監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

通称「いちご鼻」とも呼ばれる黒いポツポツ。鏡を見る度に気になって、コンプレックスに感じる人は多いものです。

簡単には治らない?確かにそのとおりですが、 時間をかけて正しく対処することにより、きれいな肌を目指すことはできます。セルフケアから生活習慣のポイント、NGケアまで、いちご鼻対策の基礎知識をまとめました。

いちご鼻とは?

いちご鼻とは、皮脂や角質が毛穴に詰まり、ひどく目立つトラブルです。トラブルを起こした部分がいちごの種のように見えることから「いちご鼻」と呼ばれます。鼻はもともと皮脂分泌が多く、角栓のできやすいパーツです。できてしまった角栓が空気に触れて酸化すると、黒い色に変化します。

角栓の詰まった毛穴は不衛生になりやすく、アクネ菌の繁殖しやすい環境です。毛穴トラブルと大人ニキビを併発すると余計に目立ち、セルフケアでは改善できない状態まで悪化するリスクがあります。

いちご鼻は一生治らない?

軽度のいちご鼻であれば、継続的な対策によって、改善が見込まれます。正しいセルフケアや生活習慣の見直しによって、皮脂や角質が詰まりにくい状態を作ることも可能です。

セルフケアでは改善できなかったいちご鼻も、美容皮膚科やエステサロンのケアを受け、改善できることがあります。いずれにしても「絶対に治らない」というわけではないので、地道な努力を続けましょう。

いちご鼻の原因3個

いちご鼻の原因を知ることが美肌作りの近道です。紹介する3個の原因のうち、思い当たるものを考えてみましょう。

1. 皮脂の過剰分泌

まず、皮脂の過剰分泌です。過剰に分泌された皮脂が毛穴を塞ぐことによって、いちご鼻が起こります。皮脂はもともと、空気中のほこりや紫外線、摩擦刺激などから肌を守り、水分蒸発を防いでくれる重要な存在です。次のような理由から必要以上に分泌されると、肌トラブルの原因となってしまいます。

・間違った洗顔やクレンジング
・ストレスや過労によるホルモンバランスの変化
・糖分や脂質の多い食事
・紫外線トラブルの蓄積
・保湿不足

最後の「保湿不足」が非常に大事なポイントです。いちご鼻対策は「皮脂をコントロールすればOK」というわけではなく、保湿ケアも考えましょう。

2. ターンオーバー周期の乱れ

次に、ターンオーバー周期の乱れです。ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのことをいいます。肌内部で作られた新しい細胞が表面近くに押し出され、古いものが剥がれ落ちるといった一連の流れがターンオーバー。

生まれ変わりにかかる期間がターンオーバー周期です。ターンオーバー周期が長くなると、排出されるべき古い細胞がいつまでも滞留し、毛穴に詰まってしまいます。

では、ターンオーバー周期が短い場合はどうでしょうか。これも、やはり肌トラブルの原因です。健康な肌が育つ前に剥がれ落ちてしまうため、バリア機能が低下します。バリア機能が低下した肌では防御反応が働き、皮脂分泌が増えてしまいます。

このように、ターンオーバー周期が早すぎることも遅すぎることでも、いちご鼻は悪化します。日常的なお手入れやプロのケアを受け、本来の周期に戻してあげる対策を行うことで、健康的な状態を回復しましょう。

3. 色素沈着

最後に、毛穴の色素沈着です。あまりにも多くのメラニン色素が生成されると、排出が間に合いません。排出できなかったメラニン色素はシミとなり、いちご鼻を悪化させます。

いちご鼻の改善方法・治し方10個

いちご鼻を改善するためには、余計な皮脂のコントロールや汚れを遺さない洗顔とクレンジング、ターンオーバーの乱れを改善するためのスキンケアが検討されます。原因や状態に合うものを探し、習慣として取り入れましょう。

1. 泡洗顔でやさしく洗う

刺激の強い洗顔料でゴシゴシ洗うと、いちご鼻を悪化させるおそれがあります。うるおいを補うために過剰な皮脂が分泌されて、毛穴の詰まりを悪化させるリスクが伴うためです。

