監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

40歳は「2度目の肌の曲がり角」ともいわれるほど、40代の肌の変化は深刻です。40代に入ってから肌の乾燥、シミやシワ、たるみを顕著に感じ、危機感を持つ女性は多いもの。

40代から美容にかけるお金が急に増加し、若々しさを維持するための対策を本格的に初める女性も多くいます。

この記事は、40代の乾燥肌の原因と老けない肌を作るためのスキンケア対策をご紹介する内容です。乾燥によるシワやたるみを防ぎ、理想の自分であるためのヒントとして、有効に活用下さい。

40代の肌の特徴

40代の肌は水分量・皮脂量の減少が顕著に生じ、様々な肌トラブルを生じやすい状態です。とくに、肌の乾燥は、多くの女性が実感するトラブルの1つ。肌の乾燥から以下のようなトラブルを併発し、大きく老け込むことがあります。

・顔全体が重力に負け、法令線やたるみが目立つ。
・肌がごわつき、化粧水や美容液が浸透しにくい。
・毛穴の開きやたるみが目立ち、キメが粗く見えてしまう。
・肌のツヤが失われ、くすみが目立つ。
・シミやそばかすが急に増える。
・肌のハリが失われ、シワや小じわが増加する。
・メイク崩れを起こしやすく、肌の突っ張りやくすみを顕著に感じる。
・大人ニキビができやすく、なかなかきれいに治らない。

40代は多くの女性が肌の変化を実感するタイミングであるからこそ、対策を行う人・行わない人の差が顕著に生じる時期といえます。肌の変化を正面から受け止め、前向きな対策を検討しましょう。

40代乾燥肌の原因3個

では、40代の女性の肌を乾燥させる原因は、一体どこにあるのでしょうか。加齢・ホルモンバランス・紫外線ダメージという三大因子を正しく理解し、対策方針を立てる際の指針として活用しましょう。

1. 加齢による肌の変化

年齢を重ねた肌は生まれ変わる力が衰え、古い細胞から新しい細胞への入れ替えが滞ります。古い細胞はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す力が弱く、肌の潤い・ハリ・ツヤを維持することが困難です。

さらに、肌の生まれ変わりが滞ることは、NMF(天然保湿因子)や細胞間脂質の減少を招き、バリア機能を低下させる原因の1つ。

バリア機能の低下した肌は紫外線やほこりといった外部刺激に対する抵抗力が下がりますので、大人ニキビや吹き出物、色素沈着といった様々なトラブルを招いてしまうことがあります。

2. ホルモンバランスの変化

次に、ホルモンバランスの変化です。40代は、女性ホルモンの分泌量が急激に減少し、心身の変化を感じやすいタイミング。女性ホルモンは肌の潤い、ハリを維持する働きを担いますので、かさつきやたるみを生じるリスクが高まります。

また、女性ホルモンは、紫外線刺激から肌を守り、色素沈着を防ぐ働きも担うホルモン。女性ホルモンの分泌量が減少するとともにシミやくすみの発生リスクが高まり、エイジングサインが目立ってしまうというわけです。

3. 紫外線ダメージの蓄積

最後に、紫外線ダメージの蓄積です。

波長の長い紫外線「UVA」は真皮層まで浸透し、コラーゲンやエラスチンを生み出す力を衰えさせます。コラーゲンやエラスチンは、肌の潤いやハリ、弾力を維持するために重要な成分。UVAによるダメージを蓄積した肌は乾燥しやすく、シワやたるみといったエイジングトラブルを併発することもあります。

波長の短い紫外線「UVB」は肌表面に強く作用し、シミやそばかすの増加を招く原因です。加齢によってバリア機能の低下した肌はUVBの影響を受けやすく、少量の紫外線にも敏感に反応し、シミやそばかすの増加を招くリスクがあります。

40代乾燥肌のスキンケア対策7個

40代のスキンケアは、クレンジングや洗顔で肌を清潔に維持すること、水分・油分を適切に補うことの2点が大切です。以下では、40代の乾燥肌に立ち向かうためのスキンケア対策を紹介します。

