監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

「なぜ乳液を使用するのか」と聞かれたとき、自信を持って回答できない人も多いでしょう。基礎化粧品の役割や目的を正しく把握し、毎日のスキンケア習慣に役立てることが美肌作りの近道です。

この記事では、乳液の役割と選び方、効果的な使い方を改めて紹介します。「スキンケア習慣を根本から見直し、肌の調子を整えたい」という人は、ぜひ参考にしてください。

乳液の役割と目的は?

乳液の役割は主に、化粧水で補った水分の蒸発を防ぐことです。乳液に含まれる油分が皮脂の代わりを担い、肌内部に水分を閉じ込めることによって、乾燥を防いでくれます。

乳液によって蓋をしないと化粧水が蒸発する際にもともとあった水分まで奪ってしまい、乾燥が悪化する状況になりかねません。その状況を避けるためにも乳液を使用し、適度な油分を補うお手入れが不可欠です。

さらに乳液に含まれる油分は、ごわつく肌を柔らかくして、ふっくらとさせる働きも担います。油分不足を起こした肌からはツヤやしなやかさが失われて、ごわつきやくすみなどのトラブルを起こしがちです。乳液によって適度な油分を補うことで、理想の質感に近づけましょう。

乳液とクリームの違い

乳液とクリームは、油分の配合量が異なります。クリームの方が一般的には油分の配合量が多く、こってりとした質感です。一方の乳液は適度の水分を含むことからサラサラとした質感のものも多く、脂性肌の人でも使いやすい傾向があります。

ただし、乳液やクリームの質感や含まれる成分は商品によって異なることが通常です。数ある乳液やクリームの中には「比較的こってりとした乳液」や「ベタつきにくいクリーム」もあることに注意しましょう。

脂性肌用に開発されたクリームはベタつきにくい商品が多く、顔のテカリや毛穴トラブルの気になる人でも使いやすい傾向があります。

反対に乾燥肌用に開発された乳液にはヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの水溶性保湿成分が含まれるものも多く、くすみやごわつきの気になる人への対応も可能です。

乳液によく含まれる成分

乳液には多くの場合、水分と油分、乳化剤、保湿成分などが含まれます。それぞれの役割や配合比率は、以下の表の通りです。

水分乳液は化粧水同様に肌を柔らかくしたり潤いを補充したりする役割も果たしますから、適度な水分が含まれます。サラサラとした質感の乳液は比較的水分の配合量が多めです。
油分乳液の数%から30%程度を占める成分。スクワランやオリーブ油、マカデミアナッツ油などが代表例です。
乳化剤水分や水溶性の保湿成分と油分が分離しないように配合される成分。たとえば、モノステアリン酸グリセリンやPOE硬化ひまし油、脂肪酸石けんなどが使用されます。
保湿成分ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドやアミノ酸など肌に潤いを与えたり乾燥を防いだりするために配合される成分。配合される保湿成分によって質感や合う肌質、期待される働きが変化するケースが多いといえます。

乳液に含まれる成分はすべて、箱や容器の外側に記載されます。自分に合わない成分が分かっている場合は購入前に確認し、安心して使用できる商品を選んでください。

乳液の効果3個

乳液は、化粧水と組み合わせて使用することにより、さまざまな効果を発揮する基礎化粧品です。乳液の主な効果をおさらいし、お手入れのモチベーションを高めましょう。

1. 肌のPHバランスを整える

まず、肌のPHバランスを整えて、弱酸性に保つことです。油分の不足した肌はアルカリ性に傾き、細胞間脂質や天然保湿因子などバリア機能の構成成分が流出しやすい状態になってしまいます。

乳液によって適度な油分を補うことは、肌のPHを弱酸性に戻すために有効な手段の1つ。結果としてバリア機能の構成成分の流出を防ぎ、乾燥しにくい状態に維持することが可能です。

2. しぼんだ肌をふっくらさせる

次に、乾燥や加齢によってしぼんだ肌をふっくらさせて、若々しく見せることです。硬くなってしぼんだ肌は水分・油分を取り込みたくても入っていかない状態になってしまいます。

この状態のままお手入れしても、化粧水や美容液の働きを活かすことができません。そこで活躍する基礎化粧品が乳液です。乳液によって適度な水分・油分を補ってあげると、硬くなった肌が柔らかくなり、保湿しやすい状態に変わります。

硬くなった肌を放置することは、ニキビや毛穴の開き、肌のかゆみなどさまざまなトラブルを引き起こす原因です。乳液によるお手入れを続けることでトラブルリスクを軽減し、刺激に負けない肌を作りましょう。

3. シワやたるみ、ニキビを予防する

一部の乳液には、エイジングケア成分やニキビケア成分が含まれます。自分の気になるトラブルに応じた乳液を使用することは、積極的なエイジングケアやニキビケアを進めるための近道。美白成分配合の乳液を使用すれば、シミやくすみの解消を目指すことができます。

なお、エイジングケアやニキビケアなど目的特化型の乳液を活用する場合には、化粧水や美容液も同じシリーズでそろえること(ライン使いすること)がおすすめです。

多くのメーカーは、化粧水・美容液・乳液をライン使いする前提で、それぞれの基礎化粧品を開発します。同じシリーズの基礎化粧品を使用することによってそれぞれの足りない部分を補い合うことができるため、効率的なお手入れが可能です。

乳液の選び方

乳液を選ぶ際に「どれを使用すればよいか」と迷う人もいるでしょう。以下では、乳液を選ぶ際のポイント2点を紹介します。

1. 保湿力の高いものを選ぶ

乳液は主に乾燥対策として使用する基礎化粧品ですので、保湿力の高さが重要です。乾燥が気になる人は、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が含まれた乳液を選択しましょう。

