監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

鼻や額を中心に顔の毛穴が目立って悩んでいる人は多くいます。触るとボコボコやざらつきがあり、できることなら毛穴レスな肌を手に入れたいですよね。

そこで今回は、本気で毛穴の目立ちをなくしたい人のために、原因と簡単に綺麗にする方法を解説します。ぜひこの記事を参考に、毛穴に悩まされない美肌を目指しましょう。

毛穴が目立つ原因4個

まず初めに、原因を知ることで毛穴の状態に合ったケアができますよ。毛穴が目立つ原因をチェックして、それぞれに合った方法を実践しましょう。

【開き毛穴】皮脂の過剰分泌

脂性肌で赤ら顔の人に多くみられるのが「開き毛穴」です。

遺伝的な影響を受けて、男性ホルモンが多い人は皮脂の分泌量も増えます。皮脂が増えると、毛穴の出口も開くため鼻や額などのTゾーンの毛穴が目立つのです。特に暑い時期は、鼻を中心に皮脂が増える傾向です。

過剰な皮脂がたまるとコメドや角栓が形成されて、ざらついた状態になることもあります。思春期の中学生や高校生に多くみられるのは、男女問わず男性ホルモンの濃度が高くなり、皮脂の分泌も盛んになるからです。

皮脂の量は20歳頃にピークを迎え、以降は徐々に減少していきます。しかし、大人になっても間違ったスキンケアや加齢、乾燥によって皮脂の過剰分泌が促されることもあります。

【帯状毛穴】加齢による真皮の衰え

頬を中心に目立つのが「帯状毛穴」で、「たるみ毛穴」とも呼ばれています。

帯状毛穴の原因は、加齢によるコラーゲンの減少です。真皮の老化や紫外線のダメージによって、ハリや弾力が失われることで起こります。肌のコラーゲンが減少すると、毛穴を支えられなくなりしずく型の毛穴になってしまいます。

また紫外線を浴びると活性酵素が発生して、肌を支えているコラーゲンやエラスチンの分解を促します。その結果、乾燥によって毛穴が引っ張られ、垂れ下がってしまうのです。

【詰まり毛穴】皮脂と古い角質が混ざった角栓

皮脂や古い角質、メイクの洗い残しが原因の「詰まり毛穴」。

毛穴に汚れがたまると、ポツポツと白い角栓が形成されます。さらに蓄積していくと角栓が飛び出てくるため、美容面で気になる人も多いでしょう。しかし、角栓が気になるからと無理に押し出そうとするのは厳禁です。

乾燥肌、脂性肌などの肌質にかかわらず、加齢とともにターンオーバーの機能は衰えていきます。本来、剥がれるはずの角質がたまると、毛穴の出口を塞いでしまうのです。

そのため、加齢とともに角栓に悩まされる人は増えるでしょう。しかし詰まり毛穴は、簡単な毛穴ケアで改善されるのでご安心ください。

【黒ずみ毛穴】角栓が酸化したもの

鼻にポツポツとできる黒ずみ毛穴は、その見た目からイチゴ鼻とも呼ばれています。

詰まった角栓が毛穴に停滞して酸化すると、数日であっという間に黒ずみ毛穴に変化するのです。普段の保湿や洗顔などのスキンケアではなかなか取れない黒ずみ汚れ。その場しのぎの毛穴ケアよりも、角栓を作らせない対策が必要です。

毛穴を簡単に綺麗にする方法10個

次に、簡単な毛穴ケアの方法を解説していきます。「いろいろ試したけど効果がなかった」という人も、気軽に行えるのでぜひ実践してみてください。

1. 温めた蒸しタオルで毛穴を開く

ハンドタオルを水につけてから軽くしぼってレンジで30秒ほど温めます。蒸しタオルの蒸気で毛穴を開くので、固く絞るのはNGです。

温めたタオルを顔に広げて1分ほど待ちます。毛穴が大きく開いてから、クレンジングや酵素洗顔を使用すると汚れをスッキリ落とせます。

蒸しタオルをするのとしないのでは、この後にする毛穴ケアの効果が全く異なりますのでぜひお試しくださいね。毎日するのを手間と感じる人は、美顔器のホットスチーマーを活用しましょう。