1. 2種類以上のクレンジングを使い分ける

乾燥肌に悩む女性が真っ先に取り組みたい対策は、クレンジングの見直しです。メイクの濃い日はオイルクレンジング、ナチュラルメイクの日はクレンジングクリームやクレンジングミルクといったように複数種類を使い分け、肌の負担を最小限に抑えつつもメイク汚れをきれいに落とす対策が検討されます。

目元の乾燥がひどく気になる人は、アイメイク専用のポイントメイクリムーバーを使うことも一案です。保湿成分配合のポイントメイクリムーバーを活用すると、乾燥しやすい目元をいたわりつつ、メイクを落とすことができます。

目元ではなく口元の乾燥がとくに気になる人の場合も同様です。リップメイク専用のポイントメイクリムーバーを活用し、肌の負担を軽減しましょう。

2. 肌質に合う洗顔料を正しく使う

ぬるま湯のみの洗顔では顔の汚れきれいに落ちず、乾燥肌を悪化させることがあります。近年の洗顔料の進化は目覚ましく、乾燥肌をいたわりながら不要な汚れをきちんと落とす商品が豊富。「洗顔料こそ、お金のかけどころ」と考えて、良質な商品を選択しましょう。

40代の乾燥肌の洗顔では、ゴシゴシ強く洗うことが禁じ手。よく泡立てた洗顔料を顔になじませ、泡のクッションを利用して、摩擦刺激を軽減します。

泡立てを面倒に感じる人には、ポンプを押すだけで泡が出てくる洗顔料の使用がおすすめ。市販の泡立てネットや泡立て器を活用することも、濃密泡を簡単に作ることに貢献します。

3. 高保湿成分配合の基礎化粧品を活用する

水分・油分ともに不足する40代の肌には、高保湿成分配合の基礎化粧品の使用がおすすめ。以下のような成分配合の化粧水や美容液を活用し、水分・油分の調整を行いましょう。

セラミド表皮にもともと存在し、バリア機能の中核を担う保湿成分。角質細胞同士の隙間を埋め、潤いをつなぎとめる働きを担います。年齢を重ねるごとに減少する成分ですから、化粧水や美容液によって不足分を補うお手入れを検討しましょう。
ヒアルロン酸コラーゲン同様に真皮層に存在する保湿成分。水分を保つ力が強く、肌のハリや弾力を維持することに貢献します。ヒアルロン酸配合の化粧水や美容液はとろみのある質感の商品が多く、つけた瞬間にしっとり潤う印象を受けることが特徴。トライアルセットなどで好みの質感の基礎化粧品を選択し、自分に合うものを継続的に使って下さい。
スクワラン皮脂に含まれる「スクワレン」を還元し、安定性を高めた成分。加齢によって減少した皮脂膜の代役を担当し、潤いを維持したり外部刺激に負けない肌を作ったりしてくれます。スクワランはサラサラした質感のオイルですから、オイル美容に苦手意識を持つ人にもおすすめです。

40代の女性の乾燥肌は水分・油分のいずれかを補うのみでは状態が整わないことが多く、化粧水などによる水分の補給・保湿クリームや美容オイルによる油分の補給の両方が必要です。

「ベタつきが気になるので、保湿クリームは使わない」など自己流のお手入れを卒業し、化粧水と乳液もしくは保湿クリームによる正しい保湿を行いましょう。

4. 導入美容液(ブースター)で化粧水の浸透を促す

導入美容液(ブースター)とは、洗顔後・化粧水を付ける前に使用する美容液 を意味します。40代の乾燥肌は水分不足による肌のごわつきを生じやすく、「化粧水が入っていかない」「化粧水や美容液のなじみが悪い」といった悩みを抱えがち。

