監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

額や鼻の周りに黒ニキビができてしまうとひどく目立ち、「何とか早く治したい」といった感情を持つ人が多いもの。感情とは裏腹に黒ニキビがなかなか治らず、コンプレックスを感じていませんか。

この記事では、黒ニキビの原因と正しいケア方法を解説します。繰り返す黒ニキビを改善し、きれいな肌を目指すための豆知識としてぜひ参考にしてください。

黒ニキビとは?原因は?

黒ニキビとは?原因は?

黒ニキビとは、毛穴に詰まった皮脂や古い角質、ほこりなどが空気に触れて酸化し、黒く見えるニキビです。ニキビの中心部分が黒く見えて、不衛生な印象を持たれがちです。

黒ニキビの主な原因は、毛穴の蓄積汚れが空気に触れて酸化すること。半分に切ったリンゴをそのまま放置した時に黒く変色する現象と同じことが、肌の上で起こってしまった状況です。

黒ニキビの原因をより突き詰めて考えると、洗顔不足や誤ったクレンジング、摩擦刺激による角質肥厚などによって生じる毛穴の詰まりが、根本的な問題に該当します。

黒ニキビができないようにするには、正しいスキンケア習慣を身につけ、毛穴をきれいに維持する努力が不可欠です。

ニキビの種類と特徴

ニキビの種類と特徴

顔にできるニキビは、いくつかの種類が存在します。種類を正しく把握し、特徴をふまえた対策を施すことがニキビ解消の近道です。以下の表を参考に、自分のニキビがどの段階にあるのかを特定しましょう。

白ニキビニキビの初期段階にあたり、白い点がポツポツ目立つ状態です。毛穴はまだ閉じていますが、毛包部分(毛根の周りにある袋状の部分)が徐々に大きく広がって、様々な汚れが詰まります。
黒ニキビ白ニキビが悪化して毛穴が開き、メラニン色素の蓄積や汚れの酸化が見られる状態です。鼻の周りにできる大量の黒ニキビは「いちご鼻」とも呼ばれます。黒ニキビの段階では炎症は伴わず、痛みやかゆみを感じません。
赤ニキビ毛包に詰まった汚れをエサとして、アクネ菌などが繁殖し、炎症を起こしてしまった状態です。赤ニキビまで進行すると、大きく腫れて痛みを伴うこともあります。
黄ニキビ赤ニキビの炎症がさらに悪化し、黄白色の膿が目立つ状態です。肌の内側では毛包の壁が破壊され、炎症を引き起こす物質が周りに広がることもあります。

白ニキビ・黒ニキビといった炎症を伴わない状態のうちに早めの対処を施すことが、ニキビをきれいに治すコツです。赤ニキビ・黄ニキビにまで悪化するとニキビ跡を残してしまうリスクが高く、シミのような色素沈着・クレーター状の凹みができるケースも見られます。

黒ニキビを潰すと跡が残る?

黒ニキビに対して、「自分で潰せば、早く治るのではないか」といったイメージを持つ人もいることでしょう。その一方で「色に関わらず、ニキビはなるべくいじらない方がよい」といった考えを持つ人もいるのではないでしょうか。

黒ニキビを潰す行為に対する意見の正解は後者です。黒ニキビを指で潰したり押し出したりすると、毛穴の周囲の肌を傷つけ、ニキビ跡が残ってしまうケースがあります。なかなか消えないニキビ跡が残るリスクも伴いますから、押し出す対処は避けましょう。

針やピンセットを使用して潰す方法は、道具に付着した細菌をニキビの中に送り込み、炎症を悪化させるリスクがあります。医学知識を持たない人が適切に殺菌を行うことは、難易度の高い行為です。

どれほどしっかり殺菌したつもりでも、細菌を送り込み、赤ニキビや黄ニキビへと悪化させるリスクがあります。「どうしても黒ニキビを潰したい」といった人は、皮膚科に相談してください。

埋まっている黒ニキビを押し出した後に穴が空いたら?

埋まっている黒ニキビを押し出した後に穴が空いたら?