いちご鼻に適した洗顔方法は、泡洗顔です。洗顔料をよく泡立て、Tゾーンや小鼻の辺りにのせてください。乾燥しやすい目元や口元は最後にし、泡を転がすようにクルクルと動かすことで、毛穴に残った汚れをすっきりと落とします。

毛穴はやや下向きについていることが多いため、あごを軽く引き、内部の汚れを取り除くイメージで洗うこともおすすめです。すすぎの回数は、20回から30回を目安とします。小鼻や目元、髪の生え際など洗顔料の残りやすい部分は、ていねいにすすいでください。

正しい洗顔を行っても、毛穴の黒ずみが改善されない場合には、蒸しタオルを使う方法もあります。電子レンジやぬるま湯で蒸しタオルを作り、毛穴の開いた状態で洗顔するお手入れです。このお手入れを試す場合は、次の注意点を守りましょう。

・熱すぎる蒸しタオルを使わない
・ニキビができているときは控える
・長時間放置しない
・週1回のケアから始める

蒸しタオルを使ったお手入れを推奨しない専門家も中にはいます。いちご鼻対策の定番ではあるものの、肌質によってはトラブルの原因になることを覚えておくとよいでしょう。

2. クレンジングバームを使う

洗顔と同じくらい重要なスキンケアがクレンジングです。メイク汚れが肌の上や毛穴の中に残ってしまうと、いちご鼻を悪化させます。しかし、洗浄力の強いオイルやシートタイプのクレンジングは、乾燥を悪化させる要因です。原因のところで見たように、皮脂分泌過剰を招くリスクがあります。

では、どのようなクレンジングを選択すればよいのでしょうか。いちご鼻が気になる人におすすめしたいメイク落としは、クレンジングバームです。クレンジングバームとは、リップバームのように半固形状をしているクレンジングのことをいいます。体温で溶かし、なめらかなテクスチャーになったものをメイクとなじませ、汚れを落とす商品です。

クレンジングバームの中でも毛穴ケアが得意な商品は、酸化した皮脂を溶かして、取り除く働きも期待されます。市販品にもいちご鼻対策用のクレンジングがたくさんあるので、気になるものを使ってみましょう。

3. 週1回のピーリング・酵素洗顔

ピーリングや酵素洗顔は、肌表面に残ってしまったタンパク質を分解し、取り除くためのアイテムです。ていねいな洗顔やクレンジングによって毛穴内部の汚れを落とすことはできても、角栓が残ってしまうことがあります。ピーリングや酵素洗顔により、残ったものを集中的にお掃除しましょう。

洗い流すタイプのピーリングジェルは、以下のように使用します。

【1】普段通りに洗顔する
ピーリングェルは、洗顔後の仕上げとして使用します。タオルで水分を拭き取り、乾いた肌に使ってください。

【2】顔全体にのばす
適量のジェルを手のひらに出し、顔全体に伸ばします。顔の表面をなでるように数秒間動かすと、ポロポロとした細かい粒子が出てくるはず。強くこすりすぎると炎症が起こりやすいため、やさしい力でお手入れしましょう。

【3】洗い流す
洗顔後のすすぎと同じ要領で、顔全体をすすぎます。ピーリング後の肌は普段以上に摩擦刺激を感じやすく、無防備な状態です。肌触りのよいタオルで水分を拭き取り、化粧水や美容液、乳液をつけてください。

ピーリングと酵素洗顔は、同じ目的から使用するケアアイテムです。肌質やトラブルの重症度合いに合わせて、適した方を使いましょう。どちらを選んだとしても、肌に負担をかけやすいお手入れです。生理中やひどく疲れているときは避ける・週に1回使うなど、メーカー指定の注意点を守りましょう。

4. クレイパックで毛穴内部の汚れを吸着

ピーリングや酵素洗顔が苦手な人には、クレイパックをおすすめします。クレイパックとは、天然の泥をペースト状にし、パックするお手入れです。天然の泥を使用することから肌に負担をかけにくく、挑戦しやすいケアといえます。

