監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

前髪があたると痛くてつらい「おでこニキビ」。女性だけでなく、男性にもできることは珍しくありません。市販薬でよいのか、皮膚科で薬をもらうべきか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おでこにニキビの原因や治す方法を詳しく解説していきます。この記事を参考に、ニキビができにくいすこやかな肌を目指しましょう。

おでこニキビがたくさんあって痛い…

おでこにポツポツとできたニキビに前髪があたると、刺激になってつらいですよね。少し治ってもまた現れて、なかなか治らないと悩む人が多いようです。

主に皮脂が盛んな思春期に多くみられますが、大人になってからもできることも。とくに女性はメイクでもカバーできないほどのニキビができると、何としてでも隠したい気持ちになりますよね。何年もニキビが長引くと、のちにニキビ跡が残る可能性もあります。

ではなぜ、おでこにニキビができてしまうのでしょうか?早い段階で対処できればすぐに治る可能性も十分にあります。できることならニキビ跡を残さず、きれいな肌に戻りたいですよね。

おでこニキビの原因はさまざまですが、根本的な問題を解決していきましょう。

おでこニキビの原因5個

おでこニキビの原因について詳しく解説していきます。

1. ホルモンバランスの乱れ

男性ホルモンの影響や不規則な生活、ストレスなどによりホルモンバランスが崩れると、皮脂の分泌量が過剰に増えます。そして皮脂が増加すると、毛穴の出口も開いて汚れがたまりやすい状態になります。

やがて毛穴が詰まると、酸素のない密閉状態になるのでアクネ菌が繁殖するのです。アクネ菌が増えることで、炎症や膿をもつニキビに変化することも。

とくに大人の女性は妊娠中や生理中に、ホルモンバランスが乱れやすく、ニキビもできやすくなります。

2. 皮脂の過剰分泌

Tゾーンを中心に皮脂の分泌が盛んな脂性肌や混合肌の人に多くみられます。皮脂が多いため化粧崩れもしやすく、汚れもたまりやすい肌の状態です。とくにおでこや鼻周りの皮脂腺の量が多く、皮脂の分泌も盛んな部位です。

脂性肌だけでなく、乾燥肌でもニキビができることもあります。過度な洗顔や間違ったスキンケアを続けていると、潤いを守ろうと肌の防御機能が働いて、余分な皮脂をたくさん分泌させてしまうのです。

3. 細菌の繁殖

運動後に汗をかいたまま放置すると、ニキビができやすい環境を作り出してしまいます。無意識に髪や顔を触っていると、雑菌がおでこに付着している可能性も。

ヘルメットや帽子の着用時もおでこに汗をかきやすいので要注意です。とくに髪の生え際付近は皮脂などの汚れがたまりやすいので気を付けましょう。

また寝ているときの汗や汚れが、枕カバーなどの寝床周辺に付着していることもあります。

4. スタイリング剤やシャンプーの付着

前髪のスタイルをキープするために、スプレーなどで固めている人も多くいますよね。しかし、その行為がニキビの原因となっている可能性も考えられます。

シャンプーやトリートメントなどがしっかりと流しきれておらず、前髪に残ったままだと刺激になることもあります。このような汚れや皮脂が混ざり合うと、毛穴も詰まりニキビをできやすくしてしまうのです。

5. 皮脂やメイクの洗い残し

肌に皮脂やメイクが残っていると、毛穴も塞がってしまいます。そこに皮脂などの汚れを好むアクネ菌が増え続けると、痛くてつらいニキビが形成されてしまうのです。

「洗顔やクレンジングくらいきちんとできる」と思われるでしょうが、意外と見落としやすいので注意しましょう。

おでこにニキビができたら前髪をあげるべき?

前髪を下ろしている人はおでこに髪の毛があたって刺激になり、気づかぬうちに炎症をおこしやすい状態になっていることがあります。ニキビを隠そうと前髪を何度も触るのも要注意です。

ヘアピンなどで留めて、前髪がおでこにかからないようにしましょう。前髪がニキビにあたると治りにくくなるだけでなく、ときには悪化することもあります。

どうしても前髪を下ろしたいときは外出中のみに留めて、帰宅したらすぐに上げるとよいでしょう。

また、スタイリング剤を使用した髪の毛がニキビにあたると刺激になることもあります。ココナッツオイルやポマードなどを配合したスタイリング剤は、毛穴を詰まらせやすくするので控えましょう。

ヘアゴムやカチューシャなどを活用して、なるべく髪の毛がニキビにあたらないように工夫してくださいね。

ニキビがすぐに治らない理由は?

