監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

いつも一箇所に集中してニキビができてしまうと悩んでいる方はいませんか?一度治ったと思ったらまた同じ所にできてしまうという方は実は多いのです。

思春期ニキビと違って一箇所に集中して繰り返しできるニキビは大人ニキビと言われ、原因もさまざまなケースがあります。

繰り返すことで皮膚への負担も大きく赤みが強く出て目立ってしまったり、色素沈着やクレーターに移行することもあります。またニキビは見た目の悪化から内向的になってしまうケースも少なくありません。

繰り返すニキビに対処するには、一時的な対処ではなく原因を正しく知り正しいケアをしていくことが大切です。

ニキビとは?

肌は一定のサイクルで、生まれ変わりを繰り返しています。肌奥の基底細胞で作られた新しい皮膚が次々と表面へと押し上げられて、いちばん表面の古くなった各層と入れ替わるターンオーバーにより、美しさや健やかさを保っています。

通常28日周期で繰り返されるターンオーバーですが、このサイクルが乱れると毛包周囲の角層が厚く硬くなり、毛穴に皮脂や古い角質が溜まったまま、排出されにくい状態となります。

排出されずに毛穴にとどまるとアクネ菌や細菌の温床になりニキビができてしまいます。そしてニキビには白ニキビ黒ニキビ・赤ニキビなど様々なタイプがあります。段階によっては痛みを伴ったりするニキビもあります。

原因はさまざまで複雑に絡み合っていることが多く、早い段階での適切なケアがとても重要になります。

同じところにニキビができる・繰り返すのはなぜ?

治ったばかりのニキビが再び同じ場所にできたり、一箇所に集中してできてしまうとまたかという気持ちになりますよね。

発生する場所によっては隠すことが難しいこともあり、人からの視線が気になってなんとかならないものかと真剣に悩んでしまいますよね。ニキビは一度治っても原因や方法を知らないと負の連鎖に陥ってしまいます。

原因はさまざまですが、自分では気づいていない習慣や癖が原因となっている場合があります。そして正しい方法でスキンケアをする事がとても大切です。

まずは習慣や癖を知ることから始め、適切な方法で負の連鎖を断ち切り、ニキビレスの肌を手に入れましょう。

ニキビができる原因4個

1. 毛穴詰まり

肌にはアクネ菌という皮膚常在菌がいます。通常のアクネ菌は皮脂を分解してくれるほか肌を弱酸性に保つ事で雑菌の繁殖を防いでくれています。

しかし、毛穴に皮脂が詰まっていると、アクネ菌が閉じ込められアクネ菌が毛穴の中で増殖するとニキビができやすくなります。またメイクの洗い残しや過剰な皮脂分泌も毛穴を詰まらせ、ニキビの原因となってしまいます。

2. 肌の乾燥

ニキビと乾燥の関係に関しては知らない方が多くいます。ニキビは皮脂との関係だけだと思われがちですが、肌が乾燥すると通常28日周期で起こるターンオーバーが乱れてしまい、古くなった角質が毛穴を塞いだ状態が起こります。

毛穴が塞がれてしまい、毛穴の外に排出できないことでアクネ菌が増殖し、ニキビの原因となります。

また乾燥により肌の内部で水分不足を補おうという働きが起こると皮脂分泌が盛んになってしまい、肌の潤い不足により逆に皮脂が過剰分泌されてしまいニキビの原因となります。

3. 食生活の乱れ

食事内容が偏り脂質や糖分の多い食事をすると、ビタミンB群が代謝のために多く消費されて足りなくなり、皮脂分泌のコントロール機能が乱れ、皮脂量が増えます。

また食事を抜いたりしてしまうと、必要な栄養素が摂れないことから肌のターンオーバーが乱れてしまいます。ターンオーバーが乱れてしまうと、肌内の老廃物が排出しきれずにニキビの原因となります。

4. ストレス

ストレスが増えると男性ホルモンの一種であるアンドロゲンが多量に放出されます。このアンドロゲンが出ると皮脂の分泌が促され、皮脂の分泌量が増えてしまいます。

また、ストレスは自律神経に影響を与え肌のバリア機能(免疫力)を弱め、ニキビ菌の増殖を許してしまいます。自律神経と男性ホルモンのダブルパワーでニキビが作られやすくなってしまいます。

鼻のニキビの対処方法

鼻は顔のなかでも特に皮脂の分泌量が多い部位です。皮脂量が多いため、毛穴詰まりを起こしやすい部位でもあります。ただでさえ皮脂分泌が多いところですが、ストレスや食生活の乱れで更に皮脂分泌が過剰になってしまいます。

特に女性は生理周期中、女性ホルモンによって保たれていますが、この時期に分泌される黄体ホルモンが多いと皮脂分泌が増加します。

このように、皮脂量とニキビは密接な関係にあります。鼻周りは凹凸が多く化粧が落としにくく、残ったメイク汚れと皮脂が混ざり合った状態で毛穴に詰まると、アクネ菌の元になってしまいます。毎日のクレンジングで詰まった汚れをしっかりと落とすことがとても大切になります。

また、皮脂分泌が多いからと保湿をしないで肌が乾燥していることが原因の場合もあります。乾燥は逆に皮脂を増やすので、保湿はしっかりするようにしましょう。またストレスの緩和や油分の多い食事を控えることもニキビケアには大切です。

鼻の下のニキビの対処方法

鼻の下も鼻と同じく皮脂の分泌量が多い部位です。鼻の下は化粧が溜まりやすい部位でもあります。クレンジングにより落としきれなかったメイク汚れが毛穴詰まりを起こしてニキビができやすくなります。

