監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

Tゾーンや頬の毛穴にポツポツとできる「黒ニキビ」。メイクをしても隠れにくい黒いポツポツが気になりますよね。

「病院に行くと手間や時間がかかるし、できれば自分で治したい!」そんな願いから、ここでは気軽にできる黒ニキビの治し方を解説します。改善方法を実践して、ニキビができにくい肌を目指しましょう。

黒ニキビとは?

顔にポツポツとできる「黒ニキビ」。気になるあまり、触ってしまう人も多いのではないでしょうか。

毛穴が開いていることから「開放面皰(めんぽう)」、開口部の黒色から「黒色面皰」とも呼ばれています。

初期の段階である白ニキビ内に皮脂が分泌されて蓄積していくと、やがて毛穴に収まらなくなり肌の表面に顔を出します。出てきた皮脂などの汚れが空気に触れて酸化することで「黒ニキビ」となるのです。

炎症を伴う赤ニキビと異なり、炎症は起きていない状態。黒ニキビが悪化すると、炎症を伴う「赤ニキビ」、さらに進行すると膿をもつ「黄ニキビ」に。

炎症を起こして赤ニキビに悪化しないようケアすることが重要です。痛みはありませんが、美容面で気にする人は多いでしょう。

コンシーラーなどを重ね塗りして、ついついメイクが濃くなりがちです。綺麗な肌を手に入れるために、黒ニキビの治し方をぜひご覧ください。

黒ニキビができやすい場所

黒ニキビができやすいのは、皮脂を分泌する「皮脂腺の多い場所」です。

主に額(ひたい)や頬(ほほ)に多いですが、人によっては顎(あご)や眉の間にできることもあります。思春期の中高生はTゾーンにできやすく、成人はUゾーン(フェイスライン)にできやすい傾向です。成人の男性では、胸のあたりや背中の上部に多くみられます。

黒ニキビは即効で簡単に治せる?

「早く治したいけど自分で治せるのかな?」
「病院に行く時間がない…」
とお悩みの人は多いですよね。

炎症は起きていない状態なので、自宅のケアで十分に治せる可能性がありますが、少し時間はかかります。

黒ニキビをいち早く改善するために、正しいスキンケアやサプリメント、生活習慣の知識を身につけましょう。

黒ニキビの治し方4個[スキンケア]

では、どうすれば自宅のケアで黒ニキビを改善できるのでしょうか?ニキビができやすい人は、間違ったスキンケアをしてしまいがち。日々のスキンケアを見直して綺麗な肌を手に入れましょう。

ここからは、黒ニキビの治し方を詳しく解説しています。

1. クレンジングでメイクをきれいに落とす

ニキビの発生や悪化の原因の1つは、メイクがしっかり落ちていないことも考えられます。

ニキビのきっかけは、毛穴の出口の角質が厚くなり毛穴を塞いでしまうこと。そのため、メイクや皮脂などの汚れをしっかりオフすることが重要です。

肌に刺激を感じないのであれば、洗浄力が高いオイルクレンジングでもOKです。摩擦が起きないよう十分な量のクレンジング剤を手にとります。優しく顔に広げてメイクが浮いてきたらしっかりすすぎましょう。

必ずW洗顔をしてクレンジングが肌に残らないよう気をつけてください。黒ニキビの毛穴は開いた状態なので、洗顔やクレンジングで面皰内の汚れが自然にとれることもありますよ。

2. ニキビ用の洗顔料を使って1日に2回は顔を洗う

黒ニキビの改善に大切なのは洗顔です。

洗顔は1日2回、朝と夜にニキビ用の洗顔料を使って余分な皮脂や汚れを取り除きます。皮脂の多い脂性肌の人でも、洗顔回数の目安は2~3回です。

しっかり洗顔してもベタつきが気になる人は、さっぱりタイプの洗顔料を使いましょう。ベタつきが気になるからと過度な洗顔をすると、バリア機能が低下して肌荒れや乾燥を招きます。肌に必要な油分と水分を守りながら、余分な皮脂だけを洗い流すことが大切です。

正しい洗顔方法を身につける

洗顔方法は泡立てネットでしっかり泡立ててから、優しく顔に広げましょう。重要なポイントは「たっぷりの泡を使うこと」。摩擦による肌への刺激を防ぎましょう。

皮脂の多い部分からのばし、乾燥が気になる部分は最後に軽くつけるだけでOKです。最後は32-34℃のぬるま湯で、十分に洗い流しましょう。髪の生え際や額(ひたい)、顎(あご)の下は、洗い残しを防ぐため念入りにすすぎます。

