監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

ニキビは一旦治ったと思っても油断するとまたできてしまい、悪化するとなかなか治りません。ニキビが悪化すると固いしこりができてしまうことがあります。

しこりニキビと呼ばれるこのニキビは、いったいどんなニキビなのか、なぜできるのか、どうすれば治るのかについて解説します。

ニキビは間違ったケアをしてしまうと悪化してニキビ跡が残ることがあるので、正しいケア方法を身につけなければなりません。

そこでニキビを悪化させないためにしてはいけないこと、しこりニキビの予防対策もあわせて紹介します。

しこりニキビが潰れない・痛くない・芯がない…

ニキビの炎症がおさまっても、皮膚の下にいつまでも固いしこりが残ることがあります。これはしこりニキビを呼ばれるものです。

しこりのある部分の皮膚がぽこっと膨れているので、目立つ上にとても気になってつい触ってしまいがちです。

しこりニキビはよく見ると、ニキビの原因ともいえる角栓の詰まり・あるいはニキビの芯が見当たりません。自分でニキビを潰すのは良くありませんが、しこりニキビを指で押しても芯がなく、潰れることがありません。ただ皮膚に固いしこりが埋まっているような状態です。

このようなしこりニキビは何が原因で、どのようなケアが必要なのか、またこのようなしこりニキビを作らないためにできることについて、紹介したいと思います。

しこりのあるニキビの正体とは?

しこりニキビも元は普通のニキビから始まります。初めは毛穴の詰まりが生じ、アクネ菌が異常繁殖した結果、アクネ菌が皮脂を分解してできた遊離脂肪酸が肌を刺激するのが炎症の始まりと考えられています。

この炎症を速く鎮めることができれば良いのですが、炎症が進むとやがて毛穴周囲まで炎症が広がっていき、皮膚組織が壊されていきます。肌は壊れた組織を修復するために肌細胞の生成を活発に始めますが、炎症が強すぎると過剰に細胞を作ってしまい、結果として固いしこりになります。

つまり、このしこりニキビの中身は、黄ニキビの中身である膿とは違い、過剰に作られた肌細胞なので指で押しても潰れないのです。次にしこりニキビと見た目がよく似た粉瘤との違いと見分け方について説明します。

ニキビと粉瘤の違い

しこりニキビと同じように、皮膚の下に固いしこりがあるものを粉瘤といいます。よく似ていますが、見分け方があります。

粉瘤は皮膚の下に袋状の構造物ができ、その袋の中には古い角質や皮脂が詰まっている良性腫瘍です。悪性腫瘍に変わることはほとんどないと言われています。

見分け方は粉瘤には中心に開口部があり、黒い点として見えることが多いです。一方、しこりニキビは開口部や角栓または芯などが見えません。粉瘤の中にある内容物が老廃物であることから悪臭を放つことも、しこりニキビと異なる点です。

また炎症を伴わない粉瘤の場合には、痛みはありません。これに対し、ニキビは炎症を伴うため、炎症がおさまるまでは痛みを伴います。

粉瘤としこりニキビでは治療の方法も異なります。粉瘤は外科的処置によって内容物を摘出しなければなりませんが、しこりニキビは固くなった組織にレーザーを使用し、肌の再生力を利用する治療などがあります。

しこりニキビの原因6個

しこりニキビの原因は、普通のニキビが悪化してできるため普通のニキビの原因(毛穴の詰まり・皮脂の過剰分泌・生活習慣の乱れ・ストレス)に加え、ニキビを放置していることとニキビの悪化が原因になります。それでは原因の一つ一つについて、詳しく説明します。

1. 毛穴の詰まり

古い角質などが毛穴に詰まり、そこへ皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴の外に出て行かず、どんどん溜まっていきます。毛穴詰まりを起こす原因は複数あり、間違ったスキンケア・肌の乾燥・ターンオーバーの乱れなどがあります。

毛穴が詰まると皮脂が毛穴の中に溜まり、酸素を嫌うアクネ菌が皮脂を栄養にして爆発的に増殖し始めます。アクネ菌が皮脂を分解して作られる物質が肌を刺激して炎症が起きるといわれています。これがニキビの始まりです。