鼻の下は他の場所に比べて皮膚が薄いため、ニキビができると痛みが辛いという方が多いです。ただでさえ目立つニキビに痛みも伴うととても気分が落ち込んでしまいますよね。

鼻の下のニキビを繰り返している方は、毎日のクレンジングを見直し、鼻の下もしっかりとクレンジングし、汚れを残さないことが大切です。

また、鼻をよくかむ人や鼻下をよく触ってしまう人は、その行為が皮膚に摩擦や刺激となっていることがあります。そしてそれがニキビの原因になってしまっていることもあります。なるべく過度な刺激を与えず皮膚への負担を減らすことが大切です。

おでこや眉間のニキビの対処方法

おでこや眉間も皮脂の分泌量が多い部位です。特に思春期ニキビができやすいと言われていますが、大人になってからも悩んでいる方が多い部位です。

思春期ではホルモンバランスの乱れで皮脂分泌量が増えることが原因ですが、大人ニキビは、前髪の刺激やシャンプーのすすぎ残し、不十分なクレンジングが挙げられます。これを機会に肌に刺激や負担になっていることがないか見直してみましょう。自分では気づいていないことでも原因となってしまっていることがあります。

また、おでこや眉間には目に見えない産毛が沢山あります。産毛は汗や汚れがあると雑菌が繁殖しやすい環境になります。そのため、しっかりと時間をかけた、クレンジングと洗顔で汚れを残さないことが重要になります。

また皮脂量の増加を抑えるためには、リラックス習慣を取り入れてストレスの緩和を図ることや食生活を見直してみてバランスの良い食事が大切となります。

口周りのニキビの対処方法

大人ニキビの好発部位である口周りのニキビで悩んでいる方は多いと思います。口周りにポツポツとできてしまったニキビは目立ちますよね。

口周りのニキビは、ストレスと深い関係があります。仕事などでストレスフルな状態が続くとコルチゾールという男性ホルモンを優位にするホルモンの分泌が増えます。男性ホルモンは皮脂分泌を促進することから、皮脂量が増え毛穴詰まりを起こし、ニキビを引き起こしやすくします。

また口周りは汗腺が少ないため、乾燥しやすい傾向にあります。乾燥した状態が続くと肌を守るために皮脂の分泌が促されます。このように乾燥とも密接な関係があります。さらに、普段から頬杖をついたり、触る癖があると、それが刺激となってニキビを誘発していることもあります。

肌を乾燥から守るためには、しっかりと保湿し、肌にたっぷりの潤いを与えてあげることが大切です。そしてゆったりとした気持ちで過ごし、ストレスを軽減してあげましょう。

あごのニキビの対処方法

マスクの装着が新生活様式になった今、あごのニキビに悩んでいる方は増えています。あごは皮脂腺が多く存在し、皮脂分泌の盛んな部位であるのに加え、長時間のマスク装着で肌の環境は乱れてしまっています。

マスク着用でマスク内は高湿度の状態であり、さらに汗や皮脂分も分泌されます。この状態が続くと、細菌が増殖してしまい、ニキビができやすい環境になります。

そして、マスクの材質によっては肌を刺激し、角質層を厚くしニキビができやすくなるリスクもあります。あごは汗腺が少ない場所でもあり、乾燥が原因でニキビを引き起こしていることもあります。

新生活様式となった今、マスクは必須ではありますが、肌に負担をかけているのは事実です。マスクの材質を変えたり、数時間に一度はマスクを外し肌を外気に当てることや皮脂が多い時はティッシュオフしたり、できることから肌への負担を減らしていきましょう。自宅では保湿で肌にたっぷりの潤いを与えてあげましょう。

頬のニキビの対処方法

繰り返す頬ニキビで悩んでいる方はとても多くいます。頬は顔の中でも皮脂の分泌量が少なく肌を守る皮脂膜が作られにくい場所なのです。そのため、水分蒸発がしやすく、とても乾燥しやすい場所です。

また頬は紫外線の影響を受けやすい場所であり、皮膚も厚く毛穴内のダメージが広がりやすい部位です。

左右のどちらか一方にのみ発生する場合の主な原因は、寝具の衛生状態や髪の毛の刺激、メイクの刺激やメイクの落とし残しなどが考えられます。頬の両方に満遍なく発生する場合は乾燥肌、ホルモンバランスの乱れが原因である可能性が高いです。原因が取り除けたら良くなるケースがあります。

そして保湿と紫外線対策はとても大切です。保湿で肌にたっぷりと潤いを与えてあげてください。また紫外線は常に出ているので、日焼け止め成分が入ったもので毎日対策をしましょう。ホルモンバランスの乱れは、生活の中にリラックス習慣を取り入れてバランスを取っていくことが大切です。
 

まとめ

繰り返すニキビに悩まされている方はとても多くいます。対処方法を知らず自分なりの方法で色々と試みるものの一向に良くならず、ニキビはできるばかりという負の連鎖に陥ってしまっていることが多いです。

ニキビができる場所によっては隠せず、人からの視線が気になってしまい内向的になってしまう場合もあります。また繰り返す事で本当に治るのだろうかと不安な気持ちを抱えてしまいがちです。

しかし、ニキビの原因の中には自分でも気づいていない、ちょっとしたことが原因となっているケースがあります。普段の生活の中での習慣や癖がこれに当てはまります。自分の癖や習慣は意識しないと気づけません。

これらを知ることはニキビと向き合っていく中でとても重要なことの一つです。これを知ることで負の連鎖からの脱却も可能なのです。繰り返すニキビは繰り返す習慣や癖の積み重ねでもあります。思い当たることがないかこの機会に一度振り返ってみましょう。そして繰り返すニキビに終止符を打ちましょう。