監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

鼻の皮むけやかさつき、赤みといったトラブルに悩み、コンプレックスを感じる女性は非常に多く存在します。

皮むけを隠すためにベースメイクを厚塗りしたり、むけかけた皮をはがしてしまったりすることは、トラブルの悪化を招く一因です。

鼻の皮むけの原因と対処方法、カバーメイクテクニックを知り、気になるトラブルの解消を目指しましょう。

鼻の皮むけの原因4個

鼻の皮むけの原因は、非常に多岐に渡ります。以下4個の原因のうちのどれがトラブルの元凶であるのかを考え、適切な対処を行って下さい。

1. 鼻のかみすぎ

花粉の時期や長引く風邪の最中は、頻繁に鼻をかむ行為によって、皮むけを起こすことがあります。健やかな肌を維持するために必要な皮脂や水分がティッシュに吸収されてしまい、かさつきや皮むけを招くケースがあるためです。

また、鼻をかむ際の摩擦刺激によっても、皮むけの悪化が起こることはあります。鼻のかみすぎのみではなく、長時間のマスク着用による蒸れや摩擦刺激も乾燥による皮むけを招く原因です。

感染症対策や慢性的な鼻炎によって日常的にマスクを着用する人は肌荒れリスクが高いことを覚えておくとよいでしょう。

2. 洗顔やクレンジングの誤り

次に、洗顔やクレンジングの誤りです。刺激の強い洗顔料・クレンジングを使用したり強くこすったりすることは、肌に大きな負担をかけます。

鼻の皮むけは、負担の大きい洗顔・クレンジングによるダメージが蓄積されて、表面化したもの。季節の変わり目や生理前など肌が敏感に傾きやすい時期に皮むけが起こり、繰り返してしまうことがあります。

3. 頻繁な角質ケアや黒ずみケア

鼻の周りは、毛穴の開きや黒ずみ、角栓の目立ちやすい部位といえます。しかし、頻繁な角質ケアや黒ずみケアを行うことは、肌に負担をかける行為です。継続的に生じる負担に肌が耐えきれなくなった時、皮むけが生じます。

肌に負担をかけやすい角質ケアや黒ずみケアの代表例は、次のような内容です。

・ピーリングジェルやピーリング石鹸
・スクラブ入りの洗顔料
・剥がすタイプの毛穴パック

その他、ビタミンCコスメや美白美容液、美白クリームなどの刺激で皮むけが生じるケースも存在します。美白成分配合の基礎化粧品を使う際は肌との相性を見極め、無理な継続は控えましょう。

4. 日焼けの影響

最後に、日焼けの影響です。大量の紫外線を急にあびると表皮細胞の一部が傷つき、死んでしまうことがあります。死んでしまった表皮細胞を追い出し、新しいものへの生まれ変わりを進めるための反応が皮むけです。

鼻は顔の中で高い場所に位置しますので、紫外線の影響を受けやすく、皮むけなどのトラブルを生じやすい部位といえます。

紫外線によるダメージが蓄積すると、シミやたるみといったエイジングトラブルを招くことが多く、日焼けを防ぐ対策や適切なアフターケアが必要です。

鼻の皮むけの応急処置

鼻の皮むけの応急処置には、ワセリンを活用できます。皮むけの気になる部位に薄く塗り、外部刺激を受けないように保護しましょう。使用量が多すぎるとほこりなどを吸い寄せてしまいますから、あくまで薄く、少量を塗ることが大切です。

冷えて固まったワセリンは手の平で挟み込むように温め、柔らかい状態に変えたものを塗って下さい。

ワセリンにも様々な種類がありますが、敏感肌や乾燥肌には白色ワセリンがおすすめです。黄色ワセリンと比較して精製度が高く、弱った肌にも使いやすい種類といえます。

なお、ワセリンは、美容成分を含まない100%の油分です。応急処置として皮むけの気になる部分を保護することはできますが、誤ったスキンケアや紫外線刺激によって弱った肌を回復させるための積極的な対策を行うことは困難です。

ワセリンのみを塗るお手入れを長期的に続けると、肌の乾燥が進行し、皮むけの悪化を招くケースもあります。ワセリンを塗るお手入れは応急処置に過ぎないことを理解し、その場を乗り切った後には、根本的な対処法を行うことがおすすめです。

鼻の皮むけの対処方法7個

では、鼻の皮むけの根本的な解決を図るためには、どのような対処方法を行えばよいのでしょうか。以下では、鼻の皮むけの対処方7個の詳細を解説します。

1. 保湿ティッシュを使用する

鼻のかみすぎによる皮むけは、保湿ティッシュを使用することで、解消できるケースがあります。

保湿ティッシュがない時には、一般的なティッシュにミストタイプの化粧水を吹きかけ、代用を行うことが可能です。この時に使用するミスト化粧水は、刺激成分を含まないシンプルな処方のものを選択しましょう。

