監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

多くの女性は外出する時や人と会う時には必ずメイクをします。メイクが毎日の習慣になっている人にとって、一日中すっぴんで過ごすことは、とても少ないことかもしれません。

毎日メイクをしていると実感しにくいことですが、実はすっぴんで過ごすと素肌をキレイに保つために効果的なメリットがたくさんあります。

すっぴんの肌で過ごせるようになると日々のお手入れが楽になりますし、よりメイクを楽しむことができるでしょう。

この記事では素肌を美しくするすっぴんの効果と、すっぴん生活に必要なスキンケアをご紹介します。

すっぴんで過ごす効果は?肌荒れする?

メイクをせずにすっぴんで過ごすと、肌がもつ本来の力を引き出すことができます。

肌は良い状態を保つために天然の保護膜を作ります。毛穴から皮脂、汗腺から水分をバランスよく分泌して混ぜることによって、皮脂膜という薄い膜ができるのです。

この皮脂膜は紫外線や摩擦などの外の刺激から肌を守り、雑菌の繁殖を抑える働きもあります。また、肌のうるおいを保つ効果もあり、万能な保護膜の役割を果たします。

メイクをする機会を減らすことで、余分な油分や粉を皮膚の上に乗せることが少なくなります。そのため肌は本来のバランスで皮脂と水分を分泌することができるようになるのです。肌が自然な状態になることで、本来のバリア機能や回復力を取り戻すことができます。

すっぴん生活をはじめると、一時的に肌荒れが起こる場合があります。しかし、それは肌本来のバランスに戻るために必要な通過点です。適切なスキンケアを続けることでおさまるでしょう。

すっぴんで過ごすメリット

すっぴんで過ごす最大のメリットは肌に過剰な負担がかからないことです。

メイクに含まれる油分やその他の成分は、肌がもともと持っている洗浄機能や回復能力では補えない負荷を肌にかけています。日常的にメイクして過ごすことによって、肌は必要以上に皮脂を分泌してしまう可能性もあるのです。

すっぴんでの生活は、メイクをすることで過剰に働いていたバリア機能を抑えることができます。またメイクブラシや指による摩擦が減り、細菌が皮膚に付着する機会も減るため、肌荒れの予防になります。

活発になりすぎている皮脂分泌を抑えることによって、肌荒れの他にも、ニキビや毛穴の開きも減らすことができます。すっぴん生活は毛穴のトラブルを改善するためにとても効果的です。

また、すっぴんで生活するとメイクにかけていたお金や時間を節約できるのもメリットの一つです。朝の準備や、寝る前にメイクを落とす時間は意外と時間がかかっているものです。メイクをしないことで、一日に余裕をうむことができるでしょう。

すっぴん生活のスキンケア方法8個

すっぴん生活を送るために必要なスキンケア方法をご紹介します。どれも素肌をキレイにするために効果がある方法です。一度に全て頑張る必要はありません。自分が取り組みやすいものから、習慣にしていくようにしましょう。

1. 洗顔をきちんとする

メイクをしていなくても、常に外気にさらされている素肌は空気中のチリや埃が付着して汚れてしまいます。

また、肌が生まれ変わるために剥がれ落ちる角質や、肌を守るために膜を作る皮脂は日々分泌されます。古い角質や皮脂が肌に残ったままになると、乾燥を悪化させたり、酸化して肌にダメージを与えてしまいます。

日々の汚れを肌に残さないためにもすっぴん生活では洗顔を毎日行いましょう。顔を洗うときにはたっぷりの泡で優しく汚れを落とすようにしてください。肌には泡だけがあたるようにして、指先や手のひらは触れないのが理想の洗顔です。

すすぐ時のお湯の温度にも気をつけましょう。あまり熱いお湯は肌を乾燥させてしまいます。ほのかにあたたかさを感じるぬるま湯を手のひらにためて、擦らずに洗顔料と汚れをすすいでください。

2. 化粧水をたっぷり使う

保湿は全ての肌トラブルの予防のために欠かせません。肌のうるおいを保つことでファンデーションを使わないすっぴん生活でも、肌をキレイに見せることができます。

化粧水を使うタイミングは洗顔後のみに限定されているわけではありません。特にすっぴん生活ではメイクが邪魔しないので、いつでも化粧水を吸収させることができます。乾燥を感じるたびにたっぷりの化粧水でうるおいを補充しましょう。

スチーマーを使い、水分の吸収力を高めるのもおすすめです。肌を柔らかくしてくれるスチーマーを導入することでスキンケアの質を上げることができます。

3. 保湿成分・油分を補うクリームを使う

化粧水の後は必ず乳液やクリームを使います。油分は多すぎると肌荒れの原因になりますが、肌のうるおいを守るためには不可欠です。

適切な量のクリームを使うことで肌の水分が蒸発することを防ぎ、また肌のバリア機能を高めることができます。

特に洗顔後や入浴後は毛穴が開いているので、肌のうるおいが逃げやすくなっています。お肌の保湿効果を高めるためにも、適量のクリームを必ず塗りましょう。

目元や小鼻、口周りは塗り残しやすい箇所です。小じわやカサつきの元になるので、注意して塗るようにしましょう。

4. 紫外線対策をする

紫外線はしみやしわの大敵。乾燥の原因にもなります。また日焼けによる炎症は肌に大きなダメージを与えてしまいます。

紫外線の影響は、すぐにわかるものだけでなく、数年後の肌にも悪影響を与えてしまう可能性があります。メイクをしている時ももちろんですが、すっぴん生活でも紫外線対策は必ず行うようにしましょう。

