監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

露出が多いお洋服を着る機会が増える夏の時期は、ムダ毛処理の回数も増え、特にノースリーブなどのお洋服を着た時は脇毛の処理を頻繁に行わないといけないので大変ですよね。

何回も自己処理していくうちに脇に黒ずみができて、「着たいお洋服が着られない…」など、実は人には言えない悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。今では脇の黒ずみをカバーする商品も色んなバリエーションが増えています。

黒ずみができる原因や黒ずみの解消方法を正しく知っていれば、脇をきれいに保ち、悩みから解放されるようになります。

今回は、そんな脇の黒ずみについて詳しく解説します。

脇の黒ずみの原因4個

1. 脇毛の剃り残し

カミソリで自己処理している方が多いと思いますが、カミソリで自己処理を行うと剃り残しの部分の毛が黒ずみとして見えることがあります。

特に夏場は露出が増えカミソリの使用頻度も多くなります。カミソリを使って剃る方は、脇の保湿までしっかりとケアする必要があります。

脇の保湿をしないと皮膚表面の角質が硬くなり、毛が正常に表に生えてくることができず、体内で毛が生える現象が起こります。これを埋没毛といい、角質の潤いが足りずに体内にとどまり黒ずみとして見える現象です。

お風呂上がりなどはしっかりと化粧水、乳液、ボディクリームなどで保湿をおこない、角質を柔らかくすることで毛が正常に生えてくることができるようになります。

角質が潤うと毛がしっかり生えてきて、カミソリでもきれいに剃ることができるようになるので、自己処理もとても楽になり、剃り残しも減ってきます。

2. 外部からの物理的な強い刺激

お顔にできたニキビなどを潰したり触ったりすると、黒く跡が残ったりします。これは早く治そうと肌の細胞が活性化されターンオーバーが早まり、黒いメラニンが正常に排出されなくなって色素沈着が起こっている現象です。

外部からの強い刺激や摩擦によって、これと同じ現象が脇にも起こっています。脇はお洋服と触れて摩擦が起きたり、腕を下ろしている状態で常に皮膚同士の摩擦が起きています。

何度もカミソリで剃ってしまうとそれが刺激になり、メラニンを放出しているメラノサイトに指令がいき、色素沈着の原因となるメラニンが生成、放出し、黒く見えるという仕組みです。

更にそこで紫外線を浴びてしまうと、メラノサイトをより活発化させてしまい、メラニンが大量に放出され、黒ずみの原因になります。脇はとてもデリケートな場所なのです。

自己処理や摩擦で起こる以外にも、制汗剤やデオドラントシートなどの使いすぎによる薬剤の刺激が高まり、黒ずみを促進させてしまうこともあります。

3. ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、真皮から表皮へ古くなった細胞を入れ替えることをいい、最後はアカとなって外へ排出されます。このターンオーバーは年齢と外部刺激によって早くなったり遅くなったりします。

ターンオーバーは年齢と関係があり、中高生のニキビ肌は皮脂分泌が盛んで、ニキビができても治りが早いですが、大人のニキビは一度できると跡がなくなるまで時間がかかります。これはターンオーバーが加齢によって遅くなっている証拠です。

通常ターンオーバーは、28日前後の周期で皮膚が入れ替わっていきますが、摩擦などの外的刺激によって皮膚の細胞を治そうとすると、ターンオーバーの周期が早くなります。

ターンオーバーが遅くなると古い細胞が中々排出されずに留まり、これがお肌のくすみやシミの原因になります。そのため、ターンオーバーを正常化させ、脇も健康的な状態にさせるのがポイントです。

その改善として、お風呂上がりの保湿は必ず行いましょう。そして毛抜きで抜かない、強く擦ったりしないなどのことを、日頃から気をつけるだけでも黒ずみは起きにくくなります。

4. 皮脂や汚れが落ちていない

脇は汗の分泌量が多く、皮脂分泌も盛んに行われています。脇には汗腺が分布しており、その中でもサラッとしている汗を分泌するエクリン腺と、特有の臭いを発しやすい脇にもっとも分布しているアポクリン腺が存在します。

緊張したり精神的な刺激によって汗をかいたり、辛いものなどの刺激物を食べて出る汗は、アポクリン腺から分泌されます。

アポクリン腺から出る汗をしっかり落とさずに過ごしてしまうと、汚れが蓄積されてさらに臭いの原因となり、皮脂の汚れが目立ち、黒ずみの原因となります。

脇の黒ずみを取る方法4個

1. 医療脱毛を行う

脇への刺激をなくすことが大切です。自己処理でカミソリや毛抜きで何度も刺激を与えるほど、どんどん黒ずみは増していきます。その行為をなくすために、脱毛をして日頃の脇への刺激を最小限にすることをおすすめいたします。

脱毛の中では、レーザーで毛母細胞にダイレクトに刺激を与えて、毛を生えさせなくする医療脱毛がいいでしょう。

医療脱毛の料金はそれなりになりますが、長い目で見た時にほぼ永久的に脱毛が完了するため、何度もクリニックへ行く手間が省けるというメリットがあります。そしてお肌への刺激も最小限にすることができるので、脱毛するなら医療脱毛がおすすめです。

