監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

一度見つけるとどうしても気になってしまう小鼻の黒ずみ。メイクで隠すのは難しく、短絡的なケアでは改善しにくいため、多くの女性にとって悩みの種となっています。

小鼻の黒ずみを除去するためには、肌を傷つけないケアをすることが大切です。間違ったケアをしてしまうと、余計に毛穴を目立たせてしまったり、小鼻の肌状態を悪化してしまうことにつながります。

この記事では、黒ずみの原因とおすすめのケア方法、黒ずみを取った後のお手入れの仕方までご紹介します。あなたの大切な肌を守りながら黒ずみを除去できるように、ぜひ参考にしてみてください。

小鼻の毛穴の黒ずみの原因4個

小鼻の黒ずみは「酸化した角栓」です。毛穴に詰まった汚れや、皮脂、古い角質が詰まった状態で空気に触れ、黒くなった状態が黒ずみの正体です。毛穴の詰まりは数日間放置するだけで酸化し、黒ずみに変化してしまいます。

つまり、黒ずみを除去または黒ずみにならないようにするためには、毛穴に詰まってしまう汚れや皮脂を適切に洗い流して角栓を作らないようにすることが大切です。

毛穴の詰まりを起こし、角栓ができてしまう原因は
・皮脂分泌の多さ
・ターンオーバーの乱れ
・ケア不足
・間違ったケア
の4つです。

角栓ができてしまう原因は、個人の肌や生活環境によっていくつか考えられます。ここでは以上の4つをご紹介しますので、あなたの生活と照らし合わせて原因を探ってみてください。

1. 皮脂分泌の多さ

角栓は余分な皮脂と、不要になった角質が一緒になって毛穴に詰まることで発生します。皮脂は正常に分泌されていれば肌のバリア機能を作り、うるおいを守ってくれます。

しかし、生活リズムの乱れやストレスなどによってバランスが崩れてしまうと、過剰に分泌してしまい、毛穴の出口のところで角質と混ざりあって、角栓ができやすい肌状態になってしまうのです。

過剰な皮脂分泌は、体に備わっている機能のバランスが乱れたときに起きます。

その原因としては主に
・ストレス
・脂質や糖質に偏った食生活
・肌の乾燥
があげられます。

慢性的なストレスは自律神経の乱れが起こし、皮脂分泌を促す男性ホルモンを増加させます。また、脂質や糖質に偏った食生活は皮脂分泌をコントロールするビタミンBが不足を招く恐れがあります。

皮脂は文字通り油分なのですが、乾燥しがちな肌が過剰な分泌と無関係なわけではありません。肌が乾燥することによって皮脂が足りないと判断し、過剰な皮脂分泌につながります。

2. ターンオーバーの乱れ

角栓は過剰な皮脂に不要な角質が混ざってできます。不要な角質は肌のターンオーバー、つまり細胞の入れ替わりが乱れることによって肌の上に残ってしまいます。

角質が生まれる角層は、毛穴内部にもあります。ターンオーバーが適切な時期より早く行われてしまうことも、遅くなってしまうことも肌にとっていいことではありません。理想的な周期とは違うタイミングで角層から剥がれた角質は毛穴からうまく外に出ることができず、そこに分泌された皮脂が絡みつくことで毛穴の詰まりが起きてしまいます。

毛穴のつまりは小さなうちに除去できれば良いのですが、放置しておくと不要な角質を次々とキャッチしてしまい、次第に大きな角栓となってしまいます。取り除いた後も、ターンオーバーが乱れたままではまたすぐに黒ずみになってしまいます。

3. ケア不足

日々のメイク汚れやタンパク汚れの落とし忘れは、毛穴の詰まりに直結する原因です。鼻のまわりは特に毛穴が多く、また凹凸があるために丁寧にクレンジングや洗顔をしなければ汚れが溜まったままになりやすい箇所です。

肌の上に残った汚れは、すでに述べた過剰な皮脂分泌やターンオーバーの乱れにもつながりますし、毛穴の汚れを排出する妨げにもなってしまいます。

メイクをした日は特にきちんと汚れのオフを徹底しなければなりません。粉タイプのファンデーションなどは、目に見えない細かい粒子が毛穴の中に落ちてしまうこともあります。

洗顔やクレンジングでは取り除きにくい汚れになってしまいますから、肌が自然と汚れを排出できる力を高めたり、美顔器やエステサロンにあるような特別な機械を使う必要も出てきます。