ティッシュを万遍なく濡らすことのできるように、粒子の細かいミスト化粧水を選ぶことも大切です。

2. 肌に優しいマスクを着用する

マスクによる皮むけが気になる人は肌に優しいマスクを選び、蒸れや乾燥を防ぎましょう。肌に優しいマスクを選ぶためのポイントは、以下2点です。

【1】立体的な形状のマスクを選ぶ
平坦な形状のマスクは、鼻の周りに摩擦刺激を与えやすく、皮むけリスクを高めます。顔に沿うように立体的な形状で設計されたマスクを選択すると、摩擦刺激や呼吸による蒸れを防ぐことが可能です。

【2】綿やシルク素材のマスクを選ぶ
使い捨ての不織布マスクは肌に刺激を与えやすく、皮むけが気になる時には不向きです。綿・シルク素材といった肌に刺激を与えにくい素材のマスクに切り替え、肌トラブルを防ぎましょう。

近年では「敏感肌用マスク」「蒸れにくいマスク」など、機能性の高いマスクが非常に多く見られます。肌の悩みに合うマスクを上手に使い、鼻の皮むけの改善を図りましょう。

3. 洗顔料選びを見直す

鼻の皮むけの生じた肌はバリア機能が低下し、デリケートな状態に傾きます。弱った肌に負担をかけにくい洗顔料に切り替えて、トラブルの悪化を防ぎましょう。

洗浄成分が脂肪酸石鹸の洗顔料は合成界面活性剤使用のものと比較し、肌に刺激を与えにくい傾向があります。

「弱酸性」記載の見られる洗顔料は合成界面活性剤使用の商品が多く、やや注意が必要です。「弱酸性=低刺激」という思い込みで洗顔料選びを行い、皮むけを悪化させないように気をつけましょう。

脂肪酸石鹸にも様々な種類が存在しますが、オレイン酸配合の洗顔料は、比較的低刺激です。商品の成分表示をよく確認し、状態に合う洗顔料を使って下さい。

なお、鼻の皮むけがとくにひどく、どのような洗顔料も刺激に感じる場合は、ぬるま湯のみの洗顔を行うことが選択肢です。洗顔料をあれこれと試すことは弱った肌に負担をかけて皮むけの悪化を招くリスクがありますから、慎重な判断を行って下さい。

洗顔料の使用を行うか・ぬるま湯のみの洗顔が望ましいかの判断に迷う場合は、医療機関に相談しましょう。医師の指導に従い、肌の状態に合う洗顔を行うことで、皮むけを解消できるケースがあります。

4. 正しい洗顔方法を守る

洗顔による肌の刺激を抑えるためには、洗顔方法の見直しも必要です。以下の手順に従って正しい洗顔を実践し、弱った肌をいたわりましょう。

◎鼻の皮むけが気になる時の洗顔手順

【1】適量の洗顔料を手にとり、少量ずつぬるま湯を足しながら泡立てる。
【2】泡のクッションを利用し、指が直接触れないようにしながら洗顔する。
【3】体温より低い温度のぬるま湯で十分にすすぐ。
【4】清潔なタオルで水分を吸収し、速やかに保湿を行う。

十分な泡立てを行うことで汚れの吸着力が高まりますから、手を逆さまにしても落ちない程度まで、十分な泡立てを行って下さい。

すすぎに使用するお湯の温度は、体温より低い程度が適切です。熱すぎるお湯を使用すると肌を健やかに維持するための油分まで取り去り、皮むけを悪化させるリスクがあります。

5. 洗顔後は5分以内に保湿を行う

洗顔後は5分以内に保湿を行い、肌の乾燥を防ぎます。アルコールや香料、着色料といった刺激成分を含まない敏感肌用の化粧水を活用し、十分な水分補給を行いましょう。

化粧水の付け方は、コットンではなく、手でなじませる方法がおすすめです。メーカー指定の適量を顔全体になじませ、皮むけの見られる鼻の周りの潤い不足を感じる場合は、少量の重ね付けを行って下さい。

化粧水による水分補給を行った後は、乳液もしくはクリームで適度な油分を与えます。鼻の周りは皮脂分泌量が多く、ベタつきを感じやすい部位ですが、油分を与えるお手入れを怠ることは皮むけの悪化を招く原因です。クリームに苦手意識を持つ人は、軽い質感の乳液を活用し、油分の不足を補いましょう。

6. 日焼け後のアフターケアを正しく行う

日焼けによる皮むけは無理にはがさず、保湿ケアを行いましょう。日焼け直後の肌は敏感な状態ですから、様々な美容成分の配合されたシートパックや美白美容液など、相性の問われるお手入れは避けて下さい。

敏感肌用の化粧水や保湿ジェル、乳液などによる十分な保湿を行うことで、新しい肌への生まれ変わりを後押ししましょう。

日焼け後の皮を無理にはがす行為は、下から出てきた新しい肌まで一緒に取り去り、生まれ変わりを阻害するケースがあります。十分な保湿を怠ることもまた肌の生まれ変わりを阻害し、日焼けによるダメージを長引かせる原因です。

「なるべく早く皮むけを治すため」と結果を急ぐことによってトラブルが長引く状況は、できる限り避けたいもの。弱った肌をいたわりながら保湿を続けて、皮むけの解消を図りましょう。