3. ピーリング剤で肌のターンオーバーを促す

皮脂や古い角質が毛穴にたまるとニキビの原因になることも。そうならないためにも、ピーリングで肌のターンオーバーを促して毛穴に汚れをためないようにしましょう。

ピーリング剤は毛穴にたまった皮脂や角質などの汚れを溶かして除去します。「サリチル酸」や「AHA」などの成分を含んだピーリング剤が効果的です。

化粧品にもよりますが、使用頻度の目安は週に1~2回。過度なピーリングの使用は乾燥や肌荒れなどの肌トラブルを招きます。必ず化粧品に記載されている使用頻度を守りましょう。

古い汚れを取り除くことで肌が生まれ変わります。ザラつきがなくなり、メイクのノリも良くなりますよ。ピーリングをした後の肌は、刺激に敏感なのでしっかり保湿しましょう。

4. ノンコメドジェニック化粧品で保湿を

乾燥が気になる人は、「ノンコメドジェニック」または「ハイポコメドジェニック」と記載された化粧品を使用しましょう。

アクネ菌のエサとなる油分を配合していないため、ニキビができにくくなります。油分を多く含んだ化粧品の使用は、ニキビの悪化につながるので控えてください。

残念ながら保湿をすればニキビが良くなるという医学的な根拠はありません。しかし、角質層をうるおいで満たして肌の状態を整えることは大切です。肌のバリア機能を高めて、ニキビができにくい肌に整えましょう。

黒ニキビの治し方5個[サプリ]

サプリメントは、普段の食事だけで十分に補えない栄養素を気軽に補えます。黒ニキビなどの肌トラブルをいち早く改善したいなら、サプリメントの服用は有効です。

サプリメントを摂る時はミネラルウォーターや塩素を除去した水で服用してください。水道水に含まれる塩素はビタミンを破壊してしまいます。

また、サプリメントをたくさん摂ることで副作用が起きることもあるため、多量に摂取しないよう気をつけましょう。以下では、ニキビの改善に効果が期待できるサプリメントの成分と効果をまとめました。

1. ビタミンA

ビタミンAは健康な肌や粘膜を保つのに欠かせない成分です。不足すると肌の乾燥や角質化を招きます。

普段の食事だけでは必要な量を摂りにくいので、サプリメントで補いましょう。食品で摂りだめができる成分ですが、サプリメントの過剰摂取は控えてください。

2. ビタミンB2

ビタミンB2はビタミンB群の一種で、脂質や糖質、タンパク質の代謝を促します。肌の再生を促すため美肌の効果が期待できます。不足するとニキビができやすくなるので、意識して摂りたい成分です。

3. ビタミンB6

ビタミンB6は体内でも作られている成分で、ホルモンの働きを正常化します。さらに肌のターンオーバーの促進や乾燥を防ぐ効果が期待できますよ。

肌の炎症を防ぐ作用があるため、不足するとニキビの原因になることも。過剰摂取による感覚障害などの副作用が報告されているので、摂りすぎに注意しましょう。

4. ビタミンC

ビタミンCはニキビだけでなく、美容において重要な役割を果たす成分です。「万能ビタミン」といわれており、抗酸化作用や免疫力の増強、疲労やストレスの回復などに作用します。

美白効果もあるため、ニキビによる色素沈着を予防できますよ。ビタミンCは必要以上に摂取しても体外に排出されるので、少しずつ摂りましょう。

5. ビタミンE

ビタミンEは乾燥や肌荒れに効果が期待できる成分です。強い抗酸化作用もあるため、美しい肌を維持するには欠かせません。

ビタミンEを摂取すると、美容の天敵である「冷え」の改善が期待できますよ。ビタミンA、ビタミンCと一緒に摂ると、さらに美肌効果が高まります。

ニキビ対策にビタミン類は欠かせませんが、タンパク質などの他の成分とバランス良く摂ることが大切です。

黒ニキビの治し方4個[生活習慣]

