監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

思春期だけではなく大人になっても悩みの種になりがちなニキビ。正しいケアをせずにニキビが悪化してしまうと、改善が難しいニキビ痕が残ってしまう可能性があります。

ニキビの原因や進行の仕方を知ることで、必要なタイミングで適切なお手入れを行うことができます。できてしまったニキビを悪化させないため、またニキビができにくい肌作りのためにも正しい知識を知っておくことが大切です。

この記事ではニキビができる原因や悪化のメカニズム、そして改善するためのスキンケア方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ニキビができる過程・順番は?

ニキビは毛穴が詰まり、細菌が集まって起こる皮膚に炎症が起こっている状態です。どのように進行するのか、わかりやすくご説明します。

肌は外部の刺激から皮膚を守るために水分と皮脂を混ぜ合わせて薄い膜を作ります。肌の状態がいいとどちらもバランス良く分泌されるのですが、体質やその他の要因によって皮脂が過剰に分泌されることがあります。

過剰に分泌された皮脂は毛穴を満たし、肌が生まれ変わる時に剥がれ落ちる角質と混ざり合って毛穴を塞いでしまいます。

毛穴が完全に塞がって表面が盛り上がっている状態が、「白ニキビ」と呼ばれる段階です。毛穴が完全に塞がっておらず、皮脂が表面に出て酸化していると「黒ニキビ」となります。

出口が塞がれた毛穴の中はアクネ菌などの細菌が繁殖しやすい環境です。繁殖した細菌によって炎症が起こった状態が「赤ニキビ」です。炎症が続き、膿みなどがたまるとニキビあとが残りやすい「黄ニキビ」に進行してしまいます。

ニキビができる原因5個

ニキビは、皮脂の過剰分泌や肌表面の老廃物によって、毛穴が詰まると発生してしまいます。水分と皮脂のバランスが崩れ、皮脂分泌が過剰になる原因は様々です。

ひとつだけではなく、複数の要因が重なっている場合もあるので普段の生活を十分に見直して原因を取り除いていきましょう。

皮脂の過剰分泌や、毛穴が詰まる主な原因として次の5つが挙げられます。

1. ホルモンバランスの変化

ホルモンバランスは皮脂の分泌に大きく関わっています。男性ホルモンや女性ホルモンのプロゲステロンは皮脂分泌を活性させるホルモンです。これらのホルモンが増えることで皮脂腺の働きが活発になり、皮脂がたくさん分泌されます。

ニキビが思春期にできやすい理由は、この時期の身体の発達によって男性ホルモンが刺激されるためです。また、生理前には黄体ホルモンが増加することでニキビができやすい肌の状態になります。

しかしホルモンバランスは特定の時期に限らず、体調や環境によって自然と変化するものです。

自分がどのような時にニキビができやすいか日々観察することでホルモンバランスをうまく保つヒントを得られるかもしれません。

2. 過剰なストレス

ニキビに限らず、ストレスは肌に様々な悪影響を与えることがわかっています。ストレスを受けると男性ホルモンの一種であるアンドロゲンというホルモンが増え、皮脂分泌を活発にしてしまいます。

また、ストレスは肌のバリア機能、免疫力を低下させます。これはストレスによって自律神経のバランスに乱れが起こることも関係しています。

炎症が悪化する前にニキビの発生を抑えるためには、肌がもともと持っている修復力が必要です。ストレスはニキビ肌改善のために必要な機能を奪ってしまう要因になります。

3. 肌の乾燥

脂性肌のように皮脂が過剰に分泌されている肌はニキビができやすいのですが、実は乾燥している肌も注意が必要です。

乾燥している肌は、肌表面の角質層が乱れています。ターンオーバーがうまく行われず、本来剥がれ落ちる角質が付着したまま乾燥してしまうと、その角質が毛穴のつまりを引き起こす可能性があるのです。

一方、うるおいが保たれている肌は、バリア機能が高く、余分なものをしっかり取り除くことができます。毛穴に炎症が起こってしまった場合にも素早く対応し、早めにニキビを抑えることができるので目立ったニキビになる前に肌を元どおりにしてくれるでしょう。

4. 化粧やスキンケア不足

女性の場合は日々のメイクが毛穴詰まりの原因になっている場合もあります。ファンデーションやコンシーラーなど、肌にのせた化粧品が直接毛穴を塞いだり、油脂成分が毛穴に入り込んでしまうことがあるためです。