7. 適切な強さの日焼け止めを毎日塗る

日焼けによる皮むけの解消を図るためには、適切な強さの日焼け止めを毎日使用し、更なるダメージの蓄積を防ぐことも大切です。日焼け止めの選び方の目安は、以下の表を参照下さい。

SPF15〜30、PA+〜++近所のスーパーに買い物に行く・通勤や通学で外を歩く・短時間の散歩を行うなど、日常生活を送る際に適した強さ。
SPF30〜50、PA++〜+++野外スポーツを楽しむ・エクササイズ目的のウォーキング、ランニングを行う日など、やや長めの屋外活動に適した強さ。
SPF50+、PA++〜++++マリンスポーツ、ハイキングや登山を楽しむなど、比較的長い時間、炎天下で活動する際に適した強さ。

日焼け止めの使用量が少ないと十分な紫外線対策を行うことができませんので、商品規定の量を手の平に出し、顔全体になじませます。紫外線ダメージを受けやすい鼻の周りは塗り忘れがないようにとくに意識し、皮むけの悪化を防いで下さい。

鼻の皮がむけたときのメイク方法5個

鼻の皮むけがひどい時にはメイクを休み、肌の負担の軽減を図ることが理想です。そうはいっても、大人の女性にとってはメイクを行うことが1つのたしなみ。鼻の皮むけを目立たせないメイク方法を知り、いざという場面に備えましょう。

1. メイク前の保湿を丁寧に行う

皮むけ部分のメイク崩れを防ぐためには、丁寧な保湿が不可欠です。朝の洗顔後に十分な保湿を行い、肌の土台を整えましょう。ハンドプレスを行う際に手が肌に吸い付く程度まで化粧水をなじませ、肌の調子を整えます。

夜の保湿同様に、皮むけの気になる部分は重ね付けを行い、十分な水分補給を行うこともおすすめです。乳液やクリームによる油分の補給を行った後にもハンドプレスを行い、滑らかな質感を作ります。

乳液やクリームをなじませた後にすぐ日焼け止めや化粧下地を塗ることは避け、少し時間を置いてからベースメイクを始めましょう。

2. コントロールカラーで赤みを隠す

鼻の周りの赤みを隠すためには、グリーン系のコントロールカラーを少量つけます。グリーン系の色味は赤の反対色にあたりますから、トラブルを上手に隠し、滑らかな質感に見せることが可能です。

トラネキサム酸やグリチルレチン酸といった肌荒れ対策に強い成分を含むコントロールカラーは、肌荒れが気になる時にも活用しやすく、滑らかな質感に導く働きが期待されます。

肌の調子が整わない時のために手もとに用意しておくと、いざという時にも安心です。

3. 乾燥しにくいファンデーションを使用する

パウダータイプのファンデーションは乾燥しやすく、皮むけを悪化させるリスクがあります。リキッドファンデーションなど乾燥しにくいタイプを選び、指先で軽くたたくようなイメージで、皮むけ部分に塗って下さい。

皮むけ部分になじませた後にリキッドファンデーション用のスポンジで数回たたき、肌との密着力を高めると、ベースメイクの持ちがよくなります。

何もついていないスポンジで叩くことで余計なファンデーションの吸収を行い、厚塗りを防ぐことも可能です。

4. リキッドファンデーションに少量の美容液を混ぜる

鼻の周りの乾燥がひどい時には、リキッドファンデーションに少量の美容液を混ぜ、保湿力を高める方法もおすすめです。

美容液を混ぜすぎてしまうとメイク崩れを起こしやすくなりますから、1滴垂らす程度から挑戦し、自分自身の肌に合う分量の見極めを行って下さい。美容液の代わりに乳液や美容オイルを使用し、保湿力を高める方法も存在します。

美容オイルといってもいろいろな種類があるのですが、ホホバオイルやアルガンオイル、スクワランなどは肌の乾燥対策に取り入れやすい種類です。美容オイルを混ぜすぎると毛穴トラブルを招くリスクがありますから、適量を使って下さい。

5. ミスト化粧水で仕上げを行う

メイクの仕上げにミスト化粧水を吹きかけると、メイクの持ちがよくなります。メイクの持ちをよくするのみではなく、紫外線ダメージから肌を守る働きを持つもの・なめらかな質感に見せるものなど様々な種類がありますので、好みに応じて選択しましょう。

ミスト化粧水は、夕方のメイク直しを行う際にも活躍します。ファンデーションの崩れが気になる部分に少量吹きかけ、余計な皮脂や汗などをティッシュで落とし、メイク直しを行って下さい。


まとめ

鼻の皮むけが気になる女性のために、トラブルの原因と対処方法、カバーメイクテクニックを紹介しました。皮むけがとくにひどい時には医療機関に相談するなど専門家の手助けを受けつつ、理想の状態を目指しましょう。

鼻の皮むけを即座に治すことは難しくても、継続的な対策により、よりよい状態を目指すことは可能です。1ヶ月や3ヶ月、1年といった長期スパンで対策を進めて、刺激に負けない健やかな肌を育みましょう。