監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

30代に差し掛かると多くの女性が肌の変化を感じるようになります。その変化はスキンケアを怠るとすぐにトラブルが起こる、今までできなかったニキビができる、乾燥をより感じるようになるなど様々です。

日頃どんなにケアをしていても30代になると肌の状態は大きく変化します。そのため20代の時から変わらないスキンケアにこだわるのでなく、自分の肌を観察しながらスキンケアを見直し、30代の肌に合ったものにアップデートすることが必要です。

今回は30代の肌の状態と肌荒れの原因をお伝えします。

30代の肌の状態

30代の肌に起こる最も大きな変化は皮脂分泌の減少です。皮脂の分泌量は30代の前半でピークを迎え、その後は急激に減少していきます。

健康な肌は汗と皮脂が混ざり合った皮脂膜という天然の保護膜に守られています。皮脂膜は外からの刺激から皮膚を守ったり、肌を弱酸性に保つために欠かすことができません。

皮脂の分泌量が減少すると、水分と油分のバランスが崩れ、皮脂膜がうまく肌を守れなくなってしまいます。

また30代に入ると女性ホルモンのエストロゲンの分泌が徐々に少なくなっていきます。ホルモンというのはいつも微量な中でバランスをとっており、分泌量が少し変化するだけで体に大きな変化が生まれます。

エストロゲンは美肌ホルモンとも言われているホルモンです。肌の中のコラーゲンを生成するために使われるので、エストロゲンが減少すると肌の水分をうまく保てなくなり、ハリがなくなってたるみやキメの粗さにつながります。

30代の肌荒れの原因5個

30代になってから目立ってくる肌トラブルの原因として5つ挙げられます。

1. 乾燥

30代になると多くの人が肌の乾燥を感じるようになります。肌は歳を重ねることによってうるおいを保持する力が弱くなってしまいます。実は20代の時から少しずつ肌の働きは弱くなっているのですが、30代に差し掛かるとより顕著にその変化が現れてきます。

乾燥の悪化につながる肌の変化は主に2つです。

◯皮脂分泌の低下

皮脂の分泌量の減少は30代の肌の一番特徴的な変化です。思春期から20代まで増えていた皮脂が減少に傾くことで、肌からうるおいが逃げやすくなってしまいます。

また皮脂は水分の蒸発を防ぐだけではなく、汗と混ざり合って天然の保護膜である皮脂膜を作ります。

皮脂膜は肌のバリア機能の役割も担っており、かゆみやシワの予防にも役立ちます。皮脂分泌の低下は乾燥のみならず様々な肌トラブルの引き金にもなるのです。

◯コラーゲンの減少

天然の保湿成分であるコラーゲンは加齢によってコラーゲンを作る量が少なくなってしまいます。肌の表皮は日々の摩擦や年齢を重ねることによって自然と薄くなっていきます。

表皮が薄くなるにつれて、コラーゲンを作る量が少なくなり、またコラーゲンが作ってるお肌のハリを支える構造が崩れてしまいます。

コラーゲンの減少に伴い、肌の水分を守る構造が保てなくなってしまうことで、肌のハリが失われてたるみの原因にも。毛穴の開きが気になってしまうのもコラーゲンの減少が原因かもしれません。

2. 紫外線

実は肌老化の原因の8割は紫外線によるものと言われています。紫外線によって皮膚の状態が悪化することを光老化といいます。

一年の間に受ける紫外線の量が「真夏の晴天の日に5分間外にいた時に受ける紫外線の量」を超えると、光老化が進むと考えられています。ですから防ぐのは難しく、誰にでも光老化の影響はあると考えてもいいでしょう。

紫外線は肌に様々なトラブルを起こします。多くの人が知っているように、紫外線はシミの原因になります。

紫外線の刺激から皮膚を守るために、メラノサイトからメラニンが生成されて肌の表面を黒くします。紫外線の刺激が無くなった時にメラニンの生成を抑えることがトラブルにはなりません。

しかし紫外線を浴び続けたメラノサイトはコントロールを失い、メラニンの色素が肌に沈着してしまうとシミになってしまいます。

また紫外線によってシワが深くなることもわかっています。紫外線によって作られたシワは通常の老化以上に深いもので、一度できてしまうと改善することはとても難しいと考えられています。

3. ターンオーバーの遅れ

年齢を重ねることによってターンオーバーの周期が長くなっていきます。肌は真皮で作られた新しい細胞が徐々に表面に上昇して入れ替わっていくことで新しい肌の状態を保っています。

新しい肌が生まれて剥がれ落ちるまでの働きをターンオーバーといい、その期間は一般的に約28日と言われています。

加齢によってこの期間は変動し、30代になると2ヶ月近くかかることも。ターンオーバーが遅くなると表面に古くなった肌細胞が蓄積されて角質の層が厚くなってしまいます。角質層が厚くなるとゴワゴワして、透明感の少ない肌になってしまいます。