2. 脇汗パットの活用

脇毛を処理したあとはより皮膚がデリケートになっているので、脇汗パットを活用してできるだけ摩擦を防ぐように心がけるのも一つの方法です。

自己処理したあとのチクチク生えてきた毛も刺激となってしまうので、必要な時に脇汗パットを活用すると摩擦を最小限に抑えることができ、黒ずみの発生を防ぐ事ができます。

3. 保湿ケア、UVケアをする

入浴時にはしっかりと皮脂の汚れを取るように優しく洗い流し、入浴後は化粧水、乳液などで保湿ケアを行なうことでが大切です。

角質が潤い柔らかくなると埋没毛となるリスクが軽減して、ターンオーバーが正常化し、綺麗な皮膚の状態を保つことができます。そして皮脂の汚れの詰まりも少なくなり、黒ずみがどんどん取れていきます。

もう一つ忘れてはいけないのがUVケア。日差しが強い炎天下で海やBBQなど、暑くて肌の露出が多くなる時には必ずUVケアをするように心がけましょう。

日焼けをしてしまうとターンオーバーを早めてしまったり、炎症していた所が色素沈着となってしまうため、こまめなケアを忘れずに行なうことが重要です。

4. 正しい自己処理を行う

自宅でできる正しい脇毛の自己処理方法を身につければ、黒ずみを防ぐことができます。

脇毛を処理するタイミングは入浴中ではなく、入浴後がおすすめです。脇毛は太く硬いため、入浴後の方が毛が柔らかくなり、自己処理がしやすい状態になっています。

シェービングクリームなどをつけて優しく毛の流れに沿って剃っていただき、自己処理後はしっかり保湿ケアを行って下さい。

除毛クリームなどもありますが、毛以外の皮膚にも刺激を与えてしまい、肌が弱い方はかぶれたり赤みが出たりする方も多いです。電動カミソリや市販のカミソリで丁寧に優しく自己処理をして、黒ずみは防いでいきましょう。

脇の黒ずみを取るNG方法

毛抜きで抜く

埋没毛になっている毛を無理やり毛抜きで引っ張ったり、短い毛を毛抜きで抜いたりすると、更にそれが刺激になり毛穴に炎症を引き起こします。

同じ所をあらに毛抜きやカミソリで自己処理をしてしまうと、それがまた刺激になりターンオーバーが早まって色素沈着が起こり、黒ずみの原因となります。

毛抜きでは抜かずに、必ずカミソリか電動カミソリなどを使って丁寧に脇毛を処理することをおすすめいたします。必ず使用するときは、シェービングクリームなどの泡を付けて優しく剃りましょう。そうすれば、きれいに処理することができます。

脇をゴシゴシ強く擦って洗う

入浴時に皮脂の汚れや臭いが気になって強くゴシゴシ洗ってしまうと、それが大きな刺激となって黒ずみを発生させてしまいます。

非常に脇はデリケートなので、ゴシゴシ摩擦を起こしてしまうと更に角質が硬くなり埋没毛を引き起こしてしまったり、ターンオーバーを早めて色素沈着を起こしてしまったりと、デメリットがたくさんあります。

お顔と同じように泡で洗うように優しく洗い上げ、摩擦を最小限に抑えて皮脂などの汚れを落とすように心がけましょう。

脇の黒ずみを隠す方法3個

1. 脇用のファンデーション

ドラッグストアでも黒ずみを隠すケア商品がたくさん販売されるようになりました。「デートがあるのにどうしよう…」「ノースリーブのお洋服を気にせずに着たい…」とお悩みの方は脇用のファンデーションを使うことをおすすめします。

BBクリームのようなクリーム状のファンデーションを使いましょう。化粧水などで保湿をした後にファンデーションを塗って黒ずみを隠すことができます。

脇全体の黒ずみが気になる方でも、ファンデーションだと全体的にカバーができるので、安心してお好きな洋服を着ることができます。お肌のトーンに合ったファンデーションも豊富に販売されていて、ご自身に合った色味を選ぶことができるのがポイントです。

ただ、ファンデーションは全体をカバーすることができる反面、お洋服についてしまう可能性もあります。その時はお洋服も脇の部分は念入りに洗うようにしましょう。

2. 脇用のコンシーラー

脇用のコンシーラーは部分的に黒ずみの気になる所に付けることができます。

スティックタイプやクリームタイプなど様々なものがあります。ポイントで使えるコンシーラーはお洋服も汚すことも少ないので、万能に使うことができます。

3. 脇に直接貼るファンデーションテープ

ファンデーションテープには、脇全体を覆うテープとポイントで隠せる小さめのテープがあります。お洋服を汚さずにケアしたい!という方でも使いやすいアイテムです。

脇に直接テープを貼るのでお洋服を汚すことがなく、肌の色に合わせてテープの色を選ぶことができるので、脇に貼っていることにも気付かれにくいでしょう。脇汗にも効果があるものもあり、汗染みを気にする方には一石二鳥です。


まとめ

脇の黒ずみについて詳しく説明してきましたが、脇はお肌の中でもとてもデリケートな部分です。お顔や身体の保湿はしっかりしていても、脇の保湿やUVケアをしていなかった方も多いのではないでしょうか。

汗をたくさんかく脇には皮脂汚れもたまりやすく、黒ずみ以外の臭いの原因などにも影響を及ぼします。制汗剤などをつける方は特に毎日優しく丁寧に洗って、常に清潔に保つことが大切です。

脇のターンオーバーも日頃のケアを見直せば、色素沈着が起こる可能性を減らせます。肌の代謝が上がれば黒ずみが起こることも少なくなってきます。これを機に脱毛や自己処理の改善などケア方法を見直すことをおすすめします。

黒ずみを気にせずに好きなお洋服をたくさん着れるように、今日からしっかりケアしていきましょう。