監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

肌の黒ずみは、特に問題となる行動をしていなくても発生します。これは、普段の生活に肌の黒ずみの要因がたくさんあるためです。

黒ずみのない美肌をキープするためには、まず黒ずみの原因を把握する必要があります。黒ずみの原因を把握したうえで、適切に対策していきましょう。

また、黒ずみは一度できると改善に時間がかかるため、普段から予防を意識することが大切です。ここでは、肌の黒ずみの原因や解消方法、予防対策について詳しくご紹介します。

肌の黒ずみとは?

肌の黒ずみとは、肌にメラニン色素が沈着した状態です。メラニン色素は、髪の黒色を作る色素で、肌に沈着することで黒ずみとなります。メラニン色素は、肌の内部に刺激が届かないようにガードする役割を果たしています。通常、メラニン色素は肌のターンオーバー(生まれ変わりのサイクル)によって自然に排出されるため、黒ずみとして肌に残ることはありません。

しかし、何らかの理由で肌のターンオーバーが乱れていたり、強すぎる刺激を受けたりすると、メラニン色素の排出が追い付かず、肌に沈着してしまうのです。このように、黒ずみができることは、メラニン色素が正常に働いていることの証明でもあります。

しかしながら、黒ずみは美容に悪影響を及ぼすため、メラニン色素が正常に排出されるように対策することが大切です。また、皮脂が毛穴に詰まり、酸化することで毛穴が黒くなり、それが肌の黒ずみに見えることもあるため注意が必要です。

肌の黒ずみの原因5個

肌の黒ずみの原因は全部で5個あります。普段の生活で、黒ずみの原因となる行為をしていないか確認しましょう。

普段から黒ずみの原因となる行為をしている場合、改善しない限り黒ずみのリスクは高いままです。加齢とともに黒ずみができやすくなるため、できるだけ早い段階で原因を取り除くことをおすすめします。

また、加齢とともに黒ずみは改善しにくくなります。そのまま一生残ることもあるため注意が必要です。それでは、黒ずみの原因を詳しくご紹介します。

①ゴシゴシ洗い

肌についた垢などをしっかり落とそうとするあまり、ゴシゴシと力強く洗っている方もいるのではないでしょうか。ゴシゴシ洗いは、肌に刺激が及びます。その結果、メラニン色素が分泌され、黒ずみのリスクが上がるのです。ナイロン製のタオルでゴシゴシ洗ったり、洗顔料を泡立てずに指でゴシゴシ洗ったりしないことが大切です。

顔や身体を洗うときの基本は、たっぷりの泡でやさしく洗うことです。かゆいからといって、爪を立てて洗ってはいけません。肌を刺激しないように注意しましょう。

②強い紫外線を受ける

紫外線は、肌に火傷のような症状を引き起こします。特に、夏は紫外線が強く降り注いでいるため注意が必要です。強い紫外線を浴びると日焼けをしますが、日焼けは黒ずみと同じくメラニン色素によるものです。日焼け程度であれば、時間の経過とともに元の状態に戻りますが、黒ずみになると、なかなか元に戻りません。

普段から紫外線を受けていても日焼けをしないからといって油断していると、黒ずみが起こる可能性があります。加齢や生活習慣の乱れなど、様々な要因が重なることで黒ずみが起こりやすくなるため注意しましょう。

③衣類の摩擦

衣類の摩擦でも肌が刺激を受け、メラニン色素が分泌されます。ナイロン製の肌への刺激が強い服を着ていたり、締め付けが強い下着をつけたりしている方は注意しましょう。服と下着は毎日身に着けるもののため、摩擦しやすいものしか持っていない場合は、それだけ黒ずみが起こりやすくなります。

綿100%の肌触りがいい下着や服を選びましょう。また、下着は自分のサイズに合ったものを選び、締め付けないようにしてください。夏になると麻素材のものが流通しますが、肌触りがガサガサとしており、肌に刺激になることがあります。また、ウール製品もチクチクして刺激を与えるため避けた方がいいでしょう。