導入美容液(ブースター)によって肌を柔らかくほぐしてから化粧水や美容液をつけることで、基礎化粧品の働きを引き出す働きが期待されます。

例えるならば、家庭菜園を行う前に土壌を耕す作業が導入美容液(ブースター)をつける行為。地面を柔らかく耕してから肥料を入れたり水を上げたりすることで、野菜がしっかり育ちますよね。

40代の乾燥肌に対するお手入れも、原理としては同様です。化粧水や美容液の浸透しやすい肌の土台を作ってから基礎化粧品を使うことで、乾燥しにくくツヤのある理想の肌を目指しましょう。

5. エイジングケア美容液は低刺激タイプを選ぶ

シミやくすみ対策に活用されるエイジングケア美容液の中には、バリア機能の低下した肌に刺激が強く、負担をかけるものもあります。

40代の乾燥肌の女性が選択したい美容液は、敏感肌・乾燥肌向けに開発された低刺激タイプの商品。香料やアルコール、エタノールといった刺激の強い成分の含まれる美容液は、避けることをおすすめします。

自分自身の肌に合わない成分が分かる人は、美容液の箱の裏を確認し、相性チェックを行って下さい。

なお、美容液などの基礎化粧品は様々な成分の組み合わせで作られるものですので、「特定の成分を含む/含まない」といった情報のみで「肌に良い/悪い」といった判断を行うことは危険です。新しい美容液を使用する際にはパッチテストを行うなど、肌トラブルを防ぐための対策を徹底しましょう。

6. スリーピングパックで睡眠中に保湿する

40代の女性の中には、家庭や仕事の用事を抱え、睡眠前のパック時間を確保できない人もいます。そのような人には、睡眠時間をエステ時間に変化させる「スリーピングパック(スリーピングマスク)」を使用し、集中的な乾燥肌対策を行うことがおすすめ。就寝前に塗って眠るだけだから睡眠時間を削ることなく、無理なく継続可能です。

そもそも、睡眠時間そのものが「最大の美容液」といわれることもあるほど、美肌作りにとって大切な時間です。その時間を削って丁寧なスキンケアを行っても、加齢による乾燥肌を悪化させるリスクがあります。

その点、スリーピングパックを活用すれば、現在の睡眠時間を削ることなくプラスアルファの対策を行うことが可能です。保湿成分を豊富に含むスリーピングパックを上手に取り入れ、自分の身体をいたわりつつも美肌を叶える習慣を身に付けましょう。

7. 適切な強さの日焼け止めを毎日塗る

バリア機能の更なる低下を防ぐためには、日常的なUVケア対策が欠かせません。適切な強さの日焼け止めを毎日使用し、紫外線ダメージの蓄積を防ぎましょう。

SPF15〜30、PA+〜++買い物や通勤、近所の散歩など日常生活に適した強さ。
SPF30〜50、PA++〜+++屋外でのスポーツやウォーキング、ランニングなど、やや長めの屋外活動に適した強さ。
SPF50+、PA++〜++++マリンスポーツやハイキング、リゾート地の観光など、炎天下で長時間活動する日に適した強さ。

日焼け止めによる乾燥を防ぐためには、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分を含む商品を使うことも一案です。

日焼け止めを塗る前の保湿ケアを丁寧に行うことでも、肌の乾燥を予防できます。最近では肌に対する優しさを重視した商品でも適度な強さを持つものが多く、肌質や状態に応じた選択が可能です。

毎日使用するものだからこそ、配合成分や利用シーンに応じた日焼け止めを選択し、加齢によって弱った肌をいたわりましょう。


まとめ

40代の肌の特徴および40代の乾燥肌に適したスキンケア方法を紹介しました。今より魅力的な自分を作るためのお手入れを初める時期に「遅すぎる」ということはありません。

40歳で感じた肌の変化をきっかけに年齢に応じたスキンケアを始めることは、40代後半や50代、60代の自分をより輝かせるための土台を作ってくれるはず。

「もう遅い」とは考えず、前向きな取り組みを行うことで、いつまでも若々しく素敵な自分を作りましょう。