よくないこととは分かっていても、黒ニキビを押し出し、ぽっかり穴が空いてしまった。そのような時には、美容皮膚科に相談しましょう。美容皮膚科では、以下のようなメニューを組み合わせて施術し、トラブルの解消を目指します。

ケミカルピーリンググリコール酸やサリチル酸といったピーリング剤を使用し、表面の角質を剥がすことで新しい肌への生まれ変わりを助けるメニュー。新しい肌に生まれ変わるときに大きな穴が埋まり、滑らかな美肌を目指せます。
フォトフェイシャルメラニン色素に反応する光をあて、コラーゲンの生成を促すメニュー。フォトフェイシャルの光にはアクネ菌を殺菌する働きも期待され、ニキビの再発予防にもおすすめです。
美容レーザー特殊なレーザーマシンを使用し、ニキビ跡の周りに小さな穴を開けることで肌の生まれ変わりを促すメニュー。ケミカルピーリング同様、肌が生まれ変わる際に大きな穴が埋まります。

黒ニキビの除去・対処方法6個

黒ニキビをきれいに治すためには、毛穴の詰まりの解消と新しい肌への生まれ変わりを促す対策が必要です。具体的には、以下のような対処方法を実践し、黒ニキビの解消・予防を目指しましょう。

1. むやみに触れない・いじらない

まず何よりも、「黒ニキビが治るまで、むやみに触れずにいじらない」ということです。指で触れたり、極度なカバーメイクを施したりすることは弱った肌に刺激を与えて、黒ニキビの悪化を招いてしまう原因の1つ。

額やフェイスラインなど髪の毛の触れる部分に黒ニキビができたときには、前髪をすっきりあげたり顔の横の毛をピンでとめたりする対処も検討されます。

2. 角質ケア美容液を活用する

黒ニキビのできた肌はターンオーバーが早すぎるもしくは遅すぎる状態です。角質ケア美容液の活用によってターンオーバー周期の正常化を図り、新しい肌への生まれ変わりを後押ししましょう。

◎角質ケア美容液の使い方

【1】洗顔後・化粧水をつける前に適量をなじませる。
【2】顔全体を包み込むように軽く押さえ、角質ケア美容液を浸透させる。
【3】必要に応じて、黒ニキビの目立つ部位に重ね付けする。
【4】化粧水などによって保湿する。

角質ケア美容液には、グリコール酸やサリチルサンといったピーリング成分が含まれます。肌に対する負担が気になる人は、保湿成分・ピーリング成分がバランスよく配合された角質ケア美容液を選択することがおすすめ。初めて使用する前にパッチテストを行い、赤みやかゆみが出ないことを確認する方法も、有効なリスクヘッジの1つです。

3. ピーリングジェルを活用する

角質ケア美容液は、使い続けることによって毛穴の詰まりの解消を目指すタイプのアイテムです。「今すぐにでも毛穴の詰まりを解消したい」という人は、ピーリングジェルの活用を検討しましょう。

ピーリングジェルとは、クエン酸やサリチル酸といったピーリング成分配合のジェルのことです。ピーリング成分の力で毛穴の中の汚れを柔らかくほぐし、取り除きやすい状態に変えてくれます。

◎ピーリングジェルの使い方

【1】黒ニキビの目立つ部位にピーリングジェルをのせ、小さな円を描くように毛穴の汚れを溶かし出す。
【2】他の部位にピーリングジェルをのせ、優しくなじませる。
【3】ぬるま湯で十分にすすぐ

ピーリングジェルの使用頻度は一般的に、1週間に1回です。過剰な頻度でケアする方法は避け、メーカー推奨頻度を守ってください。

顔の乾燥が気になる人は、使い方の【2】を省略し、黒ニキビの目立つ部位だけスポット的にお手入れする方法でも構いません。自分自身の肌の調子を確かめながら、望ましいお手入れ方法を検討しましょう。

4. クレンジング・洗顔を正しく行う

黒ニキビを解消するためには、日々の洗顔・クレンジングを正しく行い、さらなる汚れの蓄積を防ぐことも大切です。メイクをしたまま過ごす時間の長いほど肌の負担は大きいので、帰宅後すぐにクレンジングを行いましょう。

