監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

日焼けによるシミの原因は紫外線です。紫外線にはUVAとUVBがあって、UVBが多いのは4月~9月と言われています。しかしUVAは年間を通してUVBほど変動が大きくないため、実は一年を通して紫外線対策する必要があるのです。万全を期すために、日焼けの予防対策は一つだけではなく複数の予防を同時にするのがおすすめです。

一度できてしまったシミは歳を重ねるほど、また放置する期間が長いほど消しにくくなります。日焼けによるシミが出来てしまったら、できるだけ早くケアすることが大事です。

今回は日焼けによるシミの予防対策とできてしまったシミのケア方法について解説します。

日焼けでシミになる原因

日焼けでシミになる原因は、紫外線とメラニンの過剰生成によるターンオーバーの乱れと言われています。以下、順に説明します。

日焼けの原因になる紫外線

地表に届く紫外線にはUVAとUVBがあります。UVAは波長が長く、真皮まで届くために肌の弾力性を担うコラーゲンやエラスチン、それらを作り出す線維芽細胞が損傷されシワの原因になります。このようなダメージから守るために、メラニンが生成されます。これが紫外線による日焼けです。

一方、UVBは波長が短く表皮までしか到達しません。しかしUVAに比べて強いエネルギーを持つため、表皮の細胞が損傷されて火傷のような炎症になります。それが刺激となってメラニン色素が生成されます。つまり日焼けはUVAでもUVBでも起こるのです。

一年を通して変動があるのはUVBであり、UVAは年間を通じて大きな変動はありません。UVAが少ない月でもピーク時の2分の1以上あります。紫外線の多くはUVAであることから、日焼け対策は一年中する必要があるといえます。

日焼けをした後にシミになる原因

シミになる原因は二つあります。一つは過剰なメラニン生成、もう一つはターンオーバーの乱れです。

過剰なメラニン生成

日焼けは肌にほぼ均一にメラニンが分布していますが、シミは限定的です。これはシミの部分にあるメラノサイトが、メラニンの過剰生成をしているためです。資生堂の研究ではメラノサイトがまるで暴走するようにメラニンを作り続けていることが確認されています。

ターンオーバーの乱れ

メラノサイトが活性化され続けていると、メラニンを蓄積したケラチノサイトの分裂が低下することが資生堂の研究で明らかになりました。この分裂の低下を補うように、メラニンを蓄積していないケラチノサイトが活発に分裂をするのですが、メラニンを蓄積しているケラチノサイトは正常に上層へ上がって行かずシミになります。

日焼けシミを注意すべき体の部位

日焼けしやすい体の部位は、常に露出している部位です。年中露出しているのは顔や手の甲ですね。毎日少しずつでも紫外線に当たり続けると、気づかないうちに日焼けシミができている可能性があります。

夏になるとサンダルを履くことが多いので、足の甲も日焼けしやすくなります。そのほか半袖を着ると腕が、ノースリーブを着ると腕だけではなく肩も日焼けしやすくなります。

足、背中、首、デコルテも露出の頻度が増えるので、これらの部位の日焼け対策は必須です。顔の中では鼻や頬など他の部位よりも高いパーツが日焼けしやすいため、日焼けシミができやすい部位です。

日焼けシミの予防対策5個【日焼け前】

日焼けをしないことが日焼けシミのベストな予防と言えるので、日焼けの予防と日焼けシミの対策について5つの方法を紹介します。

①日焼け止めを使う

日焼けしやすい部位に、日焼け止めを必ず塗りましょう。日焼け止めは体用、顔用があります。それぞれの部位に適した成分が含まれているので、使い分けることをおすすめします。

またシーンによって適したSPFやPAを選ぶと効果的です。SPFは主にUVBから肌を守る効果を表す数値です。例えば普段の生活ではSPF30ぐらいで十分ですが、夏のアウトドアであればSPF50くらいが必要です。PAはUVAから肌を守る効果の目安で、数値ではなく+の数で表されます。普段の生活では+から++程度、夏のアウトドアなど強い紫外線を長時間浴びるときには+++~++++を選びましょう。

SPF値で紫外線防止効果が続く時間がわかります。例えばSPF10は、UVBを浴びてから肌がダメージを受けるのを10倍遅らせることができます。紫外線を浴びてから肌がダメージを受けるまでの時間は個人差がありますが、おおよそ20分程度と言われています。つまりSPF10は肌が紫外線を浴びても3時間20分(200分間)はダメージを受けずにいられるということです。ただ注意すべきことは、日焼け止めは塗った時点から皮脂や摩擦により落ちていくということです。SPF10の日焼け止めを塗ったとしても、塗りたてのときの効果を3時間20分維持している保証はないということです。