メイクが肌の上で酸化してしまうことも肌表面の環境を悪化させる原因となり、炎症を起こしやすくします。

日々の洗顔はニキビケアのためにとても重要です。洗顔が不十分なままだと、顔についたチリやホコリがそのままになり毛穴を詰まらせてしまいます。空気中には花粉などの目に見えないゴミがたくさんとんでいるのです。

化粧品やほこりで毛穴を塞いでしまうことがないように、適切なアイテムを選び、丁寧なスキンケアを行うことが大切です。

5. 生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは体の内部から肌の状態を悪化させ、ニキビができやすい環境を作ります。

特に気を付けたいのは
・食生活
・睡眠
・便秘
の3つです。

食生活

糖質や脂質に偏った食習慣やビタミン不足は、ニキビを作りやすい肌環境を生み出してしまいます。過剰な糖分・油分の摂取を続けていると、体内の脂質が増えて肌も脂っぽくなりやすいです。また、ビタミンAが不足すると肌の表面が必要以上に厚くなり、毛穴の詰まりになる角質が増加します。

ビタミンB2、B6は肌を健康な状態に保つために必須の成分です。不足することで肌からうるおいが失われ、脂性肌に傾いてしまいますから日頃から摂取するのが良いでしょう。

睡眠

睡眠不足は肌が自分の力でキレイな状態を保つ力を阻害してしまいます。肌は眠っている間に分泌される成長ホルモンによって傷ついた組織を修復し、新しい肌を生み出します。しかし、十分な睡眠が取れないことで肌は一日のダメージを回復できないままになってしまうのです。

睡眠時間が短いこと以外にも、不規則な生活により睡眠のリズムが乱れていたり、睡眠の質が悪いと同じように肌の免疫力が低下しニキビのような炎症を起こしやすくなります。

便秘

便秘が続き腸内に便がたまると、腸は有害物質を再吸収してしまうことがあります。再吸収された有害物質は解毒が十分に行われずに血流に乗って運搬され、皮膚に悪影響を与えると考えられているのです。

具体的にはターンオーバーの乱れや肌そのものの老化が進行、さらに免疫力が落ちてしまうことがわかっています。日頃から食物繊維をとったり運動することで便秘を改善しておくことが大切です。

ニキビ改善のスキンケア方法6個

ニキビを改善するためには正しいスキンケアを行うことが大切です。ニキビができにくい肌づくりのためにも役に立つスキンケアの方法を6個ご紹介します。

1. 油性の化粧品を避ける

メイクアイテムだけではなくスキンケア用品にも油性の成分が使われているアイテムは多くあります。しかしクレンジングや乳液、クリームなどに配合されている油性の成分が過剰になると、皮脂と同じように毛穴の詰まりやアクネ菌のエサになってしまいます。

まずクレンジングはきちんと洗い流すこと。オイルクレンジングだけでなくミルククレンジングにもオイル成分は含まれていますから、どちらを使っていてもしっかりゆすぎましょう。髪の毛の生え際や小鼻の周りは残りやすいので特に気をつけてください。

その後保湿のために使われるオイル成分の入った乳液やクリームは最低限にとどめるようにしましょう。

2. 紫外線対策

紫外線は肌を刺激するため、たくさん浴びていると身体は肌を守るためにバリアする力を高めようとします。そのため紫外線を浴び続けると角質層が厚くなり、より毛穴が詰まりやすい状態になってしまうのです。

適度な角質層の厚みを保つためにも、毎日の紫外線対策は必須です。出かける時は日焼け止めを必ず使用し、日傘や帽子などもうまく利用しましょう。

晴れの日だけではなく曇りの日も紫外線は地表まで届いているので注意が必要です。またガラスなどを通して日光が当たる屋内でも紫外線の刺激はあります。油断せずに対策を行いましょう。

3. 殺菌作用のある洗顔料を使う

ニキビ肌を改善するために基本となるケアは、丁寧な洗顔です。

肌の不要な角質や汚れ、皮脂を毎日きちんと除去しニキビを予防しましょう。洗顔の際には肌の刺激にならないように優しく洗います。

皮脂分泌の多いおでこ・鼻まわり・あご周辺は意識して洗うようにしましょう。そして顔に洗顔料が残らないようにぬるま湯でしっかり洗い流します。

ニキビができている時のケアも、基本は洗顔です。殺菌作用がある洗顔料を使用することで、ニキビをより早く改善することができます。自分の肌に合ったものを選び、取り入れてみましょう。