④間違ったムダ毛処理

カミソリで力強くムダ毛処理をすると、肌に刺激が及びます。シェービングクリームやフォームを十分に使わずに剃ると、それだけ摩擦が大きくなり、黒ずみができやすくなるのです。そのため、円滑剤はたっぷりとつけることが大切です。また、カミソリの刃は定期的に交換しましょう。さび付きや刃こぼれのあるカミソリを使うと、ムダ毛や皮膚に引っかかり、刺激を与えてしまいます。

また、カミソリの刃が不潔だと、雑菌が増えて肌トラブルの原因になります。風通しがいい場所に保管して、雑菌の繁殖を防ぎましょう。

⑤生活習慣の乱れ

メラニン色素が分泌されないように注意していても、肌のターンオーバーが乱れていると、黒ずみができる恐れがあります。ターンオーバーは、良質な睡眠や栄養バランスのとれた食事、適度な運動、ストレスのない日々によって支えられています。

生活習慣が乱れていると、ターンオーバーが乱れ、メラニン色素をうまく排出できなくなるのです。夜ふかしや寝酒、寝る前のスマホ操作などは睡眠の質を低下させます。また、緑黄色野菜や果物を食べない食生活や運動不足もターンオーバーを乱す原因となるため注意が必要です。

肌の黒ずみになりやすい体の場所

肌の黒ずみが起こりやすいのは、ヒジやヒザ、おしり、デリケートゾーンです。これらは、いずれも普段から摩擦されやすい部位です。ヒジやヒザは、床につくことで摩擦されます。おしりも椅子に座ることで摩擦されるため、黒ずみができやすいのです。

また、デリケートゾーンは肌が薄いため、それだけ刺激を感じやすく、メラニン色素による黒ずみのリスクが高くなっています。普段からデリケートゾーンの剃毛をしている方は特に注意が必要です。

肌の黒ずみ解消方法5個

肌の黒ずみの解消方法は5つあります。1つずつ実践していき、黒ずみを効率よく解消させましょう。それぞれ、解消方法を詳しくご紹介します。

①十分かつ良質な睡眠を摂る

ターンオーバーを整えるために、十分かつ良質な睡眠は必須項目と言えます。ポイントは、ただ長い眠りではなく、質の高い睡眠をとることです。寝る1時間前にはベッドに入り、静かに過ごしましょう。脳を刺激する強い光や頭を使うことは避けてください。

部屋の明かりは、完全に消すのではなく、間接照明をつける程度の薄暗さがおすすめです。また、室温や湿度も快適な状態に保つようにしましょう。エアコンだけではなく、加湿器も取り入れることをおすすめします。

②栄養バランスのとれた食事を心がける

肌のターンオーバーには、様々な栄養が関係しています。糖質や脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維のバランスが整った食事を心がけましょう。特に、ビタミンAとビタミンC、ビタミンEは肌のターンオーバーに深く関わっているため、意識的に摂ることが大切です。いずれも緑黄色野菜に含まれているため、野菜不足にならないよう注意してください。

また、皮脂の過剰分泌を防ぐために、脂質や糖質の摂りすぎを防ぎ、食物繊維を意識的に摂りましょう。

③適度に運動する

適度な運動は、血流を促してくれます。栄養は血液によって肌へ運ばれるため、栄養バランスが整っていても、血流が悪いとターンオーバーが乱れてしまいます。おすすめの運動は、ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳などです。いずれも長く続けることが大切なため、最初は軽めの運動から始めましょう。

運動する時間がない場合は、少しでも多く歩けるように、いつものバス停や駅の一つ手前で降りて歩くなど工夫することが大切です。

④メラニンの生成を抑える化粧品を使う

メラニンの生成を抑える化粧品を使うことで、黒ずみを早く改善できる可能性があります。厚生労働省の認可を得ている美白成分が含まれた化粧品を使いましょう。ビタミンC誘導体やコウジ酸、エラグ酸、プラセンタなどが含まれたものがおすすめです。ただし、肌にたくさん浸透させようとゴシゴシと塗ってはいけません。刺激を避け、優しく塗りましょう。