2. クレンジングでメイクの汚れをしっかり落とす

しっかりメイクを落とせているつもりでも、実際は毛穴に残っていることも。クレンジングはたっぷりの量を手に取り、こすらずメイクを落としましょう。使用量が少ないとメイク残りの原因になります。

また普段のメイクとクレンジング剤の相性も重要です。リキッドファンデーションなどのカバー力の高い化粧品は、優しい洗浄力のクレンジングで落としきれません。

反対に、ナチュラルメイクにもかかわらず、洗浄力の高いクレンジングを使うのも控えましょう。肌の潤いを保つNMF(天然保湿因子)も同時に流されてしまうため、メイクに合ったクレンジングを選ぶことが大切です。

クレンジングの選び方

以下はクレンジングの種類と洗浄力の高さを示したものです。種類によって落とせるメイクは異なりますので、購入の際はぜひ参考にしてください。

種類落とせるメイク界面活性剤の量
ジェルパウダー・ミネラルファンデーション
BBクリーム
乳液(ミルク)
クリームリキッド・エマルジョン・クッションファンデーション
ふきとりシート
オイルWPの日焼け止め・アイライナー・マスカラ

商品によって洗浄力の強弱や界面活性剤の配合量は異なりますので、あくまでも目安としてご参照ください。

毛穴を詰まりやすくするリキッドなどの密着型ファンデーションの使用は、なるべく控えましょう。

3. ビタミンを配合した洗顔料を選ぶ

毛穴にたまった角栓を作らないために、ビタミンCを配合した洗顔料を使用しましょう。朝と晩の2回を目安に、乾燥を防ぐため過度な洗顔は控えます。

泡立てネットでしっかりと泡立てることが洗顔のポイント。皮脂の多い場所は念入りにクルクルと優しく洗います。反対に皮脂の少ない目元や口元は、軽くつけて洗い流すだけでOKです。

最後に冷水を顔にあてて、毛穴をキュッと引き締めましょう。氷や冷水は一時的に毛穴を引き締めますが、体温の上昇とともにまた開いてきます。毛穴が開く前に、収れん化粧品などで保湿ケアを忘れずに。

4. 黒ずみ毛穴は酵素洗顔で取り除く

詰まり毛穴や黒ずみ毛穴には、酵素入りの洗顔料でスッキリと汚れを取り除きましょう。酵素の力で毛穴の汚れを浮かせてしっかりとオフします。

通常のクレンジングや洗顔では取り除けない汚れに最適です。肌のざらつきや角栓を除去して、むき卵のようなツヤツヤの肌に導いてくれます。汚れを取り除いた後は毛穴を引き締める化粧品でしっかり保湿しましょう。

5. ターンオーバーを促す

角質肥厚による毛穴のトラブルには、ピーリングで肌の生まれ変わりをサポートするケアを行いましょう。サリチル酸やAHAなどを配合したピーリング剤を使って古い角質や汚れを除去します。

ふきとり化粧水の活用も最適です。どのお手入れも、終わった後は必ず保湿をして肌をケアしましょう。

6. 美容オイルをつけた綿棒で優しくマッサージ

ベビーオイルや植物性オイルを気になる毛穴を中心にたっぷりと塗りましょう。オイルを使うことで角栓を柔らかくして、毛穴の汚れを取り除きやすくします。事前に蒸しタオルで毛穴を開いておくと、より効果的です。

綿棒にもたっぷりとオイルを含ませてから、優しくクルクルとなじませるように動かします。この際も、無理に取り除こうとゴシゴシとこするのはNG。オイルで角栓が柔らかくなっていれば、こすらなくてもスルッと取り除きやすくなります。