日焼け止めの効果を維持するためには、2〜3時間おきの塗り直しが推奨されています。体は塗り直しするのは簡単ですが、顔はメイクをしているので2〜3時間おきにメイクの上から日焼け止めを塗り直すことに抵抗があると思います。そこでおすすめしたいのは、メイクの上からでも使える日焼け止めです。ミストタイプやパウダータイプの日焼け止めがあるので、お好みで1品外出時に持っていれば便利です。

②帽子・日傘を使う

日焼け止めだけに頼るのは危険です。塗りムラや時間が経つと塗った日焼け止めが落ちてくるため、100%の効果が常時あるわけではないからです。そこで主に顔に降り注ぐ紫外線の影響をカットするために、つばのある帽子や日傘を併用するようにしましょう。つばの広い帽子だと顔全体に紫外線が当たりにくくなり、首の後ろの日焼けも防げます。

日傘はUVカット加工しているもの、していないもの、素材自体が半永久的にUVカット効果のあるものなどがあります。せっかく日傘をさしても、紫外線が日傘を通過してしまったら何の意味もありません。そこで日傘の選び方について、少し解説したいと思います。

日傘の布の色は白などの薄い色よりは黒のほうが紫外線を透過しないので、UVカット率は高くなります。また日傘の布にUVカット加工が施されている場合、UVカット効果は2〜3年しか持ちません。生地の厚さによってもUVカット率が変わります。厚手の生地は薄手の生地よりもUVカット率は高くなります。そのあたりのことも考慮して、日傘選びをすると良いと思います。

③UVカットの洋服・アームカバーなどを使う

外出時にUVカット機能のある洋服やアームカバーを使うのもおすすめです。アームカバーは自転車や車でちょっと外出するだけだから、日焼け止めを腕に塗るのが面倒と思う時には便利です。

UVカット機能のある洋服は、子どものプールの付き添いや運動会などの学校行事で長時間外に出る時などにおすすめです。首元やデコルテなどを日焼けから守るためにストールを巻くのも良いでしょう。

④日焼けしにくい食材を摂取する

食材を選ぶことで、紫外線を浴びても日焼けしにくい体を作ることができます。どんな食材、どんな栄養素が良いかを説明する前に、日焼けシミの元となるメラニンがどのようにして生成されるかについて、説明したいと思います。

メラニンはどのように作られる?

肌が紫外線を浴びると、防御反応でメラニンが生成されます。メラニンは表皮の基底層というところに存在するメラノサイトで作られています。メラノサイトは紫外線が刺激となり、メラニン生成を始めます。まずチロシンというアミノ酸がチロシナーゼという酵素で酸化され、ドーパキノンになります。ドーパキノンは酸化や他の物質との結合を繰り返し、メラニンが生成されます。

このようにメラニンが生成されるまでには、いくつかの酸化反応が起こります。日焼けを防ぐためにはメラニン生成過程で起こる酸化反応を阻害できれば日、焼けや日焼けシミが防げます。

また紫外線を浴びることにより皮膚内で発生する活性酸素によっても、メラニンが生成されることがわかっています。したがってメラニンを作る元になる活性酸素を上手く除去することもシミ予防につながります。

酸化がメラニンのキーワード

活性酸素は酸化させる力がとても強い物質です。チロシンからメラニンが生成される過程でも酸化反応があります。ここでのキーワードは酸化です。つまり表皮内でメラニン生成に関わる酸化反応を抑えることができれば、メラニンの生成も抑えられることになります。

日焼けしにくくなる食生活

では日焼けしにくい食生活について説明します。日焼けと日焼けシミを予防するためには、酸化を防ぐ栄養素を含む食材が有効だとわかります。酸化を防ぐ栄養素とは、ビタミンA、C、Eなど抗酸化作用のあるものです。

食材でいえば、ビタミンAや体内でビタミンAに変換されるβカロテンを多く含むのはにんじん・ほうれん草・うなぎなど、ビタミンCはブロッコリー・赤ピーマン・レモン・キウイフルーツなど、ビタミンEはナッツ類・ゴマ・アボカドなどです。

抗酸化作用のある栄養素を含む食材を食生活の中に十分取り入れることで、メラニン生成のきっかけとなる体内の活性酸素を除去し、またメラニン生成過程を阻害することでメラニン生成をいくらか抑えることができます。

⑤飲む日焼け止め

飲む日焼け止めの主成分は、ニュートロックスサン®やフェーンブロック®が有名です。これらは抗酸化作用のある植物由来の抽出物です。服用から効果が現れるのが30分後なので、外出の30分前に飲みます。効果は4時間持続します。