ベタつき、テカリが気になる人でも内部的な乾燥の見られる「インナードライ」に陥っていることがあります。

十分な保湿力を持つ乳液を使用することによって内部的な乾燥を解消してあげるとトラブルを解消できるケースがありますから、正しく状況を把握した上で、状態に合う乳液を使ってください。

2. 好みの質感に応じて選ぶ

「乳液」とひと口にいっても、質感はさまざまです。ベタつきに苦手意識を持つ人はさっぱりタイプ・肌の乾燥が気になる人はしっとりタイプなど好みの質感の乳液を選択すると、ストレスを感じません。

成分のところでも紹介したように水分の配合量の多い乳液は比較的さっぱりした質感で、ベタつきの気になる人でも使いやすい種類といえます。

乳液の効果的な使い方5個

乳液の効果を引き出すためには、正しい使い方を守ることが大切です。以下では、基本的な使い方から応用的な手法まで、乳液を使いこなすためのテクニックを解説します。

1. 化粧水・美容液の後に適量をなじませる

乳液の王道的な使い方は、化粧水・美容液を塗った後になじませる方法です。10円玉硬貨大程度の量の乳液を手の平に出し、以下の手順でなじませて、水分・油分を補充しましょう。

【1】両方の手のひらで乳液をはさみ込み、体温と同じ温度まで温める。
【2】手の平で顔全体を優しく包み、内側から外側に向かってなじませる。
【3】ハンドプレスで浸透を促す。

ハンドプレスとは、基礎化粧品をつけた後に手の平で優しく押さえて、浸透を促すことを意味します。小鼻の周りなど入り込んだ部分は指の腹を使用し、他の部位と同じように押さえましょう。

ハンドプレスを終えたときに手の平もしくは指の腹が肌に吸い付くような印象を受けたら、乳液がきちんとなじんだ証拠といえます。肌に吸い付くような印象を受けない場合は少量を重ね付けし、水分・油分を足す方法も検討しましょう。

2. 化粧水・美容液がなじんだ後に乳液をつける

乳液を効果的に使うためには、タイミングも重要です。乳液は、化粧水もしくは美容液がしっかりと肌になじんだことを確認してからつけてください。

化粧水などがしっかりとなじむ前に乳液をつけてしまうと、水分・油分が混ざりあって、浸透を妨げるリスクがあります。

化粧水や美容液、乳液にはそれぞれ異なる役割がありますので、すべての基礎化粧品をしっかり浸透させてあげることが大切。化粧水・美容液に含まれる水分や保湿成分をきちんと肌に届けるためにも、それぞれを付けた後にひと呼吸おき、なじんだことを確認した上で乳液をつけましょう。

なお、ひと呼吸おくことが大切とはいえ長時間放置することは、乾燥を悪化させる原因です。肌の突っ張りを感じるほど長時間、タイムラグを作ることは避けてください。

3. サラサラとした乳液はコットンを使用してもOK

サラサラとした質感の乳液を使う場合は、コットンに適量をとり、顔全体になじませる方法もおすすめです。

コットンを使用する場合は、手でなじませる場合よりもやや多めの乳液を使用します。その後、以下の手順でお手入れを進めて、顔全体を保湿しましょう。

【1】頬の内側から外側に向かって、乳液をなじませる。
【2】額の内側から外側に向かって、乳液をなじませる。
【3】顎の内側から外側に向かって、乳液をなじませる。
【4】コットンに残った乳液を鼻の周りになじませる。

コットンを使用する際の注意点は、強い力でこすらずに、優しくお手入れすることです。パンにバターを塗るときのような感覚で顔の上を滑らせて、摩擦刺激を和らげましょう。

なお、肌がとくに敏感に傾いているときにはコットンの繊維すら刺激に感じることがありますので、手でつける方法がおすすめです。基本の付け方に則って手で優しくなじませることにより、弱った肌をいたわってください。

4. 乾燥しやすい部位に重ね付けする

顔全体を仕上げた後に「物足りない」と感じる場合は、目元や口元など乾燥しやすい部位を中心に、重ね付けしてください。

指の腹に少量の乳液をとり、トントンと軽くたたくようになじませることで、重点的に保湿できます。

顔全体に重ね付けすることは、Tゾーンのテカリがひどくなったりベタつきが気になったりする原因です。重点的な乾燥対策を必要とする部位のみに重ね付けし、顔全体の質感を整えましょう。

5. 乳液とクリームを併用することもできる

乳液・クリームは同じ目的で使用する基礎化粧品にあたりますが、両方を併用し、重点的な乾燥対策を行うことも可能です。ひどい乾燥が気になるときには乳液をなじませた上からクリームを重ねて、油分をしっかり補いましょう。

肌質ごとにいえば一般的に、乾燥肌に悩む人は乳液とクリームの併用が望ましいといわれます。混合肌の人には乳液を顔全体になじませた後、乾燥の気になる部分に対してのみクリームを重ねる方法がおすすめです。

肌質以外には、季節に応じてお手入れ方法を変える方法も検討できます。たとえば、「ベタつきや毛穴トラブルの悪化しやすい夏場は乳液のみ・乾燥の気になる冬場は乳液とクリームを併用する」といった具合です。

まとめ

乳液は、化粧水や美容液によって補った水分・保湿成分などを肌内部に閉じ込める働きを持つ、重要な基礎化粧品です。乳液にはごわつく肌を柔らかくする役割もあり、ふっくら・モチモチした状態に整えるために重要な役割を果たします。

この記事で紹介した効果的な使い方を今一度読み返し、正しくお手入れすることで、肌の調子を整えましょう。