な用語では「面ぽう」「コメド」とも呼ばれます。

ニキビの第一段階は、過剰に分泌された皮脂や角質などによって毛穴の出口が狭くなり、汚れが溜まりやすい状態になることです。

次の段階では皮脂や角質が毛穴に詰まり、ニキビの芯が作られます。毛穴に詰まった皮脂や角質を放置することはアクネ菌に栄養を与えて、増殖させる原因です。アクネ菌が増殖すると身体が抵抗しようとすることで、炎症が起こります。

炎症の初期段階にあたる症状は、赤く腫れ上がった「赤ニキビ」です。さらに炎症がひどくなると膿を持ち、セルフケアでは対処しにくい「黄ニキビ」ができてしまいます。

ニキビの芯を抜くのが楽しい・気持ちいい…

ニキビに悩む人の中には、ニキビの芯を抜く行為が習慣化する人もいます。芯がすっぽり抜けたときの達成感が病み付きになり、トラブルを起こす度に自己流の対処を行ってしまうこともしばしば。

「もっときれいに抜くためにはどうすればよいか」とニキビの芯を抜く動画を探して、テクニックを磨こうとする人もいるほどです。

ただし、多くの人が理解しているように、ニキビの芯を無理に抜く行為には、一定のリスクが伴います。そもそもニキビを治すために芯を抜く行為を始めたはずなのにトラブルを悪化させてしまったら、元も子もありませんよね。

ニキビをきれいに治すためには正しいケア方法を覚えて、地道に努力していくことがおすすめです。

ニキビの種類

ニキビの種類

ニキビには、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビなどの種類があります。

白ニキビは皮脂や角質が毛穴に詰まり、白いポツポツの見える状態です。白ニキビからさらに症状が進行すると詰まった汚れの表面が酸化し、黒い色に変化します。

この状態が「黒ニキビ」で、シミやほくろのように見えることが気になる人も多いでしょう。白ニキビ・黒ニキビは炎症を伴わないニキビですから、ひどい痛みを感じることはありません。

白ニキビや黒ニキビを放置すると、アクネ菌の繁殖が進み、大きく腫れ上がった「赤ニキビ」になってしまいます。赤ニキビがさらに悪化し、黄色い膿の見える状態になったものが「黄ニキビ」です。

赤ニキビ・黄ニキビは炎症を伴うニキビですから、痛みを感じることがあります。とくに炎症の強い黄ニキビでは、アクネ菌の作り出した酵素によって毛穴の壁が破壊され、炎症の原因物質が周りに広がるリスクもありますから、注意しましょう。アクネ菌によるダメージが真皮層にまで及ぶとクレーター状の凹みが残り、なかなかきれいに治りません。

ニキビの芯出し効果

ニキビの芯出しとは、皮膚科や美容皮膚科で行う専門的な治療のことです。ニキビの頂点に小さな穴を空けてから「面ぽう圧出器」と呼ばれる器具を押し込み、毛穴に詰まっているものを取り出します。ニキビの頂点に小さな穴を空ける際には、レーザーを使うことが一般的です。

ニキビの芯出しには、レーザーの熱によってアクネ菌がダメージを受けたり空気に触れて弱ったりすることにより、ニキビをきれいに治す働きが期待されます。

自宅には、皮膚科や美容皮膚科で使用するようなレーザー機器がありません。また、面ぽう圧出器の使い方に慣れない人が自己判断で使用すると、炎症を広げてしまう原因です。

そのため、ニキビの芯出しを自己判断で行っても、きれいに治したりトラブルの早期解消を図ったりすることができません。

ニキビの芯を自分で抜くのはOK?跡が残る?