なお米国皮膚科学会は日焼け対策法としては塗る日焼け止めを推奨しており、飲む日焼け止めだけで日焼けを防止できるものではないという見解を示しています。飲む日焼け止めに配合されている主成分が日焼けに対して効果があるという研究結果は存在していますが、肌に塗るものではないためSPFで評価することができず、どれほどの日焼け止め効果があるかは明らかにされていません。

そのため飲む日焼け止めはあくまでも従来の日焼け止めをした上で補助的に加える対策と考えられています。

日焼けシミの予防対策5個【日焼け後】

紫外線は目に見えないので、充分対策を考えていたはずなのに日焼けしてしまったということはあると思います。そこで日焼けをした後にすべき対策、日焼けシミの予防のためにすべきこと5つを紹介します。

①日焼けした部位を冷やす

日焼けすると、肌が赤くなりヒリヒリします。これは肌が火傷しているのと同じ状態です。皮膚に炎症が起きると、メラノサイトを刺激してメラニンが生成されます。炎症後色素沈着と同じメカニズムです。日焼けシミを作らないためには、日焼けした部位を冷やして炎症を速やかに鎮めましょう。炎症が長く続くほど、メラニン生成が活発になるからです。

②抗酸化作用のある食材を摂る

日焼けの予防と同じです。紫外線を浴びると紫外線そのものがメラノサイトを刺激してメラニンの生成を促し、紫外線を浴びることによって皮膚内に活性酸素が発生しメラニンが生成されます。メラニン生成のキーワードは酸化でした。

この酸化を阻止する抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eを含む食材を積極的に摂ることで日焼け後の対策、日焼けシミの予防になります。ビタミンは食べ方次第で吸収率が高くなったり低くなったりするので、効率よくビタミンを吸収して抗酸化作用を最大限に引き出すための食べ方について解説します。

抗酸化作用のある食材の効率的な食べ方

ビタミンには油に溶ける性質の脂溶性ビタミンと、水に溶ける性質の水溶性ビタミンがあります。脂溶性ビタミンであるビタミンAとビタミンEは、熱に強く油で炒めることで吸収率がアップします。これに対し水溶性ビタミンCは熱に弱いため、加熱する料理よりは生で食べられる食材でビタミンCを補給すると簡単・効率的に吸収できます。

ビタミンCはこまめに摂取

ビタミンCは体内に貯蔵することができないため、一日に数回に分けて摂取するのが理想的です。ビタミンCは活性酸素の除去やメラニン生成を阻害するだけではなく、コラーゲン生成を促し、体内でアミノ酸・糖・カルシウムの代謝や鉄・カルシウムの吸収やストレス軽減に関与するなど美容に関わる働きをするほか、炎症の引き金になるヒスタミンの放出を抑え、や免疫機能を高めアルコールの分解を促進するなど、健康を維持する上でも重要な役割を持っています。

このようにあらゆる場面で必要とされているため、こまめに補給することが大事になります。喫煙や風邪、激しい運動、ストレス、飲酒などはビタミンCを大量に消費するので、あてはまるときには意識して摂取することを心がけましょう。

③飲む日焼け止め・美白サプリメントを飲む

日焼けしてしまった後でも、飲む日焼け止めは有効だと言われています。日焼けしてすぐの炎症を鎮める効果があるからです。美白サプリメントもメラニン生成抑制やメラニン還元の作用で日焼けシミを防ぐ方法の一つとして試す価値ありです。

④十分な睡眠を取る

睡眠は、細胞が日中に受けたダメージを修復する大事な時間です。眠っている間に分泌される成長ホルモンが、細胞の修復に必要なエネルギーを作り出します。

睡眠が十分でないと成長ホルモンの分泌も少なくなるため、ダメージの回復ができません。成長ホルモンの働きで細胞分裂も活発になり、新陳代謝が高まることでメラニンの排出もスムーズになりシミになりにくい肌が作られるのです。日焼け後は意識的にしっかり睡眠を取るようにしましょう。

⑤美白化粧品を使う

日焼け後、炎症が鎮まった後に美白化粧品でケアをしましょう。炎症がある間は美白化粧品の成分が刺激になります。肌への刺激はメラニン生成を促進するきっかけになり得るので要注意です。

美白成分は大きく分けてメラニン生成を抑制する作用、メラニンを還元する作用、メラニンを排出する作用の3つがあります。メラニン生成抑制は主にチロシナーゼの活性を抑制することでメラニンを作らせないようにします。メラニンの還元とは、できてしまったメラニンを還元(酸化とは逆の反応)して無色化することです。メラニン排出というのは、肌のターンオーバーを正常化し、メラニンを含んだ角質細胞を速やかに垢として落とすことです。

