監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

「ニキビはなるべくいじらず、触らない方がよい」といった説がある一方、「ニキビの芯を出すと、治りが早い」といった声もあります。一体、どちらが正しい意見であるのか、気になるところです。

この記事では「ニキビの芯出しは気持ちいいけど、本当に正しいケアなのか?」といった疑問に対する回答と芯の正体、ニキビを繰り返さない滑らかな肌の作り方をご紹介します。

ニキビの芯とは何?正体や成分は?

ニキビの正体とは?

まず、ニキビの芯の正体や成分を解説します。ニキビの芯とは、毛穴に詰まった色々な汚れが混ざり合い、棒状に変化した物質です。別名では「コメド」「面ぽう」とも呼ばれます。

ニキビの芯の正体は、過剰に分泌された皮脂や古い角質などがスムーズに排出されず、毛穴内部に溜まったものです。

ターンオーバー周期の乱れなどを理由に排出が滞ると雪だるま式に汚れが溜まり、ニキビの芯ができてしまいます。ニキビの芯の周辺を中心にアクネ菌が繁殖すると、赤ニキビや黄ニキビといった炎症を伴うニキビができてしまうのです。

また、ニキビの芯は、炎症を起こしたニキビの周りにひそみ、新しいニキビを生み出す原因にもなりえます。言い換えると、赤ニキビや黄ニキビが治った後に周辺のニキビの芯を放置することがトラブルを繰り返す要因の1つ。近年の皮膚科・美容皮膚科では「面ぽう治療薬」という薬を処方し、コメド(ニキビの芯)治療を進めることもあります。

ニキビの芯出しや潰すのはNG?

ニキビの芯を押し出したり無理に潰したりする行為は、周囲の肌を傷つけて、バリア機能を低下させるリスクがあります。指に付着した細菌が傷ついた部分に入り込むこともありますので、積極的には推奨しません。

ただ、ニキビの芯出しによって、炎症悪化を防ぐことができることは事実です。皮膚科や美容皮膚科では、面ぽう圧出器(コメドせっし)という器具を使用し、芯出し治療を行います。皮膚科や美容皮膚科で芯出し治療を受けることのメリットは、以下2点です。

【1】ニキビの悪化を予防できる。
【2】ニキビ跡のできるリスクを軽減できる

芯出し治療には健康保険が適用され、一般的には3,000円から1万円程度の費用で納まります。「アフターケアとしてニキビ跡予防目的のレーザー治療を受ける」など特別なメニュー追加を行わない限り、高額費用は不要です。ニキビの芯出しを自分で行うことは避け、皮膚科・美容皮膚科に相談しましょう。

ニキビの芯ができる原因

上の内容のおさらいですが、ニキビの芯の正体は、過剰に分泌された皮脂・肌の老廃物の塊です。皮脂の過剰分泌は、以下のような原因で生じます。

・肌の乾燥
・加齢の影響
・過剰な洗顔やクレンジング
・過剰なストレス
・栄養バランスの悪い食事
・不規則な睡眠リズム

また、上の内容は、ターンオーバー周期の乱れを招く原因にも該当します。ターンオーバー周期の乱れた肌は老廃物の排出がスムーズに進まず、毛穴の詰まりを起こしやすい状態です。様々な原因が重なり合って、毛穴の詰まりが悪化すると、ニキビの芯ができてしまいます。

ニキビの芯の取り方・除去方法

医師の中には、「ニキビの芯を自分で取り出しても構わない(もしくは、取った方がよい)」と考える人も存在します。自分で芯を取り出すときには、以下の手順で行ってください。

【1】ドラッグストアなどで購入できるプッシャーを用意する。
【2】プッシャーのキワをやや斜めの角度で毛穴にあてる。
【3】毛穴の反対側を左手(左利きなら右手)で押さえる。
【4】プッシャーを優しく押し、ニキビの芯を根元から押し出す。