4. 女性ホルモン

肝斑などの頬や額に左右対象に現れるシミは妊娠時に濃くなる場合もあるため、肌トラブルには女性ホルモンも関わっていると考えられています。

女性ホルモンの変化は30代の体にとって大きな変化の一つです。20代から30代にかけて女性ホルモンのなかのエストロゲンは分泌のピークを迎えます。徐々に減少するなかでホルモンバランスを崩してしまい肌トラブルにつながりやすくなります。

またエストロゲンはお肌のコンディションを整えてくれるホルモンです。肌のハリやツヤを生み出し、健やかな美肌を保つために欠かせません。そのエストロゲンが減少してしまうので、肌のたるみやしわが目立ちやすくなると考えられています。

5. 筋力の低下

全身の筋肉と同じように、顔の筋肉も年とともに能力が低下してしまいます。顔の筋肉の中では、特に目の下や顎周りの筋肉が衰えやすいと言われています。30代になるとちょうど目元のしわやほうれい線が気になるもの。ほおっておくと口角が下がったり、頬のたるみの原因になってしまいます。

筋肉を動かさないでいるとかたくなってしまい、顔が大きく見えてしまうことも注意が必要です。

普段日本語を話す私たちは口の周りの筋肉しか使いません。輪郭を引き締めて小顔になるには、エラの部分にある大きな筋肉を動かす必要があります。使われない筋肉がコリ固まってしまう前に適切なケアが必要です。

30代のニキビの原因は?

思春期に多いニキビは男性ホルモンの増加によるものと考えられていますが、30代の大人ニキビはホルモンバランスの変化に加えて環境による影響が大きいでしょう。

主な原因としてメイクの洗い残し、偏った食生活、睡眠不足、ストレスがあげられます。ニキビは汚れが毛穴に詰まったり、皮脂と水分のバランスが崩れることで起こりやすい肌トラブルです。

メイクや日中に付着した空気中の汚れを洗い落とさずに寝てしまうと、汚れが毛穴を塞ぎ、中で炎症が起こってニキビになってしまいます。また睡眠不足やストレス、栄養バランスの乱れによって肌のバランスが崩れると、ニキビになりやすい肌になってしまいます。

30代からのニキビ対策は内側からも外側からもケアが必要です。

30代の肌荒れしないスキンケア方法5個

年齢に負けない肌作りのために必要なスキンケアを5つご紹介します。正しいスキンケア方法を身につけていくつになってもキレイな肌を目指しましょう。

1. うるおいをたっぷり補給する保湿

いくつのときも保湿は大切なスキンケアですが、30代は特に外側からも水分を補給することを大切にしなければなりません。

肌がもともと持っているうるおいを保つ力が徐々に失われていきます。ですから外からしっかり水分を押し込んで、いつでもうるおいたっぷりの状態をキープする助けをしなければいけません。

セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分は、肌にもともと存在しているもので、長年スキンケアアイテムに使われてきたものなので安心して使うことができるでしょう。肌のうるおいをキープする力をサポートしてくれます。

ヘパリン類似物質は親水性が高く、水分と結合して離さずに皮角質層内に留めてくれます。ヘパリン類似物質の力を借りることで細胞の働きもスムーズになり水分を蓄えられるようになります。このように水分を肌に留めてくれる成分を使ったアイテムで保湿をするようにしましょう。

2. 紫外線対策

紫外線対策が一番力を入れて行うべきスキンケアです。紫外線による影響は今の肌だけではなく、数年後の肌にも出てしまいます。

外出する際は必ず日焼け止めを塗りましょう。曇りの日も油断してはいけません。晴れている日ほど強くはありませんが、それでも60%ほどの紫外線が降り注いでいます。

また曇りの合間に晴れがのぞくようなことがあると、雲に反射した光によって紫外線の量が晴れの日よりも多いこともあります。繰り返しになりますが外出する際にはいつも日焼け止めを塗るように心がけましょう。

日焼け止め以外にも帽子やサングラスも有効です。自分が取り入れやすい方法で紫外線をバッチリ対策しましょう。

3. 汚れを残さないダブル洗顔

毎日の汚れをそのままに寝てしまうと肌の老化は加速します。メイクをした日にはクレンジングを、そうでない日でも洗顔は必ず行うようにしましょう。

ダブル洗顔の必要はないと感じる方も多いかもしれませんが、クレンジングと洗顔では得意な汚れの種類が違います。クレンジングは油汚れ、洗顔はタンパク汚れを落とすのに適しています。

クレンジングが得意な汚れはメイクや毛穴詰まりの原因になる角栓などです。これらの汚れは油によく溶ける汚れで、油分の多いクレンジングを使うことでしっかり落とすことができます。目の周りや小鼻の付近など洗い残しやすいところに注意して、汚れを浮かせて流しましょう。クレンジング剤が肌に残ると肌荒れの原因にもなるのですすぎはしっかり行います。

洗顔は汗や古くなった角質を落とすために効果的です。しっかり泡立てたキメ細かい泡で洗顔をすることで肌の細かい溝に溜まった汚れも落とすことができます。肌の摩擦にならないよう柔らかいタッチで洗い流しましょう。