クレンジングの種類は、メイクの濃さに応じたものを選択します。濃いメイクをした日には、オイルクレンジングを使用しても構いません。メイクが残ってしまうことの方がニキビにとってリスクですから、適切な種類を使ってください。

「日常的には肌に刺激を与えにくいクレンジングミルク、ジェルクレンジングを活用し、濃いメイクをした日のみオイルクレンジングを活用する」といったように使い分ける方法がおすすめです。

洗顔は、朝・夜の1日2回・よく泡立てた洗顔料を使用し、優しい力で洗います。「黒ニキビが気になるから」とゴシゴシこすることは避け、十分に泡立てた洗顔料を使用し、丁寧かつスピーディーに洗ってください。

洗顔にしてもクレンジングにしても、すすぎの回数が不足すると、きれいに汚れが落ちません。20回から30回はすすぐことを目安と考え、きれいに汚れを落としましょう。

5. ニキビ肌に適した基礎化粧品を活用する

化粧水や美容液、乳液・クリームは、ニキビ肌に適したものを選択しましょう。以下のような成分の含まれる基礎化粧品は、黒ニキビの気になる女性におすすめです。

グリチルリチン酸ニキビや肌荒れの炎症を抑える成分。赤く残ってしまったニキビ跡が気になるもおすすめです。
グリコール酸、サリチル酸ごわつく肌をほぐし、柔らかくする働きが期待される成分。毛穴の詰まりの解消も助けてくれます。
ビタミンC誘導体過剰な皮脂をコントロールし、毛穴の詰まりを防ぐ成分。毛穴の引き締め対策に活用されるケースもあります。
セラミドバリア機能の中核を担う「細胞間脂質」の約50%をしめる成分。不足する水分保持機能を補い、刺激に負けない肌を作ることに貢献します。

上記の他、コラーゲンやヒアルロン酸といった複数の保湿成分の含まれる基礎化粧品は相乗作用が期待され、肌質改善を後押しします。

より簡易的な選び方としては、基礎化粧品のパッケージに「ニキビ用」「医薬部外品」といった表記の見られるものを選ぶことも一案です。皮膚科にかかり、肌質に応じた基礎化粧品の紹介を受けることもよいでしょう。

また、美容分野に強い皮膚科や美容皮膚科の中には、ニキビ用のドクターズコスメを扱い、ホームケア方法に関するアドバイスを積極的に行う医療期機関も存在します。専門家の意見を参考に肌質に合う基礎化粧品を選択し、正しい方法でケアを続けて、黒ニキビの解消を目指しましょう。

6. サプリメントでインナーケアする

黒ニキビの根本的な解決を目指すためには、サプリメントを活用し、美肌作りに役立つ成分を効率的にとる方法も検討されます。たとえば以下のような成分の含まれるサプリメントは、黒ニキビの気になる人におすすめです。

ビタミンC毛穴の引き締めや代謝促進作用の期待される成分。開いた毛穴を引き締めたりターンオーバーを促進したりすることで、ニキビの解消を助けます。
ビタミンB2・B6外食やファーストフードなど脂質の多い食事を頻繁にとる人が不足しやすい成分。皮脂分泌量をコントロールし、毛穴の詰まりを起こしにくい状態に導きます。
フラーレン皮脂酸化抑制作用の期待される成分。ビタミンCと合わせてとることにより相乗作用が期待され、黒ニキビの解消を助けます。
ケイ素有害物質の排出を助ける天然のミネラル成分。腸内環境を整える働きも期待され、便秘による肌荒れ・ニキビ対策として検討できます。
アスタキサンチン「ビタミンCを上回る抗酸化作用を持つ」ともいわれる成分。摩擦刺激の蓄積などによって生じた毛穴の黒ずみ・黒ニキビが気になる人におすすめです。

まとめ

黒ニキビが気になる人のために、原因と正しい対処方法を解説しました。ニキビの適切な対処方法は、種類によって異なるもの。黒ニキビに対しては、黒ニキビに適した対処方法をとることが大切です。

自分で潰す・押し出すといった誤ったお手入れを行うと、根本的な解決が遠のきます。自分自身で対処するにしても、医療機関にかかるにしても、正しいケアを行うことで黒ニキビの解消を目指してください。