監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

夏から秋、冬から春といった季節の変わり目になると、肌荒れで悩む女性は多いはず。

カサつきやかゆみで肌の調子がよくないと感じていませんか?できることなら、季節にゆらがない健康的な肌を手にいれたいですよね。

そこで今回は、季節別の変化と肌荒れする原因、スキンケア対策をご紹介します。スキンケア対策を参考に、つらい肌荒れとサヨナラしましょう。

季節の変わり目の肌荒れで乾燥や赤みが…

季節の変わり目に、「急に肌が敏感になった」と感じることはありませんか?

気温や温度は快適なのに、なぜかメイクはのらず、普段と同じ化粧品でヒリヒリすることも。ちょっとした刺激に肌が反応してカサカサや赤みを生じるなど、敏感肌の症状に悩む人もいます。冬はカサつきが気になる、春はかゆくなるなど、季節ごとに症状もさまざまです。

また特定の時期になると、肌の赤みやカサつきなどを生じる人は「季節性敏感肌」かもしれません。以下は、季節性敏感肌のチェックポイントです。

・外出が多い
・特定の時期に赤みやカサつきが生じる
・紫外線で肌トラブルを起こしやすい
・花粉症
・睡眠不足
・ストレスの影響を受けやすい

自分の肌の状態や生活習慣と照らし合わせて、チェックしてみてください。当てはまる項目が多いほど、季節性敏感肌の可能性も高まります。季節ごとの症状や原因を知って、刺激にゆらがない肌を作りましょう。

季節別の変化

季節によって変わる環境は肌に与える影響も異なります。まずは、肌荒れにつながる季節ごとの変化を見ていきましょう。

春から夏に起こる変化

春から夏は、紫外線の影響が最も気になる時期です。

日焼けをすると肌の黒色化だけでなく、シミやソバカスの原因にもつながります。また紫外線を浴びることでバリア機能が低下して、乾燥やニキビなどの肌荒れを招く可能性も。

気温の上昇で水分量と皮脂の量が多くなりますが、肌の内部は乾燥していることもあります。皮脂が多くなる春から夏にかけて、ニキビや化粧崩れなどの悩みも増えることに。

また、花粉の飛散やホコリなどが肌に悪影響を与えることもあります。寒暖差が不安定で、新生活などの環境の変化から敏感肌になりやすいです。

夏から秋に起こる変化

夏から秋は、夏に受けた紫外線の影響が肌に現れやすい時期です。気温が徐々に低下すると、肌のターンオーバーも乱れやすくなります。

ターンオーバーが乱れると、本来なら剥がれるはずの角質が肌に残り、ザラつきやごわつきの原因になることも。湿度も徐々に低下していくため、肌はより一層乾燥しやすくなるのです。

やがて秋になると湿度と温度が安定するため肌がうるおい、1年の中でも最も過ごしやすい季節に移行します。

秋から冬に起こる変化

秋から冬は1年で最も肌が乾燥しやすい時期です。

湿度と気温が下がると、皮脂の分泌量も減るため乾燥してカサついた肌になることも。乾燥が進むとザラつきや粉吹き、さらには赤みやかゆみを生じることもあります。

また体が冷えて血行不良になると、肌のバリア機能も低下する可能性もあります。

冬から春に起こる変化

冬から春は朝と夜の温度差が激しく、徐々に紫外線も強くなる時期です。そのため、肌は寒暖差や紫外線の影響を受けやすくなります。

環境の変化についていけず、肌が敏感に反応して肌荒れを起こしているかもしれません。また2月~4月にかけては、スギとヒノキの花粉が飛び始める時期です。湿度も低く肌は乾燥しやすいため、花粉による影響を受けやすくなります。

季節の変わり目に肌荒れする原因6個

次に、なぜ季節の変わり目は肌荒れしやすいのでしょうか?ここでは、肌荒れの原因を詳しく解説していきます。

1. 乾燥

気温や湿度、紫外線などの影響により、肌が乾燥して肌荒れを起こすこともあります。乾燥肌はカサカサやザラザラした状態で、うるおいや弾力も失われた状態です。

紫外線や冷たい風などで湿度が低下すると、肌の水分量が減り始めて乾燥しやすくなります。乾燥すると角層に隙間ができるため、肌を守るバリア機能も低下してしまうのです。

バリア機能が低下した肌は、アレルゲンや菌が侵入しやすくなります。そうなると摩擦や汗、紫外線など、普段は何ともない刺激に肌が過敏に反応するのです。乾燥肌はさまざまな肌トラブルを引き起こすので、早めに対処しなければなりません。