4. 保湿をたっぷり

ニキビができていると余計なスキンケアをしないほうがいいと考えてしまうかもしれません。しかし保湿だけはたっぷり行うようにしましょう。

乾燥している肌は、バリア機能が弱まるために、新しいニキビができやすくなっています。またターンオーバーがうまく行われず、ニキビができている肌が自然に回復するのに時間がかかってしまう可能性があります。しっかりと洗顔をした後はたっぷりの化粧水で保湿するようにしましょう。

ニキビ肌には沈静作用や抗炎症作用、殺菌作用がある成分がおすすめです。白ニキビや黒ニキビの時には、炎症が進行しないように適切な化粧水のケアを行うことがとても効果的です。

5. ニキビになりにくい成分のものを選ぶ

日頃から肌に触れるアイテムをニキビができにくいもので揃えると理想的です。

炎症の刺激になってしまうため、ニキビができているところはメイクを避けることが推奨されますが、どうしても隠したい場合はニキビができにくい成分を配合して作られているアイテムを選びましょう。

ノンコメドジェニックテスト済みと記載されている化粧品は、ニキビが生じにくい製品かどうかを調査する試験を通過しています。日常的にニキビに悩むという方は、できるだけノンコメドジェニックテストを行なっているアイテムを揃えるようにしましょう。

6. 潰したり引っ掻いたりしない

気になるニキビですが、潰したり引っ掻いたりするのは厳禁です。可能であれば触らずに済むようにメイクなども避けましょう。

ニキビは炎症ですから、指先で触ることで余計に悪化する場合があります。自然に治すことが一番の近道です。肌の修復力を阻害しないようにしましょう。

ニキビ改善の食事方法3個

ニキビを改善するためには外からのスキンケアだけではなく内側からのケアも重要です。
ニキビができにくい肌作りのために気をつけたい食事のポイントを3つご紹介します。

1. タンパク質をしっかりとる

タンパク質は肌を作る元になる栄養素です。健康的な肌を作り出すためにも、タンパク質は欠かすことができません。

日常生活を送るためや運動する際のエネルギーとしても使われる栄養ですから、不足すると肌に十分に行き渡らないこともあります。日頃から良質なタンパク質をたっぷり摂取できるように努めましょう。

2. ビタミンは毎日摂取

ビタミンの中でも特にビタミンA、ビタミンB2、B6は意識してとりたい栄養です。特にビタミンB群は体内に蓄えておくことが難しい栄養ですから、毎日意識して摂取するようにしましょう。

◯ビタミンA
ビタミンAは皮膚のうるおいを保ってくれる成分で、健康な肌には欠かせません。レバーや卵、植物性のものだと南瓜やにんじんなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

◯ビタミンB2
ビタミンB2は皮脂の分泌をコントロールしてくれます。魚や卵、牛乳などの乳製品、アーモンドにも多く含まれています。

◯ビタミンB6
ビタミンB6は肌のターンオーバーの周期を整えてくれます。マグロなどの赤身の魚、バナナ、サツマイモに多く含まれています。

3. 脂肪分・糖分の過剰摂取を控える

体内で余った糖分が脂肪として蓄積されて皮脂分泌を促します。また脂肪はトリグリセリドという皮脂を作り出しやすい成分になるということがわかっています。

糖質と脂質はどちらも生きていく上では欠かせない栄養素ですが、取りすぎは禁物です。バランスの良い食事を意識し、不要な間食などで偏ってしまわないように注意しましょう。

まとめ

ニキビができる原因・過程とケアの方法についてご紹介しました。ニキビは様々な要因が重なってできてしまう場合もあるため、原因を取り除いてすぐにニキビを解消するというのは難しいかもしれません。

しかし、できることから取り入れて日常的に肌をお手入れすることでニキビができにくい肌に近づくことができます。

今回の記事ではスキンケアや食生活など簡単にできることをご紹介しました。少しずつでも気にかけることでニキビのない健康的な美肌を目指しましょう。