自分で芯出しするタイミングは、洗顔後やお風呂上がりなど毛穴の開いた状態のときがおすすめ。ニキビの芯を取り出した後は改めて洗顔し、肌を清潔に維持します。

きれいに芯が出ない場合は角度を変えて、色々な方向から試してください。色々な方向から少しずつ時間をかけて押し出す方が、ニキビの芯がきれいに取れます。

「ニキビの芯を取るため」とオイルクレンジングでマッサージする人も見られますが、この方法はNGです。オイルクレンジングの油分でニキビの芯が浮き上がる可能性は少なく、毛穴の詰まりを悪化させるリスクがあります。

一般的には、ニキビの目立つときには油分の多いスキンケア商品の使用を控えることがおすすめです。自己流の処置でニキビを悪化させることのないように、正しいスキンケア方法を守りましょう。

ニキビ肌のスキンケア方法7個

ニキビの芯を出すことのみでは、きれいな肌に戻すことはできません。ニキビ肌に適したスキンケアを実践し、理想の質感を目指しましょう。以下では、ニキビ肌に適したスキンケアのポイント7個をご紹介します。

1. 帰宅後すぐにメイクを落とす

まず、帰宅後すぐに適切な方法でメイク落としを行うことです。メイクによって毛穴をふさぐ時間が長いほど、ニキビリスクは高まります。帰宅したらすぐ洗面台に直行し、ニキビの悪化・再発を防ぎましょう。メイク落としを行う際のポイントは、以下3点です。

【1】ヘアピンやヘアバンドで髪をまとめる
前髪やサイドの髪をすっきりまとめ、隅々までメイクを落としましょう。清潔なタオルも合わせて用意しておくと、メイク落としがスムーズです。

【2】適量のクレンジングを使用する
使用するクレンジングの量が少ないと、きれいにメイクが落ちません。メーカー指定の量を使用し、メイクとよくなじませましょう。クレンジング中に摩擦を感じる場合にはやや多めの量を使用し、肌の負担を和らげます。

【3】必要に応じてポイントリムーバーを併用する
アイメイクやリップメイクなど落ちにくい部分は、ポイントリムーバーを併用しましょう。ポイントリムーバーを使用するタイミングは、顔全体のメイクを落とす前の段階。落ちにくいメイクを先に落とし、顔全体のクレンジングに進んでください。

その他、十分にすすぐことやメイクの濃さに応じたクレンジングを選ぶことも大切です。日々のメイク落としを丁寧に行うことのみでも肌の調子が整い、ニキビができにくくなりますよ。

2. 正しい手順で洗顔する

正しい洗顔もまた、ニキビを解消するための不可欠要素に該当します。以下の手順に従って泡洗顔を実践し、肌を清潔に維持しましょう。

【1】洗顔前にハンドソープで手を洗う。
【2】ぬるま湯で予洗いし、顔全体の汚れを落とす。
【3】空気と水、洗顔料をよく混ぜ合わせ、濃密な泡を作る。
【4】ニキビのできやすい部位からデリケートな部位の順番で洗顔する。
【5】ぬるま湯で十分にすすぐ。
【6】清潔なタオルで水分を吸収させる。

ニキビをゴシゴシこすったり指で触れたりすることは、炎症の悪化を招く原因です。ニキビのある部位はよく泡立てた洗顔料を乗せる程度に留め、必要以上の刺激を与えないように配慮しましょう。

3. 化粧水は手でつける

洗顔後は5分以内に化粧水をなじませ、失われた水分を補います。ニキビ肌は刺激に対する抵抗力が弱まった状態ですので、コットンの繊維を刺激に感じる可能性が否めません。適量の化粧水を手で優しくなじませ、潤い不足の肌に対し、十分な水分を届けましょう。

十分な保湿によって肌表面を柔らかくほぐすことは、毛穴の詰まりを防ぐことにも貢献します。化粧水の量が少ないと十分な保湿ができませんから、メーカー指定の適量を使用しましょう。

使用する化粧水の種類は、「ニキビ肌用」もしくは「敏感肌用」といった記載の見られるものがおすすめです。アルコールや香料、着色料など刺激成分の含まれる化粧水は避け、低刺激タイプを選んでください。