ニキビの芯を自分で抜くと、跡が残るリスクは高いといえます。可能な限り皮膚科や美容皮膚科を受診して、適切なケアを受けてください。

「どうしても自分で抜きたい」という場合は、清潔な針・消毒用エタノール・滅菌ガーゼ・炎症を抑える塗り薬を用意します。清潔な針でニキビの頂点に穴を空け、指の腹で優しくおさえることにより、ニキビの芯を抜きましょう。

大きな穴を空けてしまうとニキビ跡の残るリスクが高まりますから、1mm程度の深さに留めることが大切です。ニキビの芯を抜く際に強い力を与えることも、ニキビ跡が残るリスクを高める行為にあたります。

指の腹を使用してニキビの盛り上がりが半分程度の高さになるまで、優しく芯を抜いてください。ニキビの芯を抜いた後は滅菌ガーゼに消毒液を含ませたものをあて、雑菌の繁殖を防ぎます。その後、炎症を抑える塗り薬を塗りましょう。

ただし、基本的に医師は自分で芯を抜く行為を推奨しません。「失敗したときにはニキビ跡を残してしまうリスクがある」ということを理解したうえで、実践するかどうかを決めてください。

ニキビの芯の抜き方

皮膚科・美容皮膚科におけるニキビの芯の抜き方には、2種類のパターンがあります。上で紹介した「ニキビの芯出し」は、毛穴が閉じている場合に検討される手法です。

毛穴が開いている場合は穴を空けずに面ぽう圧出器を押し当てて、ニキビの芯を押し出します。

なお、毛穴が閉じている場合に検討される手法にしても開いている場合に検討される手法にしても、ニキビの発生を抑える働きは持ちません。

そのため、皮膚科や美容皮膚科でニキビの芯出しを行う際には、他の手法との組み合わせで治療することが一般的です。

ニキビケア方法7個

ニキビの芯出しを皮膚科・美容皮膚科で受けるとはいえ、自宅でできるニキビケアを怠ると、根本的な解決には到らないケースがあります。

以下のようなニキビケアを日々の習慣として実践し、トラブルを繰り返さない理想の肌を目指しましょう。

1. 帰宅後すぐにメイクを落とす

ニキビケアの基本は、肌を清潔に維持し、汚れを蓄積させないことです。化粧したまま過ごす時間が長いほど肌に大きな負担をかけて、汚れの蓄積リスクが高まりますから、帰宅後すぐにメイク落とししてください。

メイクを落とす際に肌をゴシゴシこする行為・メイクを落とす力の強すぎる洗顔料を使用する行為もまた、ニキビの悪化を招くリスクがあります。

ニキビを繰り返さない肌を作るためには、メイクの濃さに応じた強さのクレンジングを選択する・優しい力でメイクを落とすなどのルールを守りましょう。

2. 正しい方法で洗顔する

ニキビケアでは、クレンジング後に洗顔料で洗顔する「ダブル洗顔」が推奨されます。以下の手順に従って正しい方法で洗顔し、汚れをきれに落としてください。

【1】適量の洗顔料を手のひらに出して、十分に泡立てる
【2】皮脂分泌量の多い部位から洗顔料を乗せ、優しく洗う
【3】目元や口元などデリケートな部位を優しく洗う
【4】体温よりも低い温度のぬるま湯で、しっかりすすぐ
【5】すすぎ残しのないことを確認し、清潔なタオルで水分を吸収する

十分に泡立てていない洗顔料を使用すると、肌に対して摩擦刺激を与えて、ニキビの悪化を招いてしまうことがあります。洗顔料を乗せた後にゴシゴシ洗顔する行為もまた同様です。

すすぎに使用するお湯の温度が高すぎると、肌の乾燥を悪化させ、ニキビのできやすい状態を作ってしまうことがあります。すすぎに使用するお湯に触れたとき「温かい」と感じるようであれば温度が高すぎる証拠ですので、注意しましょう。

3. 過剰な角質ケアを控える

ニキビのできた肌はデリケートな状態です。スクラブ洗顔料やピーリングジェルを頻繁に使用すると肌に大きな負担をかけて、ニキビを悪化させるケースがあります。

少なくとも炎症の強いニキビができているときは、角質ケアをお休みして、肌に負担をかけにくい洗顔への切り替えがおすすめです。

なお、ニキビが治った後も、頻繁すぎる角質ケアは避けることがきれいな肌を作るための秘訣。スクラブ洗顔料やピーリングジェルごとに指定されている使用頻度を守り、適切なペースで行いましょう。