クレイパックは、使用する泥の種類によって、期待される働きが変わります。いちご鼻対策として使うなら、次の種類がおすすめです。

ガスール:
汚れの吸着力が高く、皮脂コントロールが得意なクレイにあたります。シリカ・マグネシウム・カルシウム含有量が多く、くすみ・ハリ対策にもおすすめです。

グリーンクレイ(モンモリロナイト):
汚れと毒素を吸着し、デトックスする力が強いクレイです。皮脂やほこり、メイクなど毛穴に詰まった汚れを吸い寄せ、内部をお掃除してくれます。毒素排出が得意な特徴から、ニキビ対策にもおすすめです。

ホワイトクレイ(カオリン):
クレイ初心者でも使いやすい、やさしい使い心地のクレイです。汚れを吸着するだけではなく、炎症を抑える働きが期待されます。クレイ系の洗顔料の原料としても使われることが多く、肌質を選ばない種類です。

5. ビタミンCローションや美容液を使う

正しいクレンジング・洗顔を行うことで、化粧水や美容液を浸透させる準備ができます。いちご鼻対策におすすめしたい化粧水や美容液は、ビタミンC・ビタミンC誘導体を含むものです。ビタミンCには、過剰な皮脂分泌を抑制する働きが期待されます。コラーゲンの生成を促してハリのある肌への生まれ変わりを助けることから、加齢に伴う毛穴トラブルにもおすすめです。

ビタミンCローションや美容液を選ぶときには、3つのポイントに注目しましょう。

【1】保湿成分を含むこと
ビタミンC濃度が高い商品ほど刺激が強く、乾燥を悪化させるリスクがあります。純粋な脂性肌という女性以外は、保湿成分×ビタミンCの化粧水や美容液がおすすめ。いつも使用している保湿化粧水や美容液にビタミンC誘導体のパウダーを混ぜることでも、乾燥しにくいビタミンコスメを作成できます。

【2】色素沈着が気になる人は美白成分を含むこと
色素沈着が原因のいちご鼻には、美白成分を含むものがおすすめです。ビタミンC以外の美白成分×ビタミンCは、シミ対策のゴールデンタッグ。鼻周辺以外のシミも合わせて、総合的なケアができます。

ビタミンC以外の美白成分は、大きく分けて2種類です。カモミラET・トラネキサム酸は「メラニン色素を作りなさい」という情報伝達を阻害する成分にあたります。アルブチンやイソフラボンは、メラニン生成を抑制する成分です。

【3】浸透しやすいビタミンCを使っていること
ビタミンCローションに使われる「ビタミンC」にも種類があります。

・ (純粋な)ビタミンC
・ビタミンC誘導体
・APPS(進化型ビタミンC誘導体)

ビタミンC誘導体は、酸化しやすく肌に吸収されにくいビタミンCの弱点を補うように開発された成分です。APPSは水にも油にもなじみやすく、肌全体に働きかけることができるように、ビタミンC誘導体をパワーアップさせたもの。肌との相性もあるため一概には言いきれませんが、より期待度が高い基礎化粧品を選ぶとしたら、APPS配合化粧水や美容液がよいでしょう。

6. 乳液・クリームを省略しない

いちご鼻に悩む人でも、乳液やクリームが必要です。乳液やクリームには、化粧水や美容液で補ったうるおいを内部に閉じ込め、バリア機能を強化する働きがあります。適量を使うことによって「たくさん皮脂を出さなくても、バリア層ができているよ」といった状態にし、油分と水分のバランスを整えるために必要です。

乳液・クリームのべたつきが苦手な人は、付け方を工夫しましょう。以下の手順で使うとべたつきにくく、サラサラした質感に仕上がります。

【1】体温で温める
適量の乳液やクリームを手のひらに出し、包み込むようにして温めます。乳液やクリームがやわらかくなったら、肌にのせてもよいサイン。このひと手間を省略してしまうと、厚塗りリスクが高くなり、ベタつきが気になります。

