監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

鼻や額など、Tゾーンにポツポツと現れる「大きな角栓」。「メイクで隠そうとしても毛穴が目立つ」と頭を抱える人が多いようです。

今回は大きな角栓の原因とスッキリ取り除く方法、取った後のケア方法を合わせて解説しています。根本的な原因と対策を知って、憧れの毛穴レスな美肌を目指しましょう。

大きな角栓の原因3個

洗顔をすると、毛羽だったように盛り上がりが気になる白い角栓。手触りはザラザラしていて、見た目もブツブツと目立って気になりますよね。

なぜこのような大きな角栓ができてしまうのでしょうか?繰り返し現れる「大きな角栓」の主な原因を見ていきましょう。

1. ターンオーバーの乱れ

大きな角栓の原因は、乾燥によるターンオーバーの乱れです。肌と同じように、毛穴の中にある角層もターンオーバーの機能が働いています。

乾燥によってターンオーバーが乱れると、通常よりも速く剥がれて不要な角質が蓄積されるのです。そこへ皮脂が混ざることで、毛穴をふさぐ角栓に成長します。

初めのうちは小さく目立ちませんが、何度も形成されると、徐々に毛穴が開いて大きな角栓に変化するのです。キレイに除去しても、角層のターンオーバーは乱れているので繰り返し現れます。

2. 余分な皮脂と古い角質

大きな角栓の正体は、毛穴から分泌される皮脂と、毛穴周りの古い角質が混ざり合ったもの。毛穴の中に汚れがたまって硬くなると、やがて大きな角栓になります。

体と比べて顔の皮脂腺は大きいため、体温の調整よりも皮脂を分泌する働きが強いです。鼻周りと額は、皮脂の分泌量が盛んで、角栓も形成されやすくなります。とくに鼻は形状により、化粧品などのケアが行き届きにくく、ターンオーバーも乱れやすい部位です。

角栓ができると、ザラつき・くすみ・乾燥などの肌悩みにつながります。肌のコンディションを整えるためにも、放置せずに適切なケアをすることが大切です。

3. 間違ったスキンケア

肌の乾燥を気にして、「朝の洗顔はしない」「ぬるま湯ですすぐだけ」の人が多いようです。しかし、睡眠中も皮脂は分泌されていて、古い角質も剥がれ落ちています。うるおいを求めるあまり、肝心な汚れをしっかり落とせていないかもしれません。

大切なのは、毛穴の状態に適したスキンケアを行うことです。肌の状態と照らし合わせて、大きな角栓を取り除くケアを始めましょう。

大きな角栓の取り方6個

洗顔だけで大きくなった角栓を完全に取り除くことは難しいため、他のケアに注目しました。根元からスッキリ除去するために、大きな角栓の取り方を見ていきましょう。

事前準備:ホットタオル等で毛穴を開いて角栓を柔らかくする

一番重要なケアのポイントは、硬くなった角栓を柔らかくすること。硬くなった角栓がふやけて取れやすい状態なので絶好のチャンスです。

角栓が硬いままでは取り除きにくく、無理に除去すると肌を傷つけかねません。どのケアをするにしても、毛穴を開いて角栓を取り除きやすくすることが大切です。

ホットタオルの作り方

水で濡らしたフェイスタオルを、レンジで30〜40秒程度かけて加熱します。温まったタオルは火傷(やけど)の可能性もありますので、少し時間を置く、または加熱時間の調整をしてください。