2. 紫外線

太陽光を浴びることで肌が赤みや熱を感じる人もいます。日焼けすると6~48時間後に赤くなり、ヒリヒリ感やかゆみが生じることもあります。

肌荒れが進むと、水ぶくれやただれができることもあります。重症化する前に適切な対処が必要です。紫外線の量は季節や天候、時間帯によって大きく異なります。

季節別の紫外線の量

紫外線の量は最も夏に多くなりますが、1年中どんな日も降り注いでいます。

引用元:気象庁HP

3月頃から徐々に増え始め、最も強くなるのは8月です。夏はとくに紫外線の強い時期なので気をつける人も多いでしょう。

しかし、気温も暖かくなり、紫外線が徐々に強くなる季節の変わり目はサボりがちになります。秋から冬の紫外線対策不足で肌荒れが生じている可能性もあります。

肌荒れの原因となる紫外線

紫外線はUVA・UVB・UVCの大きく3つに分けられます。肌荒れの原因となるのはUVBで、肌が乾燥したり、しわになったり、黒色化したりすることもあります。UVBを浴びると、肌は赤くなり細胞の遺伝子に傷がつきます。

日焼けして皮膚がむけることで、乾燥の原因にもなるのです。肌の水分量が減り、黒くなったりごわついたりすることもあります。

やがて肌の赤みがひくと、メラニンが生成されてシミやソバカスになる可能性もあります。とくに春から夏にかけて、UVBの影響を肌が受けやすい時期です。

3. 花粉皮膚炎

紫外線の影響でバリア機能が低下して肌に花粉がつくと、赤みやかゆみといったつらい症状が出ることもあります。いわゆる花粉症で「花粉皮膚炎」とも呼ばれおり、花粉が肌につくことでアレルギー反応を起こします。

花粉が頻繁に飛ぶ時期になりやすく、とくに乾燥肌やアトピー性皮膚炎の人は発症しやすいので要注意です。花粉症と聞くと鼻水やくしゃみが一般的に考えられますが、これらの症状はなく顔や首だけに症状が現れる人もいます。とくに冬から春に移行する時期は、花粉の増加による肌荒れを生じやすいです。

4. 湿度と気温の低下

気温が下がると同時に、汗や皮脂の量も減少して乾燥しやすくなります。環境の変化により肌のバリア機能が下がり、敏感に反応して肌荒れしやすくなるのです。肌の乾燥やザラつき、粉吹きなどの症状が現れることもあります。

昔に比べると、エアコンなどの普及によって部屋の湿度が下がり、空気も乾燥しやすい生活環境です。室内の空気が乾燥して湿度も下がることで、乾燥による肌荒れを起こす可能性も考えられます。

5. 生活習慣の乱れ

睡眠不足や不規則な生活を送っていると、便秘になりやすくなります。便秘になるとビタミンB群がうまく合成されず、肌荒れの原因につながるのです。

パソコンや携帯を就寝前に見ていると、ブルーライトにより脳が覚醒して不眠の原因になります。

また、社会生活の中で避けられないのがストレスです。人間関係や環境の変化などにより強いストレスを受けると、ターンオーバー機能やバリア機能が低下して肌荒れを引き起こす可能性もあります。気づかないうちに精神的なストレスがたまっていることもあるでしょう。

6. 間違ったスキンケア

間違った洗顔方法や不十分な紫外線対策で、肌のバリア機能が低下しているかもしれません。洗顔の際にゴシゴシこすったり、何度もパッティングしたりしていませんか?このような間違ったスキンケアは肌の表面を傷つけて乾燥を招きます。

日焼け止めをしっかり落とせていないと、肌荒れやニキビの原因になることもあります。そしてバリア機能が低下した肌に化粧品を塗ると、ピリピリやチクチクなどの刺激を感じやすくなります。その結果、ニキビや吹き出物、かゆみや赤みといったさまざまな肌荒れの症状が現れるのです。

また、「肌質の思い込み」で間違ったスキンケアをしている可能性があります。肌質はずっと変わらないものではありません。

「私は脂性肌だから」と油分を避けるなど、間違ったケアをしていることも考えられます。肌質が異なるとケア方法も変わりますので、定期的に肌質のチェックをすることも大切です。

季節の変わり目のスキンケア対策7個

刺激を感じやすくなる季節の変わり目のスキンケアは、どのようにすればよいのでしょうか?敏感肌を正常な肌へ戻すために、対策方法をぜひ参考にしてください。

1. 肌を清潔に保つ

ニキビや肌荒れを防ぐには、肌に直接触れるタオルや衣類は清潔を保ちましょう。顔に触れる物は柔らかいコットン(綿)素材のものを使用してください。

ヘアピンやヘアゴムを活用して、髪の毛は顔にかからないように束ねるといいでしょう。メイク時に使うパフやスポンジも、目に見えない菌やホコリがついていることもあるので使用後は必ず洗ってください。