4. 保湿ケアを怠らない

大人ニキビは、肌の乾燥が原因で悪化しやすいトラブルです。洗顔後は速やかに化粧水をなじませて、不足している水分を補います。

化粧水の後は乳液や保湿クリームを使用して、適度な油分を補うことも大切です。油分を含む基礎化粧品をすべて止めてしまうことは、水分・油分のバランスを崩して、乾燥を悪化させる原因にあたります。

乳液や保湿クリームのベタつきが苦手な人は、軽い質感の乳液を薄くなじませる程度でも構いません。ニキビができているときこそ丁寧な保湿ケアを行って、バリア機能を整えることにより、トラブルを繰り返さない状態を目指しましょう。

5. ニキビ肌に適した基礎化粧品を使用する

「しっかり保湿しているつもりなのに、トラブルが改善しない」という人は、肌に合わない基礎化粧品を使っているかもしれません。

ニキビ肌の保湿に使用する基礎化粧品は、ノンコメドジェニックテスト済みであること・刺激成分を含まないことを基準に選択します。

「ノンコメドジェニックテスト済み」とは、ニキビの芯(コメド)のできにくさに関する試験を通過し、販売された商品であることの証拠です。ノンコメドジェニックテスト済みだからといって「絶対にニキビができない」という保証はないものの、比較的安心して使用できます。

香料・アルコールなどの刺激成分を含む基礎化粧品は肌に負担をかけるリスクがありますから、ニキビのできやすい人は注意しましょう。自分に合わない成分が分かっている場合は改めて基礎化粧品のパッケージを確認し、肌との相性を確かめることも大切です。

6. UVケアを徹底する

ニキビができているときに紫外線を浴びると刺激によって皮脂が酸化し、トラブルを悪化させるリスクがあります。ニキビを改善するためにはUVケアを徹底し、紫外線刺激を最小限に食い止めましょう。

ただし、「UVケアを徹底することが大切」とはいえ、強すぎる日焼け止めを使用する必要はありません。

日常使いに適した日焼け止めの強さは「SPF15〜30、PA+〜++」程度です。ウォーキングなどやや長めの屋外活動を行う日には、「SPF30〜50、PA++〜+++」程度を選択します。「SPF50+、PA++〜++++」の日焼け止めは、マリンスポーツを楽しむ日などアクティブに活動するときに適した強さの商品です。当日の活動内容に応じた日焼け止めを正しく使い、ニキビの悪化を防いでください。

7. 市販のニキビ治療薬を使用する

「ニキビを早く治したいが、病院に行く時間がない」というときには、市販のニキビ治療薬を使用することで、症状を改善できるケースがあります。炎症を伴うニキビ・炎症を伴わないニキビの両方に対応できるニキビ治療薬は、抗炎症成分・殺菌成分を含むものです。

◯抗炎症成分
ニキビの炎症を鎮めて、症状の進行を防いでくれる成分。イブプロフェンピコノール・グリチルリチン酸ニカリウムなどが抗炎症成分の代表例です。

◯殺菌成分
アクネ菌を殺菌し、症状の進行を防いでくれる成分。レゾルシン・イソプロピルメチルフェノール・エタノールなどが殺菌成分の具体例です。

ニキビ治療薬を使用する対策と合わせて、ビタミンB2・ビタミンB6配合の飲み薬を使用し、インナーケアを行うこともおすすめです。ビタミンB2・ビタミンB6には皮脂分泌量をコントロールし、毛穴を詰まりにくくする働きが期待されます。

まとめ

ニキビの芯とは、皮脂や角質などの汚れが毛穴に詰まった状態です。自己流で芯を抜くことには多くのリスクが伴いますから、皮膚科や美容皮膚科に行き、専門家のケアを受けることをおすすめします。

ただし、皮膚科や美容皮膚科に行くとしても、ニキビを繰り返さないためのセルフケア習慣も大切です。この記事で紹介したケア方法を参考に凹凸の目立たないきれいな肌を目指しましょう。