黒ニキビを治して美しい肌をとり戻すには、生活習慣の改善が必要です。日々の生活習慣と照らし合わせて、異なる点があれば実践していきましょう。

1. しっかり睡眠をとって体を休ませる

十分な睡眠がとれていないと、肌の再生スピードは低下して黒ニキビも治りにくくなります。眠りの質を高めて、体のリズムを整えてあげましょう。

体の疲れをためないためには熟睡できる環境を作ることが大切です。質の良い睡眠をとれば肌の再生力が高まり、黒ニキビの改善・予防につながります。

以下は良い睡眠をとるためのポイントです。

◯照明は真っ暗にする
照明を消すことで、眠りを促す「メラトニン」というホルモンの分泌量が増えます。豆電球などの明かりをつけたまま寝ている人は、1度すべて消してみてはいかがでしょうか。真っ暗にすれば、ぐっすり眠れて体の疲れがとれますよ。

◯携帯やPCを見ない
PCや携帯は現代において欠かせないものになっています。しかし、就寝前に携帯を見ると脳が活性化したまま眠りにつくため、しっかり熟睡できていない可能性も。どうしても触ってしまう人は、電源をオフにしたり別室においたりすると良いでしょう。

◯カフェインレスドリンクを飲む
コーヒーや紅茶、緑茶にはカフェインが含まれています。カフェインは脳を刺激して覚醒させるので控えましょう。寝る前は体を温めるホットミルクや睡眠を促すカモミールティーがおすすめです。

◯アロマでリラックスして眠気を誘う
香りは自律神経やホルモンバランス、免疫機能を調整する働きにまで影響します。アロマの心地よい香りをかぐことで体のバランスを整える効果が期待できます。

心地よい睡眠に導いてくれるのは、ラベンダーやマンダリン、カモミールなどです。種類やメーカーによって香りはさまざまなので、自分の心地よい香りを見つけましょう。

2. バランスの良い食生活を

食事制限をする必要はありませんが、栄養がかたよると免疫力の低下につながります。間食は避けて、バランスの良い食事を心がけましょう。

食事とニキビの因果関係は、今の時点でははっきりしていません。チョコレートを食べるとニキビができやすい人は控えた方がよいですが、そうでない人は気にしなくて大丈夫です。食生活を整えることで体の免疫力が高まり、肌トラブルのない健康な肌を作ります。

3. ストレスをためない

免疫力の低下によるニキビの発生を防ぐために、ストレスを解消することも大切です。現代社会においてストレスは避けられないかもしれませんが、たまったストレスを上手に解消しましょう。

ストレスは適度な運動や入浴で解消できます。適度な運動をするにはストレッチやヨガなどを取り入れると良いでしょう。

また、38~40℃のぬるま湯でゆっくり入浴すると、副交感神経が働いてリラックス効果も高まります。疲れている時は、額が汗ばむまで入ると効果的ですよ。

4. 肌を清潔に保つ

不衛生なことでニキビができるわけではありませんが、肌を清潔にすることで悪化を防ぎます。黒ニキビを早く改善したい人は、以下にまとめたポイントを意識しましょう。

・髪の毛先が顔にかからないよう髪を束ねる
・前髪はピンなどで留める
・顔を触らない
・ニキビをブラシ等でこすらない
・厚塗りメイクは控える
・自分でつぶさない
・肌に触れるものは清潔を保つ

一般的に「ニキビをブラシでこすると毛穴の汚れが取れる」と誤解されていますが、実際は肌が傷ついたり刺激に敏感になったりするので控えます。メイクをする時に使用するブラシやスポンジは、毎日洗ってしっかり乾かしてください。

そして、メイク用品や寝具などの顔に触れるものは清潔に保つこと。顔を触ることはニキビを悪化させるだけでなく、別の場所にニキビを作ってしまう可能性も。人は無意識に顔を触ってしまいがちですが、なるべく触らないように意識しましょう。

まとめ

黒ニキビのない綺麗な肌を目指すには、スキンケアが非常に重要なポイントとなります。過度な洗顔は控えて、肌質に合った正しいクレンジングと洗顔を行いましょう。くれぐれも、洗いすぎと刺激に注意してください。

そして、栄養バランスが整った食事も大切です。普段の食事で摂れない栄養は、サプリメントを上手に活用して補いましょう。

スキンケアや食事、生活習慣を整えても改善しない時は皮膚科を受診してください。黒ニキビを即効で治して、憧れの美肌を手に入れましょう。