また、人は無意識のうちに何度も髪や顔を触っています。手には雑菌や汚れがたくさんついているので、顔を触るときは事前に手を洗いましょう。

日々のちょっとした工夫が肌荒れを予防し、季節の変わり目に左右されない肌を作ります。

2. メイクを残さずクレンジングでしっかり落とす

汗やメイクが肌に残っているとバリア機能に影響するため、丁寧なクレンジングと十分なすすぎを行いましょう。

肌荒れをしているときは拭き取りタイプなどは避けて、低刺激性のものを使用してください。刺激と摩擦を避けるため、とろみとクッション性のあるものがおすすめです。

メイクを落とすポイントは、摩擦を避けるため十分な量を使ってオフすること。肌に刺激を与えないように、こすらずに優しくクルクルとなじませてください。メイクとクレンジング剤がなじんだら、最後はしっかりすすぎましょう。

3. 刺激の少ない洗顔料で優しく洗う

花粉による肌荒れを防ぐには、顔についた汚れをしっかり洗い流しましょう。敏感肌に傾いているときは、低刺激性や敏感肌用の洗顔料を使用します。

荒れた肌に、スクラブ洗顔や酵素洗顔の使用はNGです。界面活性剤を配合した強い洗顔料は刺激となるため避けるようにしましょう。

洗顔は泡立てネットで濃密な泡のクッションを作り、たっぷりの量を肌にのせます。皮膚の多い部位から塗り、乾燥しやすい部位は最後にサッとつけて洗い流してください。

洗顔時の水温は高すぎても低すぎても肌を刺激するので、ぬるま湯(約32〜34℃)を目安に調整します。肌は不安定な状態なので負担をかけないため、なるべく短時間で行いましょう。

4. こまめに保湿して乾燥を防ぐ

乾燥によるバリア機能の低下を防ぐため、「常に保湿」を心掛けて肌のケアを徹底しましょう。肌荒れをいち早く改善するために重要となるのは保湿です。

化粧水で肌を整えたら、すぐに乳液やクリームでフタをして水分を閉じ込めます。水分の蒸発を防ぐため、化粧水の浸透を待つ必要はありません。

日中も乾燥を感じる人は、メイクの上から塗れる乳液や美容液でこまめに保湿してください。化粧品に配合されるアルコールやバラペンは、敏感肌に使うと刺激になることもあります。ブツブツやかぶれなどの肌トラブルがあれば、すぐに皮膚科を受診してください。

5. 紫外線対策を徹底する

肌荒れを防ぐためには、1年中降り注ぐ紫外線から肌を守りましょう。紫外線の量は春から徐々に増え始め、夏になるとピークを迎えます。とくに10時から14時の間は紫外線の量が多いので要注意です。

日焼け止めの正しい使用方法

日焼け止めは外出前だけでなく、外出後も2~3時間おきを目安に塗り直してください。汗や摩擦によって、徐々に予防効果が弱まるためです。

紫外線効果が高くなるほど、肌への負担も大きくなります。肌荒れを防ぐには、適切な日焼け止めを選ぶことも大切です。

日焼け止めの適切な選び方

以下はUVBを防ぐSPFの数値の使用目安をまとめました。

・日常生活…SPF15〜30
・レジャー・スポーツ…SPF30〜50
・海・山・炎天下の場所…SPF50+

上記を目安に、肌に負担が少ないものを選びましょう。肌に合う日焼け止めが見つからないときは、UVカット効果のある黒の日傘や衣類などの活用をおすすめします。

目からも紫外線は吸収されるので、サングラスやコンタクトレンズを活用しましょう。しっかり日焼け止めを塗っていても、紫外線を浴びた日は念入りな保湿を心掛けてください。

6. 花粉から肌を守る

外出時は帽子やマスクなどを着用して、花粉を肌に触れさせないように対策しましょう。マスクは感染症を予防するだけでなく、花粉症を防ぐにも有効です。

洗顔をする際は事前に手を洗って、付着している菌や花粉を洗い流します。顔に付着した汚れを落とし、肌に花粉が残らないよう意識してください。

7. 赤みやかゆみは炎症を鎮めるケアを行う

軽い赤みやかゆみがあれば、抗炎症剤を配合した化粧品で保湿します。ニキビの場合はニキビ用化粧品を使ってケアしてください。

広範囲にできたり長引いたりする場合は皮膚科へ行き、症状に合った適切な薬を処方してもらいましょう。肌に刺激の強い化粧品の使用は避けて、低刺激性のものを使用してください。

まとめ

季節の変わり目で肌荒れする原因と対策をご紹介しました。肌荒れの原因を探り、その原因を避ける、またはケアすることが大切です。

ヒリヒリ感や赤みなどの肌荒れは、美容面でも気になってつらいですよね。ご紹介した対策を参考に、素早くケアしてすこやかな肌を取り戻しましょう。