7. 毛穴の悩みに特化した化粧品を使う

ただ単に保湿をしているだけでは、毛穴の目立ちはなかなか改善しないもの。そんなときは悩みに対応した化粧品を使用しましょう。

帯状毛穴にはコラーゲンの増加を促すレチノールや、真皮の再生をサポートするFGFを配合したものがおすすめです。

皮脂の過剰分泌による毛穴開きには、収れん作用・皮脂抑制作用のある化粧品を使用します。

毛穴の悩みに特化したビタミンCやビタミンBを配合したものが最適です。毛穴の状態に合わせて適切な化粧品を選びましょう。

8. 食生活を改善する

毛穴レスの肌を目指すためには、バランスの良い食事を心掛けることも大切です。皮脂の過剰分泌を促す脂分や糖分、アルコール類は控えて、ビタミンやミネラルを意識して摂りましょう。

以下は、肌をすこやかに保つために必要な成分です。

成分名主な作用含まれる食べ物
ビタミンA肌や粘膜を正常に保つほうれん草・にんじんなど
ビタミンB2皮脂の分泌を抑制して正常化するレバー・のりなど
ビタミンB6にんにく・まぐろなど
ビタミンC紫外線に抵抗する力をつけるレモン・赤パプリカ・ブロッコリーなど

ビタミン群は毛穴によい効果を期待できますが、ビタミンも単体では作用しないため、いろいろな食材をバランスよく摂ることが大切です。

食生活だけでは十分な栄養を補えないという人は、不足分をサプリメントで補いましょう。

9. 外出時は紫外線対策を忘れずに

紫外線は帯状毛穴のみならず、老化を促進するので徹底的に対策をしましょう。「少しだけなら大丈夫」という気の緩みが、のちに毛穴やシミなどの肌トラブルにつながります。

日焼け止めはもちろん、UVカット効果のある衣類や日傘、つばの広い帽子などを活用してください。UVカット用品の色によって、紫外線から肌を守る力に差があります。

例えば、白色の日傘は紫外線を乱反射させて傘下まで届いてしまうというデメリットも。黒色は紫外線を吸収して遮るので最適です。

また目からも紫外線は吸収されるのでUV機能のあるコンタクトやサングラスを着用します。不要な日光浴を避けて、外出の際は紫外線対策を忘れずに行いましょう。

日焼け止めの選び方

以下の表を参考に、日焼け止めは使う場所や浴びる時間、時間帯に合わせて適切なものを選びましょう。

用途適切な指数
普段使い(買い物や散歩など)SPF15~30 / PA+~++
軽いスポーツやレジャーなどSPF30~50 / PA++~+++
炎天下での活動(山や海など)SPF50+ / PA++~++++

日焼け止めの効果を持続するために、2~3時間おきに塗り直しが必要です。購入の際は、各商品に記載されているSPF・PAの指数を目安にしてくださいね。普段使いなら、SPF15~30 / PA+~++でも十分です。

数値が大きいものほど肌への負担もかかるため、使用用途に合わせて適切な数値の日焼け止めを使用してください。敏感肌の人は紫外線吸収剤を配合していないノンケミカル処方のものを使用しましょう。

10. 美容皮膚科で毛穴の開きやたるみを改善する

レーザー治療と同じように、光線をあてる施術をIPLといいます。IPLはシミだけでなく、毛穴の開きやたるみの改善にも有効です。

他にもシワや肌質の改善にも使用されており、さまざまな肌の悩みに対応しています。ダウンタイムもないので、普段の生活を送りながら気軽に通えるのがよいポイントです。

約3~4週間に1度の間隔で、肌の状態により3~5回の施術が必要です。費用の目安は1回につき1~3万円程で、他の施術とセットになっているコースもあります。

毛穴が引き締まり目立たなくなるうえ、シミやシワも改善したい人はぜひお試しください。


まとめ

毛穴を簡単に綺麗にする方法を解説してきました。日々のスキンケアに加えて、紫外線対策や定期的な毛穴ケアが大切です。

普段からナチュラルメイクを心掛けて、毛穴の悩みを解消しましょう。どれも簡単に実践できるものばかりなので、ぜひトライして毛穴の目立たない美肌を手に入れてください。