4. 間違ったケア

ゴシゴシと皮膚を擦るようなケアや、無理やり角栓を押し出して取り除くケアはおすすめできません。これらの方法はこれは肌に大きな負担がかかって毛穴が広がる原因になります。

肌を傷つけるケアの方法は、黒ずみを悪化させるだけではなく細菌が住みやすい環境を作り出します。

ケアをした直後はキレイに見えて満足感があるかもしれませんが、汚れだけではなくまだ剥がれるべきではない角質を取り除いてしまったり、薄い皮膚に修復できない傷を残してしまう可能性もあります。

これは肌から自分でキレイな状態を保つ機能を奪ってしまう行為です。ケアした後、年齢を重ねてもキレイな肌を保つことができるように肌に優しく正しいケアを行うようにしましょう。

小鼻の黒ずみの簡単除去方法5個

小鼻の黒ずみを除去する方法はいくつかあります。酸化した角栓を取り除く方法と、普段から行うことで黒ずみを減らすことができる方法を合わせて5つ紹介します。

1. ワセリンやベビーオイルで黒ずみ除去

小鼻の黒ずみを除去する方法の一つにワセリンやオイルを使ったものがあります。たっぷりと油分を乗せて温めて、柔らかくなった毛穴に詰まっている角栓を溶かして取り除く方法です。

ワセリンやベビーオイルはドラッグストアでも手に入りやすく、コストも低いので普段のケアにも取り入れやすいでしょう。

注意しなければならないのは黒ずみを除去した後にしっかりと油分を落とさなければならないということです。油分が小鼻の周りに残ってしまうと、新たな角栓を作る原因になってしまったり肌トラブルにつながってしまう恐れがあります。

◯準備物
・ワセリンまたはオイル
・綿棒
・ラップ
・ホットタオル
・洗顔料
・クレンジング
・化粧水

◯手順
(1)洗顔後、化粧水を軽く塗布しておく
(2)ワセリンまたはオイルをたっぷり塗ってラップをつける
(3)毛穴をゆるめるために暖かいタオルを当ててあたためる
(4)綿棒などで優しくワセリンまたはオイルを拭き取る
(5)クレンジングでしっかり油分を落とす
(6)再度綿棒で残りの角栓を取る
(7)洗顔と普段のスキンケアをしっかり行う

2. クレンジング前のホットタオル

普段のスキンケアにプラスする方法で、クレンジング前に小鼻にホットタオルを当てるのも有効です。

クレンジング前に小鼻を温めることによって、毛穴が柔らかくなり、詰まっている黒ずみの原因にクレンジング剤が浸透しやすくなります。

よりクレンジングをしやすい状態することによって、メイク汚れや不要な皮脂や角質をしっかり落とすことができます。黒ずみ除去だけではなく、角栓の予防にもなりますから毎日のケアにもおすすめです。

小鼻は皮膚が薄いので10分以上など長い時間は当てないようにしましょう。じんわりあたたまったと感じることができたらタオルを外します。

◯準備物
・ホットタオル
・クレンジング

◯手順
(1)押し付けすぎないように優しくホットタオルを小鼻に当てる
(2)小鼻がしっかりあたたかくなったら普段通りクレンジングをする
(3)クレンジング剤をしっかり洗い流す

3. 効果的な洗顔

日々ターンオーバーをしている肌は古くなった角質などのタンパク汚れが付着しています。メイクだけではなく、このタンパク汚れも毎日落としてあげなければ、角栓予防をすることはできません。肌に負担をかけない洗顔で黒ずみ除去と角栓予防をするようにしましょう。

洗顔をする時にはゴシゴシと皮膚を擦らないように注意が必要です。汚れを落とすことはお使いの洗顔料に任せて、指は皮膚に触れないくらい優しく動かすのがおすすめです。

泡立てる洗顔の場合、ぬるま湯でしっかりと泡立て塗り広げるようにします。泡立てない洗顔料の場合は、小鼻の周りはたっぷりと洗顔料を乗せて指をすべらすようになじませます。

皮膚への刺激を避けて汚れを落としやすくするためには水の温度も重要です。ぬるま湯というと温かいお湯を想像するかと思いますが、実際は人肌と同じくらいが望ましいとされています。36度くらいのお風呂を思い浮かべると少し肌寒いくらいではないでしょうか。