なかなかニキビが治らないのは、毛穴内にまだ汚れや菌が残っているからです。毛穴内にある汚れや菌がきれいに排出されると、炎症も治まり徐々に快方に向かいます。

しかし、1度皮脂などの汚れが溜まり詰まってしまうと、毛穴は開きにくくなるのです。汚れをきれいに取り除くには、毛穴の出口を開かなければなりません。

毛穴内のたまった汚れをそのまま放置すると、酸化して黒色のニキビに変化します。いわゆる「黒ニキビ」といわれているものです。

また、炎症を起こしている「赤ニキビ」がさらに悪化すると、膿をもつ黄色ニキビへ。どのニキビも毛穴内の汚れを取り除くことで改善します。

治す方法は次項で解説していますので、ぜひ見てください。

おでこニキビを治す方法10個

次はおでこにニキビを治す方法を見ていきましょう。日々のスキンケアや生活習慣を見直せば、ニキビに悩まされない美肌を手にいれられますよ。

1. クレンジングでメイクをしっかり落とす

毛穴が詰まる原因として、メイクをきちんと落とせていない可能性も考えられます。自宅に帰ったらすぐにクレンジングでメイクをしっかり落としましょう。

十分な量のクレンジング剤を手に取り、摩擦が起こらないようにメイクを落とします。こすらずにメイクを浮かせるクレンジング剤が理想的です。

オイルタイプのクレンジングでも、しっかりと洗い流せていれば肌に残る心配はいりません。肌にクレンジング成分が残らないように、20回を目安にすすぎを十分に行ってください。また刺激を避けるため、なるべく肌に負担がかからないものを選びましょう。

クレンジングの選び方

クレンジングは、普段使っているメイクに合わせて適切な洗浄力のものを選びましょう。種類は、主にジェル・乳液・クリーム・オイル・ふきとりシートに分けられます。

洗浄力の高いクレンジングを使うと肌に負担がかかりますが、逆に低くても肌にメイクが残ってニキビの原因になることがあります。自分のメイクと照らし合わせて適切なものを選ぶことが大切です。

2. 1日2回を目安に洗顔を行う

ニキビの治療において、重要なポイントとなるのが洗顔です。刺激になるスクラブ洗顔は避けて、ニキビ用の洗顔料を使って洗顔します。

洗顔料を使う目安は朝と晩の2回。脂性肌の人は1日に2~3回を目安にして、洗いすぎに注意しましょう。過度な洗顔は、肌のバリア機能を低下させて肌荒れの原因になるため控えてくださいね。

まず初めにヘアバンドなどを用いて、前髪が邪魔にならないようにします。たっぷりの泡を使ってやさしく肌にのばし、気になる部分は優しくこすらないように洗顔をします。最後は人肌に近い温度のぬるま湯で、十分に洗い流してください。

耳の付け根や髪の生え際は、見落としやすいので気をつけましょう。ニキビを治すためには、洗顔料を用いて余分な皮脂や汚れをきれいに取り除くことが大切です。

3. スキンケア化粧品を見直す

おでこにニキビができやすい人は、ノンコメドジェニックやハイポコメドジェニック化粧品に変えましょう。保湿をすればニキビが治るというわけではありません。

余分な皮脂の分泌や毛穴の詰まりを抑えれば、肌を清潔に保つことができます。アクネ菌が好む油分を配合していないものが、ニキビの改善・予防に有効です。

また、肌質に合わせて適切なニキビ用化粧品を選ぶことが重要なポイントです。例えば、乾燥肌なら化粧品・美容液・乳液・クリームが必要ですが、10代で皮脂の多い人なら化粧水だけでもOKです。

無理にいろいろな化粧品を重ね付けする必要はありません。自分の肌に合う化粧品を使い、ニキビのできにくい状態へ整えてあげましょう。

4. ピーリングや酵素洗顔で角栓を除去

サリチル酸やAHAなどの成分を配合したピーリング剤、または酵素を配合した洗顔料で毛穴のケアを行いましょう。肌のphバランスを保ちながら、毛穴にたまった汚れや角質を除去してくれます。

週に1度のお手入れをするだけで、ニキビができやすい環境を回避できるかもしれませんよ。

ピーリング剤や酵素洗顔によって、頻度は異なりますので商品に記載されている間隔で行ってください。ピーリングや酵素洗顔をした後の肌は、むき卵のような状態です。刺激に敏感になるため、終わった後は念入りに保湿します。