外出の際には、スキンケアの一環として日焼け止めを塗るようにしましょう。日傘や帽子などのアイテムも効果があります。屋内にいる時も紫外線は肌に影響を与えますから、できるだけ日が当たらないように気をつけて過ごすようにしましょう。

5. クレンジングをする

日焼け止めは油分を含んでいるアイテムが多いため、クレンジングで落とすことが推奨されています。外出をして日焼け止めを塗った時は、眠る前までにきちんと洗い落とすようにしましょう。

洗顔と同様に、なるべく肌を擦らないようにするのがポイントです。使用量を守り、たっぷりのクレンジング剤で、摩擦による刺激を減らすようにしましょう。

その際クレンジング剤が肌に残らないよう注意が必要です。クレンジングをした後は、ぬるぬるする感じがなくなった後も数回多めにすすぐことをおすすめします。

6. 適切な産毛ケアをする

日頃気にかけることが少ないかもしれませんが、産毛は顔の全体に生えています。日本人は毛の色が茶色や黒色であることが多く、放置された産毛は顔のくすみの原因の一つです。そのため産毛ケアすることで、透明感のあるすっぴんになることができます。

産毛のケアをする時は、ぬるま湯で洗顔をして剃刀を滑りやすい状態にしましょう。摩擦を減らすために乳液やシェービングジェルを使います。軽く皮膚を引っ張り、肌を平らな面のような状態にして処理をするのがポイントです。

頻度は週に一回がおすすめです。産毛ケアに使う剃刀やシェービングは、肌を摩擦して刺激になってしまいます。肌に傷がつかないように毎日ではなく週に一回ほどにとどめましょう。

7. まつげ美容液を使う

ビューラーやマスカラはまつげに大きな負荷をかけています。まつげは日頃のメイクによって抜け落ちやすい状態になっている可能性があるのです。

まつげを育てることで、すっぴんの印象が変えることもできます。すっぴん生活を送るときには、まつげを育てるケアも導入してみましょう。まつげに栄養を与えるまつげ美容液を使うことによって、まつ毛の長さや密度を上げることができます。

まつげの土台になっているまぶたの栄養を高めるアイクリームもおすすめです。導入するときには、化粧水の後、上まぶたと下まぶたの両方に優しく塗るようにしましょう。

8. マッサージをする

美肌を保ち、すっぴんをキレイに見せるためには肌の血行が良くなければなりません。皮膚を擦らないように注意しながら、血液やリンパの流れを良くしましょう。

顔のマッサージは、肌の中心から外側へ流れるように優しく押すのが効果的です。指先で擦らずに、軽く押すようにしながら外側へ流していきます。

顔の輪郭まで押し出したら、今度は耳の裏側まで、そして首に流すようにしましょう。耳の裏側は大きなリンパ節があり、不要物を排出してくれます。

首がこって固くなっていると、顔の老廃物を流すことができず不健康な肌を生み出してしまいます。乳液などを使って摩擦を減らしながら、顎から肩に向かって首もマッサージしましょう。首の皮をつまむようにして、満遍なく柔らかくするのも巡りを良くするために効果的です。

すっぴんで過ごすときのニキビケア

メイクをしなくなることでニキビはできにくくなります。メイクを肌に乗せないため、毛穴詰まりの一因を取り除くことができるからです。

メイクを肌に乗せて生活することによって、皮脂分泌は多くなる傾向にあります。過剰な皮脂は毛穴に蓋をして、アクネ菌などのニキビの元になる細菌を増やしてしまいます。またメイクの細かな粒子が毛穴を塞いでしまうこともあるでしょう。

メイクをやめることによって、ニキビの根本的な原因である毛穴づまりを防ぎやすくなるのです。

すっぴん生活中にできるニキビケアは優しい洗顔と十分な保湿です。メイクをしていなくても肌に付着するホコリやチリは、丁寧に洗い落とす必要があります。メイクをしていない分、しつこい油分の汚れは顔についていませんから、優しく洗うようにしましょう。

さらに毎日欠かさず保湿をすることで肌の状態を保ち、本来のバリア機能を高めてニキビケアをしましょう。

すっぴんで過ごすときの毛穴ケア

日々の汚れをきちんと落とさないまま過ごしてしまうと、毛穴の黒ずみなどのトラブルにつながってしまいます。毛穴から分泌される皮脂が酸化して黒くなったり、剥がれ落ちないといけない角質が毛穴に詰まることでトラブルを引き起こすためです。

すっぴんで過ごす時はきちんと洗顔をして汚れを落とすようにしましょう。毛穴汚れを落とすためには洗顔前にホットスチームやホットタオルをあてて皮膚を柔らかくするのもおすすめです。洗顔をした後は化粧水やクリームをしっかり補って毛穴を守るようにしてください。

毛穴は汚れを取るだけではなく、肌のたるみによって開かないようにケアする必要もあります。毛穴の開きを防ぐためには、しっかりと表情筋を動かすことや、食生活を整えてハリを保つ成分を補うことも大切です。

普段の生活習慣から見直すことで、すっぴんをよりキレイに見せるための毛穴ケアを行いましょう。

まとめ

メイクをやめてすっぴんで過ごすことによって肌への負担を減らし、本来の働きを促すことができます。

もしかすると毎日のお化粧であなたの肌は疲れているかもしれません。いきなり長い期間すっぴんで過ごす必要はありませんが、たまにはメイクをやめて肌を休ませてあげるのも健康的な美肌を保つためには必要です。

この記事でご紹介したスキンケアを行うことで、すっぴんがキレイになるだけではなくメイクのノリも良い肌を作ることができます。いつまでも若々しく健やかな肌で過ごすためにも、ぜひすっぴん生活をはじめてみましょう。