洗顔を洗い落とすときの水の温度は、温かいと感じる温度ではなく、ほんのり温かさを感じる程度がいいでしょう。

洗顔を洗い落とす時にシャワーを直接顔に当てるのはおすすめできません。シャワーの水圧は皮膚にとっては強すぎる刺激になります。必ず手のひらでためて優しく洗い流すようにしましょう。

また、洗顔料が肌に残るとトラブルの原因になりかねません。できれば、おでこ周り・真ん中・口元からフェイスラインそれぞれに10回以上ぬるま湯をかけて洗い流すのが理想です。

◯手順
(1)清潔な手で洗顔をするためにしっかり手洗いをする
(2)洗顔料を優しく広げて汚れとなじませる
(3)ぬるま湯で洗い流す

4. 毛穴パック

クレイのパックを使った黒ずみ除去の方法です。クレイパックは貼って剥がすパックに比べると優しく角栓を除去することができます。泥が角栓を吸着してくれるので、自然と取り除きやすいでしょう。

5. サロンで毛穴ケア

エステサロンや美容院で毛穴洗浄をやっているところがあります。毛穴の中に入り込んでしまった汚れや、排出できていない角質を取り除くメニューです。

サロンによって値段や手法は様々です。例えば、マシンで微振動を起こして古い角質を吹き飛ばすものや特別なクレイや酵素のパックで除去してくれるところがあります。また、毛穴吸引といってガラス管で毛穴汚れの詰まりを吸い取るメニューもあるでしょう。

プロの手によって毛穴のケアをしてもらうことで、肌への刺激を押さえながら最適なケアを受けることができます。アフターケアをしっかり行っているところも多いので、黒ずみ除去だけではなく肌の透明感も手に入れることができるでしょう。

小鼻の黒ずみを取った後のケア方法3個

小鼻の黒ずみを除去した後は、「保湿」と「毛穴の引き締め」が大切です。黒ずみをとって、そのままにしてしまうと新しい汚れが毛穴に詰まりやすく、また肌を傷める原因にもなりかねません。

この項目では黒ずみを除去した後にやるべきケアを3個紹介いたします。

1. ひたひたに化粧水を含んだコットンで小鼻を集中パック

黒ずみを除去した後の毛穴は、詰まっていた角栓がなくなった状態なので空気に触れやすくなっています。そこでしっかりと化粧水を浸透させ保湿することが大切です。

コットンにたっぷりと化粧水を含ませて、隙間がないように小鼻に貼り付けましょう。コットンが乾く前に外すのがポイントです。

この時ビタミンBやビタミンC配合のスキンケアを選ぶと、より効果的です。小鼻の黒ずみ除去には、皮脂分泌を押さえてくれるビタミンBや肌のうるおいを保つために必要なビタミンCが入ったスキンケアが最適です。

2. 保湿力の高いフェイスマスクを使う

顔全体のクレンジングや洗顔の後であれば、フェイスマスクを使って顔全体を保湿します。この時、フェイスマスクの鼻部分には、化粧水のコットンを上からかぶせて、さらに保湿力を高めます。

3. 毛穴を引き締めるために冷やす

冷たい水に浸したタオルや、保冷剤に薄く一枚タオルを巻いて小鼻に軽く当てましょう。氷水につけてキンキンに冷やしたスプーンなども効果的です。すでに紹介したコットンパックや集中パックをしながら冷やすのもいいでしょう。

黒ずみ除去の際に小鼻をあたためていた場合、このケア方法はより効果的です。ゆるんだ毛穴をしっかり引き締めることでうるおいを保つ効果も得ることができます。

まとめ

小鼻の黒ずみの原因、除去方法をご紹介しました。

小鼻の黒ずみ除去のために大切なことは以下の3点です。
・酸化した角栓を除去する
・角栓を作らないために日常的に不要な皮脂や角質をキレイに取り除く
・バランスの良い肌を保つためのスキンケア
このポイントを抑えて、自分にあった方法を試してみてください。

黒ずみは一度除去したら終わりというものではなく、習慣的に取り除き、また肌環境を整えるということが大切です。

生活習慣やスキンケアをより良いものにして、肌の土台を整えながら取り組むととても効果的になります。長い目で見て、皮膚への負担をなるべく最小限にし、黒ずみができにくい小鼻を目指しましょう。