ホットタオルを使うことで、顔の血行・化粧水の浸透・化粧ノリがよくなります。他にも、美顔器のホットスチームでも代用は可能です。

1. スクラブで集中ケアを

スクラブ洗顔は正しい使い方をすれば、美肌に導いてくれる心強いアイテムです。たっぷりの量を手に取り、優しくハンドプレスしながらなじませます。

気になる部位の角栓をクルクルと、ソフトタッチでからめとりましょう。大切なポイントはこすらずに取り除くこと。

スクラブで肌をこすると、強い刺激となり、乾燥や肌荒れを招くので注意しましょう。最後は洗い残しのないように、しっかりとすすぎを行ってください。

2. 日々の洗顔で取りきれない汚れはピーリングでオフ

毎日の洗顔やクレンジングで落としきれない汚れは、ピーリングで除去しましょう。ピーリング剤は、たまった皮脂や古い角質を溶かして角栓を取り除きます。

加えて、ターンオーバーのサイクルを正常に戻したいときにも最適です。AHAやサリチル酸など、角質を柔らかくして除去する成分を配合したものがおすすめ。

使用頻度の目安は2週に1度で、定期的に行うことで角栓の予防にもなります。

3. 古い角質はふきとりタイプで取り除こう

ふきとりタイプの化粧品は使い続けることで、古い角質をオフして肌の透明感をアップしてくれます。

角質がたまると乾燥やくすみなどの原因にもなるため、早めに対処したいところ。こすらずに優しくふきとるのが重要なポイントです。

乾燥肌の人は、うるおい成分をたっぷり配合したふきとり美容液を使用するとよいでしょう。

4. 不要な角質をからめとるクレイパックも◎

クレイパックは吸着性が高く、頑固な角栓にも有効です。泥の力で吸着して、皮脂や古い角質を取り除きます。ピールオフタイプは肌に負担がかかるため、ダメージの少ないペースト状のものがベストです。

ただし、洗浄力が高いため、終わった後は念入りに保湿を行いましょう。使用頻度は、多くても週に1度を目安としてください。

5. 硬い角栓は毛穴洗浄器でスッキリ

忙しくてエステに行けない人も、自宅で気軽に角栓のケアができる便利な毛穴洗浄器。硬く大きくなった角栓は、普段の洗顔で取り除きにくいものです。

ホットタオル等で肌を柔らかくした後に毛穴洗浄器を使うと、大きな角栓もキレイに除去できます。水流のパワーで毛穴の汚れを取り除くので、肌を傷つけたくない人にも最適です。

6. ケミカルピーリングで角栓を根元から除去

ケミカルピーリングは専用の薬剤を顔に塗り、古い肌を剥がして再生を促す医療法です。こびりついた角栓やザラつきは、1度の施術でもスッキリします。(効果は個人差あり)美容院に通うように、定期的に皮膚科でケミカルピーリングを受けるのもよいでしょう。

角栓の他にも、毛穴の開きやシミ、ニキビなど、あらゆる肌悩みに対応しています。定期的なケアで、毛穴の目立たない美肌を目指せるでしょう。

鼻の大きな角栓を取った後の穴はどうすべき?

次に、角栓を取った後のケアはどうすればよいのかを解説します。

以下は角栓をキレイに除去した後のケア方法です。
①収れん化粧水をたっぷり塗る
②コットンパックで毛穴をキュッと引き締める

冷蔵庫で冷やした化粧水をコットンにたっぷりしみこませます。角栓を取った部位にのせて、しばらく(3分程度)放置するだけです。毎日のケアに取り入れることで、毛穴がみるみるうちに引き締まります。

氷などで冷やすと一時的に毛穴は引き締まりますが、体温が上昇すると同時に毛穴も元の大きさに戻ります。その際は、毛穴の引き締め効果のある化粧品を活用してください。また、肌の乾燥を防ぐために十分な保湿を心掛けましょう。

油分の多い乳液やクリームは、毛穴をふさぎやすくするので塗りすぎに要注意です。化粧水と美容液をたっぷりと塗り、乳液やクリームは適切な量を薄くのばして使用してください。

大きな角栓を取った後の対処方法7個

大きな角栓を取った後の毛穴は、すっぽりと穴が開いて気になりますよね。ただ取り除くだけでは、すぐに角栓が形成されてしまいます。取った後の対処法に関する詳しい解説を見ていきましょう。

1. 日々の洗顔で余分な汚れをためない

毛穴に特化した洗顔を使い、不要な皮脂や角質をしっかりオフしましょう。洗顔の目安は朝と晩の2回、脂性肌の人でも3回を上限にしてください。

十分な量の泡を作り、顔を包み込むように広げます。角栓ができやすい部位は、優しくクルクルと指でなでるように行ってください。

ゴシゴシと顔を洗ったり、タオルでゴシゴシ拭いたりするのはNGです。間違った洗顔方法は乾燥を招き、毛穴の広がりを悪化させるため控えましょう。

2. クレンジング選びはメイクに合わせて

メイクとクレンジングの相性が悪いと、化粧品の成分が肌に残るため、角栓もできやすくなります。

以下は、クレンジングで落とせる化粧品の種類をまとめました。

クレンジングの種類落とせるメイク洗浄力
ミルク・ジェルミネラル・パウダーファンデ・化粧下地・BBクリームなど
クリーム・ふきとりリキッド・エマルジョンファンデ
オイル・バームウォータープルーフの日焼け止め・マスカラ・アイライナー