2. 皮脂の過剰分泌

ホルモンバランスにより、皮脂分泌は多くなったり少なくなったりします。また肌が乾燥すると、皮膚は防御のために皮脂分泌を盛んにします。ホルモンバランスの乱れや肌の乾燥により皮脂の量が多くなると、アクネ菌が増えやすくなるのでニキビにもなりやすいのです。

3. 生活習慣の乱れ

睡眠不足や偏食、たばこなどの嗜好品によっても皮脂分泌量が多くなるため、ニキビの原因になります。また運動不足で血流が滞ると、皮膚への血流も少なくなり、健康で美しい肌を維持できなくなり、毛穴も詰まりやすくなってしまいニキビの原因を作ることになります。

4. ストレス

ストレスもまた、皮脂分泌を盛んにしたり肌荒れを引き起こしたりします。肌が荒れると毛穴が詰まりやすくなるので、ニキビの原因になります。

5. ニキビを放置

しこりニキビは通常のニキビをケア・治療しないで放置していることが原因になり得ます。ニキビは炎症が酷くなるほど、治るまでに時間がかかります。炎症が起きる前にケア・治療するのがベストですが、その機会を逃してしまうとやっかいなことになります。

通常のニキビができる過程と、ケアすべきタイミングやしこりニキビができるまでの過程も説明します。

◆第一段階:微小面皰(びしょうめんぽう)・ニキビの前段階
毛穴の入り口が詰まり、毛穴に皮脂が溜まり始めた状態をいいます。まだこの状態ではニキビとはいわず、ニキビの前段階です。この状態で、毛穴の詰まりを解消できるとニキビを作らずにすみます。

◆第二段階:面皰(めんぽう)・ニキビの始まり
さらに毛穴が詰まり、毛穴の中で皮脂がどんどん溜まっていきます。毛穴は満たされた皮脂で盛り上がって見えます。毛穴が詰まっているため、酸素を好まないアクネ菌が皮脂をエサにして増殖を加速します。この段階ではまだ炎症は起きていません。
炎症がまだ起きていないこの段階でケアすると、治りが早く跡が残ることもほとんどありません。

◆第三段階:丘疹(きゅうしん)・赤ニキビ
増殖したアクネ菌が炎症を引き起こす物質を作ることで、皮膚の炎症が起きます。触ると痛く感じ、皮膚が赤く盛り上がっている状態です。これを赤ニキビともいいます。

◆第四段階:膿疱(のうほう)・黄ニキビ
炎症が進み、患部が化膿します。赤かった患部が黄色く見えるのは、膿の色です。これを黄ニキビといいます。

◆第五段階:硬結(こうけつ)または嚢腫(のうしゅ)・しこりニキビ
さらに炎症が進み、毛穴の周りにも炎症が及び膿や血液が溜まり固くなります。さらに炎症が深いところまで及ぶと、ニキビ跡になってしまうこともあります。しこりニキビはこの状態まで放置することが原因となります。

6. ニキビの悪化

ニキビは面皰(めんぽう)から始まり、早いうちに対処すれば治りも早いですが、放置したりニキビを触ったり潰したりすると悪化します。

炎症の悪化により組織にさらなるダメージが及ぶため、回復にも時間がかかります。炎症がひどくなればなるほど、ニキビ跡やしこりニキビなど、なかなか消えないダメージを肌に残すことになります。

しこりニキビの治し方

しこりニキビは炎症がかなり進んだ状態なので、治るまでには時間を要します。気長にあきらめずにケアすることが必要です。

病院へ行くことが最もおすすめですが、自分でケアしたい場合にはニキビの市販薬を使う方法があります。ニキビにより肌はダメージを受けているので、肌をしっかり保湿することも忘れないようにしましょう。

肌の生まれ変わりを正常に保つために、栄養バランスの整った食事を心掛け、睡眠を充分にとって肌を休ませるようにしましょう。

メイクはニキビの部分にはできるだけ塗らないようにし、毎晩のメイク落としは丁寧に行ってください。

気長にケアすることも大切ですが、改善が見られない場合には躊躇することなく皮膚科を受診するほうが良いでしょう。受診する際には医師の指示に従い、良くなったからといって途中で治療を中断してしまうと再発や悪化の原因になるので注意が必要です。

ニキビを悪化させない予防対策8個

しこりニキビの治し方を紹介しましたが、最も大切なことはニキビを悪化させないことです。ニキビを悪化させると治りが遅くなるだけではなく、なかなか消えない傷を残すことになるからです。次にニキビを悪化させないための予防対策を紹介します。

