監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

肌のモイスチャーバランスを整えるために欠かせないのが化粧水です。保湿のためにつけすぎてしまうと、ベタベタしてテカることもあるのではないでしょうか。

中にはニキビやかゆみ、赤みなどの肌トラブルに悩まされる方もいるようです。

そこで、今回は化粧水をつけすぎたときのデメリットや適切な付け方をご紹介します。ぜひこの記事を参考に、正しい化粧水の知識を身につけて手触りのよいツヤ肌へ導きましょう。

化粧水のつけすぎはテカる?

しっかり保湿をしなければと思い、化粧水をつけすぎてしまうことがあります。化粧水を構成しているのはほぼ水溶性成分なので、肌表面にある薄い角層に吸収される量は決まっています。

一気に多量の化粧水を肌になじませようとしても、全部は肌内部までは浸透しにくいのです。必要な潤いを吸収できずに角層が水分不足になると、肌は乾燥し始めて分厚くなります。

角質肥厚が起きると、化粧水に含まれる保湿成分が角層までしっかり届きません。そして、乾燥から肌を守るために、逆に過剰な皮脂の分泌を促すという悪循環に陥ってしまうのです。

保湿のために良いと行っているケアが、テカりの原因になっていることもあります。過剰な皮脂の分泌は脂性肌だけと思われがちですが、乾燥肌や混合肌でも起こりうることです。

化粧水のつけすぎは、時間の経過とともにTゾーンなどの皮脂分泌量の盛んな部位がテカりやすくなります。脂性肌では、もともと皮脂の分泌量が多いため、部位ごとに塗る量の調整が必要です。

化粧水のつけすぎはよくない?逆効果?

では、化粧水のつけすぎは逆効果になるのでしょうか。先ほどで述べたように、1度にたくさんの量の化粧水をつけても、角層へ浸透できる量には上限があるので上手く水分を吸収できません。

また、多量の化粧水をつけると一時的に潤ったように思えますが、水分過多によって角層はフヤフヤの状態になります。

長く入浴すると指先がふやけた状態になるのと同じです。フヤフヤの状態では、肌のバリア機能の働きが低下するため、肌に必要な水分がどんどん蒸発してしまいます。

肝心の保湿成分を角層に届けられなければ、乾燥によるテカりや肌荒れといった肌トラブルにつながることもあるのです。

つけすぎは逆効果に

大量の化粧水をつけるのは逆効果で、正しい使い方ではありません。化粧水のつけすぎによって肌が水分を抱え込めなくなると、バリア機能が破綻してしまうのです。

バリア機能が壊されると、肌が荒れてヒリヒリしたり、かゆくなったりすることもあります。美肌のためと行っているスキンケアが、肌に負担をかけている可能性もあるのです。

化粧水の適量や適切な付け方も解説しているので、健やかな肌へ導くためにぜひチェックしてください。

化粧水つけすぎのデメリット

次に、化粧水をつけすぎるとどのようなデメリットがあるのでしょうか。間違った化粧品の使用は、ときに害になることもあります。悩みの少ない肌を目指すためにも、化粧水をつけすぎたときのデメリットをチェックしておきましょう。

以下には、化粧水をつけすぎたときのデメリットをまとめています。

・メイクが崩れやすくなる
・バリア機能が低下する
・肌トラブルの要因になる
・顔がむくみやすくなる
・毛穴が開きやすくなる
・使う化粧水によってベタつくこともある

適した量の化粧水をつけた肌は、潤いもありスベスベの状態です。反対につけすぎの肌はベタベタし、その上にメイクをすると崩れやすくなります。

化粧水のつけすぎによって角層が水分を抱え込めなくなると、肌はふやけてバリア機能も低下してしまうのです。

トラブルから肌を守るバリア機能が低下すれば、肌は刺激を受けやすくなり無防備な状態になります。そして乾燥を始め、ニキビや赤み、肌荒れなどの悩みの種となることもあるのです。

また、水分が増えすぎることで顔がむくんだり、毛穴が開いたりと、美容面でマイナスの要素もあるので覚えておきましょう。

化粧水の適量

一般的な化粧水のパッケージには使用に関しての推奨量が記載されていますが、「適量」とだけ記されている製品も多くあります。

実際にどのくらいつければよいのかと、疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

化粧水をつける量は手とコットンとで異なります。つけすぎると思わぬ肌トラブルを招くことがあるので、それぞれの適量をチェックしてみましょう。

手でつける場合

肌質によって適切な量は変わりますが、手でつける場合には100円玉大~500円玉大程度は必要です。つける量は多すぎても良くありませんが、逆に少なければ肌全体になじみません。

十分な潤い効果が得られないため、肌表面は潤っていても内部が乾燥することもあります。肌質に合った化粧水を選び、適量を肌質に合わせて使用してください。

また、季節や部位などによってもつける量が肌の状態によって異なります。肌の調子が良いと感じられる量を基準とし、肌質や季節に合わせて調整しましょう。

コットンを使う場合

コットンでつける場合には、500円硬貨大の化粧水を染み込ませます。手でつける場合よりも均一につけられますが、摩擦が起きやすくなるので多めの量が必要です。

水は水分の少ないほうに移行する性質をもっています。潤いが十分でないコットンを肌にのせると、せっかく保湿した水分を逆に奪ってしまうことがあるのです。

化粧水の保湿は、コットンの隅々まで十分な量を行き渡らせてから行いましょう。

化粧水の効果

次に、化粧水が肌に与える効果とはどのようなものなのでしょうか。化粧水には、さまざまな保湿成分が配合されており、水分を肌に留める役割を果たしています。

一般的な化粧水は肌を健やかに保ち、潤いとなめらかさを与えて、皮膚の生理作用をケアする化粧品です。

種類は大きく分けて、保湿効果のある柔軟化粧水と洗浄効果のある拭き取り化粧水、皮脂抑制効果のある収れん化粧水があります。

以下に、化粧水の主な効果についてまとめました。

柔軟化粧水(一般的な化粧水)・水分を与える
・潤いのある肌を保つ
・柔らかくする
収れん化粧水・毛穴を引き締める
・皮脂を抑制する
拭き取り化粧水・角質を除去する
・軽いメイクを落とす