皮脂やメイクの汚れを落とすと同時に、肌に重要なNMF(天然保湿因子)も少なからず流れています。

自分のメイクに合わせて、適切な洗浄力のクレンジングを使い分けることが大切です。また、摩擦を避けるために、肌にのせただけでメイクを浮かせるものを選ぶこと。

ゴシゴシ洗いは、肌を傷つけ、乾燥を招くので控えてください。摩擦を避けるため、クッション性のあるクレンジングがおすすめです。肌に成分が残らないように、最後は念入りにすすぎましょう。

3. 丁寧な保湿で毛穴の目立たない肌へ

大きな角栓を取り除いた後は、角栓の形成を抑える化粧品で丁寧な保湿を行いましょう。せっかく除去した角栓を繰り返し作らせないように、予防のケアが大切です。

また、ピーリングや酵素洗顔をした後の肌は、少しの刺激に敏感になっています。取り除いた部位を中心に、化粧水~クリームを使用し、念入りなケアをしてください。

肌が乾燥していると、毛穴も開きやすくなり、余計に目立ってしまいます。乾燥を予防するには、美容成分をたっぷり配合したシートパックがおすすめです。たっぷりうるおいを与えて、毛穴の目立たないツヤ肌をキープしましょう。

4. 食生活を見直してターンオーバーの乱れを整える

肌のターンオーバーの乱れを正常に戻すには、食生活を見直す必要があります。皮脂を抑制するビタミン類を積極的に摂りましょう。脂質や糖質の多い食事は、皮脂の過剰分泌を促すため控えてください。

また、トラブルのない肌を作るには、バランスの良い食事が大切です。ビタミンだけでなく、ミネラルやタンパク質など、いろいろな栄養素がすこやかな肌を作ります。偏食や暴飲暴食は控えて、いろいろな食材を摂り入れましょう。

5. リラックスして質の良い睡眠を

皮脂の過剰分泌による角栓の形成を防ぐためには、十分な睡眠と休息が大切です。睡眠不足やストレス状態が続くと、自律神経が乱れて男性ホルモンを活性化させます。男性ホルモンが優位に働くと、皮脂の分泌量も増えてしまうのです。

以下は、リラックスして眠る環境を整えるポイントです。

・就寝前はパソコン、テレビ、スマホを控える
・38℃~40℃を目安にぬるめのお湯につかる
・アロマの活用をして眠りを促す
・照明は全て消す
・ノンカフェイン飲料を飲む

就寝前の入浴は、副交感神経が働いてリラックス効果も高まります。お湯の温度が高いと、神経が覚醒して目覚めるのでご注意ください。

マンダリンやカモミール、ラベンダーなど、アロマの香りがリラックスさせて心地よい眠りに導いてくれます。心地よく入眠するために、ぜひ上記でご紹介したポイントをお試しください。

6. 季節にかかわらず紫外線対策を

ターンオーバーの乱れの原因は、主に日焼けによるサンバーンです。紫外線を浴びることで肌は乾燥して、毛穴も詰まりやすくなります。

しわやたるみなど、老化の原因の8割は紫外線によるものです。そのため、夏だけでなく、1年を通して紫外線対策を徹底して行いましょう。とくに鼻周りと目元は、ムラになりやすいので丁寧に日焼け止めを塗ってください。

日焼け止めを使えない人は、UVカット効果のある日傘やツバの大きい帽子で対策するとよいでしょう。効果を持続させるために、2~3時間起きに日焼け止めを塗り直してください。

7. 凸凹は軽いつけ心地のメイクで隠そう

角栓をスッキリ取り除くと、大きな毛穴がポコっと開いて気になりますよね。コンシーラーなどで重ね塗りをするのは、毛穴を再び詰まりやすくするのでNGです。

リキッドファンデーションやウォータープルーフの化粧品は、肌への密着性が高いので控えてください。軽いつけ心地のパウダーやクッションファンデーションなど、洗浄力が優しいクレンジングでも落とせるものを使いましょう。

まとめ

大きな角栓の原因と対策などを解説してきましたが、実践できそうな方法は見つかりましたか?大きな角栓の表面を取り除くだけでは、またすぐに再生してしまいます。根元からしっかり取り除くことが大切です。

取り除いた後は、角栓を作らないケアを行いましょう。予防を徹底することで、毛穴の詰まらない理想的な肌に導けます。頑固な角栓とサヨナラして、ツルツルの素肌を手に入れてください。