1. ニキビを触らない

ニキビが気になってつい触ってしまいがちですが、ニキビを触ることでそれが刺激になり、炎症が酷くなります。さらに指や爪などの雑菌が入ると、炎症を悪化させることになります。

無意識に触ってしまう場合には、一時的にマスクをしたり絆創膏を貼ったりしてニキビをガードして悪化を防ぎましょう。髪や衣服がニキビに触れるのも良くないので、髪形や服装にも気を使わなくてはなりません。

2. ニキビを潰さない

黄ニキビなど目立つニキビになったり患部の表面が乾いてきたりすると、潰したくなることがあるかもしれません。しかし潰すことで周りの組織に傷をつけてしまったり指や爪の雑菌が入ったりして炎症を悪化させる可能性が高いので、絶対に自分で潰さないようにしましょう。

目立つニキビを隠したい日もあると思います。その時にはニキビを潰さずに、上からお化粧もできるUVカット機能のある傷隠しテープを貼るのがおすすめです。

3. ニキビ薬を使う

ニキビができたとわかったら、早い段階でニキビ薬を塗って炎症が広がらないうちに鎮めると良いでしょう。

皮膚科でニキビ薬を処方してもらうのがおすすめですが、でき始めのニキビであれば炎症は酷くなく治りもはやいので、市販のニキビ薬を試すのも良いと思います。ニキビ薬は市販薬であっても決められた用法用量を守り、清潔な手で塗るようにしましょう。

4. 洗顔をする

ニキビの悪化を防ぐために、洗顔をして肌を清潔に保ちます。ニキビ肌の洗顔には、スクラブやピーリング剤の入った刺激の強い洗顔料や、洗浄効果の高い洗顔料を使うと炎症を悪化させる恐れがあるため、マイルドな肌にやさしい洗顔料を使うのが無難です。

洗顔は必要ですが、洗い過ぎは逆効果になるので一日に2回までにとどめましょう。

5. 保湿をする

皮脂が過剰になりニキビになった人でも、洗顔後にはしっかり保湿することが必要です。ニキビは肌の乾燥やターンオーバーの乱れも原因になるので、保湿が足りないとニキビの悪化を招く可能性があります。

肌が乾燥した状態では、肌を保護するために皮脂分泌が増えることもあります。皮脂分泌を抑えるためにも、保湿は必要です。

6. 食生活を改善する

肌は食事などから摂取する栄養素で作られています。肌の再生に必要な栄養素を、できるだけ食事から摂るようにしましょう。野菜や果物、肉類などをバランスよく食べることが大切です。

ビタミンCやB群は肌の新陳代謝を助け、タンパク質は細胞を作る材料になります。また同じ食材ばかり食べるのではなく、できるだけ多くの食材からバランスよく栄養を摂るのが理想的です。

7. 十分な睡眠を取る

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、ダメージを受けた細胞を修復する作用があると言われています。規則正しい生活で、十分な睡眠を取れるような生活リズムを作りましょう。

体が冷えていると寝つきが悪くなるので、寝る1〜2時間前に入浴して体を温めておき、スマホやパソコンは寝る1〜2時間前から見ないようにすると睡眠の質が高まります。

8. 適度な運動を心掛ける

適度な運動をして体の血流を高めると肌の血流も良くなり、肌が必要な栄養素を届けることができるので、肌の再生が活発になります。

運動をして汗をかいたらそのままにせず、清潔なタオルで拭くか洗顔をして、汗を残さないようにしましょう。汗と皮脂が混ざったままの状態は、アクネ菌が好む環境だからです。

また汗をかいたら必ず水分補給も忘れず行ってください。身体が水分を欲しているので、その分肌の水分が不足しがちになり、ニキビが悪化する可能性があります。

まとめ:ニキビを悪化させないことが大事

ニキビは早いうちに治すことがベストですが、炎症が起きてしまったらできるだけ早く炎症を鎮めるためにすべきことを心得ておくことが必要です。炎症は周りの組織にダメージを与えます。ダメージが大きい程、回復が遅くなるのです。

今回この記事で紹介したしこりニキビの原因や治し方、予防・対策方法をマスターして、ニキビ知らずの肌を作りましょう。