セラミドやアミノ酸などバリア機能を補完する成分を含む化粧水はニキビの気になる肌質と相性がよく、刺激に対する抵抗力を強化できます。

バリア機能を補完する成分に加えて、ヒアルロン酸やコラーゲンといった複数の保湿成分の配合された化粧水は、乾燥による大人ニキビ対策におすすめです。

4. 乳液やクリームを省略しない

乳液やクリームは、化粧水によって補った水分・保湿成分をなるべく長く肌に留め、乾燥を防ぐ働きを担います。乳液やクリームを省略せず、適切に使用することがニキビのできにくい肌を作るポイントです。

乳液やクリームに苦手意識を持つ人は、軽い質感の基礎化粧品を活用すると、ストレスを軽減できます。「さっぱり」「サラサラ」といった表記のものいくつか試し、肌に合う商品を継続的に使用しましょう。

5. ニキビケア美容液を活用する

ニキビケア美容液とは、抗炎症成分や殺菌成分などを含む目的特化型の美容液です。できてしまったニキビの炎症を鎮めたりアクネ菌の繁殖を防いだりする目的で、スポット的に活用します。

セラミドやプラセンタエキス、フラーレンといった保湿成分の含まれる美容液は、乾燥による大人ニキビの気になる人におすすめ。できてしまったニキビに対処しながら、トラブルを繰り返しにくい潤いあふれる肌への生まれ変わりを助けてくれます。

6. UVケアを正しく行う

紫外線刺激を浴びることで発生する活性酸素は、ニキビの炎症を悪化させるリスクがあります。活性酸素はメラニン色素を発生させる原因にもあたりますから、ニキビのできたときこそ適切なUVケアに努めましょう。

ニキビ肌のUVケアの基本は、低刺激の日焼け止めを毎日使用することです。以下のような日焼け止めはニキビ肌でも活用しやすく、毎日のUVケアに活躍します。

・「ノンコメドジェニックテスト済」記載があるもの。
・紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)であるもの。
・伸びがよく、軽い質感であるもの。
・専用クレンジング不要(石鹸やお湯で落とせる)であるもの。

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めの中には白浮きしやすい商品が見られますから、質感の確認が不可欠です。トライアルセットなどで質感を確認し、伸びのよいものを選択しましょう。

石鹸やお湯で落とせる日焼け止めは肌に負担をかけにくく、ニキビ肌でも安心です。その反面でUVカット効果が長続きしにくい特徴を持つことから、こまめな塗り直しをおすすめします。

7. 化粧用のパフやスポンジをこまめに洗う

皮脂やほこり、メイクで汚れたパフやスポンジは細菌の温床になりやすく、ニキビの悪化を招く一因です。最低でも3日から4日に1回はパフ・スポンジを洗うもしくは取り替えて、清潔な状態を維持しましょう。

◎パフやスポンジの洗い方
【1】中性洗剤を適度に薄め、乾いたパフ・スポンジに含ませる。
【2】両手で押し洗いし、内部にしみ込んだ汚れを浮かせる。
【3】ぬるま湯で優しくもみ洗いする。
【4】タオルやティッシュで水分を吸収する。
【5】直射日光のあたらない場所で乾燥させる。

パフやスポンジのお手入れを面倒に感じる人は、使い捨てタイプを活用しましょう。低価格で大容量の使い捨てパフ・スポンジを選択すれば、高額な費用を要しません。

まとめ

ニキビの芯出しを皮膚科や美容皮膚科に任せた方がよい理由と自分で芯出しする方法、ニキビのできにくい肌を目指すためのスキンケア方法を解説しました。

なるべく安全にニキビの芯を取り除くためには皮膚科や美容皮膚科にかかり、適切な処置を受けてください。

皮膚科や美容皮膚科では、スキンケア方法に関するアドバイスを受けることも可能です。肌の状態に合うスキンケアを習慣として継続し、滑らかな美肌を実現しましょう。