メラニン生成抑制作用のある美白成分はアルブチン・トラネキサム酸・ビタミンC誘導体など、メラニン還元作用のある美白成分はハイドロキノン・ビタミンC誘導体・リノール酸Sなど、メラニン排出作用がある美白成分は4MSK・プラセンタエキスなどがあります。美白化粧品によっては、数種の異なる作用を持つ美白有効成分を配合しているものもあります。

できてしまった日焼けシミを取る方法4個

できてしまった日焼けシミを、何とかして取ることができれば良いですね。シミは長年経過するほどに消えにくくなるので、日焼けシミに気づいたらすぐに対処しましょう。日焼けシミを取るおすすめの方法を紹介します。

①美白化粧品で美白ケアをする

美白化粧品については前述の通りです。美白効果のある成分を配合している製品を使って美白ケアをしましょう。ビタミンC誘導体はメラニン生成抑制作用と同時にメラニン還元作用もあるので、できてしまった日焼けシミを薄くする効果もあり、おすすめです。

同様にメラニン還元作用がある美白成分は、リノール酸Sやハイドロキノンがあります。ハイドロキノンは医薬部外品の有効成分として認可されていないので、化粧品のみとなります。ハイドロキノンは肌への刺激が強いので、使用上の注意をよく読んで慎重に使いましょう。

②メラニン排出を促すためにしっかり保湿をする

日焼けした肌は乾燥しています。保湿をしても肌の水分が蒸発しやすくなり、バリア機能も低下しています。化粧水で保湿した後は、肌の水分を逃がさないように刺激の少ないクリームを使いましょう。クリームを塗っても肌が乾燥するようであれば、クリームを塗った後にワセリンを薄く塗ると、肌の水分蒸発がかなり抑えられます。ワセリンのべたつきが気になるようであれば、塗った後に軽くティッシュで押さえるとべたつきが改善できます。

ワセリンは化学的に安定な物質、低刺激で安全な成分と言われています。まれに肌に合わないこともあるので、その点に注意しつつ使いましょう。保湿をしっかり行うことで、ターンオーバーの正常化を促進し、メラニンを含んだ角質細胞が排出されやすくなります。

③日焼けシミに効く食べ物

日焼けシミを作らないようにするには、メラニン生成を抑えるために日焼け予防で紹介した抗酸化作用を持つ栄養素を含んだ食材を積極的に摂りましょう。

それに加え、日焼けして荒れた肌や出来てしまったメラニンの排出を促すために、肌のターンオーバーを助ける働きを持つ栄養素も必要です。肌荒れの改善やターンオーバーを促進する栄養素はビタミンA・C・Eに加え、ビタミンB群も必要です。

また新しい細胞を作るためには、細胞の材料になるたんぱく質が必要です。良質なたんぱく質をしっかり食べて肌の再生を促しメラニンを含んだ角質細胞を排出して日焼けシミをなくしましょう。

日焼けシミに効く食材

日焼け後にシミを作らないためにおすすめしたい食材の中から、いくつかを紹介します。まずは大豆です。大豆はタンパク質の他、ビタミンB1やビタミンE、脂質やミネラルなど、肌の再生に必要な多くの栄養素が入っています。

日本は大豆を使った食材が多いので、毎日の食事に取り入れやすいと思います。ビタミンCは体に貯蔵できない栄養素なので、食後にフルーツを少し食べたり毎食サラダを少し食べたりして、こまめに補給すると良いと思います。足りないと感じた時は、サプリメントを利用しても良いと思います。

手軽に食べることができるアボカドもおすすめです。アボカドは良質な脂肪酸を多く含み、乾燥肌の改善に効果を発揮します。ビタミンB群、ビタミンEも豊富です。血液もサラサラになり血流が良くなるため、肌の再生に必要な栄養素が血流に乗って供給されます。アボカドはサラダに入れて、手軽に食べられます。手軽に食べることができる食材をそろえておくと、日焼け後のケアが上手くいくと思います。

④美容皮膚科でシミを取る

日焼けシミが出来てしまい、手っ取り早くシミを取りたいときは美容皮膚科へ行くのも一つの方法です。専門医を受診してレーザー・外用薬や内服薬など、肌の状態に適した方法で安全にシミ除去を行うことができるのが利点です。

日焼け予防と日焼け直後からのケアが大切

日焼けシミを作らないためには、日焼けをしないことが一番です。しかし紫外線は目に見えないので、紫外線対策をしていても気づかないうちに日焼けしていることが往々にしてあります。

まずは日焼け対策をしっかり行い、日焼けをしてしまったことに気がついた直後から、適切に肌のケアをすることで肌のダメージを最小限に抑えることが大切です。この記事で紹介した体の内と外からのスキンケアで、日焼けシミ知らずの肌を目指しましょう。