【2】顔を包み込むようになじませる
顔を包み込むように手のひらをあて、顔全体を保護します。全体に薄くなじませた後、目元や口元など乾燥を感じやすい部分にだけ、重ね付けを行いましょう。脂性肌気味の人だと「薄く塗るだけで十分」ということもあります。1回目につけたタイミングで、肌の突っ張りを感じる部分がなければ、重ね付けは不要です。

7. 食習慣を改善する

いちご鼻対策には、生活習慣の見直しも不可欠です。ファーストフードやスナック菓子、揚げ物など、脂質と糖分が多い食べ物を頻繁に摂取する人は、毛穴トラブルを起こしがち。麺類やパンなど、炭水化物中心の食事も、糖分の過剰摂取につながり、いちご鼻を悪化させます。いちご鼻に悪い食品・メニューは、頻度を減らし、野菜中心の食生活へと切り替えましょう。

いちご鼻の改善を助けてくれる栄養素は、ビタミンA・ビタミンB群です。

ビタミンA:
肌や粘膜を健康に維持するために必要な栄養素です。ビタミンA不足によってバリア機能が低下すると、いちご鼻を悪化させるリスクがあります。

◎ビタミンAを含む食品例
鶏レバー・豚レバー・ウナギなど

ビタミンB群:
脂質・糖質代謝に関わる栄養素です。不足するとスムーズに代謝が進まず、鼻のテカリや毛穴の詰まりを悪化させるリスクがあります。

◎ビタミンB群を含む食品例
豚肉・かつお・マグロ・豚レバー・モロヘイヤ・ほうれん草・キノコ類など

8. ホルモンバランスを整える

生理前に鼻のテカリや毛穴の詰まりがひどくなる・ニキビができるという人は、ホルモンバランスの影響が考えられます。十分な睡眠時間を確保する・お風呂にゆったりつかるなど、ストレスを溜めない習慣が大切です。

「30代や40代になってから、いちご鼻が気になる」といった人も、ホルモンバランスの影響が考えられます。閉経に近づくに連れて女性ホルモンの分泌量が少なくなり、バランスが崩れるためです。イライラする・疲れやすいといった身体の変化を感じやすい時期にもあたることから、心身に負担をかけにくい生活へと切り替えましょう。身体に負担をかけない範囲であれば、適度な運動やストレッチも推奨されます。

9. 専門エステでケアを受ける

セルフケアをどれほど熱心に行っても改善できない毛穴の悩みは、エステサロンに相談しましょう。エステサロンでは、次のような毛穴ケアを相談できます。

毛穴吸引:
専用マシンを使用して、毛穴に詰まった汚れを吸引します。セルフケアでは落としきれない角栓をきれいに取り除くことができ、施術前後の変化を実感しやすいメニューです。汚れを除去した後には、開いた毛穴を引き締めるトリートメントを行います。

毛穴洗浄:
スキンスクライバー(超音波振動によって肌表面の汚れを落としたり、角栓を吸着したりする専用機器)を使用して、普段の洗顔では落としきれない汚れまで、根こそぎきれいに洗います。

エステで受ける毛穴ケアは、日常的ないちご鼻対策を補完する位置づけです。洗顔やクレンジングの見直し、基礎化粧品によるお手入れと合わせて検討することによって、きれいな状態を維持できます。

10. 美容皮膚科で治療する

美容皮膚科の毛穴ケアは、かなり本気のいちご鼻対策です。エステサロンと比較してまとまった治療費がかかる・敷居が高いといったデメリットがあるものの、医師に相談できる安心感がメリットです。保険適用できるメニュー・できないメニューがあるため、予算に応じて相談しましょう。

美容皮膚科で行う毛穴ケアには、次のような種類があります。

レーザー治療:
メラニンに反応するレーザー光を照射して、色素沈着の根本的な解決を目指す治療法です。最近では、レーザー治療の選択肢が多様化し、毛穴の引き締めやたるみケアができる「フラクセルレーザー」・切らない小顔治療機としても注目される「サーマクール」など、いちご鼻対策と美肌ケアを同時に行うこともできます。レーザー治療の種類によっては、ダウンタイムが必要なものもあるため、タイミングには注意しましょう。