普段から定期的に毛穴に詰まった汚れを取り除いて、ニキビができにくい肌へ導いてあげましょう。

5. 毛穴を塞ぎにくいメイクを心掛ける

社会人の女性の場合はメイクを避けることは困難ですよね。しかし、毛穴を塞ぎやすいリキッドファンデーションやコンシーラーの厚塗りは、ニキビを悪化させてしまいます。

油分の多い化粧品は控えて、ノンコメドジェニックと記載されているものを選びましょう。化粧品を使わないのではなく、悪化させないメイクを心掛けてください。

目の周辺や唇にはニキビができないため、アイメイクやリップメイクを目立たせます。メイクだけでなく、ネックレスなどで視線を引くように工夫するのもよいでしょう。

6. 触らず清潔を保つ

ニキビが気になって、ついつい触ってしまう人も多いようです。気づかないうちに、手には雑菌がたくさんついています。悪化させないためにもなるべく触らないことが大切です。

見落としがちなのは、寝るときに使うシーツや枕カバー。睡眠中に汗や汚れが付着するため、こまめに洗って清潔を保ちましょう。

7. 食生活を見直す

ニキビと食事は医学的には関係ないという報告もあります。しかし、肌荒れやニキビのできにくい肌を作るには食事のバランスも大切です。皮脂の過剰分泌を促す脂質や糖質、アルコールの大量摂取は控えましょう。

ビタミン類はすこやかな肌を保つために欠かせません。美しい肌は食事から作られるものなので、ビタミンやミネラルを上手に摂り入れましょう。

魚や肉、卵から摂れるタンパク質も肌の土台を作るには必要です。いろいろな食材を組み合わせて、バランスのよい食生活を心掛けましょう。

8. 十分な睡眠をとる

睡眠不足が続くと肌の免疫力が下がり、ニキビもできやすくなります。規則正しい生活を送り、ホルモンバランスを整えることが大切です。

「睡眠は美肌への近道」といわれており、熟睡することも重要。以下では、しっかりと体を休ませるためにおすすめのポイントをまとめました。

・照明は真っ暗にする
・携帯やPCは触らない
・好きな香りのアロマでリラックス
・カフェインを控える

照明や携帯などは電源をオフにして、脳を休ませてあげましょう。ホットミルクやカモミールティーなどのノンカフェイン飲料がおすすめです。

睡眠を促すラベンダーやカモミールなどのアロマオイルも上手に活用してくださいね。熟睡できる環境を作り、体と心をリラックスさせてあげましょう。

9. 市販薬で悪化を防ぐ

塗薬や内服薬など、ニキビの悪化を防ぐ市販薬で肌を整えてあげましょう。アクネ菌の繁殖を抑えて、炎症を鎮める成分が含まれています。

ニキビの数が少なかったり、強い炎症を起こしたりしていない状態であれば市販薬で十分です。使用中の化粧品との組み合わせにより、患部への刺激を感じたり乾燥したりする場合は、使用を中止して医師または薬剤師に相談してください。

10. 治らないときは早めに皮膚科へ

改善方法を実践しても、なかなか治らないときは皮膚科へ行きましょう。根本的な治療は毛穴を詰まりにくくする塗り薬や、アクネ菌や炎症を抑える抗生物質などの飲み薬です。膿をもつニキビには、アダパレンや抗生物質などの薬が処方されます。

他には、肌の再生を促すケミカルピーリングも有効です。ニキビの状態に合わせて適切な治療が受けられます。

またニキビを押し出したいときは、針を刺してたまった皮脂を押し出す「面皰圧出」という施術も有効です。自分で潰すとたまった皮脂が完全に排出されず、炎症を悪化させて化膿することも。

また周辺の組織まで潰してしまい、ニキビ跡が残ることもあります。ニキビは自分で潰さずに、皮膚科の医師に委ねましょう。

毛が濃くなったり無月経が続いたりするときは、婦人科系疾患の可能性もあります。ニキビの他にこのような症状があれば、皮膚科、または婦人科の病院へ行きましょう。


まとめ

おでこにニキビの原因と治す方法について解説してきました。心理的な負担をなくすためにも、ニキビを悪化させない、作らない状態を保つことが大切です。

ニキビができやすい人は、普段からニキビ用化粧品で予防しましょう。どれも簡単に実践できるものばかりなので、スキンケアや生活習慣を見直してみましょう。