どの種類の化粧水も、肌を健やかに保つためにさまざまな成分が配合されています。

最近では肌悩みに応じて、美白やニキビなどの有効成分を配合したものも豊富です。収れん化粧水は、毛穴開きや皮脂量を整えるのに役立ちます。

ターンオーバーの乱れや乾燥により、蓄積した角質を除去するには拭き取り化粧水が有効です。肌質や季節の変化に合わせて、適切な種類の化粧水を使い分けましょう。

化粧水の適切な付け方7個

キメの細かな美肌に導くには、(柔軟)化粧水の適切な付け方が重要です。間違ったスキンケアはマイナスになることもあるので、美肌を目指すために正しい方法を見ていきましょう。

1. 少量ずつ手のひらで温める

1度につけても肌に浸透しにくい場合は、少量ずつ手にとり手のひらで温めましょう。手のひらで温めることで化粧水の浸透が良くなります。

肌の潤い感をチェックするために手でつけるのがおすすめです。コットンを使う場合は、十分な量の化粧水を含ませてから肌になじませてください。

横に滑らせると摩擦が起きやすくなるので、優しく押さえながら化粧水を浸透させましょう。

2. 洗顔後は素早く保湿を

入浴や洗顔後の肌は水分によって潤って見えますが、ほとんど皮脂(油分)のない状態です。時間の経過とともに水分が蒸発していくので、肌は過度に乾燥し始めます。

顔を洗ったら、なるべく早めに化粧水で肌を整えましょう。また化粧水を塗るのに時間がかかると、肌表面にある水分は徐々に蒸発します。なるべく短時間で素早く化粧水をつけることが大切です。

3. 顔全体になじませる

顔の中央から外側へムラができないように、化粧水を広げていきましょう。顔全体に化粧水がなじむまで、1番と2番を2~3回繰り返します。ゴシゴシとすりまず、優しく顔全体になじませませてください。

ペタペタと必要以上に押し込んだり、何度も重ね付けしたりする必要はありません。重ね付けする回数は2~3回を目安に、肌のキメを整えて潤い肌に導きましょう。

4. 行き届きにくい凸凹の部位にも丁寧につける

目や口、鼻周りは凸凹しているので、きちんとつけているつもりでもムラになりやすい部位です。たっぷりの量の化粧水をつけても、肝心な部位が塗れていないこともあります。

細かな部位の隅々まで、化粧水をまんべんなくつけることが大切です。凸凹の部位には、指の腹を使って優しく押さえます。手が乾いてきたら、再び化粧水を手に取って付け足しましょう。

5. 優しくハンドプレスして浸透を促す

顔全体になじませたら、最後は優しくハンドプレスで化粧水の浸透を高めましょう。手のひらで顔を包み込み、潤いを閉じ込めるイメージで行います。

この際に過度なパッティングをしたり、手で強く押さえたりすると、肌への刺激になるので優しく行うのが鉄則です。肌にしっかり水分が補給されて、潤いに満ちた肌に仕上がります。

6. 乾燥しやすい部位は重ね付けで潤い感をアップ

目元や口元などの乾燥しやすい部位には、2~3回に分けて少量ずつ重ね塗りしましょう。とくに、湿度の低下によって乾燥しやすい季節は、丁寧な保湿を心掛けてください。

目元や口元が潤いに満ちていれば、生き生きと健康的な肌に見えます。皮膚が薄くデリケートな部位なので、指先でポンポンと優しく重ね付けしましょう。

7. 短時間で乳液やクリームで潤いを閉じ込める

水分を補った後は、すぐに油分を含んだ乳液やクリームで素早くフタをしましょう。化粧水だけでは、せっかく潤った肌も水分が蒸発して乾燥してしまいます。

そこで、遅くても5分以内には、乳液やクリームで潤いを閉じ込めましょう。あえて化粧水が浸透するまで待つ必要はありません。

美容液や乳液、クリームも化粧水と同じように、浸透を促すため手で温めてから顔全体に広げます。脂性肌や混合肌では、皮脂の多い部分は乳液やクリームの量を減らして調整してください。

化粧水をつけた後の手順も大切

使用手順を間違えて乳液やクリームを先につけると、油性成分が水溶性成分をはじいて浸透しにくくなるので注意しましょう。

基本は化粧水と美容液の後に、乳液、クリームの順に保湿します。(配合成分や目的により、順番が異なる製品もあります。)

水分の蒸発を防ぐためには、短時間で化粧水からクリームまでの保湿ケアを済ませることが重要です。

まとめ

ここでは、化粧水をつけすぎたときの効果と適切な付け方をご紹介しました。1度に多量の化粧水をつけても浸透しにくいので、少量ずつに分けて塗る必要があります。

目や口の周りは乾燥しやすいため、重ね付けをして水分量を調整しましょう。保湿の際には、手の力を抜いて優しくつけることが美肌に導くポイントです。

化粧水の後は美容液、乳液、クリームの手順で保湿し、肌質に合わせて使用量や部位を工夫してください。休みの日でもサボらずスキンケアは必要です。不足した水分と油分を上手に補給して、手触りのよいツヤ肌美人を目指しましょう。