イオン導入:
微弱なマイナス電流を肌に当て、ビタミンCやトラネキサム酸の浸透を促す治療法です。肌の状態によって、浸透させる成分の組み合わせが異なります。エステサロンのイオン導入より価格が安いことが多く、コストパフォーマンスよくお手入れしたい人にもおすすめです。

カーボンピーリング:
クリームやローションを黒ずみが気になる部分に塗り、レーザー光を照射する治療法です。治療直後は軽度の火傷のような状態となり、ヒリヒリとした刺激を感じることもあります。

これらのほか、内服薬や外用薬、サプリメントを必要に応じて組み合わせます。美容皮膚科の治療であっても「1回で終わり」ということは少なく、一定期間の通院が必要です。

いちご鼻のNG方法5個

よかれと思って行った対策がいちご鼻を悪化させることは多いもの。たとえば、こんなお手入れや日常的な習慣に心当たりはありませんか。

1. 角栓を押し出す・引き抜く

指や爪で角栓を押し出したり、ピンセットで引き抜いたり。無理矢理行うお手入れは、いちご鼻を悪化させるリスクがあります。どれほどていねいに行ったとしても、周囲の皮膚に負担をかけて、傷つけてしまいますよね。傷ついた肌は「ダメージを修復しよう」と普段以上に頑張って、ターンオーバー周期が不安定になってしまいます。

ターンオーバー周期が乱れると、皮脂の過剰分泌を悪化させたり、健康な肌が育つ前に剥がれ落ちてしまったり。肌にとってよくないことばかりが起こります。どうしても「一気にすっきりしたい」と思ったときには、エステや美容皮膚科に相談しましょう。

2. 冷水や氷で引き締める

冷水洗顔や氷マッサージなど「冷やす」類いのお手入れも、NGケアに該当します。「でも、冷やすことで毛穴は小さくなる」それは、あくまで見せかけだけです。毛穴周辺の筋肉が収縮して鳥肌と同じ状態になると、一時的に毛穴が小さく見えます。

いつまでも鳥肌がたっているわけではないことと同じで、毛穴が小さく見える時間は、冷やした直後の数秒間。持続力がないうえに負担をかけるリスクが高く、あまりおすすめできません。

3. 厚塗りメイクで毛穴を隠す

リキッドファンデーションを厚塗りして黒ずみを隠しても、不自然な印象になるだけです。ベースメイクを厚くするほど汚れが残るリスクも高くなり、いちご鼻を悪化させる可能性が上がります。

どうしてもカバーメイクをしたい人は、肌に負担をかけにくい部分用下地を使いましょう。UVカット機能がついた下地を使えば、色素沈着対策にも有効です。

4. スクラブ洗顔料でゴシゴシ洗う

いちご鼻に悩む人は「とにかく油分を落とさないと」と考えて、スクラブ洗顔料を使いがちです。混合肌・インナードライの女性が刺激の強い洗顔料を使った場合、肌への負担が過大となります。

ブラシやタオルを使った洗顔についても同じことです。改善方法で紹介したとおりの泡洗顔を地道に続け、毛穴汚れを落としましょう。

5. 収れん化粧水しか使わない

収れん化粧水は、保湿ケアを行った後に活用するアイテムです。収れん化粧水単独でお手入れすると、乾燥によるバリア機能の低下が起こり、いちご鼻を悪化させるリスクがあります。

大人の女性の毛穴トラブル・中学生や高校生の毛穴トラブルでは、検討すべき対策が異なります。年代に合った基礎化粧品を活用し、いちご鼻の改善を目指しましょう。

まとめ

いちご鼻の原因とセルフケア・専門機関の治療法について紹介しました。SNSで話題になる治療法には根拠が乏しい内容も多く、トラブルを悪化させるリスクがあります。

セルフケアでよくならない毛穴の悩みは、専門家に相談するのが常套手段。大切な肌を傷つけることがないように、正しい対策を実践しましょう。