洗顔を過度に行うと毛穴の開きにもつながります。ゴシゴシ洗って汚れを一気に落とすのではなく、毎日丁寧に行いましょう。

4. スペシャルケアのフェイスパック

30代からは特にパックによる美容効果が高くなります。化粧水や乳液のケアに加えて、水分や油分、そのほか美容に効果のある栄養分を浸透させるようにしましょう。

基本は化粧水の後にパックをするのがおすすめです。

化粧水を塗った後にパックをすることで角質層への浸透率がアップします。クレンジングや洗顔を終えた後、化粧水を塗ってからパックをしましょう。目元や口周りの空いている部分は乾燥しやすくなるので、クリームなどで保護しておくと良いです。

注意するべきこととして、必ず使用時間は守るようにしてください。製品に書いてある目安時間を超えて使うと、お肌の水分が失われてしまう可能性があります。フェイスパックの効果を高めるためにも、使い方を守って行いましょう。

5. 顔の巡りをよくするフェイシャルマッサージ

フェイシャルマッサージは皮膚のヨレを起こしたりシワの原因になるイメージがあるかもしれませんが、うまく行うことで多くの肌トラブルを予防することができます。

マッサージをすることで肌の血行を促進し、むくみや老廃物を顔から取り除き、くすみの少ない肌にすることができます。血液の流れが良くなると栄養分も行き渡りやすくなるため健やかな肌が作られるようになります。

また、マッサージによって筋肉のコリをほぐすこともできます。日常であまり使えていない筋肉を外側から動かしてあげることで、血流が流れ込んで筋肉の組織を柔らかくしてくれます。

顔のマッサージをするときは必ずマッサージオイルやクリームを使ってすべりを良くしましょう。皮膚への摩擦は禁物です。

シワがよらない程度の力で顔の真ん中から外側に向かって流すように肌を撫でます。生え際や耳のキワまで流したらフェイスラインもしっかり流して、首元まで持っていきます。耳たぶの後ろに大きなリンパ節があるので、痛くない程度に指で押すとリンパが流れやすくります。

顔のリンパを流し終わったら、首を肩まで流し鎖骨も内側から外に向かって撫でるとより効果が出やすいです。

30代の肌荒れの改善対策3個!食べ物は?

30代のお肌にはスキンケア以外にも改善するために必要な対策があります。今回は食事・睡眠・環境の整え方についてご紹介します。

1. 栄養たっぷりの食事

食事を摂取するときに考えたいポイントは3つです。

保湿に役立つ栄養をとる

皮膚の原料になるタンパク質をしっかり摂ること、また皮脂の分泌を助けてくれるビタミンAがおすすめです。ビタミンCも皮膚のコラーゲンの生成を促進してくれる栄養素なので積極的に摂りましょう。

タンパク質は肉や魚、卵に多く含まれています。ビタミンAはレバーやニンジン、ほうれん草がおすすめです。ビタミンCはブロッコリーやレモン、アセロラを取り入れるといいでしょう。

女性ホルモンの働きを補う

大豆イソフラボンは体内に入ると女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをします。肌の新陳代謝を助けてくれる音で積極的に摂りましょう。

ビタミンEやビタミンB6は女性ホルモンが作るのを助けてくれます。ビタミンEはかぼちゃやごま、ビタミンB6はマグロや青魚に豊富に含まれている栄養です。

活性酸素に対抗する栄養をとる

老化の原因になる活性酸素を取り除くカロテノイドやビタミンC、ビタミンEは毎日欠かさず摂りたい栄養です。

活性酸素は細胞にダメージを与えて老化を促進させてしまいます。毎日の食事でできるだけ発生を抑えられるようにしましょう。

2. 質の良い睡眠で肌を回復

睡眠中にはお肌を若々しく保つために必要な「成長ホルモン」と「メラトニン」が分泌されやすい状態になっています。

成長ホルモンは日中に受けたダメージを修復し、ターンオーバーを促進します。メラトニンは成長ホルモンの分泌を促進し、高い抗酸化力で肌の老化を遅らせます。

良い睡眠はストレス解消にも繋がります。精神的なストレスが長く続いていると、肌がうるおいを保つ力や外からの刺激から皮膚を守るバリア機能が低下することがわかっています。

私たちの生活はストレスとはきっても切り離せません。良い睡眠をとって上手にストレスを解消しましょう。

肌のためには寝ている間に枕に顔を擦らないように注意しましょう。できれば仰向けで寝るのがおすすめです。

3. 冷暖房を控えた生活

冷暖房に頼り切った生活をしていると、肌の力が弱くなってしまいます。周りの温度がほとんど変化せず一定の生活を続けていると、体温調整をする毛細血管の働きを弱めてしまい新陳代謝が悪くなります。

しかし、室内と室温の急激な温度差も肌の状態を一定に保つ働きを損なってしまいます。一日の中で自然な温度変化ができるような環境に整え、体調を考えながら上手に冷暖房を使うようにしましょう。

まとめ

30代の肌荒れの原因とスキンケアや改善対策をお伝えしました。年齢にあったスキンケアを行うことで肌は見違えるように良くなります。逆に20代のままのスキンケアをしていると老化を進める原因になってしまうかもしれません。

自分の肌のコンデイションを観察しながら、必要なスキンケアを行いコンディションを整えるようにしましょう。