また、美容液の場合は、化粧水の後に塗り、その後にクリームや乳液で油分を加えてください。

⑤ピーリングで毛穴の汚れを取り除く

毛穴に詰まって酸化した皮脂による黒ずみは、ピーリングで解消させましょう。自宅でできるホームピーリングは、毛穴に詰まった角質と皮脂を優しく取り除きます。クリニックで受けるケミカルピーリングのような劇的な効果は期待できませんが、ダウンタイムもないため、デイリーケアに適しています。

ただし、ピーリング後は肌が乾燥して刺激を受けやすくなるため、必ず化粧水などで保湿ケアしましょう。また、ピーリングの頻度は、週に1~2回が目安です。

肌の黒ずみの予防対策5個

肌の黒ずみは、未然に防ぐことがとても重要です。黒ずみが解消されるまで悩むことになるため、普段から予防を心がけましょう。黒ずみの原因を取り除きつつ、ターンオーバーを整えることがポイントです。そのために、どのような対策が必要なのか、詳しく見ていきましょう。

①肌を刺激しないように洗う

肌をゴシゴシ洗わないようにしましょう。肌触りがいいタオルを使うか、手で洗うことが大切です。また、界面活性剤が多く含まれた洗顔料や石鹸は肌に刺激が強いため避けましょう。敏感肌の方は、そういった石鹸が肌に触れるだけで炎症が起こり、黒ずみの原因となります。

②締め付けが強い下着を避ける

締め付けが強い下着は色素沈着の原因となるため、使用を避けましょう。夜寝るときもブラジャーをつけて、バストをたるませないようにする方もいますが、日中に着けるものではなくナイトブラを着けることが大切です。ナイトブラはワイヤーが入っていないため、胸を締め付けることがありません。

日中に着用することも可能なため、下着の締め付けによる黒ずみの予防におすすめです。

③紫外線対策を徹底する

強い紫外線は黒ずみの原因になるため、普段から注意しておきましょう。日焼け止めクリームを塗って、紫外線を防ぐことが大切です。SPFとPAの2つの値が設定されており、外出する時期や時間に合わせて選ぶことが重要です。

SPFは、UVB(紫外線B波)を防ぐ力、PAはUVA(紫外線A波)を防ぐ力を示しています。SPF20の場合は、20をかけて時間を出すため、20分×20=400分は紫外線を防げるということです。PAは、通常では+~++までを使いましょう。真夏のビーチなどに行く場合は、PA+++~++++のものがおすすめです。

④ストレス解消を心がける

ストレスは自律神経を乱すことで、全身の血流を悪化させます。そのため、肌のターンオーバーが乱れ、黒ずみができやすくなるのです。ストレスは、仕事や育児、家事、人間関係など様々な要因で受けるため、日ごろから小まめに解消させておくことが大切です。

ストレス解消法は人によって異なりますが、十分かつ良質な睡眠、ビタミンCを意識的に摂る、適度な運動、カラオケ、趣味を楽しむなどが挙げられます。中でも睡眠や栄養、運動に関しては、ターンオーバーを整えるためのポイントでもあるため、日ごろから気をつけておきたいところでしょう。

⑤ムダ毛処理の頻度を減らす

ムダ毛処理をしている方は、していない方よりも黒ずみのリスクが高くなります。そのため、ムダ毛処理をしなくてよくなるように、脱毛するのがおすすめです。脱毛することで、ムダ毛がほとんど生えなくなるため、結果的にムダ毛処理による黒ずみを防げます。

脱毛サロンとクリニックで受ける方法がありますが、短期間で脱毛したい方はクリニックを選びましょう。施術時の痛みを和らげるために、麻酔クリームも塗ってもらえるため、受けやすいというメリットもあります。

まとめ

肌の黒ずみは、メラニン色素の沈着や毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒くなったものが原因です。主にメラニン色素が原因となるため、メラニンの生成を抑える化粧品を使ったり、ターンオーバーを整えたりして、しっかり対策しましょう。紫外線対策やストレス解消なども大切です。黒ずみのない美肌をいつまでも保ちましょう。